今、定期の死亡保険を考えています。
オリックス生命が男26歳 25年 2500万円で5375円です。
これより安いところはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最初の回答とししては


おそらくオリックス名の通販系で定期保険が一番安い可能性が高いです。

但し、ご家族の状況、奥様とお子様がいるのであれば、
例えば、毎月10万円を60歳まで保障するタイプでは、58歳で死張り終了するものがあります。(収入保障型定期保険)
の場合契約直後の保障は4080万円で月の保険料は3030円です。
総支払いは1199880円

オリックスでは1612500円です。

お子様がいるのであれば、2500万円で最初は足りないこともかんがえられますし、25年後では既に経済的には自立していると思います。
遺族年金なども考慮する必用もあります。

住宅費の保障が必用かどうかも不明です。

この回答への補足

回答ありがとうございます!
住居は賃貸で、子供は2人です。
今、保険の見直しをしていて、
定期保険+終身医療保険+県民共済でいこうと思っていたのですが、収入保障型定期保険少し調べてみて
収入保障型定期保険(又は逓減定期保険)+終身医療保険+県民共済がいいかなとも思ってきました!
収入保障型定期保険でどこかお勧めの会社はありますか?
ちなみに3030円の会社はどこでしょうか?
よろしければ教えてください。

補足日時:2005/04/10 03:10
    • good
    • 0

しっているかぎりでは、ありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方にそう言って貰えて安心しました。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/06 08:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Qオリックス生命の定期保険と終身保険のどちらかに加入するか迷っています

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オリックス生命に上記の事を確認をしたら「できない」との返答でした。したがって、定期保険「ファインセーブ」と終身保険の両方の見積もり?を取ってみて検討しようと思いました。

○ファインセーブ:80歳までの自動更新、保険期間10年。月額2850円 死亡保障1500万円
○終身保険(保険期間、終身):60歳払い込み、月額10270円 保険金額500万円。ちなみに80歳払い込みだと月額は7625円です。

以前は60歳以降に終身保険に変更と考えていましたが、今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました(たぶん5~10年は結婚しないと思いますが・・・)
したがって前回の質問を参考にして、今はファインセーブに加入をして結婚したら終身保険に変更しようと思っていたのですが、保険会社が言うには終身保険に変更するためには再審査(必要があれば診断書も)必要となるなど、考えていた内容と変わってきたので、どのようにすれば一番メリットがあるのかがわからなくなってきました。

定期保険や終身保険のメリットやデメリットもよくわかっていない状態で、しかも保険は難しく、また素人ですのでなかなか上手に説明ができず申し訳ございませんが、今の僕の現状で一番最適な保険選びをご教授お願いいたします。
(オリックス生命を取り上げていますが、別に他の保険会社でも大丈夫です。より良い保険がありましたらよろしくお願いいたします)

尚、前回の質問と同様ですが、医療保険はオリックス生命の「CURE」に入る予定で、親の勧めの傷害総合保険は再来年の1月に満期になりますので、その時点で解約(終了)する予定です。月々の保険金額は、1万円~1万5千円までなら大丈夫です。
できれば今月中に加入したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オ...続きを読む

Aベストアンサー

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済しても返済額が割引にならないタイプのものもあります。そういう借入金は予定通り返還して、余裕資金は貯金に回したほうがいいと思いますよ。

>今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました

基本的な考え方としては、妻や子の生活費といった数千万円単位の遺族保障は保険料の安い定期保険で準備するのが一般的です。
終身保険で数千万円の保障を確保しようとすると保険料が高くなりすぎますから。

終身保険は保障が一生涯ということのほかに、払い込み期間が過ぎれば解約返戻金がそこそこもらえるのが特徴。この解約返戻金を目当てに終身保険を契約して老後の生活費にあてるという考え方もあります。遺族のためというよりどちらかと自分のための保障ですね。

質問者様の場合はまだ見ぬ妻や子のための定期保険や、30年先の老後保障をかねた終身保険は当面無理して確保する必要はないと思います。
それよりまずはまだ見ぬ妻との結婚資金を貯蓄するのが先です。

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済して...続きを読む

Q生命保険(かんぽ生命)の入院保険金について

かんぽ生命の生命保険金はみなし相続財産ということですが、同じ保険番号の入院保険金は相続財産になるのでしょうか。また、相続財産であっても、非課税ということでいいのでしょうか。もし、受取人である配偶者が相続放棄(家庭裁判所)をしていれば、生命保険金は受けとれても、入院保険金は受け取れない、ということでいいのでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

死亡保険金は、民法でいう相続財産(遺産)ではなく、
保険契約という商取引に基づく支払なので、
相続放棄をしても、死亡保険金を受け取る権利を放棄したことには
なりません。つまり、受け取れる。
しかし、税法は、民法や商法ではなく、民法や商法で決まった
受取人に対して課税する法律です。
なので、死亡保険金は、相続財産ではないけれど、相続税の対象に
するので、「みなし相続」という言葉を作り出したのです。
なお、死亡保険金=相続税 ではありません。
契約者=被保険者で、受取人が別人の場合、相続税の対象になります。

入院給付金は、本来、生前に本人に対して支払われるものです。
従って、本人が死亡した後に相続人が請求した場合、
本人が生前に請求したのと同じことになり、
入院費を支払った後の残りは、本人の相続財産となります。
また、相続人が入院給付金を請求した場合、
相続を承認したことになるので、相続放棄はできません。
入院給付金自体は非課税なので、亡くなった本人には課税されません。

なので、ご質問の答えは……
(Q)入院保険金は相続財産になるのでしょうか
(A)相続財産となります。
ただし、入院費は相続財産から引くことができるので、
残額が相続財産となります。

(Q)相続財産であっても、非課税ということでいいのでしょうか
(A)いいえ。他の相続財産にプラスして、課税対象となります。

(Q)受取人である配偶者が相続放棄(家庭裁判所)をしていれば、
生命保険金は受けとれても、入院保険金は受け取れない、
ということでいいのでしょうか。
(A)実質、そうなりますが、生命保険会社は、相続放棄をしているか
どうか、知る由もないので、死後、配偶者が請求すれば、
間違いなく、支払います。
受け取ったら、自動的に、相続承認となりますから、
相続放棄はできなくなります。

死亡保険金は、民法でいう相続財産(遺産)ではなく、
保険契約という商取引に基づく支払なので、
相続放棄をしても、死亡保険金を受け取る権利を放棄したことには
なりません。つまり、受け取れる。
しかし、税法は、民法や商法ではなく、民法や商法で決まった
受取人に対して課税する法律です。
なので、死亡保険金は、相続財産ではないけれど、相続税の対象に
するので、「みなし相続」という言葉を作り出したのです。
なお、死亡保険金=相続税 ではありません。
契約者=被保険者で、受取人が別人の場合、相...続きを読む

Qオリックス生命のダイレクト定期

上乗せの保険として、オリックス生命のダイレクト定期500万くらいに加入しようかと考えています。
格付けがBBBとイマイチなんですが、保障性の商品なので、まぁいいかなぁと・・・
やはり決め手は手軽さと安さですが、注意点などありましたら教えてください。

31歳、妻子あり。
他に保障性の生命保険や、がん保険、個人年金など加入済みですが、今度第二子が誕生するので少し上乗せしておこうかと・・・

Aベストアンサー

こんばんわ。
定期保険は仮に保険会社が破綻しても次の会社に問題なく引き継がれていく種類ですから値段(保険料)で選んでも構わないかと思います。
注意点と言うかお勧めですが、業界最安値と言うわけではありませんので幾つか見積もりを取ってみると良いでしょう。(非喫煙者だったり健康なら別途割り引く会社もあります。)
お子さんが誕生と言う事でおめでとうございます。収入保障保険という種類も調べてみると良いかと思います。(定期保険の一種です。)

Q交通事故で生命保険金はでるのでしょうか

素人です
交通事故で死んだ場合、生命保険金はでるのでしょうか
相手の自動車保険で保険金をもらった上に当人の生命保険金
ももらうと、残された遺族はかなり、お金を受け取ることに
なるとおもうのですが
どうなのでしょうか

Aベストアンサー

でますよ。事故死でも、病死でも関係ありません。
支払われないのは本人や受取人の故意・重大な過失があった場合などです。
生命保険契約に災害割増や、傷害特約等が付加されていれば普通死亡(病死等)よりさらに多く保険金が支払われます。
なので、自動車保険やその他損保からの支払いなども加えると多額の受け取りになるかもしれませんね。

受け取り後の税金等の心配をされているのでしょうか?

死亡保険金には【500万円×法定相続人数】の非課税枠があります。
また、非課税枠を超えた部分も、他の相続財産(預貯金や不動産等)と合計した上で【5000万円+1000万円×法定相続人数】の基礎控除があります。配偶者が保険金を受け取られる場合などはよほど高額でない限り、多額の相続税がかかる心配はないと思いますよ。

ちょっと本題からはずれたかもしれませんが、ご参考まで。

参考URL:http://www.life-money.net/

Q医療保険 オリックス生命 損保ジャパンひまわり生命

現在34歳の主婦です。
家族構成は、夫(35歳)・妻(34歳)・子供2人(予定)です。
夫・私(妻)の医療保険の加入を検討中です。

保険に対する知識が無いので、初歩的な質問になります。
お詳しい方にご教示頂ければと思います。

検討中の保険は、下記の通りです。
●オリックスの「キュア」・「キュアS」
●損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」

オリックスの「キュア」と「キュアS(死亡保障が付いているもの)」では、どちらがお薦めでしょうか?
以前、こちらのサイトで「キュアS」がお薦めと記載されていました。理由は、「総払込み保険料よりも、多く保険金が戻ってくるから」とのことです。私は、掛け捨てになることに抵抗を感じるので、この商品が良いのではと思っておりました。
しかし、別の方の回答を拝見致しましたら、「医療保険」と「死亡保障」は、分けて考えるべきだと記載されておりました。
「死亡保障」に関しては、夫が、生命保険に加入予定です。
私(妻)は、生命保険に加入の予定はございません。

損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」は、「先進医療」も保障対象になるのでお薦めだと、このサイトで知りました。
オリックスの「キュア」には、このような保障がないので、どちらの商品に加入すべきか迷っております。アドバイスお願い致します。

また、これ以外にお薦めの商品がございましたら、ご教示頂ければと思います。宜しくお願い致します。

現在34歳の主婦です。
家族構成は、夫(35歳)・妻(34歳)・子供2人(予定)です。
夫・私(妻)の医療保険の加入を検討中です。

保険に対する知識が無いので、初歩的な質問になります。
お詳しい方にご教示頂ければと思います。

検討中の保険は、下記の通りです。
●オリックスの「キュア」・「キュアS」
●損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」

オリックスの「キュア」と「キュアS(死亡保障が付いているもの)」では、どちらがお薦めでしょうか?
以前、こちらのサイトで「キュアS」がお...続きを読む

Aベストアンサー

●「総払込み保険料よりも、多く保険金が戻ってくるから」とのことです。私は、掛け捨てになることに抵抗を感じるので、この商品が良いのではと思っておりました。

これは、中途解約した場合です。中途解約した場合は、解約払戻金がある分だけ、実質保険料負担が減ります。
しかし、中途解約しなかったらどうなるのでしょう。
これは終身医療保険なので、一定の年齢を超えれば、見直しも難しくなるので、死ぬまで解約するとは思えません。ならば、何のための解約払戻金でしょうか?
死亡保障としても、金額的に中途半端です。
従って、死亡保障と医療保障は、別々にするのが基本です。

CUREよりも、CURE-Wをお勧めします。
健康のお守りも120日型をお勧めします。
もしも、入院をしたとき、本当にリスクが高いのは、長期入院となった場合です。
ならば、保険もそれに対応するべきです。

先進医療は、あった方が良い保障だと思います。

健康のお守りの「だんだん割引」は評価しません。
本来、保険とは保障です。
健康ならば保険料が安くなると言うのは、メリットですが、一方、病気がちになったとき、保険料が割引にならず、割高の保険料を払わなければならないのは、本末転倒だと思います。

保険はトータルで考えるべきです。
先進医療特約付きのがん保険+CURE“W”
がん保険+先進医療特約付きの「健康のお守り」
という組合せも一つの方法です。
また、 入院給付金日額1万円にするならば、CURE“W”と健康のお守りを5000円ずつの二つに分ける、というのも方法です。

ご参考になれば、幸いです。

●「総払込み保険料よりも、多く保険金が戻ってくるから」とのことです。私は、掛け捨てになることに抵抗を感じるので、この商品が良いのではと思っておりました。

これは、中途解約した場合です。中途解約した場合は、解約払戻金がある分だけ、実質保険料負担が減ります。
しかし、中途解約しなかったらどうなるのでしょう。
これは終身医療保険なので、一定の年齢を超えれば、見直しも難しくなるので、死ぬまで解約するとは思えません。ならば、何のための解約払戻金でしょうか?
死亡保障としても、金額的...続きを読む

Q生命保険金の税金

生命保険金の税金について教えて下さい。
年老いた母が生命保険金の受取者を私にしております。
この場合、受取った保険金は、一時所得となり20%課税されます。

生命保険金の受取を母自身にしておけば死者に対する一時所得の課税は無いかと思うのです。
この考え方は、正しいのでしょうか、教えて頂きたく思います。

Aベストアンサー

今の契約形態は、契約者・被保険者共にお母様と思いますが正しいでしょうか?

前提が異なると若干問題がありますが、上記の前提であれば万一お母様が亡くなられた時に受け取られる保険金(死亡保険金)は、相続税の対象となります。

さらに、税金計算に於いても法定相続人が受取人設定となっておりますので500万×法定相続人までは控除が受けられますので保険金額によりましては相続税の対象外となる場合もあります。

契約形態としては一番問題のない形態と思います。

尚、契約形態が前提の形態と相違しますと一時所得・贈与等になる可能性もありますのでご注意ください

Qオリックス生命とPCA生命について教えて下さい。

こんばんは。はじめまして。
今回生命保険に加入しようと考え知人に相談した所オリックス生命かPCA生命が良いのではないかとすすめられました。
保険会社について全く知識がなく、日本の会社なのか?今後つぶれる可能性がないのか?(そんなのわからないでしょ!と言われればそうなのですが、ずっと払っていくと思うと少しでも安心してお願いできるところがいいなと考えてしまいます)について知りたいです。

また無料で保険の相談に乗ってもらえたり、自分にあった保険を教えてくれる所(電話で)をご存知でしたら合わせて教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

オリックス生命は、言うまでもなくオリックスグループの会社です。
つまり、国内資本。
PCA生命は、英国プルーデンシャルグループの会社です。
英国プルーデンシャルは、世界的な金融会社です。
(米国プルデンシャルとは別の会社)
つまり、外資。

国内・外資に関係なく、日本の生命保険会社は、金融庁の監督下にあり、金融庁の認可した国内専用の保険を発売しています。外資といえども、外国の保険を国内で売ることはできません。
生命保険契約者保護機構に加盟するのも同じです。
つまり、国内・外資の違いは、資本の違い・考え方の違いだけで、基本的な違いはありません。

保険会社を見るときの指標の一つに格付けがあります。
ご参考に……
http://www.hokenno.net/kakuzuke_data_l.htm

ソルベンシーマージン比率という指標もあります。
H20年度中間決算では、
オリックス 975.9
PCA 873.7
です。200以上が安全といわれていますが、大和生命は破綻一年前に500あったのに、破綻したことを考えると、500は欲しいですね。
なので、数字よりも、上がり下がりにも注目するべきでしょう。

会社の規模でみれば、19年度末の総資産は……
オリックス 5572億円
PCA 1595億円
トップの日本生命は48兆1353億円、10位の会社が5兆7千億円ですから、両社とも生命保険会社としては、小規模の会社です。

日本には、生命保険会社が45社あります。
なぜ、オリックスやPCAなのか?
その根拠が重要です。

『無料で保険の相談に乗ってもらえたり、自分にあった保険を教えてくれる所(電話で)をご存知でしたら合わせて教えていただけると助かります』
ネットで調べてください。
「生命保険」「無料相談」で検索すれば、数多くヒットします。
ですが、「なぜ、無料なのか?」という視点を忘れないでください。

一つには、自分が代理店をしている保険に契約して欲しいからです。
次に、代理店をしているのならば、相談料を取ることを法律で禁じられているからです。

ご参考になれば、幸いです。

オリックス生命は、言うまでもなくオリックスグループの会社です。
つまり、国内資本。
PCA生命は、英国プルーデンシャルグループの会社です。
英国プルーデンシャルは、世界的な金融会社です。
(米国プルデンシャルとは別の会社)
つまり、外資。

国内・外資に関係なく、日本の生命保険会社は、金融庁の監督下にあり、金融庁の認可した国内専用の保険を発売しています。外資といえども、外国の保険を国内で売ることはできません。
生命保険契約者保護機構に加盟するのも同じです。
つまり、国内・...続きを読む

Q生命保険金受け取りについて

先日熊本で、保険金受け取りを目的とした妻と愛人の共謀による夫殺害事件が起きました。

そこで保険金受け取りについての質問です。

夫名義で妻が4000万受け取れる生命保険金が組まれていたそうですが、保険金が支払われる前に夫殺害が発覚し妻は逮捕となました。

この場合、勿論妻は保険金は受け取れませんが、代わりに誰かが受け取りとなるんでしょうか?それとも誰も受け取れないんでしょうか?

Aベストアンサー

 受け取れません。
 保険金受取人が故意に保険事故を起こした場合は,免責されます。
 また,契約者が妻,被保険者が夫,保険金受取人が妻の場合,保険金詐欺を目的の契約とした,保険契約が無効との主張がされます。
 何れにしても支払はなく,それで終わりです。
 
 

Q学資目的での低解約返戻金付保険 あいおい生命orオリックス生命 ご意見をお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと払戻率124%   3.75%だと払戻率139%

◎オリックス生命【ロングターム7】
 保険金250万円、払込55歳、保険期間98歳
 保険料11,838円/月
 17年後・・・払戻率 117.5%
 
正直どちらの会社も今まで聞いたことがありませんでした。
格付けのようなものを調べてみましたが、あいおい損保は載っていますが、あいおい生命は載っていないのが多かったです。

あいおいは、利率変動なので、1.75%以上になると魅力だなぁと思っています。(この利率というのは、世間の利率が良くても、この会社の業績が悪いと1.75%のままなのかなと思いますが)

また、保険会社の人によるとロングターム7は、東京あんしんの長割り終身より断然いいですよっと言われましたので、数では出してもらっていません。

どちらがおすすめでしょうか。
専門家の方のご意見を伺いたく、宜しくお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと...続きを読む

Aベストアンサー

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約返戻金型定期保険の方が良いという事になってきます。
あくまで私的な見解ですが、長期金利が日銀の量的緩和の終結だけで2%を超えましたから0金利が解除されると一段アップは確実ではないかと思います。公定歩合の引き上げまでは誰もまだ示唆していませんが、景気が過熱すれば引き上げられます。現状でも1.65~1.75%の予定利率は十分クリアできるので、利率変動や利差配当を選んだほうが良いのではないかとも思っています。
市中金利がダイレクトに反映されるわけではありませんが、未だ超低金利下で組む保険に他ならないので期待値込めて無配当以外を勧めるほうが個人的には多いです。(例えば東海あんしんの代理店なら利差配当付きの長割り終身と無配当の長割り定期がありまして、同じ代理店で両商品比較できるわけですが、どちらを勧めるかは実際意見が分かれます。)

参考URL:http://blog.okwave.jp/Pigeon.php?itemid=509

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約...続きを読む


人気Q&Aランキング