現在、サラリーマンをしていますが、起業(確認有限会社の設立)をしようと考えています。ただ、今勤めている会社をすぐにやめることはできず、今の会社に勤めながら起業しようと考えております。
そこで、起業した場合、税務署や県税事務所、社会保険庁への届をしなければならないようですが、その後の保険、税金等はどのようにしたら良いのでしょうか?
起業した会社の保険に切り替えなければならないのですか?それとも選択が可能なのですか?税金については払っておけば間違いはないとは思いますが・・・。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 現実的なアドバイスをします。


 社会保険関係は 当面のあいだ加入せず放置しておきます。 強制適用といいつつ実態は任意適用といってもよい程の制度です(小さな会社に対しては)。 
そして、現在の会社を辞めた段階で加入すべきかどうか一度検討します。このとき加入を見送れば自動的に国民健保/国民年金となるわけです。
その後、従業員の雇用や業績の伸びといったものを見ながら加入するかどうかを適宜検討します。 

 税金の方はちょっと厄介かもしれません。設立後、税務署、県税事務所、市役所へ開業届を提出します。(給与支払事務所開設の届関係も忘れずに)決算期が近づけば、申告書書類一式をそれぞれから送付してきますが なにしろ申告納税制度なわけですから、自ら、帳簿をつけ、決算をし、税額まで算出し、申告書を作成したうえでその税金を納付します。 税務署が勝手に計算して課税してくるのではありませんから。
いい加減にしていると、その後の税務調査で指導されます。
 法人の計算は個人事業の確定申告に比べ手間もかかりますし、複雑なところもあります。
>税金については払っておけば間違いはないとは思いますが・・・。
 面倒なのはその前の段階なわけです。

 身近なところに相談できる詳しい方がいればよいのですが。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実的なアドバイスありがとうございます。
保険関係はすごくためになりました。
ありがとうございます。
税金のほうはおっしゃられる通り、計算が・・・(>_<)

お礼日時:2005/04/06 05:09

所得税について、現在勤務先の源泉徴収票による給与所得、法人代表者としての役員報酬などの収入を確定申告します。

詳しくは国税庁HPタックスアンサーをご覧下さい。

労働保険について労災保険・雇用保険は法人代表者は労働者ではないので付保対象外です。

健康保険・厚生年金は政管健保の対象になりますが、2以上の勤務先がある場合、選択届けを提出します。詳しくは社会保険庁HP健康保険の項目をご覧下さい。

いずれにしても、現勤務先の就業規則等に兼業禁止規定があれば社内的に懲戒対象になるおそれがあります。事前に勤務先の了承を得ておくか、隠し通すかの覚悟をされる必要はありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
今勤めてる会社には当然、隠し通します(^。^)

お礼日時:2005/04/06 05:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング