電源のアンペア数をクランプメーターという計測器で測れる事はわかったのですが、ブレイカー側からではなくコンセントの方からそのコンセントに現在、どのくらいの電流を利用していてとか1つの配線の20Aの内、どのくらいあと容量が残っているかなど判断できる方法や計測の仕方をしっているから教えてください。ちなみに家庭用とかではなく職場のたくさんある
ブレイカーの中で、そのブレイカーがどのコンセント に配線されているか床を這わして調査するのが
大変なので、なんとか簡単にできないかという事で相談させてもらいました。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

● 電流を測定するには 1線にクランプメーターを挿入する必要が有ります。



● 職場のコンセントには1線が分かれておらず測定出来ません

● 従って測定用のコンセントを作る必要があり、1m程度の短い線のコンセントを使い、2線密着した線を中心よりカッターで綺麗に2線に分けます。

● 昼休みの時間を利用して、測定用コンセントを中継する配線に変更し、測定します。

● 沢山コンセントがあると大変ですね、測定用コンセントを数個作りましょう

● どれがブレーカーと繋がれているかは ブレーカーを順番に落とし、どこが停電するかを見るか、逆にブレーカーを入れた場合にどれが通電するかを、見る以外に有りません。

まとめ 簡単に出来る方法はなく、測定用コンセントで中継し、クランプメーターを使用する以外は無いでしょう。
    • good
    • 0

>コンセントの方からそのコンセントに現在、どのくらいの電流を利用しているか知りたい。



●通常はコンセントに接続されている機器の使用電力から概算算定すればいいと思います。
どうしても測定したいのなら、テーブルタップのようなものをコンセントと使用機器の間に挿入して、2線を分離させてそのうちの1線にクランプをかければ測定できます。

>1つの配線の20Aの内、どのくらいあと容量が残っているか

●1つの配線から複数のコンセントに分かれている場合のことをおっしゃっているのだと思いますが、個々のコンセントの力率や不等率を考えれば、ブレーカ側で合成電流を計るのが正しいやり方だと思います。

>ブレイカーの中で、そのブレーカがどのコンセントに配線されているか床を這わして調査するのが大変。

●それぞれのコンセントに電気スタンドのようなものを繋いで、ブレーカを切ったときに消灯するかどうかを見ればいいと思いますし、それが一番確実です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンセントの電圧が低下したときの対策

最近、自宅の自作PCのなかで一台の調子が良くなく、再起動を繰り返したりするので原因を調べていたところ、電圧が低いのでは?と思いまして質問しました。

私も組み立てPC歴が短いわけではないので、いろいろと調べた結果、原因はPC自体にはないと思ってはいます。

あいにく安価なアナログテスタしか持っていないのですが、家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~91Vほどでした。
もちろん部屋や時間帯によって若干変化するのですが、シロウト目にも80V台は低すぎるのではないでしょうか。

ステップアップトランスなどを買うことも考えましたが、それよりも先に電力会社に連絡しようと思いまして、その時こういう場合、工事などで料金がかかったりするのでしょうか。

ここ2年くらいで近くの空き地が宅地開発のため、周囲にかなりたくさんの家が建ちました。
その影響なのか、私の家の配線が古いのかわからないので、何かしらアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

家は木造、築25年、東京都内在住です。
詳しい方からのご返答お待ちしております。

Aベストアンサー

このサイトで電気に関する相談や質問には、必ず「電力会社によって違いますが・・・」という枕詞を付けて回答しているのですが、本件は違います。
『電気事業法』をはじめとする諸規則によって、所定の電圧を維持することが義務づけられています。
これは全国共通で、責任分界点での話です。「責任分界点」とは、引き込み線が建物に取り付いたところをいいます。
それより屋内側は、お客様の設備であり、お客様の費用と責任で電圧を維持しなければなりません。

>家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~91Vほどでした…

前述のとおり、電力会社から来る電気が 90Vしかないということは、事故や災害などのとき以外は考えられません。
一般の方が責任分界点の電圧を測ることは無理ですが、分電盤ではどうでしょうか。
いちばん大きなブレーカの下側の端子に、テスターを充ててみてください。
100V または 200Vありませんか。あまり正確でないテスターなら、95V、190Vぐらいでもよしとしましょう。
もし、ここでも 90V、180Vなどというなら、電力会社に電話してください。

>2年くらいで近くの空き地が宅地開発のため、周囲にかなりたくさんの…

これは、電力会社がそれなりに設備を増強していますので、関係ないと思われます。

>私の家の配線が古いのかわからないので…

責任分界点から分電盤までの間の電線はお客様のものですが、電線が古くて電圧が落ちるなどということはありません。
この間には、引込線との接続部ならびにメーターとリミッタがあります。これらの接続点が経年劣化でゆるむと、電圧が落ちる可能性はあります。
リミッタまでの間に原因があれば、電力会社で直してくれるでしょう。
分電盤内でも、リミッタよりあとのブレーカで接触不良を起こしていたら、それはお客様の費用で直すことになります。

それよりももっと大きな原因が考えられます。
コンセント数が少ないので、テーブルタップや延長コードをいくつも使ったたこ足配線をしていませんか。
たこのつま先にあるコンセントでは、90Vぐらいまで落ちても不思議ではありません。

このサイトで電気に関する相談や質問には、必ず「電力会社によって違いますが・・・」という枕詞を付けて回答しているのですが、本件は違います。
『電気事業法』をはじめとする諸規則によって、所定の電圧を維持することが義務づけられています。
これは全国共通で、責任分界点での話です。「責任分界点」とは、引き込み線が建物に取り付いたところをいいます。
それより屋内側は、お客様の設備であり、お客様の費用と責任で電圧を維持しなければなりません。

>家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報