明日に退職願いを出そうと思っているんですが
やめる際に有給を全て消化したいと思ってます。
理由は本人都合なんですがその際に有給消化
を要求することは非常識でしょうか?
要求の仕方としては退職願に
書いておいた方がよいでしょうか?
やはりその後の話しの中でお願いするべきでしょうか?
休日出勤、残業、休み時間や作業終了後の
無賃金、無理強いや一人の上司の独裁的なことから
退職を考えましたのでせめてこのぐらいは
と思っています。
もし、このほかにもよい知恵がありましたら
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

業務の都合で有休が取りにくければ、その分退職日を先にすればいいだけです。

たとえば引き継ぎに4月15日までかかり、有給が20日あるとすれば、5月19日を退職日にすればいいわけです。別に月末にする必要はありません。

有給の取得は権利です。普段ですと業務に支障のないよう考慮する必要がありますが、上のように最終出社日の後に有休を取る場合は、業務に支障がないのが明らかなので、「お願い」でなく、通告すればいいことです。普通は退職願とは別個に事務的に折衝しますが、退職願に書き込んでも悪いことはありません。「~日付で退社。最終出社日は~日で、その後~日間の有給を取得」と書き込んでおくと二度手間にならずに済みますね。その後、引き継ぎなどの都合で日程の調整を求めてくる可能性はありますが、消化できる有給日数が減らないという条件でのみ調整に応じればいいでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました!結果有給のみ受け付けて
もらいました!

お礼日時:2005/04/06 00:47

労基署にいきます!!



 といえば100%経営者が折れますよ。もめごろ嫌いますから・・・・。サービス残業を問題にします。といえば折れます。2年分ぐらいの支払いを命じる可能性もあります。

 但し、めんどくさいですよね。有給消化だけきっちりとることを目標にして、後は脅しです。

 本気で脅せば絶対折れます。がんばって下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました!結果有給のみ受け付けて
もらいました!

お礼日時:2005/04/06 00:46

さらに労働基準局に訴える。

。。。
これは、個人では調書さえできません。
法に訴えるには、MONEYと時間がなければ辛いことになります。
私も法に訴えるのは完璧に正論だとは思います。
が、それに耐えうるなら行使してください。
    • good
    • 2

もし貴方が、一般企業、公務員の場合、退職願を提出し


会社の方が、理解を示したならば、(受け取る意思を表明)したら、有給休暇の習得を意思表示したらいかがでしょうか。ただし、経過を伺うと相手の攻撃(失礼)もありうるので(過去の過失、勤務態度等)円満のふりをして退職したらいかがですか?次の仕事が決まっているなら、10日位の年休どうでもいいじゃないですか?
 怒りのための年休なら、自分も辛いかも。。。。
    • good
    • 2

会社?と書いたのは、企業、公務員、ETCを想定して言っているのです。


厳しい環境のなかで、相手の動きを考慮してください。
なお有給休暇は権利として(一般てきには)行使できますが、対応いかんによっては、逆手の方法もあるのです。

この回答への補足

一応、皆様に補足ですが
私の会社に就業規則は(正式に文書にしたもの)
はありません。
全てどうかは分かりませんが、以前の会社は
退職金の計算から就業の規則や退職願は
何日前に出すことなどの就業規則の書類に
サインをしていたと思います。
今の会社は会社の簡単な決まりごとみたいなものを
学校のチラシみたいなものに書いて一枚もらった程度です。
面接から入社、一年後ぐらいまでは口頭のみでした。

会社自体は社員15程度、パート60人程度です。
しかも、実質経営を任されてるNO2の方が
夏は日が長いから30分早く来い。と言う理由で作業開始が
面接での8:30から現在は7:00からです。
残業平均は3~4時間です。
タイムカード自体ありませんので残業は
もちろんありません。
とまぁ言い出したらキリが無いのですが
以上を参考にしていただいたら幸いです。

補足日時:2005/04/04 21:42
    • good
    • 0

有給の取得は職務怠慢には当たりません。


また、会社には時期変更権がありますが、退職の場合はその権利はないとされています。
    • good
    • 5

当然の権利ですので、有休は消化されてはいかがでしょうか?もちろん、次の方に引継ぎをきちんとおこないかつ、有休の消化を見越した退職日の設定が必要だと思いますが。

いずれにしても立つ鳥後を濁さずです。すっきりと退職しましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!結果有給のみ受け付けて
もらいました!

お礼日時:2005/04/06 00:49

会社?の就業規則を確認してください。


最悪の場合職務怠慢で懲戒処分もありえます。
    • good
    • 1

本人都合での退職とはいえ、退職予定の1ヶ月くらい前に申し出るんですよね?


だったら、有給休暇消化を見越して退職日をお決めになればいかがですか?

たとえば5月末に退職するとして、有給休暇が10日残っているなら
退職日を5月31日にし、5月18日から有休を取る、という考え方(土日休みと仮定しました)
まぁ引継や挨拶などがあるでしょうから、最後の日は出社するとしても、有給休暇は権利ですので、しっかり消化したいですよね。

そうはいっても上司の方がかなりの意地悪さんのようですので
そのまた上の方に率直にお願いした方がいいのではないでしょうか。
頑張ってもらってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!結果有給のみ受け付けて
もらいました!

お礼日時:2005/04/06 00:48

非常識ではないと思います。


ただ、全部有休を取るというのではなく、多少の妥協も必要かもしれません。

一般的には1~2週間程度の有給は当然の権利でしょう。

退職願に書くのではなく、よく相談しましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有給休暇を消化するための退職日の指定は可能?

お世話になります。
自己都合退職予定です。職場には伝えていません。
就業規則上、一ヶ月前の申出が必要とされており、また引継ぎも義務とされています。
責任感は強い方なので、三ヶ月前に申出をし、引継ぎもするつもりです。
ただ、30日間残っている有給休暇を取得させてもらえるかわかりません。

具体的には・・・
年明け1月20日付け(毎月20日が給与計算の締め日)で退職するもりです。就業規則に定めた職場の休日を除くと、12月1日から取るとちょうど30日消化できることになります。
10月20日に退職の申出をし、11月一杯は引継ぎをして、あとは有給休暇、としたいのですが、法的に可能でしょうか。
もし退職日を繰り上げられたり、有給休暇の取得を認めないと言われたら、どうすれば良いでしょうか。こちらの要望を通すための法的な対抗措置も知りたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、退職日についてお答えします。
退職に関しては「民法第627条第1項」に定められていますが、2週間以上前に申しいれる事で自由に退職する事が出来ます。
ただし、「就業規則」に定めが有る場合は、そちらに従います。
退職日に関しても会社側に特別な理由が無い限り、退職日を強制する事は「民法第90条 公序良俗」に反しますので、従業員が希望した日を尊重します。

http://media.jpc-sed.or.jp/jinji/697.html

有給休暇については、「労働基準法第39条第4項」に規定されている通り、特別な理由が無い限り従業員の申し出を認めなければなしません。
ただし、従業員が有給を取ることで会社の業務に支障が出る場合は「時季変更権」を使って変更する事が出来ます。

http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1498/C1498.html

質問者様の場合、1ヶ月以上もの引継ぎ期間が見込めるため、会社側から退職日を変更する申し入れは出来ないでしょうし、引継ぎが終われば会社の業務に支障が出ることもありませんから、有給は認めざるを得ません。

よって問題ないでしょう。

まず、退職日についてお答えします。
退職に関しては「民法第627条第1項」に定められていますが、2週間以上前に申しいれる事で自由に退職する事が出来ます。
ただし、「就業規則」に定めが有る場合は、そちらに従います。
退職日に関しても会社側に特別な理由が無い限り、退職日を強制する事は「民法第90条 公序良俗」に反しますので、従業員が希望した日を尊重します。

http://media.jpc-sed.or.jp/jinji/697.html

有給休暇については、「労働基準法第39条第4項」に規定されている通り、特別な理由...続きを読む

Q内容証明で退職届を提出(有給完全消化する旨記載)

最悪の場合を想定しての話です。

月末の2週間前+2,3日前に内容証明で退職届を提出(有給完全消化する旨記載、退職日月末)し、
2,3日後から会社に行かなくなり、そのまま退職ということは可能でしょうか??
有給は8日残っておりますので、8日有給、残りは欠勤という扱いとなるのが希望です。

または、以上に近いように、万一の場合を考慮して、労働者のメリットだけを考えた退職方法は
ございますでしょうか??

なお、あくまで最悪の場合を想定しての話ということを
ご配慮いただき、何卒ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

民法
(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条  当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

詰まり2週間は保障されている訳です。
常識的に考えると2週間は引継ぎをしないと負けますね。
有給を取るのであれば、退職を表明した日から2週間+有給分は後に退職しないといけませんね。

Q退職届を提出後の有休申請について

退職届を出してからの有休申請はできますでしょうか?
前から辞めたいと言っていて上司からよく考えてくれといわれ結局6月27日に退職届をだされ書けと言われました。
退職日は6月30日と書けと言われてそのまま書きました。
私の今の悩みとしては有休が20日以上あるのですが翌日に人事部に電話などをして有休をとりたいと言って取らせてもらえるものなのでしょうか?
法律上はどうなのでしょうか?
一応まだ在籍はしている形です!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通例でいくと、7月末付の退職願or退職届を出すのでは…?
http://ten-navi.com/hacks/retire-14-6540

6/30「退職日」だと6/30で雇用の契約が終了してしまうので
7月にかけての有休消化はできないと思います。ましてや退職「届」だとこちらから撤回できません。
してやられた感がしますが…
上司、人事がいるなら人事に相談し、話ができないようであれば労働基準監督署へ連絡すべきかと思います。
お急ぎください。

Q退職時の有給休暇消化について

お世話になります。
無知のためお知恵をお貸しください。
退職が決まり、有給休暇が10日残っていたため申請したところ
退職が決まった方には有給休暇は2日になりますと事業者から
言われました。(社内規則がどうのこうのと言われました)

私の認識では有給休暇は労働者(社員)の権利と思っていたため
どうしても納得できません。
こういう場合労働基準監督署?に相談した方がいいのでしょうか?
なんとしても10日分ほしいのですがお知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>とりあえず担当者とお話の場がありなんとか有給休暇を10日間取得できそうです。(給料が振り込まれるまで安心できませんが・・・)

進展がありそうで、良かったですね。もう一息です。

>書面の書き方は何でもいいでしょうか?

会社指定の取得届があればそれで届ます。なければ何でも良いです。
「年次有給休暇取得届」とタイトルを書いて要旨「○月○日から○月○日まで年次有給休暇を取得します」と書けば大丈夫です。

下記のURLはイメージを描くためにご覧ください。http://www.roumu.com/shosiki/kyuuka.doc

Q有給休暇中の次職場での就業は可能?

こんにちは。
質問させてください。


現在、転職活動中の身です。
雇用形態は正社員です。

仕事後にハローワークに通い、転職活動中です。

次の仕事が決まった場合(正社員)、
現在の仕事をたまった有給休暇で休もうと(有休消化)思っていますが
次の会社が「すぐこれないか?」と言った場合、
有休消化中に、次の会社で働くのは可能なのでしょうか?

例えばそれは正社員でなく、アルバイト扱いやパート扱いなどで
見習い期間として働くなど。

いわゆるダブルワークになるかと思いますが
これについて、法的な部分などで
ダメということはあるのでしょうか?


私が現在の会社を辞めたいという言葉は
直接上司に話したことはありますが、
上司はもうちょっと我慢してみろ
お前の人生のためだ、という返しで止まっています。


なお、現在在職中の会社で、誓約書を見ましたが
副業についての禁止は記載されていませんでした。
(一般常識でOUTなのかな?という部分から書かれていない可能性ありますが)


また、辞めるときには1ヶ月前に言うこと
という記載はあります。


余談ですが、現在の会社に特別迷惑をかけるつもりはないので
(辞めること自体迷惑ではありますが・・・)
辞めます!明日から有休消化させてください!
なんていうつもりはありません。
余談ですが。


何か情報をお持ちの方
よろしくお願い致します。

こんにちは。
質問させてください。


現在、転職活動中の身です。
雇用形態は正社員です。

仕事後にハローワークに通い、転職活動中です。

次の仕事が決まった場合(正社員)、
現在の仕事をたまった有給休暇で休もうと(有休消化)思っていますが
次の会社が「すぐこれないか?」と言った場合、
有休消化中に、次の会社で働くのは可能なのでしょうか?

例えばそれは正社員でなく、アルバイト扱いやパート扱いなどで
見習い期間として働くなど。

いわゆるダブルワークになるかと思いますが
これについて、法...続きを読む

Aベストアンサー

結論からいえば、原則として問題ないぜ。ただ、次の会社には話を通しておくほうがいい。それと、職種などによっては注意したほうがいい。


有給時の過ごし方については、何ら制約されない。有給休暇というのは、その日(ないしその時間帯)の労働を免除する性質のものであり、労働者に心身を回復させなければならない義務はない。もちろん、労働者が労働義務を果たせない場合にその範囲で使用者はその労働者を不利に扱ってよく、そうならないために心身を回復させたほうがよいとはいえる。ただ、繰り返すが、それは法的義務ではない。

まして、退職日まで有給を消化する場合には、退職日まで労働を免除されるということだから、労働者がどのように過ごそうとも、もはや所属先の会社には無関係となる。

ただし、緊急時の対応について予め合意している場合には、その対応義務を果たせなかったときに、問題となりうる。合意のある場合に果たせないときのリスクを負うか果たせるように努めるのかは、労働者側の選択となる。

また、職位が高い者や専門性の高い職種については、競業避止義務の課せられる場合がある。この場合に副業禁止規定がなくても同業の仕事をおこなうと、義務違反となる。あなたの職位や職種次第、次の会社の業種や職種次第だってこった。

そして、税関係や保険関係にも注目しておくのがいい。ダブルワークの期間について、次の会社で特別な処理が必要となりうるためだ。有給消化中のダブルワークとなることを、次の会社には伝えておくのがいい。


それと、念のためコメントすると、「重労働のボランティアをやってもいい、その為に会社で居眠りをしてもいい」というのは、就業時間中に労働を提供していないのだから、懲戒処分等の対象にすればよい話だ。「重労働のボランティア」をしても会社で労働義務を果たせばよく、有給時の過ごし方を制約する理由にならない。

「元気を回復して月曜日から健康的に働くため」と就業規則等に定めてあったとしても、その定めは法的義務にはならず、単なる訓示規定でしかない。訓示規定に過ぎないからこそ、労基法違反にならない。有給時の過ごし方を制約する理由にならない。

「会社から呼び出しがあったらすっとんで来い、と言われ」労働者がこれに応じた場合には、契約上の緊急対応義務が生じるに過ぎない。つまり、実際に緊急の呼び出しに備えて有給時の過ごし方が事実上制約されることはあっても、法的に制約されることはない。

「次の会社で労災にあった」ら、次の会社に法律上の義務が生じるに過ぎない。前の会社は関係ない。

民法上の2週間前までの退職通知義務は、日給月給制である場合などの条件がある。「労働者側からの退職は2週間前までに申し出ればよいとされています。」との回答があるが、この回答者は、従前の回答の傾向を見るに、どのような場合でもそうだと盲信しているようだ。

結論からいえば、原則として問題ないぜ。ただ、次の会社には話を通しておくほうがいい。それと、職種などによっては注意したほうがいい。


有給時の過ごし方については、何ら制約されない。有給休暇というのは、その日(ないしその時間帯)の労働を免除する性質のものであり、労働者に心身を回復させなければならない義務はない。もちろん、労働者が労働義務を果たせない場合にその範囲で使用者はその労働者を不利に扱ってよく、そうならないために心身を回復させたほうがよいとはいえる。ただ、繰り返すが、それ...続きを読む

Q退職時の有給消化中にアルバイトをすることについて

退職時の有給消化中にアルバイトをすることについて教えてください。
現在勤務している会社を近々に退職します。(社会保険入っています。)次の会社も決まっています。
退職時に有給を消化する予定ですが、新しい会社に入るまで、ヒマなので、その間に短期のアルバイトをしようと思います。
この場合、確定申告や、社会保険等で、なにか面倒なことが伴いますか?

Aベストアンサー

原則的には副業禁止に法的根拠がありませんから強制できません。
単純な禁止規定に違反して副業しても、「それだけなら」懲戒どころか普通解雇もできません。
例外としては、寝不足になったりして本業がおろそかになる職務専念義務違反。
守秘義務違反。
ライバル会社に利する競業禁止、忠実義務違反。
など、副業そのものではなく、それに伴って会社に不利益を与えた場合のみ問題となります。
休憩、休日、休暇中は会社に拘束されていませんから、基本的には何をやろうが自由です。

有休中ですから職務専念には違反しません。
あとは、会社の秘密をもらさず、会社と競争しているようなところで働かなければ問題ありません。
もっとも、会社によっては法律を知らずに文句を言うところもありますから気を付けましょう。
所得税は、最終的に年末調整に入れれば問題ないです。
社保は、主たる事業所で加入するだけなので関係ありません。
時間外労働が引っ掛かる場合がありますが、副業の時間外を厳密にやっている会社を見た事はありません。
http://www.jil.go.jp/hanrei/conts/047.htm
平仙レース事件 浦和地裁 s40.12.16
病気休職中の労働者のバイトでは解雇無効

原則的には副業禁止に法的根拠がありませんから強制できません。
単純な禁止規定に違反して副業しても、「それだけなら」懲戒どころか普通解雇もできません。
例外としては、寝不足になったりして本業がおろそかになる職務専念義務違反。
守秘義務違反。
ライバル会社に利する競業禁止、忠実義務違反。
など、副業そのものではなく、それに伴って会社に不利益を与えた場合のみ問題となります。
休憩、休日、休暇中は会社に拘束されていませんから、基本的には何をやろうが自由です。

有休中ですから職務専念には...続きを読む

Q退職届提出後に退職日まで休むと?

退職届を提出し、提出日から二週間後に退職すると設定した場合に、退職日までの二週間は会社を休みますと会社側に伝えれば、それは単なる無給の休みになりますか?無断欠勤になりますか?
また、急に上記内容を伝え、一方的に退職日まで休めば、懲戒解雇及び損害賠償の対象になるでしょうか?

Aベストアンサー

例えば休暇や欠勤については、何日前という規定(会社により異なります)があり、それより後だと、無断欠勤の扱いとなります。この場合、懲戒処分の対象となります。
次に、無断でなくても欠勤が多い(あなたの事例に該当します)と、これも懲戒処分の対象となり、勤務成績不良で懲戒解雇もありえますし、懲戒処分としての減給(欠勤日の給与不払いとは別です)もありえます。
まあ、損害賠償については、無断欠勤により 重大な支障をきたした場合は別ですが、通常は無いでしょう。

Q退職時の有給と公休の取り方

過去にいくつか似た質問があったようですが、加えてお聞きしたいことがありますので質問させてください。

11月末で退職ということで話を進めており、店長から10月末日最終出勤でと伝えられました。
その時点では残りの有給19日と8日くらいの公休を足して、残りは欠勤扱いで11月末退社になるのだと思っていたのですが、退職書類作成の際に店長に有給日数を聞かれ19日と伝えると、退社日は11月19日でと言われました。
少し疑問に思ったので、公休を足して11月末退社にならないのか聞くと、公休はがんばって働いてる人に与えるもので、丸々有給使う奴に公休がつくわけないだろ!と言われ、過去に何度もスタッフの退職手続きをしたことのある方なのでそんなものかと思いその場では納得して書類を作成しました。
有休消化に入ってから店長から電話があり、退職書類に不備があった。連続して有給を取ることはできないので一週間に一日は公休を挟まないといけないと人事部に言われた。公休3日を加えて22日退職でお願いしますと言われました。
その時点で、じゃあ3日じゃなく8日公休にならないか疑問だったのですが、またきつく言われるのもめんどくさいと思い22日代謝で納得してしまいました。
そして今日給与明細が届いたのですが、基本給18万なのに13万5千円になっており、なぜか考えたところ、22日退社だから残りの8日分が引かれてしまったのだと気づきました。
少し少なくなるのは予想していたのですが、さすがに4万は大きく、なんとかならないかと考えています。
今から人事部に連絡し退社日変更をしてもらうことは不可能でしょうか?
もし可能だとしたら、なるべく大事にならないようにこれまでのやりとりを伝える方法はありますでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

過去にいくつか似た質問があったようですが、加えてお聞きしたいことがありますので質問させてください。

11月末で退職ということで話を進めており、店長から10月末日最終出勤でと伝えられました。
その時点では残りの有給19日と8日くらいの公休を足して、残りは欠勤扱いで11月末退社になるのだと思っていたのですが、退職書類作成の際に店長に有給日数を聞かれ19日と伝えると、退社日は11月19日でと言われました。
少し疑問に思ったので、公休を足して11月末退社にならないのか聞くと、公休はがんばって働いてる...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

「公休」について本質的な誤解があると思います。
公休は、ただのお休み。有休みたいに溜まってまとめて使えるものではありません。
質問者様は月給なんでしょうか。そうだとして、月給満額を保証されるために「公休」で隙間を埋めるという考え方はもともとありません。
店長が言うような「がんばって働いている人に与えるもの」というのもちょっと違うけれども、考え方としては、このほうがやや正解に近いです。
そして、「1週間に1日は公休を挟まないといけない」のも、おおむね正解。
有給休暇は、本来出勤すべき日に休む権利であって、19日連続シフトで働かせることがあり得ない以上、公休を挟む必要は生じます。

というわけで、今回の処理は間違っていません。
質問者様の、「給与が引かれてしまった」というご不満は、退職日の設定に伴う反射的なものであり、不利益ではありません。これはそもそも苦情として成り立ちませんし、会社に言ったら恥をかきます。
そもそも、働かないでお金をもらっているのですから。

といいますか、信じられないほどいい会社ですね。残った有休を全部使わせてくれるなんて、当たり前と思っていらっしゃるでしょうが、なかなかないことですよ。

唯一、今回のやり口に突っ込みどころがあるとすれば、有休消化期間中の公休を、週に1度しか挟んでいないこと。
先に述べたように、有休は本来働く日に与えるもの。そこからしますと、質問者様は、「働いている際、週1日しか公休をもらえなかったのか」という疑問が湧きます。そんなことはないはずです。
ただ、これを交渉の材料にしたところで、せいぜいあと2~3日の公休を挟み込めるだけで、月給満額をもらえる結論にはなりません。
それに、「有休消化期間中に週1日しか公休を与えていない」事実から、給与の支払いについては何の違法性も出てきませんから。
いい会社ですし、よくわかっている会社だと思います。

今回の件、理論的には決して易しい問題ではありません。このことがわかっている社会人もめったにいません。
質問者様がすぐに理解できなくても仕方ありません。
考えてもわからなければ、最後は「そういうものだ」と丸ごと理解していただくしかないです。

こんにちは。

「公休」について本質的な誤解があると思います。
公休は、ただのお休み。有休みたいに溜まってまとめて使えるものではありません。
質問者様は月給なんでしょうか。そうだとして、月給満額を保証されるために「公休」で隙間を埋めるという考え方はもともとありません。
店長が言うような「がんばって働いている人に与えるもの」というのもちょっと違うけれども、考え方としては、このほうがやや正解に近いです。
そして、「1週間に1日は公休を挟まないといけない」のも、おおむね正解。
有給休暇は...続きを読む

Q退職願い提出後に賞与は支給されるのでしょうか。

あつかましいご質問で失礼いたします。

今、転職を考えており1社内定がいただけそうな状況です。面接の際には、なるべく早く退職手続きを取ってほしいと言われています。

現職では、公に退職を受理されているわけではなく、
6月末日には賞与が支給される予定です。

さて本題です。仮に内定が6月初めにでれば、6月もしくは7月の退職となると思うのですが、退職願い提出後に賞与は支給されるものなのでしょうか。

私個人の勝手な解釈では、1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考えるのですが、企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考えるはずです。

いろいろな解釈ができるかと思いますが、皆様の率直なご意見をお聞かせいただければ幸いです。

Aベストアンサー

あくまで、私の経験です。(複数の民間会社です)
支給日に在籍していれば、賞与は貰えました。
退職願いを提出→受理される→業務引継ぎ→有給消化
有給を消化した後、退職日となります。
この退職日までに支給日があれば、全額支給されました。

>1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考える

おっしゃる通りかと思います。

>企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考える

それはそうでしょうが、筋道を立てて退職を申し出た人に
取るべき対応ではないと思います。
現在いらっしゃる社員の方々の愛社精神・会社への帰属意識に多大な悪影響を与えるでありましょう。
堂々と主張・請求されてしかるべきかと思います。

まだ、支給されないと決まった訳ではありませんよね?
案外、すっと支給されるかもしれませんし、支給され
なかった場合の参考とされて下さい。

Q有給消化の翌月の給料は?

退職することになり、現場の仕事は23年12月末で終わり、有給が1か月分近く残ってたので有給消化し、24年1月末をもって退社しますと退職願を書き、受理されました。
そして1月25日に12月分の給料が(住民税が半年分まとめて控除されてた)入ったのですが、2月25日に確認すると、1月の有給消化分の給料は入ってませんでした。これは、もう2月になると社員じゃないから給料はもらえないてことでしょうか?ちなみにすでに24年分の源泉徴収票が送られてきました。

Aベストアンサー

NO1さんの回答のように 働き始めた月の給料は いつ受け取ったかを確認してください。
その月に支払われていれば 今回のケースでは2月には支払われません。
給料の払い方(前払い 翌月払いなど)は会社によって様々です。それによって最終給料の払われ方も違いますので 支払われ方が分からない現時点では 私達は 変だとも変ではないとも判断できません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング