福岡の某銀行は宝くじ付定期預金を募集していました。  今、そんなことをやっている銀行があるでしょうか? 特定の企業を利するこのサイトの規律違反になりそうな質問なので、具体的にではなくて、HPでもご紹介して頂けると助かりますが、・・・もし、その銀行の所在地が遠い場合は・・・その時はその銀行に預金方法を直接問い合わせします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結構多くの銀行が今もされてるのではないでしょうか?


むしろ、聞くまでもなく、グーグルなどで調べればすぐ出てくることだと思うのですが?

参考URL:http://www.google.com/search?num=50&lr=lang_ja&i …宝くじ付き定期預金
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます 知らないこととは言いながら、本当に聞くまでもないことでした。

お礼日時:2005/04/05 09:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台湾系の東京スター銀行に定期預金してたら日本のマイナス金利の定期預金金利の影響は受けませんか?台

台湾系の東京スター銀行に定期預金してたら日本のマイナス金利の定期預金金利の影響は受けませんか?

台湾系の東京スター銀行でも影響は出ますか?

「3メガ銀、大口預金の金利上乗せ縮小へ マイナス金利で」というニュース記事を見てふと思いました。

外資系の銀行に定期預金していたら、今回の国内銀行のマイナス金利による金利減額の影響は無かったということでしょうか。

中国銀行に日本人が定期預金することとか可能なのでしょうか。

今なら台湾系の東京スター銀行に定期預金するのが1番正しい選択ですかね。

国内に実店舗もあるので潰れても1000万円の保証が付く上に、マイナス金利の影響を受けない。

Aベストアンサー

東京スター銀行は台湾の銀行に買収されたとはいえ、日本で登記された日本の邦人です。 よって当然他の邦銀と同じように日銀の金利政策の影響を受けます。
中国銀行(Bank of China)の日本支店、中国銀行(岡山に本店のある銀行)いずれでも日本人が定期預金の口座を開設することは可能です。

Q日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律

日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律によって準備金として日銀の当座口座に預金が義務付けられてると思います。

量的緩和や金融引き締めを日銀が行う際、この当座預金口座の金額を増減するよう銀行に命令するものですよね?

たとえば量的緩和を行う際、口座預金金額を増やし流通する資金の量を増やすものですよね。
ここで疑問があります、間違っていたらご指摘いただけないでしょうか。

都市銀行、地銀は口座に預ける最低当座預金金額が法律によって決められてるんですよね?
それは義務である最低預金金額を下回らせず常に口座を預金で満たしておくということでしょうか?
そうであるならば、口座に資金が眠ってしまうわけで、流通する資金がどう増えるのかと疑問を持ちました。

経済に疎く初心者です、どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

量的緩和は、また少し話が違いまして・・・

民間銀行が、すでに必要な(定められた)十分な額の当座預金をしているとします。

このとき、日本銀行が短期金融市場において、
民間銀行に対してさらに強力な資金供給を行ったとします。

民間銀行は、日本銀行の強力な資金供給によって、希望以上・必要以上の資金を調達してしまいます。
自ら望んだわけではありませんが、結果として大量の資金調達をさせられてしまうわけです。

当座預金の額は必要な額に達しているので、それ以上の当座預金を積む必要なありません。
(日本銀行への当座預金は無利子で、そこに必要以上の資金を寝かせておくことはまったくの無駄です)


通常であれば、民間銀行は調達した資金を企業への貸付に振り向けるはずです。

しかし、
(1)優良な企業、すなわち銀行からみたとき融資をしたくなるような企業は、十分な資金を保有しており、融資を必要としていない。

(2)一方、実際に融資を必要としている中小企業などには、返済の不安があるため、銀行が二の足を踏んで、融資が行われない。

という状況が生まれます。

このとき、銀行はどうするか。

(1)(2)のような理由で融資先がないとき、その資金を札束のヤマにして倉庫に保管するという方法もないではないかもしれません。

しかし、それでは危険なので・・・どうしようもなくなって、とりあえず日本銀行に預かってもらうという方法をとります。

つまり、日本銀行の当座預金に預金するわけです。

このとき、必要とされている金額以上の当座預金が発生します。


この後も、日本銀行による短期金融市場への大量の資金供給が続いたとしましょう。

民間銀行のなかでは、行き場をなくした資金がどんどん増えて、それが結果として日本銀行の無利子の当座預金にどんどん積みあがっていきます。

ここで、民間銀行の立場になってかんがえてみます。

選択肢は3つあります。

積みあがった(当座預金の)資金を
1.しかたがないので、無利子の当座預金でガマンする。
2.融資以外の方法で運用する。例えば国債。
3.覚悟を決めて、中小企業向けに融資をする。

政府・日本銀行はこう考えました。
「民間銀行はしかたがないので中小企業向けの融資を増やさざるを得なくなるだろう」

これが量的緩和です。

したがって、質問者さまがおっしゃるように、
量的緩和のもとでは、民間銀行による日本銀行の当座預金は、まったく別のメカニズムで増加します。

謝謝

量的緩和は、また少し話が違いまして・・・

民間銀行が、すでに必要な(定められた)十分な額の当座預金をしているとします。

このとき、日本銀行が短期金融市場において、
民間銀行に対してさらに強力な資金供給を行ったとします。

民間銀行は、日本銀行の強力な資金供給によって、希望以上・必要以上の資金を調達してしまいます。
自ら望んだわけではありませんが、結果として大量の資金調達をさせられてしまうわけです。

当座預金の額は必要な額に達しているので、それ以上の当座預金を積む必要なありませ...続きを読む

Q普通預金と定期預金の金利が同じ場合

普通預金と定期預金の金利が同じ場合で、もし普通預金に100万を入れて1年間全くさわらなかったら、1年満期の定期預金に100万入れておくのと同じになりますか?

Aベストアンサー

>同じになるか?
今の低金利状態なら同じかもしれませんが、
理論的には同じにはなりません。
また銀行によっても変わります。

普通預金の利息の支払いは、
メガバンクをはじめ、ほとんどの
銀行が年に2回です。
銀行によっては毎月支払う銀行も
あります。

定期預金は利息の支払いは
満期がきた時です。
1年満期でしたら、
1年たったところで利息を計算し、
支払われます。

極端な例を上げますと、

100万円を預け、ありえませんが、
金利が年10%のケースで
考えてみてください。

普通預金なら、
半年で一旦利息が払われます。
100万×10%×183/365
=50,137円の利息がつきます。
さらに半年後はどうなるか
1,050,137×10%×182/365
=52,363円の利息がつきます。
1年後には、
合計102,500円の利息となります。

定期預金なら、
1年後に利息が払われます。
100万×10%×365/365
=100,000円の利息となります。

普通預金の方が定期預金に比べて
2,500円の利息が高くなるので、
同じにはならないということです。

簡単に言ってしまえば、複利効果です。

現在の低金利では小数点以下の四捨五入で
金額がすぐ丸まってしまい、差が出ない
のが、現状ではあります。

理論的に言えば、利息の支払い期間が
より短いもので一定の金利が維持できる
預金が一番得ということになります。

業者の回し者ではありませんが、
オリックス銀行の2週間定期
R天銀行のマネーブリッジあたりが
最後の砦といった感じでしょうか。A^^;)

>同じになるか?
今の低金利状態なら同じかもしれませんが、
理論的には同じにはなりません。
また銀行によっても変わります。

普通預金の利息の支払いは、
メガバンクをはじめ、ほとんどの
銀行が年に2回です。
銀行によっては毎月支払う銀行も
あります。

定期預金は利息の支払いは
満期がきた時です。
1年満期でしたら、
1年たったところで利息を計算し、
支払われます。

極端な例を上げますと、

100万円を預け、ありえませんが、
金利が年10%のケースで
考えてみてください。

普通預金なら、
半年で一旦...続きを読む

Qネット銀行定期預金について

標記の件、通常の銀行で貯蓄するのは金利が低いと思い、
ネット銀行での定期預金を検討しています。

初歩的な質問で恐縮なのですが、
そもそも定期預金とは、ある期間までは原則として貯蓄分を引き出しできないのは知っているのですが、
毎月、コンスタントにこちらが所定した金額が預金されていくという認識でいいのでしょうか?
また、その場合、預金されるのは、毎月何日(月末とか、毎月○○日)とか決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

再度補足に回答させていただきます

>いくら以上、かつどのぐらいの期間預金すれば・・・
いくら以上というと、商品区分上では300万以上から利率が変わります。しかし、現在は300万以上であってもそれ未満のものと利率に差のない銀行がほとんどですので金額は特に気にする必要はないと思います。
期間は3年くらいが長すぎず利率も割と良いのでいいかと思います。

有利な金利の銀行の探し方に関してはYAHOOの金利情報が参考になりますよ。
預け入れの期間による利率の差も比較できますのでどのくらいの期間がご自身にあっているか検討されるといいと思います。

http://biz.yahoo.co.jp/rate/supersmall/area1_20070618.html

#2の方が薦めておられるeバンクについても、ここを見れば利率が他よりも良いのが分かります。

参考URL:http://biz.yahoo.co.jp/rate/supersmall/area1_20070618.html

Q金利高めの定期預金

金利高めの定期預金のランキング上位をみると、
300万円までとか、3ヶ月ものとか、
あまり定期預金自体募集しているとは見受けられません。

前に大和○クスト銀行の1年もの定期を作ったところ、
期間満了後、投資信託や外貨預金等をしつこく勧めてきました。
「もう一度話をきいて下さい。」といって下ろすこともできず、
再度定期預金を作ることも論外という感じで、手数料が荒稼ぎ
できる金融商品しか勧めてきませんでした。  

そこで証券会社系のインターネット銀行はやめて、普通の銀行の
インターネット支店で定期を作ろうと思ったのですが、それもやはり
期間満了後、投資信託等を勧めるためなんでしょうか?
面倒な口座開設手続きを経て、1年後に別の面倒な事態が
待っているならば、そこまでして0.4%とかの金利で運用しなくともいいや、
と思ってしまいます。
実際のところこうした定期預金商品を作る銀行側の思惑は
どうなんでしょうか?(☆)  

ちなみに素人考えですが、本来銀行とは預金を募集し資金のプール
を作り、そこから投資したい事業者や住宅ローンを組みたい個人に
お金を貸し付ける業務が主ですよね?  そういう業務の根幹をなす
定期預金自体、全然ウェルカムではなくて、別の手数料を稼ぐ
金融商品契約に結びつける入口としてるだけなのだとしたら、
ビジネスとしては有りなんでしょうが、私個人としては違和感を感じます。

あるいは1年ものインターネット定期預金を、その時点で一番金利の
高いところに預け、1年後にまた(同じ所がその時点でも上位、というのは
稀なので)1番高いところを探して契約し、、と定期預金で数万円でも多く
運用したい場合、そういう流れが今は一般的なのでしょうか?
インターネット銀行に新たに口座を持つにしても、キャッシュカードを

作ってもらったり銀行側に結構負担が生じています。 1年こっきりの
付合いしか想定しないで定期預金を作り、1年後に勧誘を振り切って
別の所に預けかえし、、という繰返しではお互いに不毛な気がします。
それとも銀行にとって1年でも預けてもらえれば、高めの金利を
払っても、本来の業務の流れで機能しているのでしょうか? それならば
納得できます。 ちょっと質問がとりとめなくなりましたが、メインの
質問は、上記☆印です。   アドバイスよろしくお願い致します。

金利高めの定期預金のランキング上位をみると、
300万円までとか、3ヶ月ものとか、
あまり定期預金自体募集しているとは見受けられません。

前に大和○クスト銀行の1年もの定期を作ったところ、
期間満了後、投資信託や外貨預金等をしつこく勧めてきました。
「もう一度話をきいて下さい。」といって下ろすこともできず、
再度定期預金を作ることも論外という感じで、手数料が荒稼ぎ
できる金融商品しか勧めてきませんでした。  

そこで証券会社系のインターネット銀行はやめて、普通の銀行の
インターネット...続きを読む

Aベストアンサー

 銀行自身や銀行員氏が公式発言としてどう言っているかは知りませんが、現在の状況で、銀行に資金需要があるとは思いません。

 資金を集めても使い道がない、というのが現状ではないかと思います。

 先日も、正確な金額は忘れましたが、何千億とか何兆とかの現金が銀行(日銀?)の金庫に眠っているとニュースに出ていました。

 で、銀行の思惑ですが、

 定期でも、外資がよくやった例えば「1ヶ月、年利3%」なんてのは最初から投資などに誘うための手段「釣り」だと思います。

 年利としては高く見えても、実際にはほとんど利息を払う必要がありませんし、そんな短期間で景気がよくなって資金需要が高まるとは思えませんから。

 でも、1年物なら、その間に「景気が良くなって資金需要が高まるといいなぁ」と思っての募集じゃないか、という気がします。1年あれば、良くなるときは良くなりますから。

 ところが良くならなかったから、定期預金つまり、当面使わないで済むお金を持っている人に債券や株を売ろうとする、という感じじゃないでしょうか。

 資金需要が高まったからさあ集めろ、と言ったって、ライバルも動き始めますので、預金はそうそう集まらない。常日頃から預金者は抱え込んでおく必要があるので、とりあえず預金を募集しておいて、需要が高まらないなら債券などの投資を勧めて口銭を稼ぐという両にらみ作戦は当然考えるでしょう。

 まあ、銀行も行員に給料を払わなければなりませんし、土地代や建物の償却などさまざま費用がかかりますから、お金を貸して稼げないとなれば、口銭を稼ぐためには別なことをしなければなりません。理屈や理想では食えませんから。

 理屈に合わなくても、理想と違っても仕方ないのではないでしょうか。
 

 銀行自身や銀行員氏が公式発言としてどう言っているかは知りませんが、現在の状況で、銀行に資金需要があるとは思いません。

 資金を集めても使い道がない、というのが現状ではないかと思います。

 先日も、正確な金額は忘れましたが、何千億とか何兆とかの現金が銀行(日銀?)の金庫に眠っているとニュースに出ていました。

 で、銀行の思惑ですが、

 定期でも、外資がよくやった例えば「1ヶ月、年利3%」なんてのは最初から投資などに誘うための手段「釣り」だと思います。

 年利としては高く見え...続きを読む

Qネット銀行預金について?

現在1000万ずつ3カ所の銀行に預けています。シティバンク・ジャパネット・イーバンク サブプライムローンの問題がありシティーバンクは270億ドルの損失を計上しておりますが,預金保護は大丈夫でしょうか?この問題は構造的に世界的にまた長期的に多くの影響を及ぼしていくと思います。不安です。質問は3つあります。外資系のシティバンクは預金保護は大丈夫か?残りの銀行も特にイーバンクは金利はいいですが業績はよくありません。またネットバンキングに対する預金保護は大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

外貨預金でなければシティもイーバンクもジャパンネットも預金保険機構の対象になります。
またシティバンクはアメリカ政府が公的資金を注入することが
決まっているので潰れる心配はなくなりました。


 http://www.dic.go.jp/kikan/sonota_bank.html

Q定期預金の金利について

定期預金の金利について
イーバンク銀行の定期預金2年間100万以上1000万未満の金利が低いのは何故ですか。

Aベストアンサー

低くない。

100万までが0.26%で、1000万以上が0.30%と2年定期の中では金利は金額順になっている。100万以上1000万未満の期間別で見ても6ヶ月定期が0.24%で3年定期が0.32%なので、預け入れ期間の長さに応じた金利になっている。(1年が高いのは多くの銀行と一緒)

Q経済破綻後の銀行預金の制限

輸出超過になり、経済破綻が現実味を帯びているように報道されていますが、その中に預金制限も含まれるようです。そうなった場合どのような形で制限されるのでしょうか。
個人が複数の銀行に預金してあると仮定します。

1銀行あたりから引き出せる金額が制限される。
一定額を越える預金の引き出しが制限される。
一定額以上の預金がカットされる。
定額預金の引き出しが凍結される。
各銀行に預けてある個人資産の総額から一定量の減額もしくは凍結が実施される。

もし1行あたりの預金額から引き出し限度や凍結の基準が決まるようなら、複数の銀行に預金を分散したほうがよい気がしますので質問させていただきました。
もちろん、システムそのものが完全に破綻してしまった場合は想定していません。

Aベストアンサー

取り付け騒ぎについては、新円切替で検索してみて。

ちなみに、先人たちの膨大な富の蓄積による債権国なので、経常収支をマイナスにするのは難しいかもしれません。
おまけに、自民党政権のときに強引な円安誘導をしたために、外貨準備高はバカみたいにあるし。今の円高の原因が、このせいなので、まともな値まで減らすのはありかもしれません。これ見る限り、どうみてもまだまだ円は安いって感じになりますから。

Q高金利な定期預金や少し変わった定期預金を教えてください

今まで、地銀で1年毎の定期預金をしていましたが魅力を感じず、利率も数年はそれほど変わらないだろうと思うのでちょっと変わった定期預金(高金利や宝くじ等)を考えています。
現在、金利のいい”オリックス信託・日本振興・新生・あおぞら”や、金利は通常ですが宝くじをもらえるものを考えています。
特にATMで手数料のかからない新生や宝くじがもらえる定期を考えています。

他に金利のいい定期預金や少し変わった定期預金があれば教えていただけませんか?
ぜひ、検討したいと思いますのでお願いします。
(関西在住、30歳)

Aベストアンサー

高金利=ハイリターンということですからそれなりのリスクがかかるのは承知のことと思います。

元本割れせずに高金利・・・といえば一部の銀行で扱っている「デリバティブ型預金」だと思います。

新生銀行などは10年定期で毎年金利がステップアップ・・・10年後は3%(税引き2.4%)の高金利。この通り10年預ければ100万に対して15万近い金利ということになります。

ただし途中の解約は元本割れ、10年預けられる保証なし。

市場金利が下がった場合は預かっていると高い金利を払わないといけないからそこで銀行側の判断で解約、金利が上がった場合は解約されて高くなった金利で預金されたくないので解約できず・・・というものですね。(低金利のまま預け続けなくてはならず他で運用できないリスクですね)

金利がこのままであればものすごくおいしい預金に思えますが最悪、10年手を付けられないこと、金利の変動があるとどっちに転んでもこちらに有利なことがなにもない・・・など良く考えると「う~ん」という感じ。

1年定期で金利のいい預金を毎年選ぶっていう人が意外と多いと聞いたことがあります。新生銀行も1年定期で100万以上という制限はあるけど1.1%。イオン銀行も1周年記念で1年定期で0.8%というのがありますね。

昔からある都市銀行・地方銀行よりもネットバンク系や新生銀行のように再編された銀行のほうがおもしろい商品がありますね。

結局のところ、小口に分散していくつも定期に預けるというのが一番なのかもしれませんね。

私も今、同じように悩んでいるのですが、結局、メインの地銀に預けたままになりそうな感じです・・・。

高金利=ハイリターンということですからそれなりのリスクがかかるのは承知のことと思います。

元本割れせずに高金利・・・といえば一部の銀行で扱っている「デリバティブ型預金」だと思います。

新生銀行などは10年定期で毎年金利がステップアップ・・・10年後は3%(税引き2.4%)の高金利。この通り10年預ければ100万に対して15万近い金利ということになります。

ただし途中の解約は元本割れ、10年預けられる保証なし。

市場金利が下がった場合は預かっていると高い金利を払わな...続きを読む

Q銀行預金の使い道は制限があるのか?

普通銀行は、「預金を集めて、企業などへ貸し出して、金利差で儲ける」のが本来の業務と思っています。
ところで、普通銀行は、預金を企業などへの貸出以外に、自由に使ってよいのでしょうか?例えば、他社の買収の元手にするとか、自社の新規事業の元手にするとかしてもよいのでしょうか?
預金は、ペイオフなどで保護されているので、何らかの制限が法的に課せられているように思うのですが、ご存知のかた、教えて下さい。
#ヘッジファンドに預金の一部を運用させてるような話を聞きますが、預金の何%までとか制限あるのだろうか?

Aベストアンサー

自己資本比率が5~10%必要ですので
相手に貸し出せる額には(実質上)制限されています。
※借金踏み倒し分は自腹(自己資本)から拠出されますので
 それが増えれば、貸し渋りなどが発生します


どの企業にいくらで貸し出すかは、銀行の自由ですが
新規事業を行なう場合、別組織(子会社)を作って、そこに融資する形になるでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報