大学受験の問題で錯イオンの生成反応式が問われる問題をよく見かけますがいくつか納得できない点があるので教えてください。錯イオンの配位数についてなんですが、僕が習ったのは「銀((1))イオンの配位数は2、銅((2))イオン、亜鉛((2))イオンの配位数は4、あとはだいたい6と覚えろ」というものでした。これでいくとアルミニウム((3))イオンの配位数は6になるのですが、水酸化アルミニウムに過剰の水酸化ナトリウムを加えると再溶解するという反応ではAl(OH)3+NaOH->Na[Al(OH)4]という反応式をかかされます。これだと配位数が4に思えてしまいます。残り2個はH2Oが配位しているのを略して表現しているのでしょうか?もしそうなら、何故OH-が4つ配位でとまるのでしょうか?配位子の配位する能力がかかわっているのでしょうか?4つのOH-は正八面体のどの頂点を占めているのでしょうか?もし水酸化アルミニウムにチオ硫酸イオン(配位力が強いと聞いたことがある)を加えると[Al(S2O3)6]9-のようなものを形成して溶解するのでしょうか?
 なんだか質問だらけになってしまい申し訳ありませんが教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 どうやら私の最初の回答がponmasaさんを混乱させる要因になってしまったようですね...



 言い訳になりますが、実は水溶液中のアルミン酸イオンを[Al(OH)4]-と表記するのはあくまでも便宜上でのものです。実際にはinorganicchemistさんが御指摘のとおりの6配位の寄与が大きく、私が示した4配位や5配位でいる確立は大変低いのです。Al3+を正八面対の重心におき、6つの頂点に酸素が位置する形で6個の水が配位、そしてH2O配位子(アコ配位子と呼んでいいのかな?)のうち12個の水素のうち4つがプロトンとして解離することによりヒドロキソ配位子4つ、アコ配位子2つになってイオン全体として一価の陰イオンである、ということです。ちょっと解りにくいと思いので図が載っているサイトを紹介しておきます。PDFファイルで全15ページの11ページ目に記してあります。

 でもここまで説明が求められるのは大学入試では滅多にないと考えました。そこで「便宜上の表記に合う解釈」「高校化学で説明がつく様態」として現実には寄与が低い状態であるにもかかわらず4配位構造を提示したのです。これがまずかったようですね..

 ついでにオクテット則ですが、以上のように考えるとponmasaさんが補足で述べておられるように「見かけ上は」12電子に見えます。そして安定です。ただこれをきちんと説明するにはアルミニウム-酸素間の静電的相互作用、酸素-水素間の水素結合、分極など高校化学だけでは(私には)説明しにくい点を述べなければなりません。感覚的には「水和」と述べてよいものかどうか... 

 最後に軌道混成など範囲外の話まで出して混乱させてしまい、すみませんでした。そしてMiJunさんやinorganicchemistさんの回答を参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Organometsさん、どうもありがとうございます。錯イオン一つにしても奥が深いんですね。とりあえず、心のもやがとれました。くわしいご説明感謝してます!

お礼日時:2001/09/09 03:06

オクテット則は基本的に周期表の第2周期までの元素にしか当てはまらないと


考えていた方がよいと思います。

もちろんClのようにオクテット則を満たしやすい元素もありますが、
P、Sなどはかなりイオン半径も大きくなりN、Oに比べて配位数(価数)
が大きくなります。このため自然と多くの電子が関与するようになります。

特に第一遷移金属錯体にはオクテット則(八隅説)の代わりに18電子則
というものが適用されます。名前からわかると思いますが、18個の電子が
存在するのが安定というものです。

ここでいいたいのは
「Al錯体はオクテットに従うのかそれとも18電子則に従うのか?」
という議論ではなく、
「周期表の場所によって安定な電子状態は常に変化する」
ということです。

高校の範囲でいえば、水素にオクテット則を適用はしませんよね。
そんな感じです。

(>Organometsさん。最近の日本化学会の勧告ではアクア配位子
と呼ぶように決められているようです。錯体の知識をお持ちの方が
おられるのは非常に心強いことです。今後ともよろしくお願いします。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

inorganicchemistさんどうもありがとうございます。なるほど、オクテット則が全てというわけではないんですね。まだまだ完全にわかったというわけではないですが、おかげで錯イオンの理解が一歩前進しました。にしても難しい!

お礼日時:2001/09/09 03:15

(MiJunさんこんにちは。

今月末の学会発表に向けてだんだん余裕がなくなってきました。。。)

Organometsさんがそれとなく書かれているとおり、錯体の専門的な議論を
展開すれば、それなりの回答はできるでしょうが、これまた Organometsさんが
書かれているとおりの理由で、やめておきます。

感覚的に理解するためには、電荷のことを考えるのが一番です。
ponmasaさんがこれまでに学んできた化合物の中で、安定に存在すると
考えられるイオンの価数はどれくらいですか?たぶん3価が限界ではない
でしょうか?(酸化数ではなく、イオンの価数です。)

イオンの半径にもよりますが、水溶液中で4価以上の電荷をもった
イオンが存在するのは難しいのです。

実際に中性の水溶液中ではAl(III)イオンは[Al(H2O)6](3+)のように
六配位で存在しています。これに塩基が加わると水分子から水素イオンが
引き抜かれて例のアルミン酸イオンになります。ちなみに、水素イオンが
三つとれた状態はAl(OH)3となり、電気的に中性となるため、いわゆる
水酸化物の沈殿が生じます。

> 配位子の配位する能力がかかわっているのでしょうか?

というよりもこれ以上はAlが電子を受け取れない、おなかいっぱい。
といった状態でしょう。

以上、まとまりのない回答ですが、興味があれば補足をください。

この回答への補足

どうもご返事ありがとうございます。少し補足をお願いします。[Al(OH)4]-はAl3+がOH-から電子を8個受け取りオクテットをみたしおなかいっぱいというのはわかったのですが、[Al(H2O)6]3+はAlが6つのH2Oから電子をいくつ受け取っていると考えたらよいのでしょうか?H2O1分子あたり平均8/6個でしょうか?それとも1分子あたり2個で合計12個の電子をAl3+がうけとっているのでしょうか?錯イオンは配位子の非共有電子対の配位結合によるものと理解していたので後者だと信じたいのですが、それでは典型元素のオクテット則が・・。混乱してしまいます。

補足日時:2001/09/08 02:29
    • good
    • 0

ウン(?)十年前に経験しました(歳がばれますが・・・?)!


ponmasaさん、「混成軌道」は高校では学びませんよね・・・?

まず基本的なことで、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「楽し高校化学」
http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry//index.html
このHPで「Contents」で「錯イオン」等でキーワード検索されてはどうでしょうか?

頑張ってください!

補足お願いします。

参考URL:http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry//chapter4/l …

この回答への補足

大変参考になるページを教えていただきましてありがとうございます。特にhttp://www2.yamamura.ac.jp/chemistry//chapter4/l …
は問題対策に役立ちそうなので早速頑張って覚えます。少し疑問に思ったことを。混成軌道については有機化学を学んだときに軽くならいました。Organometsさんは[Al(H2O)6]3+はsp3混成軌道であるからその形は正四面体であるとおっしゃっているのですがhttp://www2.yamamura.ac.jp/chemistry//chapter4/l …
によると正方形となっています。どちらが正しいのでしょうか?(今までアルミニウムイオンの錯イオンは正八面体形だけとばかりとお思っていた自分にとってはどちらの意見も驚くものなのですが・・)

補足日時:2001/09/08 02:47
    • good
    • 1

大学受験ですか、頑張ってくださいね。

私もXX年前に体験しました。

>錯イオンの配位数についてなんですが、僕が習ったのは「銀((1))イオンの配位数は2、銅((2))イオン、亜鉛((2))イオンの配位数は4、あとはだいたい6と覚えろ」というものでした。

うーん。大学入試に出てくる遷移金属の錯イオンは大体こんなものだろうか。。。実際にはこれに当てはまらないものも山のようにあるのですけど(他の回答者の方へ→配位子間の立体障害、18電子則など色々ありますからねえ)。。。 でもあなたを下手に混乱させることにもなりかねないので、ここではコメントは差し控えます。ただアルミニウムのような典型金属には当てはまりませんね。

>何故OH-が4つ配位でとまるのでしょうか?

銀、銅、亜鉛は遷移金属でアルミニウムは典型金属です。これが大きなポイントです。軌道の混成などは既に勉強されているでしょうか。[Al(OH)4]-は、正四面体の重心にAl、4つの頂点にOが位置する構造をとっています。すなわちAlの軌道混成はsp3ということです。メタンCH4やアンモニウムイオンNH4+と同じです。空のd軌道は混成にかかわりません。さらに[Al(OH)4]-のアルミニウム原子の最外殻電子数を考えて見ましょう。8電子でオクテット則を満たしています。多分大学受験化学ではオクテット則を満たす=安定という考え方がなされていると思います。

一方遷移金属では配位子と結合するため中心金属はs、p軌道のほかにd軌道も使った多彩な混成軌道を形成します。遷移金属の錯イオンの構造や配位数が複雑なのはこのため、と考えておいて良いでしょう。

(大学受験レベルで配位数を説明するのはsp3やd2sp3の混成軌道を使うのが良いのかなあ、他の回答者の方の説明も是非参考にして下さい。)

以上のことを理解してもらえれば
>水酸化アルミニウムにチオ硫酸イオン(配位力が強いと聞いたことがある)を加えると[Al(S2O3)6]9-のようなものを形成して溶解する
ということは起こり得ないと解ってもらえると思います。

長くなりましたが、要は典型金属と遷移金属の違いに目を向けて考えてはどうか、典型元素であればオクテット則を考えてみてはどうか、ということです。

(実は上記に当てはまらない物質もたくさんあります、例えば典型元素なのに6配位のイオンなど。でも大学受験レベルではあまり出てこないと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも回答ありがとうございます。なるほど、といった感じです。なかなか参考書にはOrganometsのおっしゃっているようなことは載っていなくて、化学を勉強するとき、たくさん疑問がでてきてしまいます。めげずに頑張ります!

お礼日時:2001/09/08 03:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】塩化アルミニウム粉を肌に塗って大丈夫なんでしょうか?アルミニウムって吸収されませんか?

【化学】塩化アルミニウム粉を肌に塗って大丈夫なんでしょうか?

アルミニウムって吸収されませんか?

アルミニウムは人体に害なのでアルミ鍋は買わないという人いますよね。

その塩化アルミニウム粉を肌に塗って良いものなのか心配です。

Aベストアンサー

よく効く薬って、怖いですよね。
現在、認められている薬剤でも、
数年後には使えなくなる物がでるかもしれません。
例えば、赤チン。
私が子供の頃は、どこの家にも常備してある怪我の治療薬でした。
でも水銀の害がわかってから、使用されなくなりました。
(最近は、怪我の部位に消毒薬を塗ることすら勧めない見解もあります)
いろんな研究者がいて、いろいろな研究結果が発表されます。

制汗剤には、塩化アルミニウム。
即効性があるので、お医者さんも使うし、市販されているし、
まさか、害はないでしょ。
そう思いますよね。
アルミニウムが、アルツハイマーの原因になるという発表がされた。
でも、皮膚から吸収されにくく、吸収されてもたいした量じゃない。
と言う人もいますよね。

でもこの説、絶対かしら。
この先、長期に亘って使っても大丈夫なのかしら。
私は、使わなくてすむものなら、使わない派です。

研究者の間でも、意見が分かれることなので、
後は、自分の判断になります。
悩みますね。

Q錯イオンの配位数

金属イオンが錯体をつくる時、配位数はその金属イオンの酸化数の倍(例えば銅ならCu2+でテトラアンミン銅(2)イオン、NH3の配位が4)ってゆ~話きいたことあるけどこれなんで?

Aベストアンサー

>金属イオンが錯体をつくる時、配位数はその金属イオンの酸化数の倍ってゆ~話きいたことあるけどこれなんで?

金属イオンの酸化数と配位数の間には関連性はありません。無視してください。

大学受験で出てくる錯イオンに限定して話をしたとしても、いくつかは偶然にもこの条件を満たしていますが、これが当てはまらない錯イオンに関しても出題されているようです([Fe(CN)6]4- etc)。

錯体の構造を考える上で考慮すべきことはいくつかあるのですが複雑な話になりますので省略します。詳しくは無機化学や錯体化学の専門書をご覧ください。

Qアルミニウムが塩酸に溶けません。

現在、大学二年生です。

大学で、アルミニウムについて研究しているのですが、99.999%のアルミニウムを塩酸に溶かそうとしたところ、溶けませんでした。塩酸は6規定と12規定を使ったのですが、どちらも溶けませんでした。
アルミニウムの製造会社に問い合わせたところ、アルミニウムの表面には何も加工はしていないとのことでした。

このアルミニウムが溶けない理由がわからないので、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

純度が高い金属は酸に溶けないことがあります。
一般に、亜鉛、鉄、アルミニウムが溶けるのは不純物を含んでいて、
局部電池を形成するからです。
アルミニウムの純度が高ければ、全体に均一のAL3+のイオンが
取り巻いて、H+が反応できなくなります。

どこか1カ所に銅片を接着させるか、塩酸を少し温めて(揮発に気を
付けて)から使うと対流が強くなってかなり溶けるようになります。

市販のアルミニウムは亜鉛やリンを含むので塩酸には溶けます。

Q錯イオンの配位子の数について

 アンモニアと水素イオンが配位結合をしてアンモニウムイオンになるのは理解できるのですが、銀や銅などの陽イオンなどとの配位結合が理解できません。電子式から理解しようと努めてはいるのですが、Ag(+)やCu(2+)と配位子の電子式が書けません。ですので、なぜ、[Ag(NH3)2](+)のようにAg(+)の配位子が2つで、[Cu(NH3)4](2+)のようにCu(2+)の配位子が4つになるのか理解することができません。宜しくお願い致します。
 最近質問ばかりさせていただきましてすみません。おかげ様で、化学が少しずつ理解できてきている気がして、楽しくなっております。

Aベストアンサー

半日しても他のお答えがないので、また私です。^^
>>電子式から理解しようと努めてはいるのですが、
これは以前お見せした電子のつまり方の中でも一番ややこしい「配位子場」理論の分野で、大学の無機化学クラスになります。
さて、まずCu(2+)ですが単純に四配位と考えることはできません。硫酸銅の青いきれいな結晶をご存じだと思います。あの結晶水は5H2O、銅を中心に置いた平面内に4つの水が位置しておりもう1つは硫酸イオンの回りにいるようです。水の中の銅(2+)イオンの構造はやはり4つの水が平面状に銅を取り囲んでおり銅は正方形の対角線上にいます。同じく銀では水中で二つの水分子が銀(1+)の反対側に付いた構造をしています。
これらの構造についてはURL:
http://www.chemtopics.com/aplab/complexions.pdf
でご覧下さい。(銅については文中に書かれているだけ、銀についてはきれいな絵がある)
銀でも銅でもこの水分子の付いていた位置がアンモニアで置き換えられ、水中でより安定な化学種となります。(イオン全体が大きくなるので電荷が分散し、塩化物との結晶が作りにくくなるため沈殿しなくなる)
大阪教育大付属高校の岡先生のページ見て頂けましたか?
ついでに、かなり重いけど、非常にお薦めの化学結合と分子の形の解説URL、図が間違っていないところが偉い。
http://138.47.34.166/chem481/Chem481c3.html
最後に添付URLは東京大学教養学部二年の無機化学。九章を見てください。六章には酸素分子の2つの不対電子が反結合軌道の1π_gに入る説明があります。図が非常に不親切。1s軌道にノードがある分け無いじゃないか!(怒る)

参考URL:http://www.frad.t.u-tokyo.ac.jp/~miyoshi/InCh2001/contents.html

半日しても他のお答えがないので、また私です。^^
>>電子式から理解しようと努めてはいるのですが、
これは以前お見せした電子のつまり方の中でも一番ややこしい「配位子場」理論の分野で、大学の無機化学クラスになります。
さて、まずCu(2+)ですが単純に四配位と考えることはできません。硫酸銅の青いきれいな結晶をご存じだと思います。あの結晶水は5H2O、銅を中心に置いた平面内に4つの水が位置しておりもう1つは硫酸イオンの回りにいるようです。水の中の銅(2+)イオンの構造はやはり4つの水が平面状に銅を...続きを読む

Qセクションとページ番号について

セクションとページ番号について
ワードで表紙や目次(セクション1)以外の本文のページ(セクション2)にページ番号を入れるため、セクションで区切りました。
ところが、「セクション2」にページ番号を入れると、「セクション1」のほうにも入り、「セクション1」のページ番号を消すと、「セクション2」のほうも消えます。
どうすればいいでしょうか?
ちなみにファイルによってはうまくいくものもありますが、なぜだかはわかりません。
遅れましたが、ワードのバージョンは2003です。

Aベストアンサー

セクション2の先頭ページで、表示→ヘッダーとフッターの表示をします。
フッターにページ番号を設定なら、フッターを選択して、ツールバーの[前と同じヘッダー/フッター]をオフにして、フッターの「前と同じ」という表示を削除します。
この操作で、各々のセクションが独立したセクションに分かれますので、セクション2にページ番号を挿入すると、セクション2だけにページ番号が設定され、セクション1にはページ番号は設定されなくなります。

【関連情報】
様々なページ番号の設定方法
http://support.microsoft.com/kb/413802/ja
途中のページからページ番号を始める方法
http://support.microsoft.com/kb/882840/ja
Word のセクション区切りについて
http://support.microsoft.com/kb/291184/ja
 

Q配位数・配位子・配座数って

タイトルのまんまなんですが、この3つの違いが良く分かりません。
配位子は「化合物」で残り二つは「数」を聞いてる、位にしか…(汗)

前期試験の過去問の解説に「配位数は配位子についてでなく金属について言う」と書いてあったのですが、その意味が分かりません(ノД`)
ポルフィリンhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%B3
の配座数が4、配位数が6という理由も併せて教えてもらえないでしょうか。お願いします!

Aベストアンサー

「配位数」というのは、錯体の中心にある金属原子(あるいはイオン)が、錯体を作るために提供する空軌道の数のことです。
配位子は、結合(配位結合)に使用するための電子対を上述の空軌道に持ち込むことによって結合を形成し、錯体が完成します。

要するに、中心金属が錯体形成のために提供する空軌道の数が配位数で、結果的には配位子の数と同じになります。

「配座」というのは、回転が可能な結合(単結合)が回転することによって、結合の両側の立体的な位置関係が変化することを言います。したがって、本来は無数の配座が存在するはずです。
ポルフィリンの配座数が4で、配位数が6という記述は、厳密に言えば正しくないように思います。言うとするならば、「ポルフィリンにおいては、中心原子の配位数は6になり、代表的な配座が4種類ある」というのなら、言葉としては理解できます。ただし、それが科学的な事実と言えるかどうかについては判断しかねます。

Q「アルミニウムを陽極として電気分解する」とはどういう意味ですか

希硫酸やシュウ酸(蓚酸)などを処理浴に用いて、アルミニウムを陽極として電気分解することにより、アルミニウムの表面を電気化学的に酸化させ酸化アルミニウムAl2O3(アルミナとも言う)の酸化皮膜を生成させる・・・

WIKIから引用したアルマイトに関しての記述ですが、
「アルミニウムを陽極として電気分解する」とはどういう意味ですか

Aベストアンサー

アルミニウムを電源の正極(+)につなぐ、ということです。

Q水酸化アルミニウムが溶解・・・

質問です。
水酸化アルミニウムは、塩酸にも水酸化ナトリウムにも溶解するということを知りました。
塩酸に溶けるのはAgCl3とH2Oになるからだ、ということはわかったのですが、水酸化ナトリウムになぜ溶けるのか、その仕組みがよくわかりません。

どなたかわかる方いらっしゃいましたら教えてください。
お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 Al は原子番号 13 で「1s 2, 2s 2, 2p 6, 3s 2, 3p 1」の電子配置を持っています。この 3s の2個と 3p の1個の電子で3個の sp3 混成軌道を作り,酸素(OH)との結合を行なっています。

 そのため,Al には 3p 軌道が1個カラの状態で存在します。このカラの軌道は適当な孤立電子対を持つ原子(原子団)が存在すれば,それの孤立電子対を受け入れて新たな結合を作る事ができます。

 で,OH- イオンはその様な孤立電子対を持っていますので,Al との間に結合が生じて Al[(OH)4](-) という錯イオンができます。

 その結果,水酸化アルミニウムは水酸化ナトリウムにも溶解する事ができます。

Qロータスノーツのセクション

セクション(▼←こういうやつです)のプロパティで影つきの四角を選択していますが、これの幅を小さくすることってできますか?

また、セクションを階層別に位置をずらすことは可能でしょうか?

▼大セクション
  ▼ 中セクション
    ▼ 小セクション
       あああああ
       いいいいい

というような感じに。。。

Aベストアンサー

セクションの幅を調節するのはセクションの文字のプロパティの右余白です。試しに60くらいにしてみましょう。

セクションを入れ子にすることもできます。
階層であろうがなかろうがそのセクション行でF8キーを押せばいいのです。

QAlの配位数

某参考書にAlの配位数は各金属イオンの種類に応じて決まった値をとるとあり、そこにAlの配位数は6と書いてあったのですが、酸化アルミニウムとNaOHの反応で生じるNa[Al(OH)4]では配位数ではないのかと思ったのですが、どっちが正しいのでしょうか????

Aベストアンサー

蛇足ですが、例えば塩化アルミのアルミは4配位ですし(塩化物イオンが架橋配位するから)、トリアルキルアルミニウムも一般に4配位です(アルキル基が架橋配位するから)。
質問者さんの例と似た化合物として、テトラキス(アルコキシ)アルミナートというアニオンがあります。[Al(OR)4]-というものです。かさ高く求核性・塩基性の低いアニオンとしてたまに使われます。

6配位のアルミ化合物で有名かつ有用なものの一つが、Alq3という分子です。
アルミニウムに、キノリナート配位子が三つくっついた中性錯体ですが、強い発光、優れた電子輸送特性を持ち、有機LEDでは重用される分子です。この例のように、5配位以上の場合はキレート配位子がついていることが多いです。これは高配位構造を安定化するため。

質問者さんはアルミだけを特別に考えているように感じます。
周期表の近くの元素も見てみてください。
シリコンも2配位から6配位(7配位とされるものもある)までありますし、リンもそうです(リンは1配位もあるが)。
アルミの一つ上のホウ素はアルミと似ていますが、アルミに比べると原子が小さく、陽性が低いため、より三配位を好みます。2配位から5配位まで知られていますが、ほとんどは3配位・4配位です。
基本的に周期表を下るほど、高い配位数が取れるようになります。

蛇足ですが、例えば塩化アルミのアルミは4配位ですし(塩化物イオンが架橋配位するから)、トリアルキルアルミニウムも一般に4配位です(アルキル基が架橋配位するから)。
質問者さんの例と似た化合物として、テトラキス(アルコキシ)アルミナートというアニオンがあります。[Al(OR)4]-というものです。かさ高く求核性・塩基性の低いアニオンとしてたまに使われます。

6配位のアルミ化合物で有名かつ有用なものの一つが、Alq3という分子です。
アルミニウムに、キノリナート配位子が三つくっついた中性錯体で...続きを読む


人気Q&Aランキング