学校英文法ではplay the piano、のように楽器にはtheをつけろと教わりますが、なぜ楽器が特別扱いなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アメリカに36年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

確かにtheはつけると習いますね。 しかし、アメリカではつけない事が今では多くなっています。

なぜつけないか。 のほうがわかればなぜつけるのかもわかるのではないかと思います。

はっき言ってアメリカ人でもつける必要や理由がないと感じるからなんですね。 そんなの答えになっていないよ、といわないでくださいね。 文章の中にある単語が使われるのは文法があるからではなく使う必要があると感じるから使うのです。 使わなくてもいいものは使わなくてもいいという暗黙の了解があるわけです。 だからこそ省略された表現があるわけですね。 日本語でも同じですね。

では、使う人はなぜ使うのでしょうか。 楽器だからです。 だから使うのです。 ほかに理由はありません。そういう習慣なわけです。手元にあるから、とか言う理由では使っているとは思えません。 手元にあるから、等の「立派な」理由であればtheをはずすという傾向が発生するとは私には思えないのです。

多分この楽器にはTHEを使うという文法は改正することになると思います。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。   (ご質問が皆さんの回答で解決しましたら締め切ってくださいね)  私の回答が何らかの参考になったと思いましたら、右上端の「参考になった」ボタンをクリックしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、現地に住んでいる方のお話は説得力がありますね。

お礼日時:2005/04/07 17:51

このtheは普通の定冠詞のtheではなくて、古い時代の英語で道具・手段を示す「格」のマークだったものが、現代英語に化石的に残ったものです。



「格」というのは、文の中で所有や目的語や主語や、様々な方向を表すために名詞の語尾を変化させるなどして示したものです。インド=ヨーロッパ語族の古い言語(ラテン語、古典ギリシャ語)などでは単語の語尾の形だけで格を表示しました。たとえばrosa(バラは)rosam(バラを)rosis(バラで)… 

英語と同じゲルマン語に属するドイツ語では今も4つの格を持っています。語尾変化で格を表示しますが、その体系は次第に単純化され、名詞そのものの語尾よりも冠詞の形によって格を判別する傾向にあります。おそらくこの流れの端っこの方で英語の「楽器のthe」も使い続けられ英語が一般名詞の格変化を失った後まで生き残ったのでは、と考えられます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。日本語でも、そうですが、古文をならって現代語がわかることが多いのですね。私も古い英語を勉強したいと思います。

お礼日時:2005/04/07 17:45

go to school のように,school が「学校という建物」でなく,「授業(を受ける場所)」という機能を表す場合には,無冠詞になる,という用法はご存知だと思います。

play the piano という表現は,特定のピアノというわけでなく,楽器の機能を表す用法なのです。なぜ無冠詞でなく,the なのかはよく知りません。それこそ慣用的ということでしょうか。辞書で調べてみますと,「ロック・ジャズの演奏者やアメリカではしばしば省略される」とあります。Ganbatteruyo さんのおっしゃっている通り,アメリカではつけなくなっているようです。英会話教室でアメリカ人の先生に play the piano という言い方をしたら,which piano?と聞かれたことがあります。ただ注意して下さい。the を使わなくなるというのは,play a piano になるのではなく,play piano と無冠詞になるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

機能を示す名詞には無冠詞というわかりやすい流れにこの問題は収束されていくのですね。よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/07 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「略~」を英語に訳すと何というでしょうか?

特許申請などに多用される表現で「略円柱状」とか「略卵型」
という言葉の「略~」に相当する部分の英訳は正しくは何という
のでしょうか?

日本語でも一般的にあまり使わない表現ですので、英語でも
正しい専門用語があると思いますが、手元の辞書やネット検索
では見つかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

near-
または
nearly

参考URL:http://www.freepatentsonline.com/5460717.html,http://www.freepatentsonline.com/4108305.html

QI play the piano.というように楽器を演奏する場合に必ず

I play the piano.というように楽器を演奏する場合に必ずtheがつくのはなぜですか。

分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は"a"と"the"の違いとか、前置詞の明確な定義などはあまり気にせず、フィーリングで英語を話したり、聞いたりしている人間です。そんな私から説明させて頂くなら・・・

楽器を"演奏する"と言うときは、必ず"まさにその楽器を弾いている"というニュアンスが入ってくるので自然と"the"がついちゃいます。それだけの感じです。

それとはまた別に、「昨日の夜、友達のギターを借りて演奏した」といいたい時なら、I was playing his guitar last night.なんて言い方しますよ。このときに"the"は付けないです・・・私。
もし”必ずtheがつく”という風に覚えてしまったら、I was playing the guitar which belongs to him.みたいな“奇妙な英語”を言ってしまう可能性がでてくると思います。

結論としては、”必ず”ではないという事ですかね(^.^)

Q【英語】VIPって何の略ですか?

【英語】VIPって何の略ですか?

Aベストアンサー

Very Important Person

Qthe King of "the" Pop theの扱いについて

the King of "the" Pop theの扱いについて
"the"の扱いについて、いまいち理解できずモヤモヤしているので質問させていただきます。

1. "the King of Pop"はCDのタイトルにもなっていますが、Popというジャンルを表わす語にtheをつけ、"the King of the Pop"にしたら、少しニュアンスが変わるのでしょうか?

2. もし、Popじゃなくて、"artist"だとしたら、
the King of artist(362件) / the King of the artist(3件)
この二つはどう違うのでしょうか?因みに()内はGoogleで検索して該当した数です。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカのyahooで検索して裏をとりました。

1.「the King of the Pop」という言い方はしません。ネット検索してみても、外国人(英語圏以外の人という意味)が書いたと思われる記述や、正しい英語を使っていない人(例えば教養のない日本人が正しくない日本語を使うのと同じ)が書いた記述しか、パッとは見当たりませんでした。基本的には「the king of pop」「the king of rock'n'roll」「the queen of soul」というような言い方をします。ジャンルとしての「pop」「rock」「soul」「jazz」に冠詞は付けません。

2.どちらも単独では使わない言い方です。つまり、「the king of artist endorsement」や「the king of the artist models」というふうに何かの一部がたまたま検索結果としてヒットしただけです。

余談:「the king of~」は「~の中の王者」という意味ですから「~」には“王様候補”がたくさん含まれていないと、この表現は成り立ちません。したがって「~」に当てはまるのは例えば、人が大勢いる「ポップというジャンル(pop)」や「数あるアーティストたち(複数形のartists)」などが来ないといけません。ちなみに「the king of artists」は「(広く一般の)アーティストたちの中の王者」という意味で、「the king of the artists」は「その(特定な)アーティストたちの中の王者」という意味です。

お知りになりたいことは、おわかりになりましたでしょうか?

アメリカのyahooで検索して裏をとりました。

1.「the King of the Pop」という言い方はしません。ネット検索してみても、外国人(英語圏以外の人という意味)が書いたと思われる記述や、正しい英語を使っていない人(例えば教養のない日本人が正しくない日本語を使うのと同じ)が書いた記述しか、パッとは見当たりませんでした。基本的には「the king of pop」「the king of rock'n'roll」「the queen of soul」というような言い方をします。ジャンルとしての「pop」「rock」「soul」「jazz」に冠詞は付けませ...続きを読む

Q英語に略してください。

[私の大切な宝物]を英語に略せる方いましたら教えてくださいませ。

Aベストアンサー

no.3です。

出ている回答はどっちも正しいです。
日本語で 「大切な」と「大事な」とどっちが正しいかというのと同じくらいに。
違いを言えば
dearest =最愛の
valuable=価値のある
どちらも「大切な」の意味があります。

私は個人的に
precious(=「大切な」「貴重な」)と言う言葉が響きも見た目も好きです。
女の子の名前としてもたまにプレシャスってありますね。

あとに「宝物」と来ますが、大切な、とか 価値のある、 とかの言葉が先に付いているので
my precious (他の二つの回答の言葉も) treasure となるのは 英語では
もしかしたら少ししつこい感じがあるかも知れません。
(でも、決めるのは 質問者さんですので、語呂が気に入ったもので決めてかまわないと思います。)

シンプルに
my ****** thing
私の大切なもの

でも良いですね。
これはこういう一節として使う場合は対象が物でも人でも大丈夫です。

Q楽器の前に「the」をつける理由を教えてください

基礎から語を勉強しています。

I play a piano ではなくて I play the piano
となる理由を教えてください。

"ピアノを演奏する"というのは、特定(the)のピアノではなくても
どのピアノでもできると思うのですが。。
theを使うに至った背景は何でしょうか?

Aベストアンサー

>ひとつわからなかったのが、変わり者のピアニストが、きまった一台しか弾けないとか、そういう時は、まさに the piano(そのピアノ)なのかと思いましたが、正解は a pianoなのですね。お手数ですが、そのところを教えて頂けますと幸いです。

#2欄にいただいた上記お礼を拝見しました。

冠詞は慣れない人には、ややこしいと思いますが、基本的には「the=その」「a/an=とある」と考えていればいいです。

例えば、AさんとBさんが東京駅でおしゃべりをしているとしますよね。
Aさん「ご趣味は?」
Bさん「I play a piano. 私は、とあるピアノを弾きます」
Aさん「ほお、『とあるピアノ』とは、また、どのような?」
Bさん「それは、仙台の実家に置いてあるピアノなのですが、タッチが独特で、どうも私は、あのピアノではないと弾けないのですが、一応、いつも弾いています」
てな具合で。

もちろん、以下の場合ならtheです。
CさんとBさんが仙台で出会ったとします。
Cさん「今日は、ご実家までお招きいただき恐縮です。ほお、これはまたステキなピアノで。どなたが、お弾きになるんです?」
Bさん「I play the piano. 私が、そのピアノを弾きます」
てな具合です。

>ひとつわからなかったのが、変わり者のピアニストが、きまった一台しか弾けないとか、そういう時は、まさに the piano(そのピアノ)なのかと思いましたが、正解は a pianoなのですね。お手数ですが、そのところを教えて頂けますと幸いです。

#2欄にいただいた上記お礼を拝見しました。

冠詞は慣れない人には、ややこしいと思いますが、基本的には「the=その」「a/an=とある」と考えていればいいです。

例えば、AさんとBさんが東京駅でおしゃべりをしているとしますよね。
Aさん「ご趣味は?」...続きを読む

Q【英語】SMS(SEX Texting)=セクスティングらしいですが、Mって何の略ですか?

【英語】SMS(SEX Texting)=セクスティングらしいですが、Mって何の略ですか?

Aベストアンサー

Mは、messageまたはmessagingの略です。

ちなみに、Sは、sexではなく、shortの略として、
short message (messaging) textingの意味に
考える方が普通です。

Q答え2不可算名詞って複数形やaをつけたりはできませんがtheはつけれますか?つけれるとしたら4は

答え2
不可算名詞って複数形やaをつけたりはできませんがtheはつけれますか?
つけれるとしたら4は正解になりませんか?

Aベストアンサー

現代では room と言えば普通は「部屋」ですが、
現代建築の部屋という概念がない時代から room という単語はあり、
部屋という間切りなどない space「空間」の意味でした。

そういう話はさておき、確かに理屈上、不可算の room「空間、余地」にも the はつきます。

ただ、今回は there is の後であり、
漠然とした無冠詞(不可算なら)が適切なのです。

the がついたら「部屋」と決まるわけではなく、
there is の後であり、the がつく場面ではないということです。

Qこの英語を日本語に略して欲しい

この英語を日本語に略して欲しい

Aベストアンサー

私たちの王国に平和を取り戻してくれて、ありがとうルイージ。私たちの英雄ルイージに万歳!

Qもの英文のニュアンスは?:Before it leaves the pen the word expires

こんにちは、いつもお世話になります。

現在ゲーテの著作「ファウスト」の現代英語訳(Daivid Constatine訳)を読んでいます。

そこで、タイトルのような英文に出会い、解釈に悩んでいます。

背景:メフィストに契約の確認に一筆書いてくれと頼まれて、書くことがそんなに重要か? と問うファウストのセリフの一部。(質問箇所は、3行目のみ)

~~~~上記の本より引用~~~~~~~~
But a parchment written and embosseed
Is a spectre everybody fears.
Before it leaves the pen the word expires
And nothing count but wax and vellum.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕が訳そうとすると、「それがペンを離れる前にその言葉が無効となる。」となってしまいます。

しかし、実際はどういう意味なのでしょうか?

参考までに森鴎外訳、(質問箇所は言うまでも無く3行目)

~~森鴎外訳の引用~~~~
ところが、字を書いて印を押した巻紙を、
世間のものは皆化物のやうにこはがつてゐる。
いざ筆に上げすとなると、一字一句にも気怯がれする。
そりゃ用紙、そりゃ封蝋と、どなたもお持廻になる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全然僕が英語訳から想像した訳と違います。

また、原文ドイツ語は、(質問箇所は3行目)

~~~プロジェクトgutenbergより引用~~~
Allein ein Pergament, beschrieben und beprägt,
Ist ein Gespenst, vor dem sich alle scheuen.
Das Wort erstirbt schon in der Feder,
Die Herrschaft führen Wachs und Leder.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://gutenberg.spiegel.de/?id=5&xid=3448&kapitel=7&cHash=f2061be284chap007#gb_found

「その言葉はそのペンによって美しく死する。」と書いてあるような??

兎に角、英文は僕の訳では意味が掴めません。 ちょっと言い回しが難しいので、訳し方やニュアンスを教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在ゲーテの著作「ファウスト」の現代英語訳(Daivid Constatine訳)を読んでいます。

そこで、タイトルのような英文に出会い、解釈に悩んでいます。

背景:メフィストに契約の確認に一筆書いてくれと頼まれて、書くことがそんなに重要か? と問うファウストのセリフの一部。(質問箇所は、3行目のみ)

~~~~上記の本より引用~~~~~~~~
But a parchment written and embosseed
Is a spectre everybody fears.
Before it leaves the pen the word...続きを読む

Aベストアンサー

自信はないのですが・・・

「それがペンを離れる前に」⇒「それをペンで書き終わったか書き終わらないうちに」
「その言葉は無効となる」⇒「その言葉の有効期限は切れてしまう」

ということではないでしょうか。
蛇足ですが、"it"は"the word"な気がします。原文にはないようですが。

契約を紙に書いたところで、
それはみんなが恐れる亡霊みたいなもの。
言葉は書いた瞬間からもう賞味期限切れになってしまっていて、
大事にされるのは紙と蝋だけ。

>「その言葉はそのペンによって美しく死する。」と書いてあるような??

schonは「美しく」ではなく「既に」ではないかと
http://www5.mediagalaxy.co.jp/CGI/sanshushadj/search.cgi?cmd=detail&byte=0009768129&leng=0000003121
http://www5.mediagalaxy.co.jp/CGI/sanshushadj/search.cgi?cmd=detail&byte=0009765331&leng=0000002798

自信はないのですが・・・

「それがペンを離れる前に」⇒「それをペンで書き終わったか書き終わらないうちに」
「その言葉は無効となる」⇒「その言葉の有効期限は切れてしまう」

ということではないでしょうか。
蛇足ですが、"it"は"the word"な気がします。原文にはないようですが。

契約を紙に書いたところで、
それはみんなが恐れる亡霊みたいなもの。
言葉は書いた瞬間からもう賞味期限切れになってしまっていて、
大事にされるのは紙と蝋だけ。

>「その言葉はそのペンによって美しく死する。...続きを読む


人気Q&Aランキング