月給15万円(交通費1万円含)の40歳以上の方の給料の計算方法と、月給25万円(扶養家族1人・40歳未満)の方の給料の計算方法がわからなくて困っています。
両者とも社会保険・厚生年金は未加入です。
(というか、未加入でも良いのでしょうか?)

給料からマイナスする場合、所得税と、雇用保険料、労災保険料、介護保険料をマイナスすれば良いですか?
他にもありますでしょうか?また、それぞれはいくらになるのでしょうか?
また、日割計算の場合はどのように計算すれば良いでしょうか?
たくさんの質問で申し訳ありません。

突然一人で全てやらなければならなくなり、大変困っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般的に給料から差し引くものとしては、所得税、地方税(都道府県民税)、社会保険料(健康保険、厚生年金、介護保険)、雇用保険です。


労災保険は全額事業主負担です。
介護保険は、健康保険と一緒に差し引かれるので、社会保険に未加入であれば、各自が国民健康保険と一緒に支払うことになります。

地方税は、特別徴収ならば会社で、普通徴収ならば個人で支払います。特別徴収ならば、役所から通知が会社にくるので、それに従って給料から差し引き、事業主が納めます。

所得税は、税務署で源泉徴収税額表をもらってきて、それに従い差し引き、事業主が納めます。通勤費はある程度までは非課税です。

雇用保険料は一般の事業の場合、8/1000(H17.4より)が個人負担で、50銭未満は切り捨てです。通勤費は含みます。
給料計算ではないのですが、4月は、労災、雇用保険の申告月です。平成16年度分の確定保険料と平成17年度分の概算保険料の申告をしなくてはいけません。

給料の日割りについては、会社規定によります。

最初は大変ですが、一度覚えてしまえば、あとは簡単です。頑張って。

参考URL:http://www.hisamatsu-sr.com/kyuyo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とりあえず雇用保険料と、所得税だけを引いて計算する事としました。(不安ですが)
私以外、みんな外国人のスタッフなので、良くわからない上に、英語での説明が大変で泣きそうです。
暖かいお言葉ありがとうございます。頑張ります。

お礼日時:2005/04/05 15:19

社会保険・厚生年金は労働日数、所定労働時間とも概ね通常の4分の3以上は加入義務が生じます。



健康保険料
標準報酬月額(社会保険事務所が決定する保険料徴収のための毎月の給与とみなした額)の4.1%が毎月天引きされます。
40歳以上の場合は介護保険料(0.625%)も徴収されます。

厚生年金保険料
標準報酬月額の6.967%が毎月天引きされます。

雇用保険料
法改正で4月からは総支給額の0.8%(建設業は0.9%)が給料より毎月天引きされます。

所得税
通勤手当を除く支給額から社会保険料・雇用保険料を差引いた金額が87,000円以上であれば所得税がかかってきます。扶養家族の有無で金額も異なります。(源泉徴収税額表という早見表があります。国税庁のHPにもあります)

労災保険料は全額会社負担ですので天引きしません。

保険料自体は月単位でとらえますので日割はしません。
    • good
    • 0

社会保険・厚生年金は労働日数、実働時間とも概ね通常の4分の3以上は加入義務が生じます。



健康保険料
標準報酬月額(社会保険事務所が決定する保険料徴収のための毎月の給与とみなした額)の4.1%が毎月天引きされます。
40歳以上の場合は介護保険料(0.625%)も徴収されます。

厚生年金保険料
標準報酬月額の6.967%が毎月天引きされます。

雇用保険料
法改正で4月からは総支給額の0.8%(建設業は0.9%)が給料より毎月天引きされます。

所得税
通勤手当を除く支給額から社会保険料・雇用保険料を差引いた金額が87,000円以上であれば所得税がかかってきます。扶養家族の有無で金額も異なります。(源泉徴収税額表という早見表があります。国税庁のHPにもあります)

労災保険料は全額会社負担ですので天引きしません。

保険料自体は月単位でとらえますので日割はしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
社会保険・厚生年金は加入しないようです。加入義務というのは事業所に対してですよね?なのに、加入しなくていいのかな?と私は不安ですが、私の決める事ができないので、そのまま所得税だけ計算する事としました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 15:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険料が給料から引かれているのに・・・

平成13年4月に入社して以来、毎月給料から雇用保険料が引かれているのに、雇用保険に加入していないことがわかりました。詐欺で訴えることは可能でしょうか?もし可能ならばいくらぐらい請求するのが妥当なのでしょうか?

Aベストアンサー

>何かいい方法はないでしょうか
通常訴訟は費用も時間もかかりますので、雇用保険に加入させるのが、一番いいと思います。

ハローワークに給与明細を持参し会社に対して2年間遡って加入するよう指導してもらう。
退職される皆さんで行った方がハローワークの対応も多少いいかも。
不幸中の幸いというか加入期間が6ヶ月以上5年未満の給付期間は同じです。

残りの2年分は少額訴訟。手続きをご自分でされれば訴訟費用は勝訴の場合、相手持ちになりますので、2年分で約4万程度でしょうか戻ってきます。

Q月額制給料の時間外手当金と日割額の計算の仕方

11月20日付で会社を辞めましたが、それの給料の支払いに疑問を持っております。
給料計算の仕方がわかるかた教えていただけませんでしょうか?
基本給18万円です。

1)月の途中で辞めた今回の、給料基本が117,000円でした。
  残業時間が、28時間で残業代が、9,000円でした。
  これって不当な金額じゃありませんか?

2)月の勤務日が22日の時、残業54時間ありましたが、残業代が55,188円でした。
  これも不当金額ではないでしょうか?
 
3)給料の計算方法って会社によって違いますか?
 最後の給料をみると、(18万÷月勤務日数)×実働日数=日額 と思えます。

4)そうすると、月の出勤日が19日や22日とかだと、残業の時間給って変わってくるのでしょうか?
 休日出勤すると、実働日数が増えて時間外の時間給も下がるのでしょうか?

5)月20日勤務で20時間残業の時は、支払いは22,500円です。
  そうすると、残業1時間の値段が1125円になりますが、時給に換算すると900円ってことですよね? これも普通なのでしょうか?

すごく困ってます。ご存知な方、是非教えてください。
よろしくお願い致します。

11月20日付で会社を辞めましたが、それの給料の支払いに疑問を持っております。
給料計算の仕方がわかるかた教えていただけませんでしょうか?
基本給18万円です。

1)月の途中で辞めた今回の、給料基本が117,000円でした。
  残業時間が、28時間で残業代が、9,000円でした。
  これって不当な金額じゃありませんか?

2)月の勤務日が22日の時、残業54時間ありましたが、残業代が55,188円でした。
  これも不当金額ではないでしょうか?
 
3)給料の計算方法って会社によって違いますか?
 最後の...続きを読む

Aベストアンサー

残業単価は基本的には同じですが、毎月変わる計算方法を取る事も可能です。
毎月ごとに所定労働時間から計算してもいいし、年間平均にしてもいいです。規定次第。休日出勤によって単価が変わる事はありません。
賃金規定、所定労働時間、実労働時間、時間外のうち、深夜時間帯や法定休日の時間数など、細かく計算してみないと分かりません。
28時間の残業代が9千円はどう考えてもおかしいですけどね。最低賃金割ってるし。

Q給料の所得税と雇用保険料について

はじめまして。

毎月の給料のことで教えていただけないでしょうか。
所得税と雇用保険料はどのような計算方法で算出されるのでしょうか。

最近働き出し、どのようの方法で計算されているのかが気になりました。
全くの無知で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・所得税
給料から引かれる所得税は、国税庁が作成する「源泉徴収税額表」に基づきます。

参考
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2014/data/01_1.pdf

なお、これは多めに引かれるようになっており、最終的には会社で年末調整といって12月に所得税の精算し、通常、引かれた所得税の一部が還付されます。

・雇用保険料
一般の事業 0.5%
農林水産清酒製造業 0.6%
建設の事業 0.6% 

総支給額に上記の率をかけた額です。

参考
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000042712.pdf#search='%E9%9B%87%E7%94%A8%E4%BF%9D%E9%

Q月給25万の人2人と、50万の人1人の違いは?

会社の経営者から見て、月給25万の社員2人を雇うのと、月給50万の人1人を雇うのでは何か違いがありますか?

仮に、できる仕事量は同じだとして(実際はそんなことはないと思いますが)、何か雇うほうにとってメリットデメリットがあるのでしょうか。雇われている側としてふと気になったので教えてください。

Aベストアンサー

25万円の2人と50万円の1人のトータルの仕事量が同じという仮定ですよね?

現実にはこのようなことはありえないと思います。
人間は機械ではないので、同じ仕事を50万円の人が25万円の人の2倍できるなんて・・・。
実社会では、50万円の人と25万円の人が同じ仕事をした場合、普通は25万円の人の方が成果を上げると思います。
それは、25万円の人でも十分にこなすことが可能な仕事をした場合という前提です。
つまり、50万円の人は25万円の人とは違う仕事を期待され、任されています。
組織を統括するようなマネジメントの仕事を。

ですから、この時点においては、25万円の人が処理可能な実務を50万円の人にやらせても、過去には十分にできたものの、いわば現役である25万円の人には叶わないのです。

判り易い例をあげれな、野球でもサッカーでも監督と選手でいえば、例え監督よりも低い報酬の選手でも大抵は監督よりも実戦においては優れていることでしょう。
しかし、作戦を立てる。チームを統括するなどという点において若い選手は監督に及ばないのです。

長くなりましたが、25万円の人を2人、50万円の人を1人・・・これを比較する意味はないのです。
というか、比較不可能なのです。

ですから、例え50万円の人が25万円の人よりも仕事ができなく見えても、25万円の人を2人雇った方が良いという判断は拙速であるといえます。

25万円の2人と50万円の1人のトータルの仕事量が同じという仮定ですよね?

現実にはこのようなことはありえないと思います。
人間は機械ではないので、同じ仕事を50万円の人が25万円の人の2倍できるなんて・・・。
実社会では、50万円の人と25万円の人が同じ仕事をした場合、普通は25万円の人の方が成果を上げると思います。
それは、25万円の人でも十分にこなすことが可能な仕事をした場合という前提です。
つまり、50万円の人は25万円の人とは違う仕事を期待され、任されています...続きを読む

Q雇用保険料を給料から天引きしていたのに、資格取得届を提出していなかった場合について質問です

私の勤めている会社は毎月給料から雇用保険料としてお金を引かれています。
しかし、従業員総てではないのですが、雇用保険被保険者資格取得届を提出していない人がいました。
会社側は、『毎年ちゃんとお金は払っていて使い込んだりしていない。ただ単に届出を忘れただけだ。』と言っています。

先日、会社側は届出を忘れた人の雇用保険被保険者資格取得届を提出したのですが、
2年以上勤めている人の被保険者となった年月日が2年前になっていました。
基本的に遡れるのは2年前までで、ちゃんとその人の分お金を払っていたと証明できれば、2年以上遡れるハズだと友人から聞いたのですが、
2年以上遡れるものなのでしょうか?

また、
◎2年前から雇っていたという届出を出すと、会社側は2年間分の保険料を収めなくてはいけないのでしょうか?

◎3年勤めていて3年分雇用保険料を給料より天引きされていたのに、被保険者となった日が2年前となっている人は、1年分の返金を求める事ができるのでしょうか?

◎加入年数が2年と3年では、失業保険で貰える金額は変わってくるのでしょうか?

会社側のやっている事に悪質さを感じてしまい、
言っている事が信じられません。

私の場合手続きはされているのですが、支払いにルーズな会社なので、
ちゃんと支払われているのかも怪しいです。
未納の場合どうなるのでしょう?
聞いても誤魔化されてしまう事が多いので、調べたいと思うのですが教えてもらえるものなのでしょうか?

知っておかなきゃいけない事を会社任せにしてきてしまい、反省し勉強中です。
お知恵をかしていただければと思います。

私の勤めている会社は毎月給料から雇用保険料としてお金を引かれています。
しかし、従業員総てではないのですが、雇用保険被保険者資格取得届を提出していない人がいました。
会社側は、『毎年ちゃんとお金は払っていて使い込んだりしていない。ただ単に届出を忘れただけだ。』と言っています。

先日、会社側は届出を忘れた人の雇用保険被保険者資格取得届を提出したのですが、
2年以上勤めている人の被保険者となった年月日が2年前になっていました。
基本的に遡れるのは2年前までで、ちゃんとその人の分...続きを読む

Aベストアンサー

・遡れるのは、2年前まで・・・それ以上は遡れません
・その際、保険料は労使双方が支払う事になります
・保険料の徴収が2年以上有るのなら、2年を超える分は会社から返金して貰いましょう
・2年、3年の加入期間だと、自己都合でも会社都合でも失業給付の期間は同じで変わりません
 変わるのは、5年以上、10年以上の場合です(未満・以上で)

Q給与計算(日割)の仕方

お世話になります。

給与計算なのですが、
12月末頃から会社が冬季休暇になりました。

その分は日割り計算に含めて、
基本給×出勤日数/31日
という計算でよろしいでしょうか?

毎月30日と31日の月数で日割りしております。

会社の冬期休暇は引いて計算した方がよろしいでしょうか?

ご回答の程、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的な部分の理解が欠けているのでは?

>当社では月給制になります。
>決められた日数分、休日をとることができるのですが、
>会社としての冬期休暇が3日ある場合、
>3日は固定で休日扱いになり、
>5日分だけが、自己申告で自由に休める。

このような場合はそもそも日割り計算の必要は無いのでは?

決められた3日だけ休もうが8日休もうが月給は変化無し...

・3日休んだ人はそのご5日間休む権利が残る
・8日休んだ人は休む権利が無くなる

それだけだと思いますが...

>毎月30日と31日の月数で日割りしております。

日給月給なのかな?

その場合は基本的な1ヶ月の出勤日数を決めて計算したりしますが...

毎月計算する基礎に数が30とか31とかに変化すると面倒なだけでは?(特に2月は...)

Q雇用保険料、お給料から引かれてたけど実際には加入されていなかった場合どうすれば・・・

 その会社を辞めて二年近く経っています。
七年間勤務していて、その間ずっとお給料から雇用保険料をひかれていました。が、実際には最後の二年間しか雇用保険をかけられていなかったのです。
 このことを知ったのは最近のことです。
 その会社を辞めてから、資格を取るために講座を受けていました。
先日、講座を修了したので教育訓練給付の支給申請手続きのため職安に行きました。 そこで、「被保険者であった期間が三年に満たないので支給できない」と言われて、二年間しか雇用保険がかけられていなかったことを知ったのです。
 このことが分かってからすぐに社長に電話したのですが(小さい会社です)、なぜ二年間しかかけられていなかったか についてははぐらかされてしまいました。 支給されるはずだった教育訓練給付金については会社から支払うからと言われましたが、納得いきません。
 信じていた社長から裏切られた気持ちで、悔しくて。無意味に差し引かれていた五年間分の保険料を返してもらいたいのです。
 それに給付金よりも五年分の保険料のほうが高いです。
 会社から五年間分の保険料の返還を求めることができるのでしょうか?どうしたらいいでしょうか?(当時の給与明細書は何枚かしか残ってません)
  

 その会社を辞めて二年近く経っています。
七年間勤務していて、その間ずっとお給料から雇用保険料をひかれていました。が、実際には最後の二年間しか雇用保険をかけられていなかったのです。
 このことを知ったのは最近のことです。
 その会社を辞めてから、資格を取るために講座を受けていました。
先日、講座を修了したので教育訓練給付の支給申請手続きのため職安に行きました。 そこで、「被保険者であった期間が三年に満たないので支給できない」と言われて、二年間しか雇用保険がかけられていなか...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、拝見させていただきました。

小さい会社はこれ結構多いんです。

わたしの場合は保険料は徴収されていませんでしたが、
その会社には10年近くも勤めていました・・明らかに違法行為です。
勤めている時は給与明細もただ社会保険料としか表記されておらず、
非常に見にくいものでしたがあまり気にしておらず
(なぜなら、会社は必ず掛けなければいけない保険だからです)

退社時に知らされたのはそのお金が雇用保険代を含んでいないことでした。

今思い返せば失敗したのは、労働基準局へ相談すれば保険のお金を
支払っていなくても保険を受けることができたかもしれません。
(任意ではなく会社に加入の責任があるため)

が・・既にやめてから5年がすぎており、今から事を起こす気はなりません。

雇用保険とは事業者であれば特定の場合を除いて特に正社員雇用の場合や、
パート・アルバイトでも一定の時間を越える勤務の場合は法人・個人事業者に
かかわらず必ず加入が義務付けられています。

やはり労働基準局へ掛けてもいない今まで支払ってきた保険料の取り返しを
相談するのがいいかと思います。
(その前に、あなたに勇気があるのでしたらまずは勤めていた会社の社長へ
連絡し、その無駄に支払ってきた保険代の返還をお願いすることです。
期限を決めて自分の口座へ振り込ませることです。)

多分、応じていただけると思いますが・・
これが問題となれば労働基準監督署より罰せられ、多分一定期間の営業停止となり
この対応に悪質な場合はこれにもまた罰がつきます。
この営業停止となる期間を考えればあなたにお金を返したほうが安く済むためです。

この請求に誠意を持って対応していただけない時は労働基準監督署へ相談するのです。

それ以上にこのケースは支払うといって社員から徴収していたのに実際は支払って
いなかったのですから、これは詐欺とも見れるわけです。
こうなれば、警察も絡んできます。

下手をすれば、会社を廃業せざるを得ない状況にもなるわけです。

この会社、もしかするとあなただけではないかもしれませんね。

損をしないように、ご健闘を祈ります。

参考URL:http://www.shigyo-net.gr.jp/o-mng/dousuru.htm

こんにちは、拝見させていただきました。

小さい会社はこれ結構多いんです。

わたしの場合は保険料は徴収されていませんでしたが、
その会社には10年近くも勤めていました・・明らかに違法行為です。
勤めている時は給与明細もただ社会保険料としか表記されておらず、
非常に見にくいものでしたがあまり気にしておらず
(なぜなら、会社は必ず掛けなければいけない保険だからです)

退社時に知らされたのはそのお金が雇用保険代を含んでいないことでした。

今思い返せば失敗したのは、労働基準...続きを読む

Q処理方法教えてください。社会保険未加入で乙欄適用は扶養親族分計算と年末調整は?

小さい会社で総務を担当し給与事務等を行っております自分でもいろいろ調べてはいるのですが、
いろいろ不安なので質問させていただきます。_(._.)_

今朝、社長より 1人新しく採用するので入社手続きの準備をするように
と依頼されまして 正社員雇用の予定であるとのことだったので

・社会保険事務所への届出の一式
・雇用保険の届出一式
・扶養控除等申告書

上記の資料を準備し、今回面接を行う社長にご本人から回収するように
お願いしたところ

本人から
社員にはなりたいのだが、社会保険には加入しない 源泉徴収だけお願いしたい
と言われてしまいました・・・

おそらく 税額欄は 乙で処理をすれば良いのかな?とは思いついたのですが
扶養家族もいらっしゃるようで、前の会社でも社会保険はないけれど社員だった(?)と言っていて
確定申告をしているかどうかも良くわからないようです

今は人を介して手続きを行っているので要領を得ないのですが・・・
近々私から本人に社会保険等の最終確認も含めご説明しようと思っています

そこで 教えていただきたいのですが

1.乙欄適用は扶養は関係ありませんよね?年末調整ではなく本人の確定申告になりますか?

2.本人の言う社会保険というのは健康保険と厚生年金だけだと思うのですが
乙欄でも労働保険・雇用保険は加入しますよね?

3.社会保険未加入で 源泉のみというのは 正社員と言いますか?
(契約社員では嫌だといっているそうです)

以上です よろしくお願いいたします

小さい会社で総務を担当し給与事務等を行っております自分でもいろいろ調べてはいるのですが、
いろいろ不安なので質問させていただきます。_(._.)_

今朝、社長より 1人新しく採用するので入社手続きの準備をするように
と依頼されまして 正社員雇用の予定であるとのことだったので

・社会保険事務所への届出の一式
・雇用保険の届出一式
・扶養控除等申告書

上記の資料を準備し、今回面接を行う社長にご本人から回収するように
お願いしたところ

本人から
社員にはなりたいのだが、社会保険...続きを読む

Aベストアンサー

1.というより、社会保険と乙欄とは直接は関係ないとは思います。
他の会社に勤めていないのであれば、扶養控除等申告書の提出は可能ですので、提出してもらえれば、甲欄により源泉徴収すべきものと思います。
もちろん、乙欄適用となれば、扶養の有無は関係なくなりますし、年末調整もできない事となります。

2.被保険者としての要件を満たせば、当然加入すべきと思います。
ただ、本人が言う社会保険というのは、労働保険も含めての可能性もあるとは思いますが。

3.本来は、被保険者となるべき者であれば、正社員や契約社員という名目に関わらず、社会保険に加入すべきものです、本人の意志で決められるものではなく、社会保険の調査があれば、指摘されるものと思いますので、会社としては当然の事として加入を勧めるべきものと思います。

Q10/1からの雇用保険料の改定について

10/1から雇用保険料が改定されますが、
この10/1からというのは、給与の支払日が10/1から適用なのでしょうか?

私の会社は末締め翌10日払いです。
今回は、9/1~9/30(9月分)を10/10に支給します。
今回の10/1から雇用保険料を改定する場合、
今度の支給分から適用するのでしょうか?

回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
kya-kya-さんのお勤め先の場合、10月分のお給料(算定期間:10/1~10/31,支給日11/11)の徴収分から、新保険料率が適用となります。
この10/1という改定日付は、10月分のお給料から徴収する額という考え方に基づいているそうです。

Q厚生年金保険に未加入の企業について

私の知り合いの人が働いている小さい会社ですが、そこは厚生年金に加入していないそうです。
ネットで調べたら「違法かもしれないけど、罰則がない。現実的に保険料が高くて払えていない企業が多い」ということを知りました。

質問ですが、こういう企業がもし途中から厚生年金に加入することはできるのでしょうか?
その場合は、過去までさかのぼって保険料を支払う必要があるのでしょうか?
おそらくその知り合いが入社してから5,6年たっているので、その分の保険料を会社がさかのぼって支払うのはおそらく無理だと言っていたので。

また、未加入であることを管理してる機関などに通知したら強制的に厚生年金に加入するようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

現代の世の中テレビ・ラジオで放送しているのに,働いている会社が社会保険に加入していないことを今になって知ったなんてのんびりしすぎです。

任意と強制適用がありますが,後者は常時5人以上の従業員を使用している一定の業種事業所は法律によって,事業主や従業員の意志に関係なく,必ず健康保険・厚生年金に加入しなければならないのです。

ZRUZRUさん今度知り合いに逢った時教えてくださいね(^^♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報