DNAのDの字も知らないような者ですが。
遺伝子って、生物の設計図ですよね……(おおざっぱ過ぎますが)。
人間の遺伝子なら、人間が作れるだけの情報量があると思うんです。
すると、生物の設計図である遺伝子の記憶容量は、何ビットぐらいなんでしょうか?たとえば人間の遺伝子の、数個の中の一小さい物と大きい物(?)の場合でお願いします。
いろいろなHP探しましたが、そういうのはないんです(探し方が悪いのかもしれませんが)。

「ある人物の体の中に、それ自体は何の役にも立たないが、実は秘密情報を書いた遺伝子が……」と言う話を書きたいわけです。
本当にそのようなことができるのかどうかも教えてください。
ほかにも何か役立ちそうな事があったらお願いします。
妙な質問ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

えーっと補足みました。



1本1本の染色体はおよそ
5000万塩基対から2億5000万塩基対からなります
こういったほうがわかりやすいようですね(^_^;)
まあこれは30億の遺伝子量というのは23種×2本の染色体のもつ
遺伝子の大きさと考えてもらえばおおよそは計算できますよね

遺伝子(染色体)は私たちの身体を構成する物質全ての鋳型だといわれます
つまり遺伝子は23本のとても長い鎖であり
1本1本それぞれのほんの1部分が設計図上の部品を作り出すんです
それで体がこのように複雑なのは場所や時間によって
様々な調節をうけてるからなんです
もしかしてkannna-Aさんのおっしゃる大きいものとか小さいものっていうのは
物質(正確にはタンパク)の鋳型のことなのかなぁと思ってみました

タンパクの話とかもし始めるときりがないのでこのへんでやめておきます

遺伝子と生物の進化とかこういう話はとても面白いですよね
未知の部分もたくさんあって想像ができますし
新しい事実というのもおもしろいものです

生物の面白さに引かれて生物専攻に転向したkexeでした
なんか答えになっているかどうかわからないですが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とんでもない!
答えになってなくても、知らない者にとっては、どんなささいなことでも参考になります。ありがとうございます!

お礼日時:2001/09/08 19:33

DNAの2重らせん、隣り合った塩基対の間隔は0.34ナノメートルです。

(ナノ:10の-9乗のこと)
人の細胞1個に含まれるDNAをつなげると、およそ2メートルの長さになるといわれていますが、これは2本1対の遺伝子をすべてつなげた長さですので、実質の情報はこの半分の1メートル分となります。

1000000000÷0.34を計算すると、
人の細胞1個には、およそ30億の遺伝情報が書き込まれていることがわかります。
塩基1つを1文字と考えると、百科事典1000冊分ほどの情報量になるといわれています。
    • good
    • 0

面白そうなので、ちょっと覗きついでに


kannna-Aさんは新しいある記録を持った染色体を1本(あるいは1対)追加しようと思われたみたいですが、これだと世代間の情報伝達が不可能になると思います。
もし、世代間の情報伝達を御考えならば、いっそのこと「ミトコンドリアDNA」を利用されてはいかがでしょうか?こうすると母親側の情報のみを伝えることが可能であったと記憶しています。その代わり女性であることが限定されますけどね。
ご存知のように100%の精度でコピーされるわけではありませんが、この辺は無視しても構わないと思いますよ!(sarudoshiさんも仰っていますが、逆にこのエラーがストーリー展開に利用できるかも知れません。)
余談ですが、コンピュターが0と1で記録している情報をDNA上ではATGCの4つで記録していると考えればコンピュータで記録出来るものはDNAでも記録可能だと思うんですけどね。逆にDNAでは4つの状態があるので記録能力は倍高いと思いますよ。まあこの場合、受けて側にも翻訳の約束事が伝達されている必要がありますが、これはコンピュータでも一緒です。
この辺は専門家の意見を聞きたいと思いますので、フォロー頂けます?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おかげでいい方法が思いつきました。A=0・C=1・G=2・T=3と言う決め事をしておいて、二進法であるデジタル信号を、四進法に換えて遺伝子に書いてやれば、記録できるじゃないか!と。
101001010010010101110111011 という信号を四進法にすると、11022102232323 になるから、
CCAGGCAGGTGTGT という配列ができる。
でも、適当な配列になってしまうから、並べられない並び方も出てきちゃうし、反対側(対になっている方)が無駄になってしまってもったいないな。やっぱり誰かに聞いてみよう。

お礼日時:2001/09/09 15:58

私はNHKスペシャルの驚異の小宇宙人体シリーズで放送していた番組が好きです。

参考になれば幸いです。
http://www.nhk.or.jp/dna/
私は放送されたのを録画しましたが、ビデオテープも販売されています。インターネットでも購入できます。下記のサイトでNHKスペシャルをクリックすると一覧が表示されます。(別にNHKの回し者ではありません)
http://www.nhk-sw.co.jp/

素人の考えですが、例えば不老不死のたんぱく質が発見されて、そのたんぱく質の合成に使うアミノ酸を、受精卵の時点でDNAの未使用部分に隠すなんてのはどうでしょうね。あるとき何らかの条件でその遺伝子が間違って発動してしまい、その人が不老不死になってしまうとか。別に不老不死でなくてもいいんですが、例えばあらゆる病気に対抗できる遺伝子とか、その人の血液を飲むとエイズが治るとか。無理な設定があるかもしれません。勝手な意見で申し訳ありません。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/dna/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
その番組は、見ましたよ!面白くてみてました。えーとぉ、ホメオボックス?とかが出てきたやつだったと思うんですが。(違ったかな?)

勝手な意見じゃないですよ。こっちも素人です(小説家でも何でもないんです。そう思ってた方すいません m(-_-)m )。
DNAに使ってない所があるのは聞いたことがあります。
新しい染色体を加えるんじゃなくて、今まで使っていなかったところを加工(取り替えるとか)して(できるかどうかは別として)そこに置いておくということもできるわけか。気付かなかった。

              って言うか、それ(↑)はそれで、面白い話になりますよ!

お礼日時:2001/09/07 21:23

イメージとして比較する、という前提ですが。



DNAを形成している塩基は数えるときbp(Base Pair・塩基対)を単位とします。3x10^9塩基対は3Gbp(ギガベースペア)もしくは3Gbと表記します。
この表記から簡単に連想されるのがコンピュータの記憶容量Gb(ギガバイト)です。DNAデータをコンピュータ処理する場合、1bp=1byte(半角文字なので)として扱うことができるので、混乱しがちですが、両者には何の関連性もありません。
コンピュータと決定的に違うところはDNAは空き容量を持たない、また追加・消去・変更できないというところにあります。つまり成体(もしくは多細胞として完成した人体)人為的にDNAに情報を加えることは不可能です。

染色体のお話が出ていましたが、染色体は「DNAの固まり」といった感じのイメージでいいかと思われます。つまり遺伝情報の中味は染色体のサイズではなくDNAに因ります。(この辺を深く突っ込みますといくら書いても足りなくなりますし、私も及ばない部分が出てきますので・・・(^^;)

Kannna-Aさんのお考えの設定を生かすとすると、「秘密情報」はその人物が1つの受精卵であった段階で行われたとか、その人物の血統になんらかの変異が加わってその情報が遺伝として伝わった、などの科学的根拠が必要かもしれません。(面白ければ、その辺があいまいでも全然問題ないと思いますけどね)

まだ、不明なところがあれば、補足してください。

余談ですが、いろんな小説やマンガを読んでいて「これは無理でしょう」と思うのは、「遺伝子の中に○○という機械の設計図(毒薬の作り方とかでも可)を隠す」といったものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
……何の関係もないと言うことは、組み合わせ方で決まりを作って…たとえばX進数にするとかして、それを二進法に変えるとかしないと出ないと言うことか。(?)

>「秘密情報」はその人物が1つの受精卵であった段階で行われたとか、その人物の血統になんらかの変異が加わってその情報が遺伝として伝わった

と言うと、「途中から違う染色体(DNA)は入れられない」と言うことか。(困ったなぁ)
えーと「秘密情報」はと言いますと、もっと妙なものです。

お礼日時:2001/09/07 20:58

 遺伝子の塩基(AGTC)数ということなら、DNAデータバンク(

http://www.ddbj.nig.ac.jp/Welcome-j.html)で適当な遺伝子を見れば検討が付くと思います。ものすごい数の遺伝子(勿論、人以外の生物のものも含まれています)が登録されています。
 ただ、単純に遺伝子の大きさがタンパク質の大きさに反映するのではなく、タンパク質に翻訳される過程で切断されたりして(この切断にも意味があるのですが)一つの遺伝子からも、似ているが異なる機能をもつタンパク質ができたりします。

>「ある人物の体の中に、それ自体は何の役にも立たないが、実は秘密情報を書いた遺伝子が……」と言う話を書きたいわけです。

 似たような小説がありましたね。「イエスの遺伝子」という小説で、人を癒す遺伝子を探し求める学者のバイオサスペンス(ミステリー?)でした(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198912 …)。
 バイオ関係が苦手でしたら、この手のバイオ小説が参考になるのではないでしょうか。

 おもしろい話を書いてくださいね!楽しみにしています。

参考URL:http://www.ddbj.nig.ac.jp/Welcome-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
あまり期待されても困るんですが……
いろんな本が出てるんですね~。マンガのたぐいではよく見かけるんですが、小説もあったんですね。
早速探してみます。

お礼日時:2001/09/07 20:17

kannna-Aさん、今日は



参考URLによると「ヒトのDNAはA,T,C,Gの文字にして30億文字。これは新聞の約20年分の文字数に相当する。」だそうです。
たしかATGCの並び方にも規則があったはずなので、どうやってBITに換算すれば妥当なのかは僕には分かりません。

参考URL:http://www.um.u-tokyo.ac.jp/dm2k-umdb/publish_db …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

30億文字ですか!するとA,T,C,Gの塩基が、30億個ならんでるんですか!?ありすぎですね……さらに組み合わせが出てきて……遺伝子をビット換算すると、天文学的数字になりそう!

お礼日時:2001/09/07 03:42

確かヒトのDNAは3×10^9塩基対です。


塩基はA,G,C,Tの4つですから
4の(3×10^9)乗となるのかと思います。
またこれは全ての細胞一つあたりがもつ遺伝子量ですから、、、

ただその塩基対全てが意味をもっているわけではないですが。

>たとえば人間の遺伝子の、数個の中の一小さい物と大きい物(?)の場合で
>お願いします。

これに関してはよくわかりません。染色体の事を言っていらっしゃられるのでしょうか?
人間に関していえば23種類の染色体が2組ありますが。
ですがこの染色体はどの細胞にも同じ数ありますから・・・
うーん補足おねがいします
ちなみに上の数字はこの全染色体のもつ遺伝子量となってます。

>ある人物の体の中に、それ自体は何の役にも立たないが、
>実は秘密情報を書いた遺伝子が……

そのようなものはたくさんあります。組み合わせによって効果を示すもの、
他の物質に活性化されて初めて効果をもつもの、
特定の条件下でのみ効果を持つ遺伝子など。
書くためには全ての遺伝子の配列のもつ効果がわからないとむずかしいのではないかと思います。
遺伝子自体を組み込む事は可能ですが
もしその情報がなんらかの機能を持った遺伝子配列と同じだった場合
その固体は変異体となりますから。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>人間に関していえば23種類の染色体が2組ありますが。

(遺伝子じゃなくて染色体か……)「人間の遺伝子の染色体の23種類ある中の1種類の…」でわかります?  あのXの形をしたやつのことが言いたいんです。

>もしその情報がなんらかの機能を持った遺伝子配列と同じだった場合その固体は変異体となり…

やっぱり一個よけいに持たすだけじゃだめなんですね。「この塩基読み込み禁止」とでも言い聞かせなきゃならないわけですね……。
世界的にやっている遺伝子解析が終わらないと、やはり難しいですね。

補足日時:2001/09/07 02:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDNAのA=C,T=Gの組み合わせはなぜ無いのか?

生物学を勉強しているのですが、DNAの構造はアデンとチミン、グアニンとシトシンの組み合わせがあると教わりました。なぜ4つあるのにアデンとシトシン、チミンとグアニンといった他の組み合わせが出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

塩基の分子構造から、それぞれAとT、GとCが水素結合という結合で
引きあうことができるのに対して、他の組み合わせでは、うまく合わないのです。
ただし、AとGは、弱いながらも引きあいます。といっても、AとTやCとGよりは
ずっと弱いので、それらの組み合わせには大差で負けてしまいますが。

参考URL:http://www.chem-station.com/yukitopics/dna.htm

Qなぜ生物は種を残そうとするのでしょうか??遺伝子がそうさせるから。とい

なぜ生物は種を残そうとするのでしょうか??遺伝子がそうさせるから。という答えがあると思いますが、ではなぜ遺伝子は種を残そうと働きかけるのですか??別に滅亡しようという道があってもいいはずなのに、なぜか動物にしろ、植物にしろ、あたかも永久存続させようという大きな流れを作っています。

皆さんの活発な意見お待ちしております。

Aベストアンサー

現在の地球上で確認されている生物は大きく3グループに分類されます。

それは細菌(真正細菌)、古細菌、真核生物の3種類です。
細菌は多くの病原菌だったり人類の役に立ったりするものなどあります。
古細菌は、熱水や強酸性など過酷な環境で見つかる細菌から分かれたグループです。
人類の誤解で、細菌より古いと思われていたので古細菌という名になっていますが、新しいグループです。
そして、古細菌に酸素を活用する生物がミトコンドリアとなって共生関係にあるのが真核生物です。
われわれ動物、植物、キノコやカビ等の菌類が含まれます。

結局、3グループとも先祖は同じDNAを遺伝子とする生物だと考えられます。
もっとも初期の生物はDNAじゃなくてRNAではなかったかという説もあります。
現在RNAで増えるのは、レトロウィルスという仲間ですが、ウィルスは生物か無生物か細胞器官か議論のあるところで、ここでは生物と考えません。

1970年頃から、生物というのは遺伝子の乗り物にすぎず、遺伝子が自己を増やしていくことのために使う道具であるという考えが出てきました。
動物が子育てをしたり、親が子を守るためにオトリ行動を取るなど個レベルで見せる利他行動も、遺伝子レベルでみれば利己的なものであるという理論です。
遺伝子は遺伝子を生き残らせるために生物という体を乗り物にしている。
リチャード・ドーキンスが書いた「利己的な遺伝子」という本で一躍有名になりました。
ドーキンスは面白い人で「神は妄想である」と言い切るほどの無神論者です。戦う無神論者とも言われ、理論ともども行動も強烈です。
スティーブン・ジェイ・グールドは、神はサイコロを振るくらいしたと認めるドーキンスよりは穏やかな学者です。ただし、他の学者とケンカばかりしているところは同じです。
しかし、生物の進化はあまりにも精緻すぎてやはり何らかの意志とまでは言わないまでの摂理があるのではないかとするサイモン・コンウェイ・モリスみたいな学者もいます。

ちょっと話がそれてしまいましたが、私としてはドーキンスを支持したいと思います。
ドーキンスの「利己的な遺伝子」とグールドは著作が多いですが「ワンダフル・ライフ」と「ニワトリの歯」あたりを読まれると面白いと思います。

現在の地球上で確認されている生物は大きく3グループに分類されます。

それは細菌(真正細菌)、古細菌、真核生物の3種類です。
細菌は多くの病原菌だったり人類の役に立ったりするものなどあります。
古細菌は、熱水や強酸性など過酷な環境で見つかる細菌から分かれたグループです。
人類の誤解で、細菌より古いと思われていたので古細菌という名になっていますが、新しいグループです。
そして、古細菌に酸素を活用する生物がミトコンドリアとなって共生関係にあるのが真核生物です。
われわれ動物、植物、キ...続きを読む

Qプレゼンの素材探しています。(二重螺旋構造)

プレゼンようにきれいなスパイラルもしくは、DNAの二重螺旋構造をイメージしたPower Pointで使えるクリップアートを探しています。PPTに貼り付けるので出来るだけきれいなものを探しています。急いでいますので、何方か助けて下さい。

Aベストアンサー

googleのimage(イメージ)で検索してみると

Double helixで検索結果
http://images.google.co.jp/images?q=Double%20helix&hl=en&lr=&c2coff=1&safe=off&sa=N&tab=wi

spiralで検索結果
http://images.google.co.jp/images?q=spiral&hl=en&lr=&c2coff=1&safe=off&sa=N&tab=wi

でした。

Q真核生物由来の遺伝子を原核生物で発現させたいとき

真核生物由来の遺伝子を大腸菌のプラスミドDNAに組み込み、
そのプラスミドを大腸菌に形質転換し、
得られたタンパク質を精製してSDS-PAGEでサイズの確認を行いました。

その結果、目的のタンパク質の分子量を示す位置にバンドが得られたため、
実際に活性測定を行ったのですが、
酵素活性は検出されませんでした。

この結果について、以下のように考察しました。
真核生物の発現調節はとても複雑なため、
原核生物である大腸菌で発現させた場合、
実際に得られたタンパク質と目的のタンパク質の分子量と一致したとしても、
正しいフォールディングが取れていないことがある。
このため、酵素としての活性が検出されなかった。

合っているでしょうか・・・?
他にも何か原因があるようでしたら教えてください。

Aベストアンサー

タンパク質を発現し精製したとのことですので、
1.封入体Inclusion bodyを形成の可能性も低い
2.目的のタンパク質であることは、精製の過程で確認できている
としましょう。大腸菌のフォールディングは一般にアミノ酸がつながっていく順番になされていくとされ、真核生物はドメイン構造ごとにシャペロンによってなされていくと言われています。そのため高次構造がちゃんととれないで活性を持たないことがあるといわれています。
が、いっぽうで生成過程で失活させてしまっていたり、入れてはいけない試薬を入れて精製していたりなど、操作上の問題で活性をもてない場合も少なからずあります。どのような酵素なのかわかればもう少し具体的な議論もできるかもしれませんが、ここまでの情報であれば
1. 正しいフォールディングがなされなかった可能性
2. 精製途中で失活させてしまった可能性
3. 溶媒が失活または反応の阻害をしている可能性
4. 大腸菌にはない、翻訳後修飾が必要な可能性
5. 真核生物でもほ乳類の場合には問題ないですが、昆虫や魚類など低温で生息する生物の場合は、温度によっても正しい活性基を形成できない場合もあります。
大腸菌の培養条件なども考慮に入れた方がいい場合もありますね。

こんなところでしょうか。

タンパク質を発現し精製したとのことですので、
1.封入体Inclusion bodyを形成の可能性も低い
2.目的のタンパク質であることは、精製の過程で確認できている
としましょう。大腸菌のフォールディングは一般にアミノ酸がつながっていく順番になされていくとされ、真核生物はドメイン構造ごとにシャペロンによってなされていくと言われています。そのため高次構造がちゃんととれないで活性を持たないことがあるといわれています。
が、いっぽうで生成過程で失活させてしまっていたり、入れてはいけない試薬を入...続きを読む

Q{d∫(a~x)f(t)g(t)dt}/dxの導関数

aを定数として、
{d ∫(a~x)f(t)dt}/dx は、
∫(a~x)f(t)dt = F(x)-F(a)より
{d ∫(a~x)f(t)dt}/dx = dF(x)/dx-dF(a)/dx
             =f(x)
となるのは分かるんですけど、
{d ∫(a~x)f(t)g(t)dt}/dx は h(t)=f(t)g(t)とおいて
{d ∫(a~x)h(t)dt}/dx = h(t) = f(t)g(t) とやっていいんですか?

Aベストアンサー

いいんじゃないですか?
ただ、{d ∫(a~x)h(t)dt}/dx = h(x) = f(x)g(x)だと思いますけど。 

Q生物の質問です。 遺伝子組換えの操作で、 一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んで

生物の質問です。

遺伝子組換えの操作で、
一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んでも、目的とするタンパク質は生産させることができません。(真核生物のDNAはイントロンをもつが、大腸菌ではスプライシングが起こらないため)

これは理解できるのですが、では一体、遺伝子組み換えの際にどのようなDNAを使っているのでしょうか?

分かる方教えてください。

Aベストアンサー

そのような場合、cDNAを用いています。cDNAはmRNAを逆転写して作られます。
また、真核生物の遺伝子の中にはイントロンを持たない場合もあります。

Qx(t+1)=A・x(t)^α/(B・x(t)-C)が定常解を持つ条件

x(t+1)=A・x(t)^α/(B・x(t)-C)が定常解を持つ条件について

A,B,Cは、定数になります(x(t)>C/Bとします)。
α<1の定数とします。

このような場合、x(t+1)=x(t)=X
となるような定常解を持つ条件は、どのようになりますでしょうか。
大変困っています。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

これに気付け!
f(k)=Bk^2-Ck-Ak^α=k^α(Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A)について考える。ただし、k>C/Bとする。
f(k)=0ということはk^α=0になるかBk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0になるかいずれかである。
(1)k^α=0のとき、これはC/B<0かつ0<α<1のときでしかk^α=0なるkの存在性は成り立たない。(各自なぜそうなるか確かめよ)
(2)Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0の場合を考える。
ここでg(k)=Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-AとおくとC/B≧0ならばAB>0でなければいけない。逆にC/B<0ならば
g'(k)=k^(-α){B(2-α)k-C}でk=c/B(2-α)のときはg'(k)=0でg(k)は極値を持っている。(本当は
厳密に示さんといけないが、ここでは省略。)
そしてB>0のときg(c/B(2-α))<0でB<0のときg(c/B(2-α))>0
すなわちB×g(c/B(2-α))<0でなくてはいけない。

よって(1)(2)合わせるとC/B≧0かつAB>0・・・・答え の場合と
C/B<0かつB×g(c/B(2-α))<0またはC/B<0かつ0<α<1・・・答え である

これに気付け!
f(k)=Bk^2-Ck-Ak^α=k^α(Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A)について考える。ただし、k>C/Bとする。
f(k)=0ということはk^α=0になるかBk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0になるかいずれかである。
(1)k^α=0のとき、これはC/B<0かつ0<α<1のときでしかk^α=0なるkの存在性は成り立たない。(各自なぜそうなるか確かめよ)
(2)Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-A=0の場合を考える。
ここでg(k)=Bk^(2-α)-Ck^(1-α)-AとおくとC/B≧0ならばAB>0でなければいけない。逆にC/B<0ならば
g'(k)=k^(-α){B(2-α)k-C}でk=c/B(2-α)のときはg'(k)=0でg(k)は極値を...続きを読む

Q【生物学】人間は自分が持っている筋力の50%しか筋力を使ってないそうです。 バッタは自分が持っている

【生物学】人間は自分が持っている筋力の50%しか筋力を使ってないそうです。

バッタは自分が持っている筋力の95%を使うことが出来るそうです。

なんで人間は持ってる能力の半分しか使わずに生きているのでしょう?

Aベストアンサー

100%の力を出すと、骨や関節、腱及び筋肉自体も傷めてしまう。
そうならない様に脳がコントロールしています。

道具を使い、フルパワーを使わなくてもパワーを出せる様に脳が発達して行ったからです。

体が硬くて前屈出来ない人。硬いのは体じゃ有りません。
前屈で骨や筋肉などを傷めない様、脳が別の筋肉に、前屈させない様に引っ張る指令を出しているからです。

トレーニングする事で、指令が緩和されて行き、体が柔らかくなって行きます。

Qa,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1

a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を
満たすs,tが存在するとき、x^2-(a+d)x+(ad-bc)=0
の解は、2つの異なる実数解で-1<x<1に存在することを示せ。

つぎの流れで考えました。
f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)
この(1)(2)(3)を示せればよい。
s(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0これと同値は両辺を足したものと掛けたものがどちらも正であるから、
s(1-a-c)+t(1-b-d)>0・・・(4),-s^2c(1-a)+st{(1-a)(1-d)+bc}-t^2b(1-d)>0・・・(5)
これを満たすs,t が存在するということをどう(4)(5)に反映させるかが分からなく、ここで行き詰まりました。このあとどうすればいいのか、よろしくお願いします。

a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を
満たすs,tが存在するとき、x^2-(a+d)x+(ad-bc)=0
の解は、2つの異なる実数解で-1<x<1に存在することを示せ。

つぎの流れで考えました。
f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)
この(1)(2)(3)を示せればよい。
s(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0これと同値は両辺を足したものと掛けたものが...続きを読む

Aベストアンサー

 質問者さんの方法に沿って考えてみると次のようになります。

>f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
>x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
> 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)

  ここはいただけません。
  この(1)~(3)は「a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を満たすs,tが存在する」ことを使わずに何を証明すれば良いのかを示しているだけですので、「(a+d)/2>0」は使わずに次のようにした方が良いです。
  f(±1)>0 ⇔ 1干(a+d)+ad-bc>0 ⇔ (1干a)(1干d)-bc>0 (複号号順) ・・・(3’)


>この(1)(2)(3)を示せればよい。
  ここまではOKです。


>s(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0これと同値は両辺を足したものと掛けたものがどちらも正であるから、
>s(1-a-c)+t(1-b-d)>0・・・(4),-s^2c(1-a)+st{(1-a)(1-d)+bc}-t^2b(1-d)>0・・・(5)

 ここは次のようにすると良いと思います。
  s(1-a)-tb>0 ・・・(A)
  -sc+t(1-d)>0・・・(B)
 
 とりあえず式(A)(B)を変形して次の関係を得ます。(質問者さんは既に分かっているようですが、次の展開のためにここで言っておきます。)
  s(1-a)>tb ∴0<a<1  ・・・(C)
  t(1-d)>sc ∴0<d<1  ・・・(D)

 式(A)×c+式(B)×(1-a)としても不等式の向きは変わらないので次の関係が成り立ちます。
  t{(1-a)(1-d)-bc}>0
 ∴(1-a)(1-d)-bc>0   ・・・(E)
 また(C)(D)(E)から次の関係も成り立ちます。
  1+(a+d)+ad-bc>0
 ∴(1+a)(1+d)-bc>0  ・・・(F)

 ここまでのことから(C)(D)は条件(1)を示し、(E)(f)は条件(3)を示しているので、後は条件(2)だけを示せば良い。
 ところで条件(2)の右辺は
  (a+d)^2-4(ad-bc)=(a-d)^2+bc>0
と変形できて条件(2)を満足させることが示される。

 従って、以上のことから 与えられた2次方程式の解は2つの異なる実数解で-1<x<1に心材することが示された。



 あとはこのままの証明では行ったり来たりで煩雑になりますので、順番を前後逆にして記述すると良いと思います。

 質問者さんの方法に沿って考えてみると次のようになります。

>f(x)=x^2-(a+d)x+(ad-bc) とおくと、y=f(x)のグラフは、-1<軸<1から、-2<a+d<2・・(1)
>x軸と異なる2点で交わるから、判別式=(a+d)^2-4(ad-bc)>0・・(2)
> 軸=(a+d)/2>0より、f(1)>0よって、1-(a+d)+ad-bc>0・・(3)

  ここはいただけません。
  この(1)~(3)は「a,b,c,d,s,tは正の数でs(1-a)-tb>0,-sc+t(1-d)>0を満たすs,tが存在する」ことを使わずに何を証明すれば良いのかを示しているだけですので、「(a+d)/2>0」は使わずに次...続きを読む

Q人間から人間への遺伝子の水平伝播

輸血、性行為、格闘技(流血戦)などを原因として、人間から人間への遺伝子の水平伝播が起こることはありえますか?

Aベストアンサー

骨髄移植のように、血液になる幹細胞が移植されることで、血液型がかわることはある。

しかし、今のところ、どの細胞にも分化できる万能幹細胞として、ES細胞やiPS細胞を意図的に移植する以外に、そういう遺伝子の伝播は、臓器移植のように免疫系の拒絶反応があるであろうとともに、それは単なる「移植」で「交雑」にはならない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報