膀胱癌の初期の患者ならどうな薬を使えばよろしいですか?この患者は膀胱癌の手術を受けたばかり60代の男性です。
注意しなければならない点があれば教えていただけませんか?有難うございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私の祖父が7年前ほどに膀胱癌の手術を受けました。


幸い腫瘍をけずるという処置ですみ膀胱自体を取ってしまうことにはなりませんでした。
この方もそうなのでしょうか?
『祖父の場合』、術後は定期的に検査と尿道に管を通して抗がん剤を注入しています。
しかし、1年以上たつとまた大きな腫瘍がぽつぽつできていました。
3回目の手術をしたときにお医者様に煙草をやめるようにすすめられ、禁煙したところこの2年の内視鏡検査では新しい腫瘍はほとんどでておらず削ったところがまた大きくなるということもないそうです。
もしこの方が煙草を吸われる方ならやめられることをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼するのは遅かったが、ご親切の答え、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 19:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膀胱癌で BCG治療中の 主人のことで、ご相談します。

膀胱癌で BCG治療中の 主人のことで、ご相談します。
どうぞよろしくお願いいたします。

去年の8月に 表皮の膀胱癌を手術し(膀胱の下のほう、尿管付近に 1~2ミリくらいの小さい 突起物があり、それを 尿道からの手術で 取りました)、その後 9~11月にかけて 6回に渡り 1週間ごとに BCG治療を行いました。
その時は かなりの痛みがあったものの、痛み止めの座薬と抗炎症剤で 痛みをしのぎました。
12月頃には 痛みは 治まったようです。


今年 1月始めに、2クール目の BCG治療(1週間あけて 2回)を受けました。
この治療では、非常に 痛みが激しく 5月現在の今も まだ 痛みが続いているようです。
2月末くらいまで 相当 苦しんでいました。
あまりの激痛に 痛み止めの座薬と抗炎症剤に加えて 抗生剤まで 処方してもらいました。

そして、これから 3クール目の BCG治療に入るようです。
医者の先生は 癌が再発しないうちに 早く 次のBCG治療をしたいらしいのですが、本人は 「未だに痛いのに このまま 続けて 次のBCG治療をしたら どうなるんだろう」と 非常に不安を感じているようです。
(先生の説明ですと、手術後 最初の1年は 3~4ヶ月ごとに、次の年からは 検査をして 異常がなければ 半年ごとに、 5年の間継続して BCG治療をするそうです。)



●ここまで 長く 痛みが続くのは 珍しいのでしょうか。
(本人が言うには、手術した部分と 尿道が痛いらしいです)
●いつか 痛みは 取れるのでしょうか。
●そして このまま BCG治療に突入してしまった いいのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

膀胱癌で BCG治療中の 主人のことで、ご相談します。
どうぞよろしくお願いいたします。

去年の8月に 表皮の膀胱癌を手術し(膀胱の下のほう、尿管付近に 1~2ミリくらいの小さい 突起物があり、それを 尿道からの手術で 取りました)、その後 9~11月にかけて 6回に渡り 1週間ごとに BCG治療を行いました。
その時は かなりの痛みがあったものの、痛み止めの座薬と抗炎症剤で 痛みをしのぎました。
12月頃には 痛みは 治まったようです。


今年 1月始めに、2クール目の BCG治療(1週...続きを読む

Aベストアンサー

直ちに、BCG療法を中止して、
主治医にセカンドオピニオンを得たいので、
専門医(例えば、出身大学の泌尿器科など)を
紹介してくれるようにお願いしてください。

黙って、セカンドオピニオンを得ようとすると、
最初から検査しなければならず、時間がかかりすぎる。
また、素人が専門医を探すことは容易ではないからです。

ただし、主治医が気分を害するようならば、
思い切って、転院することも考えてください。
患者の権利を守れないような医師に、まともな治療ができるとは
思えません。

がん保険に契約しているならば、保険会社が提供する
情報サービスの利用も考えてください。

泌尿器科の先生がすべて、がんの専門家ではなく、
また、この治療方法の専門家でもありません。
この治療方法には、膀胱萎縮などの重篤な副作用、
さらには、死亡例も報告されています。
甘く見てはいけません。

Q膀胱がんの検査で膀胱鏡使用します。先生はキシロカインゼリーを膀胱鏡に塗るだけで、すぐ挿入してきます。

膀胱がんの検査で膀胱鏡使用します。先生はキシロカインゼリーを膀胱鏡に塗るだけで、すぐ挿入してきます。これでは麻酔にならないと思いますが、通院している病院ではこのやり方を採用しているようです。インターネットを見ると、どこの病院でも麻酔は時間を決めてしばらく置いてからカメラを挿入するようですがそのようなやり方をしている病院を教えてください。

Aベストアンサー

清瀬市なら、東京病院はいかがですか?
軟性スコープを使用していたはずです。

Q膀胱癌との診断ですが・・・

お願いします。
70代男性知人ですが、7ヶ月前に膀胱癌が見つかり手術をして癌を取り除きました。ですが・・・
知人『排尿時に糸やごみみたいな何かが出てくるのですが』
Dr「それは術後のかさぶたみたいなものでしょう」
知人『手術は7ヶ月も前なのに?!』
Dr「そうですか。何でしょうね・・・わかりません」
なんだか不信感が募ります。受診している総合病院は地域でも有名で人気のある病院ですが、これはどういうことでしょうか?

また先日定期検査に行ったところ、尿にがん細胞が混ざってると言われて膀胱にカメラを入れ(内視鏡ですかね?)生体検査を受けたようです。結果はまだ聞いておりません。腎臓に造影剤を入れて見てみますか?とか膀胱を全摘出しますか?どこか転移してきたがん細胞かも知れませんが場所は特定できない・・・などと色々言われて本人は何が何だかわからないようです。これは膀胱がんが再発したのでしょうか?不信感を持ってしまっていて、国立の癌センターに受診したいようなことも言っておりますが紹介状なしに受診できるのでしょうか?

長くなってしまいましたが、どうぞご存知のかたご意見をお願いいたします。

お願いします。
70代男性知人ですが、7ヶ月前に膀胱癌が見つかり手術をして癌を取り除きました。ですが・・・
知人『排尿時に糸やごみみたいな何かが出てくるのですが』
Dr「それは術後のかさぶたみたいなものでしょう」
知人『手術は7ヶ月も前なのに?!』
Dr「そうですか。何でしょうね・・・わかりません」
なんだか不信感が募ります。受診している総合病院は地域でも有名で人気のある病院ですが、これはどういうことでしょうか?

また先日定期検査に行ったところ、尿にがん細胞が混ざってると...続きを読む

Aベストアンサー

膀胱全摘出術をしていないなら、内視鏡下での手術だったんでしょうね。(通称TUR-BT)
その手術で採取した組織は検査に出していると思いますので、結果を正確に主治医から、聞きましょう。
また、再発を繰り返しTUR-BTの手術を何度も施行している方もいます。
実際、膀胱全摘出術は大きな手術ですし、手術後の生活も大変です。
ハウトマン、回腸導管、尿管皮膚ろうの術式があります。

また、不信感があるのであれば、セカンドオピニオンを希望する旨を伝え、紹介状を書いてもらいましょう。

Q母が去年3月に大腸癌(横行結腸部)で手術を行いました。手術により腸を3

母が去年3月に大腸癌(横行結腸部)で手術を行いました。手術により腸を30cm程削除。周りのリンパも腫れていたとのことでリンパも削除したとのことでした。
取り残しの可能性もあるとのことで担当医師から抗がん剤治療を薦められましたが、本人が抗がん剤治療を嫌がり(知人が何人か抗がん剤治療を行い、副作用で苦しんだ上に亡くなったとのことで、抗がん剤治療をかなり恐れています)免疫療法を選択し治療を始めました。
しかし、10月にCT/PETにて膵臓の裏辺りのリンパに3cm程度の腫れが発見されました。
再度、担当医師から抗がん剤治療を薦められましたが、免疫療法の継続を選択。今年3月に腸閉塞を起こして再入院しました。腫瘍の大きさはCT上で見て直径5cm程度に大きくなっていました。
ところが、腸閉塞は直ぐに回復し、食事も出来る様になったとのことでそのまま退院。
しかし、5月末に再度腸閉塞で入院しました。今の腫瘍の大きさは7cm~8cm程度です。
今の所、臓器への転移は見つかっておらずいませんが殆ど食事が出来ない状態。食事できないせいか貧血気味とのこと。自力で歩くことは出来るのですが、日中の殆どは寝てばかりの状態になっています。

家族としてはこんな状態で退院させるべきではないと思い、担当医師に相談しましたが、抗がん剤治療を行わないのであれば入院させておけないとのことで、便秘薬と鉄分補給の薬が処方されただけでした。
殆ど食事が出来ない上に下剤を飲んでいるため日に日に体力を削っている様な状態です。そんな状態でも本人は抗がん剤治療を嫌がっています。
免疫療法を諦め、抗がん剤治療を薦めるしか道が無い様に思っていますが、正直自信が持てません。
担当医師はの話はマイナス要素の話ばかり(リスクの説明ばかりで本当に一緒に闘病しくれる覚悟を持って話されていると感じられない)で、母を説得しきれません。

本当に、抗がん剤治療を薦めるべきでしょうか?

母が去年3月に大腸癌(横行結腸部)で手術を行いました。手術により腸を30cm程削除。周りのリンパも腫れていたとのことでリンパも削除したとのことでした。
取り残しの可能性もあるとのことで担当医師から抗がん剤治療を薦められましたが、本人が抗がん剤治療を嫌がり(知人が何人か抗がん剤治療を行い、副作用で苦しんだ上に亡くなったとのことで、抗がん剤治療をかなり恐れています)免疫療法を選択し治療を始めました。
しかし、10月にCT/PETにて膵臓の裏辺りのリンパに3cm程度の腫れが発見されました。
再度、担...続きを読む

Aベストアンサー

抗がん剤療法は大変ですが医師の勧めるとおり早急に開始した方がよいと思います。免疫療法のよい話ばかりつたわりがちですが臨床的には確立した治療法ではないようです。患者には担当医以外の医師からセカンドオピニオンとして治療法や病状について意見を聞く、診察を受ける権利が認められています。お母様を説得するには他病院の専門医の診察を受けて意見を聞いてみたらどうでしょう。その医師が同じように抗がん剤治療を勧めるのであればお母様も納得するのではないでしょうか。また、下剤でお通じを出しているとのことですが体力が衰えると下剤といえども解毒の為に肝臓の負担になります。下剤の代わりにぬるま湯を浣腸のように注水して固い便を軟らかくして排便してはどうでしょうか。使用するのはお水ですから身体の負担は皆無ですしお腹の中の便がスッキリでますので胃腸管のとおりもよくなり食欲がでてくると思います。お腹がきれいになれば腸内の食物カスの腐敗も減少し血液もきれいになりますから血流もよくなり便秘によるイライラ、ガスによる腹痛やお腹の張りなどが消えて身体が楽になると思います。まず、体力を回復した方がよいですね。この方法は絶対排便力を使いますので興味があれば検索してみて下さい。お大事にして下さい。

抗がん剤療法は大変ですが医師の勧めるとおり早急に開始した方がよいと思います。免疫療法のよい話ばかりつたわりがちですが臨床的には確立した治療法ではないようです。患者には担当医以外の医師からセカンドオピニオンとして治療法や病状について意見を聞く、診察を受ける権利が認められています。お母様を説得するには他病院の専門医の診察を受けて意見を聞いてみたらどうでしょう。その医師が同じように抗がん剤治療を勧めるのであればお母様も納得するのではないでしょうか。また、下剤でお通じを出している...続きを読む

Q高齢の祖母の膀胱癌手術…するべきでしょうか。

87歳の祖母のことで質問です。
昨年5月に血尿が酷いので病院へ連れて行き、「膀胱がん」であることがわかりました。
余命は長くて1年位と言われています。
歩行も困難になり、介護生活になりました。
入退院を繰り返していましたが、現在は市立病院へ入院していて3ヶ月目です。
担当医から、2月はじめに「状態が良いうちに、もっと大きな病院で手術を」と言われ、
摘出は無理なので、血管を焼くというようなことを言われたようです。
(私は手術の内容は詳しくは聞いていません)
ですが、2月のはじめに様態が急変し、一時危篤状態になったため、その話はなくなりました。
その後1ヶ月経ち、様態も安定してきたので、また担当医に行くように勧められています。
とりあえず、来週、一度連れて行くことになりましたが、
もし、手術するにしても1ヶ月以上先になるようなのです。

うちの父は次男で、長男と三男がいるのですが、
父以外は、このまま市立病院で現状維持でいいじゃないかと言っています。
万が一、連れて行って様態が悪くなったら…と思うようです。
やはり高齢ですし、切除はできないとのことなので、あまり賛成していません。
父だけが、担当医が言うまま、連れて行こうとしています。
家族だけで遠出して連れて行くのは不安もありますし、
父だけ連れて行く気があっても、身内の賛成が得られていない以上、
まだ様子をみた方が良いのでは…とも思います。
本人自身は、家に帰って最期を迎えたいとしか言いませんので、本人の意思は分かりません。
どうしたらよいでしょうか。

こういう経験をされたことのある方いらっしゃいましたら、どうか宜しくお願い致します。

87歳の祖母のことで質問です。
昨年5月に血尿が酷いので病院へ連れて行き、「膀胱がん」であることがわかりました。
余命は長くて1年位と言われています。
歩行も困難になり、介護生活になりました。
入退院を繰り返していましたが、現在は市立病院へ入院していて3ヶ月目です。
担当医から、2月はじめに「状態が良いうちに、もっと大きな病院で手術を」と言われ、
摘出は無理なので、血管を焼くというようなことを言われたようです。
(私は手術の内容は詳しくは聞いていません)
ですが、2月のはじめに様...続きを読む

Aベストアンサー

お祖母さまは、家に帰りたいとおっしゃっていられるのですね。
ご家族はその意思に沿う事ができるのでしょうか?
御兄弟間で自宅での介護体制がとれるのかを話し合われてはいかがでしょうか。
病院に、訪問医療や訪問看護・訪問介護など、利用できるサービスに何があるのかお聞きになり、また急変時はどうするのか事前に話し合われていた方がいいと思います。

市民病院から外出して受診されるとの事ですから、主治医は移動する事自体に危険があるとは考えていないようですね。
受診された病院で、手術のメリット・デメリット、体への負担、他の治療法の有無、お祖母さまが自宅に帰られる状態になるのかどうかなどを詳しくお聞きになり、判断されてみてはどうでしょうか。

膀胱の全摘出でなくとも、血管を焼く・薬を注入するという事は、血尿を減らす目的だと思います。

お祖母さんの負担が少ないよう、そして早く自宅へ帰られるよう、治療・介護体制を話し合ってみてはいかがでしょうか。

Q膀胱癌の再発について

73歳の母が膀胱癌になり、TUR-Btにより、手術。
1年後に再発し、また、TUR-Btの後、BCG注入を行いましたが、
半年後の現在又再発しました。又TUR-Btを行うようです。
BCGを行ったにもかかわらず、再発が早まり、今後のことが心配です。
乳酸菌が良いと聞き、ヤクルトを飲んでいます。
膀胱癌に詳しい方、同じような経験をされ、何かおすすめの療法等ご存知の方、
いらっしゃたら回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

癌の異型度および浸潤度についての情報は聞かれて見えますか?

一般に表在性でありかつグレードの低いものがTURの適用となります。またBCGの効果も同様に高いとされています。
しかし再発防止の効果は完全ではなく、実際の医師の感覚からすれば『再発が遅ければいい』『浸潤度が進んでいなければいい』という考え方です。膀胱癌については『異所性』『異時性』の再発といって次から次へと出てくるのが常識だからです。前回が1年後、今回が半年後で早まったと感じていらっしゃるのでしたらそれは杞憂です。再発そのものは微小癌の形で常にあると考えるべきだからです。大切なのは常に確認を怠らず、全てを早い段階で処置することです。心配になるとしたら『グレードの上昇と浸潤度の進行』です。その場合は時間をおかずに主治医からお話もありますし、指示もあるはずです。
生活の質(QOL)を落とさずにコントロールするために、主治医は放射線療法などを勧めることは少ないと思います(放射線の副作用で膀胱のコンプライアンスが低下し非常に生活に響いてくるからです、また難治性の膀胱炎も嫌います)。

BCG注入以外にも一種の抗がん剤膀胱内注入療法などもありますが、あくまでも現状との相談です。
健康食品や免疫食品との併用は嫌うものではありませんが、早期の処置を繰り返すことで十分に病気はコントロール可能なものですので、必要以上に現在の治療方針に疑問を抱かないように自制してください。73歳という年齢からと、少ない情報ながらおおよその推測を行ったうえでの、泌尿器科医としての回答です。

癌の異型度および浸潤度についての情報は聞かれて見えますか?

一般に表在性でありかつグレードの低いものがTURの適用となります。またBCGの効果も同様に高いとされています。
しかし再発防止の効果は完全ではなく、実際の医師の感覚からすれば『再発が遅ければいい』『浸潤度が進んでいなければいい』という考え方です。膀胱癌については『異所性』『異時性』の再発といって次から次へと出てくるのが常識だからです。前回が1年後、今回が半年後で早まったと感じていらっしゃるのでしたらそれは杞憂です。再...続きを読む

Q膀胱癌の小細胞癌

父69歳、今年10月初めに血尿があり、病院で検査したところ、膀胱癌と診断されました。早速CT、MRI検査を受け、膀胱の外には転移が見受けられませんでした。内視鏡手術で腫瘍を削るだけで、もしかしたら大丈夫かもしれないということで、11月12日手術を受けました。しかし病理結果は、筋肉層まで癌が進行している上、膀胱には珍しい小細胞癌だと知らされました。すぐにでも治療を始めなければいけない状態ですが、担当医師から治療方法を膀胱摘出+抗がん治療か放射線治療+抗がん治療のどちらかから選ぶようにお話がありました。全くの無知のうえ小細胞癌についての情報が乏しいので、どちらの治療方法が父にとって良い方法かわからず悩んでます。父にはまだ話しておりません。母にも少し大変な病気だと話しただけで、取り乱し鬱状態」になったので、相談できないかと思います。いずれ癌だということは、わかってます。少しでも情報がありましたら、力を貸してください。





  

Aベストアンサー

それぞれのメリット、デメリットは聞いたでしょうか?

私の父の場合は、左側部の舌ガンでしたが、一年経過したいまでは普通の生活に戻っています。

ひとのHP等で調べたら、その人は放射線治療を受けていたのですが、うちの父は部分切除+抗がん剤を提案されました。
なぜかと聞いたら、「患部と思われる部分が小さいようなので、その辺を含めてぜたくに広めに切ってしまって、放射線は使わないほうがいいと思う。舌の右側にも白板症(変な刺激により癌化するおそれもありと言われている前癌病変と言うもののひとつ)があるので、放射線治療により、かえってそちらを癌化させる恐れがあるから。」という事でした。聞けばなるほどです。

選べ、と言う前に、医師は自分の意見は言いませんでしたか?選べとポンと言われても、素人が選べないですよね。そのためにも、病気について他サイト等を参考にして、少しでも知識を高めておいてください。医療従事者が身内等にいなくても、医師が自分の仕事に対して理解をしてほしくなって説明等が丁寧になると聞きました。
また、医師の説明はなるべく大人数でたくさんの耳で聞くことをお勧めします。聞き漏らしや楽観視したいゆえの都合のいい解釈による誤解も、お互いフォローできます。

悲観的な気分のときと、楽観的な気分のときと、そのバランスを取るのが身内にとって一番難しいような気がします。とにかく、気をしっかり持って冷静でいてくださいね。
直接の回答でなくて申し訳ありません。ただ素通りできなかったもので・・・。

それぞれのメリット、デメリットは聞いたでしょうか?

私の父の場合は、左側部の舌ガンでしたが、一年経過したいまでは普通の生活に戻っています。

ひとのHP等で調べたら、その人は放射線治療を受けていたのですが、うちの父は部分切除+抗がん剤を提案されました。
なぜかと聞いたら、「患部と思われる部分が小さいようなので、その辺を含めてぜたくに広めに切ってしまって、放射線は使わないほうがいいと思う。舌の右側にも白板症(変な刺激により癌化するおそれもありと言われている前癌病変と言うも...続きを読む

Q膀胱癌手術の後遺症について

叔母(77歳)が 今年の5月に 膀胱癌の手術を、そして 偶然にも今度は 主人が 先週 膀胱腫瘍摘出の手術をしました。

叔母は 開腹手術にて、やや広範囲に膀胱の壁ぎりぎりまで薄く 癌を除去したそうです。
その後、抗ガン剤を 数回にわたり、膀胱内に撒いたそうです。
癌の再発は今のところないようですが、傷口がなかなか 癒えず、未だに ひどい頻尿に悩まされています。
15分に1回、ひどい時は 5分に1回 トイレに 行きたくなるそうです。
この状態は いつまで続くのでしょうか。
本人は非常に悩んでいるようですが、主治医の先生に訊けずに もんもんと しているようです。


主人(57歳)は、先週 内視鏡手術で 尿管付近の腫瘍(大きさ3ミリくらい)を 3つ摘出しました。
(もう退院していますが、まだ 腫瘍の検査の結果は 出ていません。)
やはり 叔母同様に 頻尿に悩まされています。
この状態は いつまで 続くのでしょうか。
主人は 今回の手術で 「間質性膀胱炎」の診断も下されたので、専門医の治療も これから 受ける予定です。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

叔母(77歳)が 今年の5月に 膀胱癌の手術を、そして 偶然にも今度は 主人が 先週 膀胱腫瘍摘出の手術をしました。

叔母は 開腹手術にて、やや広範囲に膀胱の壁ぎりぎりまで薄く 癌を除去したそうです。
その後、抗ガン剤を 数回にわたり、膀胱内に撒いたそうです。
癌の再発は今のところないようですが、傷口がなかなか 癒えず、未だに ひどい頻尿に悩まされています。
15分に1回、ひどい時は 5分に1回 トイレに 行きたくなるそうです。
この状態は いつまで続くのでしょうか。
本人は非...続きを読む

Aベストアンサー

『抗ガン剤を 数回にわたり、膀胱内に撒いたそうです』

BCGを使ったものと思われます。
頻尿は、その副作用と考えられます。
医師に相談してください。

Q珍しい膀胱癌(扁平上皮癌)

友人(65歳男性)が日本人には珍しい膀胱癌で膀胱に扁平上皮癌と言うものが出来ました。
膀胱は全摘出したそうで、これから重い抗ガン剤を2ヶ月投与する事になっているらしいのですが本人は悩んでいるみたいです。(抗ガン剤を受けようか)
なぜなら、今回の膀胱癌(扁平上皮癌)と言うのはアフリカには結構存在するものの、アフリカ人でも日光にあたる皮膚の表面などに見られるケースがあるが膀胱内には、ほとんど症例が少ない為、普通の膀胱癌の抗ガン剤で効くのか医師にもわからないとの事でした。

ただ後悔のないよう、一応やっておいた方が・・との事らしいのですが。
最後は本人が決めるのでしょうが、年齢も微妙なだけに何て言ってあげたら良いのか私個人としても悩みます。
症例が少ないケースなだけに、回答も少ないとは思いますが
何でも参考にしたいので、ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
膀胱では珍しいですけど、扁平上皮癌というのは、治療が比較的有効な事が多い種類の癌です。
抗がん剤は副作用が強いですが、やれればやった方がいい可能性が期待できると思います。

Q癌患者への話し方

自分は入院中なのですが、同じ病室に仲のよくなった中年の男性がいます。
先日その男性から検査の結果早期の胃癌が見つかったと言われました。そのときは明るく普段通りに話していましたが、独りのときは気持ちが落ち着かないようで、元気がなくなったようにも見えます。

癌と言われるまでは、何も考える事無く、食事中に世間話をしてましたが、今は何を話せばよいか悩んでいます。
短期入院で、外出外泊も比較的自由な自分が、しばらく外泊外出も出来ない癌患者に外の様子を話していいのか・・・癌については触れないほうがいいのか・・など、つい考えてしまいます。

みなさんなら、同じ病室の仲の良い癌患者にどう話し掛けますか?何かアドバイスがあればお願いします

Aベストアンサー

癌患者との同室

患者の気持ちは、普段通りに相手される事が、一番喜びます。
胃癌は、今では全摘でも、完治する方は多い。
逆に、貴方が引け目を感じ、話さなくなる方が、相手は病状の進行が・・・と、逆に考えストレスも増大します。
今迄通りの応対、本人が癌を知ってて癌の話になれば、胃癌は完治するよ!と、言える仲の方が、相手の安心。
当方も、今年腫瘍摘出いたが、同室に二人癌患者がいた。
当方が通院になりとて、癌の調子どうだい?と長話。
それが、相手には、励みになります。
今迄通りの良き仲間として、応対して下さい。
お体お大事に。ファイト!!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報