高速で加工できる工具材でしょうか?名前の由来はどの文献を探しても書いてありません、誰か分かる方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2さんを#3さんと間違えました。


#1さん、#2さんも参考になるご回答だと思います。訂正し、お詫びいたします。
    • good
    • 0

こんばんは。


#2さんが大変すばらしいお答えをしておられます。#2さんにあわせてご参考ください。

高速度工具鋼→High Speed Tool Steel
または、高速度鋼→High Speed Steel

どちらもハイス鋼をしめしますが、現在は高速度鋼(High Speed Steel)と呼んで構わないと思います。つまり鋼材の略称の頭文字「HSS」に相当します。
回転する被削体にハイス鋼で作られたバイトを接触させ、切削加工を施した場合、切削速度を高速に設定し、ハイス鋼のバイトが赤熱してもなお、鋼材の切削等の基本性能が劣化しません。

クロムが大量に添加されているため、焼き戻し抵抗(熱により鋼材の組成が変わり軟らかくなる現象に抵抗する性質)が高く、温度にして600℃後半まで凡そ切削加工が可能です。またクロムの一部が鋼材の炭素と化合し、幾つかの種類の炭化クロムが生成され、切削性能に寄与しています。(沢山の鋼種があり、さらに合金元素が添加されると高い切削性能が得られます)

1898年にアメリカのテイラー(Frederick Winslow Taylor)と仲間の技術者らによって発明されました。当時は海軍は「大艦巨砲主義」でしたし、陸軍は野砲を戦術に取り入れていました。従来の鋳造や、鍛造で粗形を作り、人手により研磨仕上げされていた砲身では、命中精度が劣っていました。ハイス鋼が発明され、砲身の元になる鋼材(被削材)を回転させて切削加工を施すことで、高精度と同時に、大口径の砲身の製造を可能にし、大量生産が可能になりました。

現在は#2さんがおっしゃる通り、切削速度の高速化が求められています。超硬金属(高硬度、耐熱性大)、サーメット材(高硬度、比較的熱伝導性が良い物もある)では工具の温度が800℃から1000℃付近になるまで切削を行う事が可能です。
    • good
    • 0

ハイスピードスチールからハイスと略されます。


切削速度(1分間で何メートル進むか)が、画期的に早くできたところから名づけられたようです。
ドリルなどに、HSSと刻印されてますが、High Speed Steelの頭を取ってます。
って言っても、現在では、ハイスの切削速度は、10m/min程度で、他の刃物材と比べると遅い方です。
コバルトを混ぜたCoHSSは耐磨耗性に優れますが、それでも15mが限界です。
現在では、超硬合金、サーメットなどが主流で、アルミにはダイヤモンドが使用され、1000mを越す切削速度で加工しています。

HSSよりやや劣り、昔の主流だったのが工具鋼(SK)で、焼きいれ性は優れてますから、摺動するような部品に使われています。

尚、切削速度は、ドリルなどの回転刃で、回転数(RPM)X直径(mm)X3.14÷1000です。
旋盤は主軸の回転数と、切削径になります。
    • good
    • 0

昔専門学校で習ったのでうろ覚えですが、昔ヨーロッパの方で加工機の発達が進んでいた頃、高速度加工に適した刃ができたとか。

その当時モータを使って材料を回転させ加工する(旋盤のことですね)ことは理論上あった様なのですが何分、摩擦で高温になる為刃がもたなかったそうです。
そこで高温かたさが大きく、熱伝導率の小さい合金鋼の刃を開発、それにより高速での加工に耐ええる刃との意味で高速度工具鋼と呼ぶとか。当時からしてみればその回転速度は驚きだったようで。(スクラップが糸の様になるから)
    • good
    • 0

高速切削用に耐えられるよう、炭素工具鋼にクロムやタングステンなどを加えて耐熱性を高めた鋼。

JIS記号ではSKH。「ハイス」とも呼ばれる。

「技術の森」↓にあります。

参考URL:http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?tid=35033&e …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイス鋼とダイス鋼

40代のおばちゃんです。

仕事で扱っている鋼材で
ハイス鋼とダイス鋼の違いが分からず、ずっと調べています。
調べれば調べる程、分からなくなると言った方が正解なのか・・・。

ハイス鋼でも粉末ハイスもあるそうで・・・。

私の中では単純に「ダイス鋼よりハイス鋼の方が硬い♪」と言うイメージしかなかったのですが、
分かりやすーく説明していただけるととても嬉しいです。

また、おばちゃんにでも理解出来るオススメの鋼材サイトがあれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

ハイス=高速度工具鋼は、W、MO、VA等の高硬度の炭化物を形成する合金を多く含み、焼入時に高温でそれらを固溶させ、焼戻の際に析出、2次硬化として働かせ、耐摩耗性だけでなく、冷間ダイス鋼SKD11より高い、高温強度、高温軟化抵抗を持っています。
SKD11で切削工具を作れば、高温軟化抵抗が低い分、すぐに焼きなまされてしまい刃先が潰れることになります。
ハイスは急冷しなければ、キチンと靭性のある焼入は出来ませんし、高温焼入、急冷等が必要な分、焼き割れ、変形し易く、また、硬さが出る分だけは転造時の割れに対しては脆さもありますので、大きさや形状、転造加工応力の制約が出てきます。
ダイス鋼の熱扱いは、ハイスより容易で、転造ダイスに使いやすいと言えるでしょう。
>仕事で扱っている鋼材で
でしたら参考にURLを貼ります。

参考URL:http://kinncyan.hp.infoseek.co.jp/kikai-tyukyuu/0004/kikai-cyuukyuu-04.html

Q非回転工具を用いた炭化タングステンの切削加工

単結晶ダイヤモンドバイトによる非回転工具を用いた炭化タングステンの切削加工は可能なのでしょうか?
卒業研究でV溝切削を考えているのですが、そもそも炭化タングステンを非回転工具で削ることが出来るのか、というところで行き詰ってしまいました。
皆さんの知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

単結晶バイトで超硬合金にV溝加工が出来るかというご質問に対しては、「条件を選び、それが実現可能な工作機械があれば出来なくはない。」というのが回答だと思います。
実用上可能かどうかはわかりません。速度を上げれば(シェーパーで出せる速度はしれているが)ダイヤモンドは燃焼してしまうだろうし、速度が低ければバイトが破壊してしまいそうですね。
何故超硬合金へのV溝加工を単結晶ダイヤで加工しなければならないのか(研磨で何がいけない)わかりませんが、手動で、単結晶ダイヤのバイトで超硬合金のエッジをなめればエッジは落ちると思いますので(連続切粉が出来るかどうかは未確認)条件さえ合えばV溝加工は可能だと思います。ただし、工業的に超硬合金を単結晶ダイヤバイトによる非回転加工というは、あまり聞いたことがありません。

Q数学ハイスコープについて

学校(高校)でハイスコープという問題集を貰っているのですが、ハイスコープの難易度やレベルはどの程度なのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.tokyo-shoseki.co.jp/materials/h/3/230/

出版社発表では、当該出版社の中では1番難しい

Q江崎玲於奈氏の名前の由来

「玲於奈」という名前は非常に現代的です。でも江崎博士が生まれた当時はさぞ斬新(奇抜?)な名前だったと思います。
由来が気になるのでご存じの方は教えてください。

Aベストアンサー

レオナの「レオ」とはラテン語で「獅子(しし)」という意味をもっています。そこには、父親の「世界に通用するような男らしい男になってほしい」という願いがこめられていました。

ということらしいです。

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/tour/nobel/esaki/p1.html

Qキッチンはロースタイルかハイスタイルか?

今年からキャンプをしようと思っている初心者です。
大人2人、小学生1人、幼稚園1人の家族構成です。

そこで、基本的にロースタイルで考えているのですが、食材を切ったり、調理するのはやりにくいような気がしています。
カタログなどをみると、高さを調節できるものもありますし、スノーピークのように、高さが固定で、それぞれの高さで販売しているものもありました。

今までもBBQをしたりしても、ハイスタイルでしかしたことがありません。

食卓だけロースタイルにし、調理はハイスタイルがいいのか、どちらもロースタイルで問題がないのか皆さんのアドバイスお願い致します。

また、お薦めのキッチン用品があれば合わせてお願い致します。

Aベストアンサー

うちは、ロースタイルってやつだね。

子供が小さいんで、高いのはちょっと使いにくいし、危ない。

それなりにスペースが取れるんでロースタイルでも十分。


ランタンケースに座って、クーラーボックスの上で調理って感じ。

たまに砂や落ち葉が入るけど気にしない。

高さ調整できるものは、ピンなどを指すタイプの方が、
ガクッっと落ちたり事故が少なくて良いと思います。

>お薦めのキッチン用品があれば合わせてお願い致します。
100均のペラペラのまな板。枚数あってもかさばらないし、軽い。
ホームセンタで材料買えば、サイズも大きくできます。
キッチン用品でないけど、折りたたみベンチは物置場として、すっごく便利。
もちろん、夏場も快適に寝れる。

Q塑性加工(引き抜き)における加工発熱の計算方法

いつも大変お世話になっております。

塑性加工(引き抜き)における加工発熱の計算方法を調べる必要が生じました。
検索した結果、温度上昇分は

kp/JρC (kは加工速度、加工方法、材料などに依存する定数、pは単位体積当たりの仕事量(加工応力)Jは仕事の熱等量、ρは密度、Cは比熱)

ということが分かりました。

材料がステンレス、ということが分かっているので分子は簡単に求められます。

しかし、加工応力を求めようとして、検索したところでは、結構難しい計算が必要であることが分かりました。


ダイヤモンドダイスで、中に入れるプラグは超硬で、サイズ、肉厚、引き抜き速度は分かっています。

これは、個人が手の計算で求められるものなのでしょうか?もしそうでしたら、計算方法を教えていただけないでしょうか?
それともやはり、シミュレーションソフトなどを購入したり専門家に依頼したりしないと計算できないものなのでしょうか?

以上,恐れ入りますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、加工に要したエネルギー(仕事)を求めるだけですから、
仕事=力×距離
で、求めるだけです。(力が一定でないので、積分になりますが)密度も分子も関係ありません。
単純な、棒材の引っ張り試験だと、力-変形 曲線を描いて、それと、力=0のラインで囲まれる部分の面積です。

ただ、ダイスでの引き抜きとなると、変形の大きさを求めるのがたいへんのような。。。

Q世の中の最高のハイスぺックPC

世の中の最高のハイスぺックPCってどれでしょう?


※別に買うわけでもなくてアンケートなのでお時間があるのならお答えください。

Aベストアンサー

>個人の客にも売ってるのですか?何円ですか?

ザンネンながら、一般的には売られていません
もし買うとしたら、開発に1億ドルかかっていますから、それ以上するでしょう

宇宙物理学や人の染色体の解析などの分野に使われています


パソコンって、あくまでも、個人用途でつかうコンピュータを指すという定義でお答えしています

個人で買えるという定義ならば、サーバー用のコンピュータを自宅で使えばかなり速いと思いますよ
部屋の大きさも考えるとトータルで300万前後くらいで買えるものなら速度的に満足すると思います

300万も出せないというのならばワークステーションクラスのコンピュータをパソコンとして使えばそれなり満足すると思います
30万とか50万、100万前後くらいで買えます

ワークステーションとは、パソコンのように一般人向けではなく、例えば、映画のCGを作成したり、複雑な計算をしなくてはならない等の普通のパソコンでは遅くて話にならないというような作業をするための超高性能のパソコンだと思ってください

QHigh-k材, Low-k材でのkの意味

電子のデバイス用語で、High-k材, Low-k材などという言葉を良く聞きますが、
kの正確な定義・意味は何でしょうか?

(1) 複素誘電率ε (=ε1+ε2*i)   全体のこと
(2) 複素誘電率εの実部ε1    のこと
(3) 複素誘電率εの虚部ε2    のこと
(4) 消衰距離k            のこと
(5) ・・・

宜しくご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

参考に
kは比誘電率を表す記号
例えば、SiO2の比誘電率(k)は3.9であるなど。
比誘電率は実数部、以下誘電率の定義、半導体材料など参照のこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%98%E9%9B%BB%E7%8E%87
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/5046/material3-2-4.html

Qハイスパークというほくろ除去の方法

高3です。

ハイスパークというほくろ除去方法、どなたかご存知ですか?
ダウンタイムや、治療後気をつけることも特にないと言われたんですが、調べても全然出てこなくて不安です...安全ならば、近場ではそこにしか頼れないので、治療を受けようと思っています。

自分の平らなほくろでも、大丈夫でしょうか...色の薄いのも濃いのもあります。

Aベストアンサー

自分自身がホクロに悩まされたことがあるので結構下調べしたつもりですが、ハイスパークは初耳です。
検索したら一軒だけクリニックを発見しました。
説明がありましたのでリンクを貼っておきます。
http://www.rose-clinic.info/surgical/hs.html

私がドクターから受けた説明ですが、ホクロはイボと違って根がかなり深いものです。
ちゃんと取ったら皮膚深くまで削ることになります。
ダウンタイムもあるし、小さな跡も暫く残るはずです。

おっしゃる通り、少し不安ですね。
あまりに安易に「安全ですよ、すぐ取れますよ、ダウンタイム無いですよ」というところは気を付けたほうが良いと思います。

どうしてもそこで取ってもらうなら、まず目立たないところで一つだけやって暫く様子を見てみては?

Qアルミニウムの圧延加工による加工硬化について

圧延により硬さが変化したのはなぜか?(塑性変形、すべり変形、転位、転位密度)の言語を必ず使うこと


焼きなましにより硬さが変化したのはなぜか?(回復、再結晶、転位、転位密度)の言語を必ず使うこと



詳しく教えてください
お願いします

Aベストアンサー

じぶんでトンカチとやすりと顕微鏡を使って確認して
レポートを書いたら、その時点で先生を超越しているかも。
ただし、適当に言葉は、ちりばめてください。
引っ張り試験機と、硬度計は使ったんですよね。
・・・したことまでは確認されているんですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報