プロが教えるわが家の防犯対策術!

昨今同窓会に招待され行く事にしたのですが、
周りの環境に恵まれていた元同級生達は
親の会社を事業承継した人が多い印象で
中には年商50億円企業の会社を20代で跡継ぎし
オーナーになった人も居て凄く不愉快な気持ちになりました。
私は両親にも恵まれずに児童相談所から施設へと渡り
自由気ままとは到底言えない生活を少年時代に歩み
他の恵まれた奴らは悠々気ままに生活してたり
半数以上が親に海外旅行を経験させてもらったりなど



不公平すぎる世と思いませんか?

A 回答 (43件中1~10件)

僕なんか本州を出た事が無い、同窓会の手紙はまだお酒が飲めない未成年時代に来ただけ、

    • good
    • 2

確かに不公平ですよね。



でも、人生なんて、何が起こるか分かりません。
お金があっても不幸な人なんて、山ほど居ますしね。
最終的に、何が幸せかなんて、未定です。

自分なりの幸せを狙って、パワフルにあきらめないでくださいね!

がんばりましょう!!
    • good
    • 3

歴然とした経済的格差があるとは感じますが、不公平だとは思いません。


貧乏人が羨むような金の使い方をして頂いて大いに結構です。
自分もそっち側にいけるように励むのみです。
    • good
    • 1

20代ではないのですが、回答させてください。




私は都内在住の46歳会社員男性です。地方の田舎から大学進学で上京して現在に至ります。


私には生まれつき血液が固まりにくい持病があって、今から30年以上前の10代のときに「薬害問題」というのが世間をにぎわせていたので、高校生の時にいろいろとあって生涯独身を決めて今に至ります。生まれた時から関節内部などで内出血が起きて腫れあがって激痛が生じる病気なのですが、今も左手の甲が腫れて紫色になっていたり、右肩の内部が腫れていますが、指先が使えるのでパソコンを使って仕事をしたりしています。


そして、困ったことに、高校時代の生物の教科書の遺伝の項目にこの病気の家系図が掲載されていたので、誰に相談していいのかわからず。当時の担任の先生には「騒ぎになると悪いから友達に病気のことは話すなよ」とくぎを刺されましたし。結局、おしゃべりな性格だった私は、家族に迷惑が掛かると悪いと思って、三年間は新しい友達を作らず、静かに過ごすことにしましたけど。地元には、親や親族の人脈の影響があったので。



私以外の家族には、持病がないので、私が幼少期に痛がっていると母から「明日お父さんが仕事だから静かにしなさい」とか言われたときは、心の中で「鬼だな」と思ったこともありました。


病気の話以外に、母方の祖父が地元で企業経営していたこともあり、祖父が他界して叔父たちが継いだ後、婿養子で結婚した父が親族、上司だった叔父たちとの関係で苦しんだことも観てきました。


私の家、一族は経済的には豊かだったと思いますし、地元のほかの企業経営者との家族的な付き合いもあったので、お金を持つ人、家庭がどんな感じなのかを知る機会があったのですが…


【それぞれに経済的な豊かさとは別の苦しみもある】


ということも学んできました。主に人間関係などですが。


端的に言うと、「外見でわからない問題が多々ある」というか。


まず、人のネタになることが多いと思います。


…「家、会社を誰が継いだのか?」「資産はどうなるのか?」「誰と結婚したか」「家を建てたか」「子供はどこに進学した」「子供はどこに勤めている」などなど…



といった人生における項目一つ一つがそれぞれの話題になるのも大変というか。それが平気か、快楽でないと務まらないのも目立つ人、豊かな人の立場だと思います。


とくに、地方だと何代も続いてきた中小企業も多く、全国的には無名でも十分豊かな経済力を持つ会社経営者も多く存在すると思います。日本国内の99%以上が中小企業で、その中でも豊かな企業もありますから。


それを継ぐケースも、私の幼馴染で珍しくないです。


そんな人間関係がある環境で、私の持病に関しては、高校生当時に国を相手に裁判が起きていた問題があったので、親や担任教師にも病気のことを他言するなと言われていたので、高校では新たな友人を作らないようにしました。親の人間関係、祖父母の昔からの関係に悪い影響が出るとまずいと思って。


とくに、私の祖父が、昭和時代に地元のお寺に門柱や参道を寄贈したり、地元農家の農道を整備したり、工業地帯に飲食店がなかったので「給食センター」を造ったりと、地元への貢献もしていた人なので影響力も大きくて。



私の自分ひとりの悩みよりも、家族、会社のことを考える、という影響もありました。



…という経験から考えると、ある程度地元で影響力を持ったり、豊かになってくるとその家族も【自分だけではない】という影響があると思います。子孫に至るまで。



良い面は外から見えますが、子供の性格にも影響したり。苦しみを知らないからこそ喜びもわからない、ということもあって。見た目ほど幸福感はない、ということもあり得ますから。




私の母は、1967年の都内の大学三年生の時に一か月間ほどオーストラリアにホームステイしたことからホストファミリーと仲良くなり、今も孫の代にあたる人たちと交流がありますが、父母は私が病気で倒れていても、私の病気のことについて調査したり、一緒に考えたり、家族会議を開いたこともなく、【私一人で病気のことを調べてきた】という感じです。なにか、大切な感情をどこかに置いてきた両親という感じというか。



一ドル360円の時代にホームステイしていたり、都心の一軒家で下宿しながら都心の私立大学に通っていた母で、祖父母も経済的には豊かだったので、私が病気で苦しんだり、就職や経済的にいろいろ考えていてもどこか「他人事」のような感じというか。


そもそも、親子でも経済格差があると価値観が合わないです。


でも、だからこそ、「経済的な豊かさと本人の幸福感が一致しないという現実も知った」というか。



私の生まれる前年に祖父は他界しましたが、祖母が実家に同居していたので、いろいろな人間関係の問題を聞いて観て育ってきて、「お金があってもそれ以上の問題もある」ことを学びました。お金で解決できない問題があるというか。



私の場合、海外に行く経済力、体力、気力もありませんが、体が悪いので、今もいろいろと節約しながら生活していて。


私の小・中学生時代の幼馴染も親の会社を継いでいますし、大学時代の親友も結婚して子供もいて経済的にも私より豊かですが、それも当然だと思います。それぞれが頑張ってきたことを知っています。




根本的なことを言うと、「親の跡を継いでもその後の苦労も多い」と思います。力不足だとその影響も出てしまうし。



意識していない相手から嫉妬や恨みを買うこともある、というか。それを気にしない強さも必要で。



私の場合は、日々悪戦苦闘しながら生きている側なので、そういう目線を向けられることもなく安全ですけど。


母には、「あんたは病気で激痛を抱えながら生きているから優しくなれているんだよ」と言われますが、正直、内出血の痛みはないほうが良いです。楽しんだり、休めますし、頑張ったり、行動できるので。


私からすると、生涯治らない病気があって優しくなるよりも、激痛が生じない肉体を持つ人のことが憧れです。決して一生かなわない憧れですけど。


同じ土俵に立っているならば勝負できると思って、身近な人たちと同じ土俵に立てるように日々頑張っています。


誰だって、自分と違う苦労はあると思います。もし、そういった苦労を知らないならば、後で悩む時期も必ず発生しますし。



【自分自身が本当に求めることを求めて生きる】


ということに集中するとよいと思います。
    • good
    • 1

貧乏人が居るから金持ちが居るんですよ



だから同じ土俵の日本で戦うのではなく

高収入のアメリカに出稼ぎに行き

負け組特有の泣き言の連鎖を断ち切らないと! 

同級生にまで文句を言っててもね、、

あとね! 同窓会って、成功した人しか来ませんからね。
    • good
    • 1

私は物心つく前に父を病気で亡くしました。


その為、父の顔も声も知りません。
母子家庭の母の仕事のストレス発散のターゲットになり、
毎日サンドバッグ状態でした。
そんな私より、質問者さんの方が恵まれていると思います。
    • good
    • 1

経験上、、、同窓会は勝ち組になった人が行く傾向が高いです。


言葉悪いかもしれませんが、自慢したい気持ちがあるのかな、と。。。

逆に平均以下の人の出席率は低いです。

だから同窓会に出た人の平均と比べて、自分は・・・
と思いがちですが、それは誤解の元です。
世の中の平均値とはだいぶ違うことが多いです。

淡々と割り切って勝ち組を見ても気にしないか、どうしても気になる人は、同窓会に行かないのも手です。
    • good
    • 0

質問者様が、そうしたことをネガティブに捉えるところから、既に不公平の呪縛から抜け出せないのではないかと感じます。


人は、ものの見方、考え方の違いだけで、幸せにも、不幸にもなるものです。この質問のように自分をネガティブに捉える考え方もその一つかもしれません。

人生で大切なこと・・・、それは、
・ポジティブ思考
・チャレンジ精神
・あきらめない心
・・・それと、笑顔を忘れないことだと思っています。
これらのことを心がけていれば、その人の未来は、必ず自ずと明るく、様々な困難・障害も乗り越えて行けるようになると思います。

何の同窓会か分かりませんが、質問者様と同じ、中学とか、高校なら、まだ大したことはありません。小学校から、ずっと名門私立小学校・中学校・高校と進む者も沢山います。また、経済界には、「企業の命は、30年」という言葉があります。今よくても、30年後、その会社が生き残っているかは疑問です。様々なライバル企業としのぎを削りながら、もし残って栄えていれば、その同級生が、かなりの努力を積み重ね維持していたということですから、大変なものです。
それが、質問者様の資質・能力、リーダーシップで、可能で、その自信がお有りでしょうか?
もしそうなら、これから、質問者様が何かで企業しても、成功は間違いないですし、僻んだり、不愉快になったりする必要もなくなります。
チャンスは、誰にでも平等に準備はされています。挑戦すらさせてもらえない、ということはありません。
むしろ、恵まれなかった質問者様の過去の経験が、多くの人にはない、ハングリー精神を持ち合わせ、その「なにクソォー。」とか、「負けてたまるかー。」といった気持ちが、今後の成功への爆発的エネルギーになるという・・・ストーリーもあると思います。世界的な成功者の中には、こうした環境で過ごした過去があったからこそ、現在がある・・といった人はかなり多いと思います。また、こうした方だからこそ、逆境にも強く、どんな困難な状況にも、あきらめずに進んで行け、NHKの「逆転人生」の主役のようになれるのだと思います。恵まれて育った人には、「逆転人生」のチャンスすらありませんからね。
私も程度は低いですが、逆転人生の経験者です。ドン底を味わっていた時の私を知っている人は、同窓会で、逆転している私を見て、担任も含め、誰もが驚き・・・ある意味、ちょっとした快感を覚えました。
まだまだ、お若いのですから、「逆転人生」を演じて、素晴らしい人生を自ら作り、幸せに過ごしてください。
そのためには、まず、ポジティブ思考・・・です。
頑張ってください。
    • good
    • 0

はい。

不公平ですよ。
50億の企業なんかまだまだ、下っ端で、アラブの石油王なんかの子供に産まれれば
日本では考えられないような贅沢な暮らしが出来ます。

世界を見ると、上には上がいるんです。
産まれた時点で人は不公平です。
性別も、現在の日本なら女の方が有利です。
馬鹿でも、ある程度まともな男を20代前半でゲットすればあとは贅沢な専業主婦です。

下を見ると、難民キャンプ、ウクライナ、北朝鮮、南アフリカなど3歳まで生きられないような
国もたくさんあります。


そもそも同窓会に行くメンバーは底辺層、例えば無職、引きこもり、派遣社員とかはだいたい行きません。
行ったところで笑われるだけです。
それとすごく上級な人も行きません。行く時間がないのです。
テレビにでるような有名人、孫正義とかになると、行くことはありません。
既になにかの病気、事故で死んでる奴らもいます。


逆を言うと、思ったところでなにも改善しません。
死ぬという選択肢もありますが、そういうことができないなら自分でなんとかしましょう。
ろくな学歴、職歴がないなら起業すればいいのです。
    • good
    • 0

幸せかどうかは別。

    • good
    • 0
1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング