プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

閲覧ありがとうございます。工学部1年生(男)です。素人質問で大変恐縮です。
ひと昔前ならいろんな出来事に対して、「これは神様のおかげだ!!」みたいな考え方になるのは分かりますが、今の時代で宗教(特定の神様)を信仰している人ってなんで神様を信じているんですかね?

皆様のご回答、お待ちしております。

A 回答 (9件)

神を信じる理由は大きく分けると、



① 生まれた時からそういう環境で当たり前に育ったから、息をするのと同じようなレベルの常識になっている。

② 精神的な何らかの理由から現実逃避して縋りつきたかったり、脳死で何も考えずに楽になりたいから。

③ 中二病患者の様に、何だかよくわからないけれどカックイイ~みたいな馬鹿なお子様が勝手に憧れたり妄想したりしているから。

④ 精神的にそれらに縋らなければやってられない事があり、治療の為に一時的に縋って治療が終わってから離れていく場合。

細分するとキリがないが、大雑把にわけると、主にこの④種にわけられると思われる。

①は中東やその他の宗教国家などでは当たり前の常識であり、ぶっちゃけ洗脳されているのは事実だが、だからといってどうにかできる事でもない。

②は存在しない事は無意識にわかりきっていても、自分も含めて人間は精神的に弱い存在であり、更に肉体的にも脳などは無意識に楽な方へと転がって行くものなので、何も考えずに楽に、そして嫌な事を考えずに現実逃避できる方へ流された人達の結果、そういう末路になるという事。

③はタダの馬鹿なお子様でしかなく、世の中そういうお馬鹿丸出しの人間は相応にいるという事実を証明している、という事。

④は世の中肉体的な怪我や病気だけではなく、精神的な事でも病むのだから、本来の宗教の目的はそれらの治療の薬として利用するものである。
但し、依存性のある精神的な麻薬でもある為、一度それに依存して嵌ってしまうと、物理的な麻薬患者同様に抜け出す事は困難になるから、治療の場合でも注意が必要になる。

これらは論理的に考えればわかる事ではあるが、それは数千年前であっても根本は変わらない。
変わったのは情報量やその正確さや技術の進歩で不明だった事が解明されていき、神に縋る必要性が減少して需要が減った事などだろう。

要するに、何千年も前から根本部分は変わっていないが、技術の進歩などでそれらに縋りつかなくてもよくなったり、現実を見れる人が増えてはいるが、根本的な人間の本質自体は変わっていないから、それらに縋りつく人や利用する人は相応にいるし(先進国でもそうなのだから、発展途上国などでは尚更だろう)、何かの拍子に精神的な面で現実逃避などしだすと嵌って抜けだせなくなる事もあるだろう。

神は存在しないし、それらの宗教も縋りついて依存するものではないが、薬として人の心を救済する目的には使える。
毒も薬に、薬も毒になる、という事だが、それだけに使い方は重要で、物理的に見えにくいが故に、使い方間違えている事が多いという話だし、一度間違った使い方をしだすと止める事も困難に成るのが問題で、
これだから宗教は……と言われる理由もそこにある。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どんな時代でも一定数はそういった人がいらっしゃる、って感じなんですね。
わかりやすいご説明、本当にありがとうございました。

お礼日時:2022/08/26 19:11

人間は死によって、人間は己の有限性に気づかされる事になります。


どんなに無限の『富』や『権力』を手にした人間であっても、
いつかは死ぬという定めからは、絶対に逃れることはできません。

 この有限性を自覚し、死の恐怖や不安を克服するために、
★「人間は何らかの永遠性に参画し、動物的本能の生き方を超えて、
一個の人格となることができました。」

 宗教が人類史とともに古いゆえんであります
人間の有限性。人間は必ず死ぬ。そうした問題は
永遠性の認識なくしては思考し得ない、まさに人類の歴史とともに
宗教は始まったというのです。

トインビーは宗教の必要性について次のように述べている。
「私は宗教こそは人間本性にとって必要であり、
不可欠な一部をなすものであると考えている」
さらに優れた宗教を選択する大切さにまで言及してトインビーは語る。
「われわれは、何らかの宗教をもたないかぎり、人間ではありえません。
そこでなされるべき選択は、宗教をもつかもたないかの選択ではなく、
優れた宗教をもつか、劣れる宗教をもつかの選択なのです
と言っています

科学者が何故宗教を否定しないかご存知でしょうか
真の科学者は、哲学者は「宗教は科学と矛盾する」とは決して言わない

内村鑑三は 
経済の背後に政治がある 
政治の背後に社会がある 
社会の背後に道徳がある 
道徳の背後に宗教がある と述べています

量子論など、仏教を理解するための入門書ともなります

トルストイは
真実の宗教とは何か、真の信仰とは何かを見据え探求した
そして、人間の中に神を見出したのです
それは、教会で説く神ではなく
人間精神の最高峰であり、良心の結晶としての神であったのです

仏教に巡り合った彼は言いました
人間は宗教なしでは生きられない、その理由を
① 宗教のみが善悪の決定を与えるからだ
② 宗教なしでは人間は自分のしていることが善いか悪いかを
  知ることが決してできないからである
③ ただ宗教のみが利己主義をほろぼすからである
④ 宗教のみが死の恐怖を打ち消すからである
⑤ 宗教のみが人間に生の意義を与えるからである
⑥ 宗教のみが人間の平等を樹立するからである
と言っています
キリスト教には当てはまりません
エセ宗教や占い 霊などは論外です
    • good
    • 0

No.7です。



>ほぼほぼこの2つはセットじゃないですか?

だから、違うって。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません。お時間がある時で構いませんので、どう違うのか教えて頂けると有難いです。

お礼日時:2022/08/26 19:00

宗教=神



そもそも、その発想が間違い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません。宗教「または」特定の神様という意味で記述しました。
宗教=神様ではないですけど、ほぼほぼこの2つはセットじゃないですか?

お礼日時:2022/08/26 18:55

宗教を信仰するのに理由なんてないですよ。


〜だから信仰しよう!!となる人はごく少数です。信仰している理由なんて後付けです。人を好きになるのと似ているような気もします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

趣味にお金や時間を費やすのと同じ感覚なんですね。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2022/08/26 19:03

まあ、生物学とか学んでると


こんなもん、自然淘汰だけで出来るわけねえ!
と思ったりすることありますね。
あまりに精密過ぎる。
理系でカルトに走る人が多いのはその辺が原因かも。

SF作家で有名な小松左京とかも
生物にはその核となる超自然的存在が有るのでは?
という疑問を呈する文書を残してます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2022/08/26 19:21

熱心な信者は そんな事は考えない・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・


唯 救われたい 助かりたいと 縋り付く人が大半・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
現在 話題になってる家庭連合の教祖文鮮明は 神の泣くのを見たから・・と 語ってた
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどです。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2022/08/26 19:04

やっぱりですね、科学的、論理的にこの世界の成り立ちを考えたとき、超越的な力を持った「創造神」と、そこまでの力は無いけど、現代地球人よりはるかにすぐれた「宇宙人」の存在を想定しないと、論理的な説明ができないからですね。



後者は、地球人からみれば、空を飛ぶ乗り物に乗っているし、核兵器やレーザー兵器、気象兵器とか、すばらしい金属とかエネルギー源も持っているから、「神」と同等の扱いをされたりしますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2022/08/26 19:19

初詣には多くの人が行きますが、これもひとつの宗教(神道)を信仰していること。

お金(お布施)や信仰の深さは、人それぞれですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどです。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2022/08/26 19:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング