こんにちは。
いつもお世話になっております。

私の妻一族は霊など宗教まがいな活動をしています。
お布施などは一族の先導者(義父の妹)が払ってるようなので実生活に影響が出ることはありません。

ただ、何か出来事があるに付けては
「ご先祖様の霊が降りてきたから、このような事件が起こった」
「霊が今年中に交通事故を起こすと言っているので気をつけるように」
「ほら霊の予言通り、事が起きたでしょ?」
など、関連付けて言っています。

私は幽霊のビデオを見るのは好きですが、実際に居るのか
分かりません。(見たことがないので)
科学的には存在せず、脳が捕らえる神経の信号云々という話に発展していくと思います。

しかし、妻一族は絶対に居ると言い張ります。
困った時はご先祖様が助けてくれると言います。
オカルトの世界になってしまうかもしれませんが、
本当に霊やご先祖様のご加護が存在するならば、信仰心が厚い方ほど幸せを約束されるという事じゃないでしょうか??

実際、信仰心が一番厚い義父の妹の息子さんは中学1年の時、イジメを受けてから不登校になり、ずっとニートしてます。

働かない、学校に行かない、行かせる努力もしない、なのにゲームを毎月買い与え、寝てる時とご飯食べる時以外、ゲームしてる感じです。
ゲームを売ったお金は自分の物だと、訳の分からない思考回路の持ち主です。

宗教とか霊を完全に否定している訳ではありません。
ただ実際、霊とか加護とかあるのでしょうか??
答えは出ないとは思いますが、いつもこの事で口論になるので皆さんの意見を聞いてみたい思い、投稿しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんばんは幽霊、死後の世界、心霊写真などに対して有り得ない、信じても別に罪にはならないが何の根拠も無い事、と確信を持っているものです。



しかし困りましたねえ、ご同情申し上げます。
でも実害が無いなら存在の有無は議論しないほうが良いと思いますよ。
これは信じる人にとっては生きがい、人生の一部なのです。家族にニートの子がいると云う事はそれだけで大きなストレスを背負っていると思われ、何かにすがりたいと言う気持ちは当然起こるでしょう。
それを否定されたら、まして理路整然と否定されたらその家族は拠り所が無くなる訳でこれは猛烈な反発を招くと思います。

貴方だってご自分の信じている事や趣味を頭から否定されたりすれば気分を害するでしょう?
それと同じです。
その件に関しては貴方が目覚めさせてあげようなどとは努々思わない事です。
    • good
    • 0

霊や神の実在については、はるか昔からどんな宗教でも(ローマ法王庁でさえ)議論されている部分です。


口論などしても絶対に結論も解決策も出ません。
なぜなら「宗教に頼るひとが求めているのは『安心』だから」です。

何をやってもうまくいかないのはなぜだ、みんな俺が悪いという、世の中は訳がわからない。悩んで疲れ果てたとき、人の脳は理由や原因といった理論思考を停止しようとします。
そこに「人間の利害や感情を超えた存在(神・霊)がある。その言うとおりにすれば幸せになれる。人間なんかが考えてもしょうがないのだ。」というものが現れたらどうでしょう?
しかも世間でのハミ出し者でも何でも全面肯定してくれて、仲間(家族)としてワイワイ楽しく受け入れてくれる。

これは安心します。仲間と居る間はとても幸福でしょう。ハマリます。
目が見えなくなってパニックになった人が杖や盲導犬を得るようなもんです。
その杖をいきなり奪おうとしたら、怒りますよね。

だから「居る、居ない」という、せっかく安心した根本をひっくり返されるような論理を言ってもムダです。
否定されたら、また別のすがれる物を探して安心しようとするだけですから。
心の中でだけでも幸せが欲しい、それが信仰というものが存在してしまう本当の理由です。
度合いはあるにせよ、どんな人でも無意識にお金や自然や、色んなものを「自分なりに信じて」生きています。
ただし「信じられるもの」は習慣や経済状況といった立場によってみんな違います。共通の、絶対のものなど、常に変化していく「この世」には「持ち込めない」のです。

見たところ、相談者さんは霊の存在のことよりも、「それが理解できず奥さんの一家になじめない自分の方が悪いのか」という点で悩んでおられるように見受けられます。
率直に申し上げて、半分取り込まれかかっていますね。

どんなことになっても奥さんと一緒にいたいなら、考えることをやめて一緒にダイブするのもひとつの形です。
でも相談者さん自身が壊れてしまいそうなら、いったん別の道に分かれて冷静になってみるのもいいでしょう。
市政などの窓口に相談すれば、宗教にはまった人たちを助ける民間団体を紹介してくれることもあります。独りで戦わず力を借りましょう。
新興でない、何百年も伝統と大きな組織をもったお寺などに相談して、まずはそちらへひっぱってもらうのも有効です。
    • good
    • 0

この問題は、見たことがあるかないかが分かれ目のUFOとおなじことで、神秘体験をしたか、していないかの違いだと思います。

超常現象を否定する大槻教授を疑問に思うのは、霊魂のことにしても、科学的に霊魂らしきものを出現させたからといって、霊魂の非存在を証明したことにはならないのに、したかのように思っているからです。「霊魂らしきものを科学的にも出現させた」ことを証明してみせたにすぎないのですから。

一度きりですが、神秘体験をしています。京都の洛西に空也滝という大滝があって、白装束の行者が注連縄をくぐって水煙立ちこめるなかを滝へとあるくその足もとを落下したばかりの水が勢いよく洗っているといったふうの滝ですが、年配の行者ふたりに導かれて、わたしも滝に打たれたのでした。十七歳の悩み。そういうことをしてみたくなったのです。滝ちかくの家に四五日泊まりこみましたが、神秘体験は一日めの夜のことでした。

三枚敷き並べたその端のふとんで寝込んでいる私の足首が、いきなり、ものすごい力でおさえつけられたのです。金剛力とはああいう力をさすのでしょう。おさえつけているものの感じは、とても人間の手ではない。筋肉の存在を感じさせず、骨か鉄のような硬質のもの。それが力まかせに両足首をおさえつけたのです。息がとまり、上体がふとんから剥がれるように、のけぞりました。

驚くのはまだ早い、とでもいうように、つぎに、正体不明の手は、ものすごい迅速さで足を駆けあがってきました。それが人間技と思えぬのは、足首をおさえつけた力をすこしもなくさないままの迅速さだったことです。もしその手に鋭利な刃物がついてたら、いくつもの輪切りにされていたことでしょう。太股をかけ抜けた手はさっと消えました。

我にかえって、すばやく視線をはしらせました。行者のいたずらかと思ったのです。離れて敷かれたふとんはいずれも静かな盛りあがりを見せていました。朝になってその話をすると、「新米やから、驚かせてやれ、と狸でもでてきたのやろう」と笑っていました。

こんな体験をしたら、変わるのか変わらないのか。テレビで大槻教授の顔を見るたびに思います。
    • good
    • 0

個人的な意見として。


霊界は存在しません。
神も仏も霊も人が作り出したものです。

「ご先祖様が~」「悪霊の祟り~」というのは、なにかあったとき責任転嫁したいだけです。
霊界と言う自分では手の届かないところからの影響ではどうしようもない・・・ということですね。

友人に某宗教の熱心な信者がいますが、何かあったときでも「神の罰だ」「信仰が足りないからだ」とはいいません。
「神様はいつでも見ている。それに恥ずかしくない生き方をするのだ」と言っています。
これが正解ではないかとおもいます。

「神仏は敬えど頼らず」
宮本武蔵の言葉です。
    • good
    • 0

皆さんが既に論じている様に、霊がいるかいないかはその方の気の持ちようだと思います。


ただ、私自身は霊の存在を信じている部分もあるし、(母が去年なくなったのですが)
その母に困った時には助けてくれるようお願いしていたりもします。実際幽霊を見たり、霊体験をしたことはないんですけどね・・・。

私が質問者さんのご家族に対して思うことは、なんでもかんでも霊のせいにしたり霊のおかげにしたり、「霊」を実生活に反映させすぎているということです。
信心ってもっと自分の中だけのもので、後は自分の努力で人生を切り開いていかなければいけないし、
そういう気持ちを持たなければいけないと思うのですが、ご家族の方は全て霊頼みですよね?
この世界を動かしているのは生きている人間です。
霊は(他の方も書いていましたがほんの少しそれを助けてくれる存在だと思います。
人によってそれをラッキーな偶然だと捉えたり、先祖霊や神様の手助けだと捉えたりするだけの違いだと思います。

ただ、宗教の問題は難しいですね。例え相手が「カルト」ではなく、普通の宗教の信者だとしても、宗派の違う人同士は宗教について話し合わない方がいいと思います。
私と友人も、仏教徒とキリスト教徒なので宗教についての考え方が違い、宗教の話をするといつも口論になります。
質問者さんも特に実生活に害(お布施を要求されるとか、道場に行くよう 強制される等)がないようだったら口を挟まずに静観しているのがいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

霊が存在するかどうかはわかりません。



先祖を敬うことは大事です。

ただ奥様一族の信仰している宗教がカルトなのか

調べて勉強したほうがいいと思います。

カルトの場合、信仰心が厚いほど不幸になっています。

相手を知ったうえで議論されたらいいかと思います。
    • good
    • 0

霊は見たことがないのですが、もしかしたらいるのかなと思ってます。

特に根拠はないですが。
でも霊が加護してくれるとか、悪いことをするとは思っていません。あくまでも何か行動を起こすのは人間だと思っています。

宗教に関しては、本当に神や仏がいるとは思っていません。いたら殺人やテロなんておきないと思います。

が、霊や宗教を信じることで自分の言動がより良いものになるのなら信仰することはかまわないと思います。
しかし、心のよりどころにしている人たちを金儲けの道具にしかみない悪徳霊媒師や宗教家がいる限り、私は心から信じることはないと思います。

また何かことがあると「霊の仕業だ」とか「罰が当たった」と悪いことばかりいう人は特に信じられません。
「お布施」だの「ご利益」だの言ってはお金を集めるような宗教も信じられません。
    • good
    • 0

霊が存在するかどうかは私には判りません。


ただまともな宗教であれば自助努力というものを要求されます。
例えば試験でも99%は普段の勉強の成果ですが、残りの1%の部分で霊的な見えない手があると思います。
前夜勉強したところが出たとか、判らないから感でレ点を入れたら当たったとか。
こうした結果は日々の行い、例えば町内の世話役を引き受けて人脈を広げるとか常に新しいものに興味を持って知識を広げるという努力によってもたらされる物で、あなたの奥さんの一族は1%の努力と99%の天運で結果を得ようとしてるように思えます。
>信仰心が一番厚い義父の妹の息子さん
 この方などこの典型ですね。
霊は敬うものですが、自分たちと同じ世界に引き入れてはいけないものです。
ただ私の友人にもいますが、宗教だけはなかなか説得することは難しく、周囲が道理を説いても納得しません。
私の友人も宗教が原因で貧しく結婚も出来ず、父親は病気が手遅れになって亡くなり、何のための宗教なのかと思うのですが、「自分の人生そのもの」とまで言うので、他人が入ることが出来ません。
    • good
    • 0

霊の存在を信じる信じないは個人の感性、それを信仰するしないは個人の自由であると思います。


でも、信仰にかこつけて、自分で判断しない、出来ない人がいる事には疑問を感じます。
神様にお伺いを立てなければ何も出来ない、何か良い事があっても神様のおかげ。
その人たちの中では自主性だとか判断力だとか個人の努力でさえ否定される事があります

甥がこの春高校に進学しましたが、本人の努力にもかかわらず、甥に向かって「神様にお願いしておいたからお礼をしておくように」と言い放った親戚がおり、本人は後で泣いておりました。

私は熱心とは言い難いですが信仰心は持ち合わせております、しかし、神様、仏様は心の拠り所であって、頼って生きて行くものではないと考えます。
    • good
    • 0

日本人として先祖を敬う事が大切です。

現在の日本はご先祖を敬う考え方が無いので、飛んでも無い犯罪が起き、自己中心的な考えで日本自体が解体しかねない状態です。もちろん家庭内も同様で先祖様を敬わない親を見て子供が育つのでその子供は親を大事にしません。結局年を取り子供に相手にされなくなり、やっかい物扱いされます。ですのでご先祖様を大事にする事が将来年を取った時に自分に返ります。そこでご先祖様を敬う事は仏壇をきれいにしお線香を上がることです。だからご先祖様はいるのです、自分自身の中に。
仏壇を大事に=先祖を敬うです。先祖を軽視する=将来家族に軽視されるです。ここをよく考えてうまく良いことを受け継ぎ、受け継がせなくてはいけません。行き過ぎた所があるように見えますが、そこはあなたの器でうまく子供に受け継がせて下さい。そうすることが結局は日本を変え救います。この事をしなかったために今の日本は駄目になったのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滝のある紅葉の名所

東京から日帰りできる範囲で、滝のある紅葉の名所を探しています。

滝と紅葉の組み合わせは絶景だと思うのですが、祖母と犬も一緒に連れて行きたいと思っています。
ですので、滝のそばに駐車場があり、そこから滝まで歩いて行けて、その道が安全や滝のそばが安全な所を探しています。

今、候補に挙げているのは、「軽井沢の白糸の滝」と「竜頭の滝」ですが、このふたつは上記の条件に当てはまりますか?

また、他にどこかお薦めの滝があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

竜頭の滝も綺麗ですが、自分は湯の滝が好きですね
駐車場が有料ですが、観爆台までは階段は無いですが、観爆台に10段ほどの階段が
有ります
歩いて駐車場からは1分程です
但し、竜頭の滝より奥の方になりますが...
参考URLで湯の滝を見て下さい

参考URL:http://kouyou.4-seasons.jp/

Qご先祖(お墓、ご仏壇)の供養について。

ご先祖(お墓、ご仏壇)の供養について。
主人の祖母には、子供が長男、次男、長女、三男の4人います。
そのうちの三男が主人の父に当たります。ちなみに長男、次男にあたる伯父には子供が双方おりません。そして主人も一人っ子です。

今ご先祖のお墓は祖母がみていますが、自分が亡くなったら
「もうお前しかお墓を守る者はいない」と主人に言ってきます。
そしてお墓も近いうちに祖母や義父母・叔父達の住む都内から私達の住む近郊都市へ移す計画もあります。
ご仏壇を移動するのはいろいろ大変なことがあるので、新しいご仏壇を買ってあげると言われました。

私はどうしても府に落ちないのですが、どうして叔父夫婦や
義父母を飛び越して私達に順番がくるんでしょうか。
義父・叔父達みんな体の具合が悪いなどということはなく、元気に働いています。

私達は共働きで、幼い子供達が3人もいるので、まだまだご先祖の供養を十分にできる程の時間の余裕がありません。

そういうことを義父母には何度も言ったのですが「おばあちゃんの意向だから!年寄りのわがままをかなえてやって!死んだらわからないんだから毎朝一番にお供えしたりお水をやったりする必要ないんだから。(時間の余裕のある時に変えればいい)」と言われ、それ以上こちらの事情を汲み取ってはくれません。
そんな「死んだらわからない」と言われ「はい、そうですか」と言える程いい加減になれません。お預かりしたらちゃんとお世話しないといけないという気持ちになると思います。
でも今はほんとに時間の余裕がないんです(泣)


そういう不満を持ちつつ義祖母や義父母達に流されていきそうなのですが…
ご先祖のお墓を守るのに順番などというものはないのですか?
私は、叔父や義父の次が主人ではないのかと思っているのですが。

ご先祖(お墓、ご仏壇)の供養について。
主人の祖母には、子供が長男、次男、長女、三男の4人います。
そのうちの三男が主人の父に当たります。ちなみに長男、次男にあたる伯父には子供が双方おりません。そして主人も一人っ子です。

今ご先祖のお墓は祖母がみていますが、自分が亡くなったら
「もうお前しかお墓を守る者はいない」と主人に言ってきます。
そしてお墓も近いうちに祖母や義父母・叔父達の住む都内から私達の住む近郊都市へ移す計画もあります。
ご仏壇を移動するのはいろいろ大変なこと...続きを読む

Aベストアンサー

徳川家光の騒動により長子が家督を継ぐという風習が成立しました。これは跡目争いを避けるためです。
古今東西を問わず、このような争いは続けられてきました。基本的には長子相続ですが、実務上では長子が家督を受け継がねばならないなどという決まりはなく、資質がなければ廃嫡されるだけです。つまり家長の義務として尤もふさわしい者を後継者にしてきたのです。だから跡目争いがあったわけですから。一般の家でも「勘当」といって相続権を奪われました。
しかし、戦後自民党政権下では国民の財産の搾取という観点から勘当を廃止し、財産を均一に配分する事で「財産の吐き出させ」を推進してきたのです。

他の兄弟には子供という跡目を継ぐ資質に欠けているのだから現在の家長であるお祖母様がご主人の家系に後を継がせようとするのは理に適っています。
しかしながら御義父母が健在でありながら仏壇を孫である貴女がたの家に移すことには一分の理もありません。顕在である子を通り越して孫に世話をさせるのでは、子としての義務も親としての責務も両方放棄したことになります。後を守るのは仕方ないにしても、余りにも理不尽です。
しかも墓まで遷すとは、その後、お祖母様やお義父母様達は盆暮や彼岸に出てこれるのでしょうかね。
要するに面倒だから適当に押し付けているだけでしょう。他の兄弟も厄介払いしただけだと思います。
もし位牌を守るという大役であれば、菩提寺も今の寺と同等の場所を探したり、仏壇も簡単には取り替えられないことを知っているはずですから。

このような場合、通常は次のとおりにします。
まず、仏壇を設えるのは構いません。しかしそこには本尊のみを入れて位牌は入れません。
仏壇は本来先祖を祀るものではなく本尊を祀るためのものです。だから位牌はそのまま実家で祀り、実家の家族が居なくなった時点で孫の仏壇に遷します。
ただ、本尊も入れないのは邪が入ると言って忌み嫌われます。我が家もこの方法を取りました。
我が家では親が引越ししてきたので、こちらの仏壇は本尊の抜いてもらい、処分しました。

もう一つの方法は影祀りという方法です。これも上記と同じですが位牌も御分霊を祀ります。
しかしこれはあくまでも影で、供えるものも影膳と言ってあくまでも本宅の位牌に手を合わせられないから仮に祀っているだけです。受け継いだ際に供養して処分します。

もう一つはスペースだけ用意しておく方法。本来は本家の仏壇を移動するスペースを確保します。

また、当然家系を一手に守るのですから、それなりの遺産の分配、或いは管理料の支払いも遺書や文書で記録すべきです。今の世の中こういったきちんとした文書を整える責務を嫌ったが為に起きている揉め事が山ほどありますから、結局お祖母様が亡くなった時には負担だけが残ることになるのは目に見えています。
家督を子や孫に譲るには、まず自らが一を十に考えて責務を全うしなければなりません。
まことに失礼ながら、義父母様やお祖母様たちの言動にはそのような部分が全く見えません。

徳川家光の騒動により長子が家督を継ぐという風習が成立しました。これは跡目争いを避けるためです。
古今東西を問わず、このような争いは続けられてきました。基本的には長子相続ですが、実務上では長子が家督を受け継がねばならないなどという決まりはなく、資質がなければ廃嫡されるだけです。つまり家長の義務として尤もふさわしい者を後継者にしてきたのです。だから跡目争いがあったわけですから。一般の家でも「勘当」といって相続権を奪われました。
しかし、戦後自民党政権下では国民の財産の搾取という...続きを読む

Q滝の名所を教えてください!!

皆さんが知っているすばらしい滝、すごい滝、感動した滝、めずらしい滝などを教えてください!!

今度、旅行に行こうと思っているので参考にさせていただきます!!

Aベストアンサー

まず白糸の滝(長野県軽井沢)拭き割の滝(群馬県)
那智の滝(那智勝浦)この3つはものすごくいいですよ。。

Q先祖の霊璽をひとつにまとめたい

引越しすることになり、小さめの祖霊舎に買い替えたいのですが、現在ある霊璽が全部収まらないことがわかりました。
先祖の霊璽はひとつにまとめることができる、と何処で聞いたことがあるのですが実際にされたことがある方はいらっしゃいますか。
まとめ方、依頼先、費用などの情報をお持ちの方、ご提供をお願いいたします。

Aベストアンサー

繰り出しの霊璽なら場所もとらず良いのではないでしょうか。
http://ise-miyachu.net/SHOP/266171/266178/list.html

あとは、お住まいの近所にある神社にご相談されるのが一番だと思いますよ。

Q五所川原市の滝?(横に流れる)

仕事で東京の方を青森へ案内することになったのですが、五所川原市の滝を見たいとのことです。
どういった滝かというと、横向きの滝とのこと。しかし、滝名がわからずどこのことなのかわかりません。
五所川原市で横向きの滝といったらどこの滝なのでしょうか?
そういった滝は五所川原市にあるのでしょうか?
検索して探したものの情報量が足りず限定できません。
漠然とした質問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

yapoo様 

申し訳ありませんでした。前言取り消させていただきます。

「七ツ滝」と名の付いた滝は全国いたるところにあります。

確かに調べてみるとナダラカな滝だという印象をうけます。ご推薦のほうが正解と考えます。


LINERS様

多分、東京の方の記憶が違っていたのではと考えます。五所川原(どちらかと言えば内陸?)より可也北(四十キロ?)の北津軽郡小泊村です。日本海に面しています。

Q先祖の墓参り、神社への参拝、守護霊への感謝について(2)

御先祖様のお墓参り、産土神社への参拝、守護霊への感謝などを怠ると運気が落ちるなどと言われています。信仰する宗教などによっても違うと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。私は、御先祖様のお墓参りは実家に帰省したときにしか行えません。1年に1回できるかどうかです。また、産土神社に関しましても1年に1度参拝できるかどうかです。守護霊への感謝に関しては、存在そのものがわからないので行っていません。どれかひとつでも定期的に行っていて、その効果を実感なさっている方がいらっしゃいましたら御回答ください。宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

「怠ると運気が落ちる」というのは、お参りを欠かさせないための宗教的な諌めだと思います。宗教的な行動は、1回ぐらい怠ったからと言って、罰を受けるものではないと考えます。
大切なのは、そのような罰やご利益を超えて、信仰できる心を持つことだと思います。

大事なことは、御先祖様のお墓参り、産土神社への参拝、守護霊への感謝などをおろそかにしない、その心だと思います。
それをお持ちのあなたは、年に1回できるかどうかのお参りであっても、その心は祈る対象に通じると思います。

ちなみに、私は自分の家の墓が遠方にあり、家内と役割分担で、年に1回のお参りがやっとですが、意識の上では、墓参りをおろそかにしたことはありません。
なお、我が家に不幸が訪れたことはなく、逆に特別に良い出来事が起きたこともありません。
そのような罰やご利益を超えて、お参りする心を持つことが大切なのだと思います。

Q竜頭の滝について

奥日光に「竜頭の滝」という美しい滝があります。
この滝を正面から見るためには、滝の前にある「竜頭の茶屋」というおみやげ物屋さんの店の奥まで入っていく必要があります。
特にお土産を買ったり飲食したりしなくても入れるのですが、日光国立公園の中の滝が、どうしてこんなふうに(この店の持ち物のように)なっているのか、いつも不思議に思います。
他の滝は、華厳滝にしろ、湯滝にしろ、公共の駐車場があって、展望台があって・・・というようになっていますよね?

竜頭の滝、なぜこのように見物することになったのか、経緯をご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

竜頭の滝の経緯については存じ上げませんが、
http://www.nikko-ryuzu.jp/ryuzunochaya/
こんな感じの滝は日本中にちらほらとあります。

単に滝の手前がその店の所有者だったとか、
商売でいつの間にやら占有したとか、
いろいろ理由はあると思います。

例えば、日本の山小屋なんかの成り立ちは
それに近いものがあり、未だに税金面等でもめています。

最近、出会ったのは袋田の滝に程近い、
月待ちの滝というところで、ほぼそのあたりを占拠するように
土地を持っているようです。
http://qga02666.web.infoseek.co.jp/momijien.htm

Q御先祖様のお墓参り、産土神社への参拝、守護霊への感謝について

御先祖様のお墓参り、産土神社への参拝、守護霊への感謝などを怠ると運気が落ちるなどと言われています。信仰する宗教などによっても違うと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。私は、御先祖様のお墓参りは実家に帰省したときにしか行えません。1年に1回できるかどうかです。また、産土神社に関しましても1年に1度参拝できるかどうかです。守護霊への感謝に関しては、存在そのものがわからないので行っていません。どれかひとつでも定期的に行っていて、その効果を実感なさっている方がいらっしゃいましたら御回答ください。宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして
宗教に対する信仰心を持つ事は個人の自由ですから、新年を迎えた事ですし
google2007さんが宗教を考えるいい機会になれば幸いです。

ただ、私がいつも思う事は、神社仏閣または神という存在に対して、ただ
「恐れている」だけのような気がしてなりません。各宗教の神に対して、
信者は「畏れる(おそれる)」といいます。つまり畏敬の念、簡単に言うと尊敬です。

ただ「恐れるだけの」存在であれば、ヤクザと付き合ってる様なものです。

それから、運気が落ちるというのも神に対して「対価を要求する」ような
ものです。信仰心を持つ事に対してあまりいい心ではなく、むしろ、対価
があろうとなかろうと、心を変えない事がgoogle2007さんの神に対する
接し方のような気がします。

もちろん、ご先祖様を大事にされるお気持ちは大切なものですし、お持ち
になられた方が良いかと思います。

google2007さんが、それでも運気にこだわるようであれば、それもまた
自由だと思います。それも人の姿ですから。

Q泳げる滝つぼを教えて下さい!

泳げる滝つぼを教えて下さい!
温泉でも可です。
滝つぼの(滝、ではなく)HPも知っていたら
教えて下さい。
泳げなくてもおすすめの滝つぼがあったら
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

tutomu333さんにぴったりの温泉があります。
秋田県の川原毛温泉です。ここはなにしろ大自然の中の滝がそのまま温泉なのですよ。ただ、泳ぐと言うほど滝壺は大きくないようですが・・

以下は余談です。
それからですねぇ、単に滝壺で泳ぎたいというなら、ちょっとした沢に入ればいくらでも泳げますよ。ただし、安全は保証しませんし、手軽に行けるわけではないですよ。

多分tutomu333さんは沢登りの経験なんてないのでしょうね。沢登りで滝を登っているとき、ちょいと間違えるといやでも泳がされます。ま、下手すりゃ死にますが。(笑)

参考URL:http://www.people.or.jp/~kos/onsen/akita/kawarage/kawarage.html

Q家系図作成で判明した「200年前のご先祖様」より昔の人が知りたい!

家系図作成で判明した「200年前のご先祖様」より昔の人が知りたい!
家系図作成のため可能な限りの原戸籍を取り寄せたところ、6代前(自分を含めて)の1811年生まれのご先祖様とその両親(生年月日は不明)まで記載されていましたが、素人が独力でそれ以前を調べることは、出来ないでしょうか? 祖父母が出身地を離れて既に80年以上が経過していて、菩提寺も不明なので、宗門人別改帳?にたどり着くのも難しいと思います。両親・祖父母も既に故人で親戚も付き合いがありません。平家の落人の末裔??という眉唾の噂も小耳に挟みました(汗)。アドバイスをお願いします。カテゴリーが間違っていたら、申し訳ありません。

Aベストアンサー

200年以上前の日本というのは一般の人は苗字も持たない人が多かった時代で
※ 苗字が全員に付いたのは明治から。
ほとんどの人は名前や屋号、あだなで呼び合う程度だったので
名のある武将や地位のある人以外はなかなか難しい問題になります。

今の役所の戸籍を辿る方法では、この明治ぐらいからの記録が限界になり、
それ以前の記録となると、先祖代々のお墓を管理するお寺で
昔の戸籍に該当する台帳のようなものが残されていることもあるので
そういうものを辿って行くしか方法としてはありません。
現段階で先祖代々の墓が不明なのであれば
そういうルートでの検索も難しいと思います。
先祖の墓が解っても台帳が残っているかは不明なので
運に任せるというほどの確立ではありますが、
先祖を辿りたいのであれば、まずは先祖のお墓探しから・・だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報