「教えて!ピックアップ」リリース!

ウクライナのNATO加盟阻止が侵攻の大義名分だったんだろ?元から嘘だとは思っていたがとうとう白状したな。

「ウクライナのNATO加盟阻止が侵攻の大義」の質問画像

A 回答 (7件)

「お前の物は俺の物、俺の物は俺の物」、「言うことを聞かないと殴るぞ」、「だまれ、出来杉、余計な口出しをするな」、「俺のリサイタルをやるから、絶対に聞きに来いよな、絶対にだぞ、これがチケット、1枚千円だ」



これがロシアの本質です。

大負けさせて、自虐視観を植えつける教育を施さないと、癌はどんどん拡大しますし、それを横目に見ている新しい癌も増殖します。
    • good
    • 1

もちろん、ウクライナのNATO加盟の動きもロシアのウクライナ侵攻の大きな理由だ。

 米は、ウクライナをNATOに引き込むために20年以上前から工作を仕掛けてきた。 2004年のオレンジ革命も2014年のマイダン革命もCIAが裏で仕組んでいたのは公然の秘密だ。 マイダン革命で新露派のヤヌーコヴィチ大統領が追放されるに至って、ついにロシアの堪忍袋の緒が切れて、ウクライナ東部とクリミヤに侵攻するに至った。 その後米は特殊部隊のシールズを、英は特殊部隊のSASをウクライナに送り込み、ウクライナ軍の訓練や指導に当たってきた。 今でも100人単位のシールズ隊員やSAS隊員がウクライナ国内で活動していると言われている。 ウクライナへ進行開始直後にロシアがキーフ侵攻を断念したのは、キーフ侵攻部隊の先頭に立っていたロシアの特殊部隊スペツナズのメンバーが米英の特殊部隊に全滅させられたからと言われている。 いずれにせよ、ロシアはこのまま停戦しても、膨大な数の武器と兵士と国際的な信用を失っただけになるゆえ、絶対にこの戦争を止めるわけにはいかないだろう。 

一方ウクライナは米国の「レンドリース法」(武器貸与法)成立以来、早期の実行をアメリカに求めていたが、ようやく2022年10月にも正式に動き出す見通しだ。 これにより、アメリカとウクライナが事実上の「連合国」的関係になる。 同法は第二次大戦中、ドイツと戦った旧ソ連にも適用されたが、今回はロシアとの戦争で適用されることなるとは歴史の皮肉だ。 英国同様、米国にもウクライナ支援疲れの片りんも見えない。 2022年10月にはアメリカ国防総省内にウクライナへの武器供与と輸送に関する本部が設置される予定という。 これまでは航空機で武器を運んでいたが、大幅に輸送量が増えるため、船舶輸送が主力になるという。 これに伴ってアメリカ製の高性能兵器の供与が大幅に増える見通しだ。 F16 などアメリカ製戦闘機の供与が初めて始まる可能性もあるという。 すでにアメリカではウクライナ兵士約1万人がアメリカ製兵器の操作の訓練を受けており、ウクライナ軍の装備面でのNATO(北大西洋条約機構)化が事実上進むことになる。

一方、ロシアは上述の通り停戦に持ち込むことはできないが、消耗し続ける武器を支援してくれるお友達もいない。 ロシアが主催する意味のない国際会議や軍事演習に仕方がなくお付き合いするうわべだけのお友達が何カ国かいるだけだ。 いよいよ、ロシアの敗戦の足音が聞こえてきた。
    • good
    • 0

戦争や侵攻には大義名分は必要です



クリミア半島を奪う前から紛争は始まっています
その後ろ盾がアメリカでありNATOなのですから
ロシアの侵攻は必然です

まず国境近辺で小競り合いが起き
少しづつ犠牲者が出て、ある時多数の死者がです
そこで両国の政府が軍事的な動きをします
それが戦争です

それを嘘と言ってしまうのは間違いだと思います
    • good
    • 0

ウソではないでしょう。



ここまでロシアの犠牲を大きくしたんだから
その程度では収まらない
という意味だと思います。
    • good
    • 0

メドベージェフの発言はいつもの脅し口調なだけ。


ウクライナがNATO加盟の断念しても、紛争が終わる訳は無いのは、そこそこリテラシーがあれば誰でもわかる。

因みに、その26日の前の25日、メドベージェフはこう言っている

ロシアの元大統領、キエフで軍事政権を構想

クーデターは、文民政府がロシアの和平条件を受け入れるための唯一の選択肢である、とドミトリー・メドベージェフは述べた

元ロシア大統領のドミトリー・メドベージェフは、文民政府が拒否していること、つまりロシアとの和平交渉を行うために、ウクライナ軍がキエフでクーデターを起こす可能性があると予測している。

https://www.rt.com/russia/561532-medvedev-milita …

尚、ロシア侵攻の目的は主に以下の2点

ウクライナの非軍事化と非ナチス化
ドンバスなどの解放

プーチン氏はなぜウクライナに侵攻したのか、何を求めているのか
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analys …

なので、ウクライナがNATO加盟断念しても、紛争は終わる訳が無いし、ウクライナのプロパガンダは原発テロ含め、炎上レベルでいくとこまでいってるけど、どこでそんなへんちくりんな情報が脳内にインプットされたのか理解に苦しむ。

因みに、ゼレンスキーは早い段階でNATO加盟の断念は表明していて、現在もロシアと紛争を継続している理由とも、つじつまが合わない。
    • good
    • 4

元から嘘だと『思っていた』


というところが不思議ですね
最初からほぼ全てが嘘の塊でした
誰が聞いてもそう
思っていたとか、そういうレベルでは全くないと感じますが如何でしょう
質問者さんは信じ込みやすいタイプ?
それとも騙されやすい?
    • good
    • 1

ロシアの肩を持つつもりは毛頭ありませんが、、、



メドベージェフ氏はこのインタビューで「(ウクライナが)NATOへの参加を断念することは今や不可欠だが、平和を確立するには既に不十分だ」と発言。ロシアは目標が達成されるまで軍事行動を続けるだろうと述べた。

というのが、実際の発言内容ですね。
「既に」と言っているので、当初とは状況が変わってしまったと言っています。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング