プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

どうして中国は日本に、太平洋戦争の賠償金を請求しなかったんでしょうか?ネットを見ても、色んな考察があり、難しくて良く分かりません。田中角栄の手腕によるものが一番とは書いてますが。

A 回答 (2件)

田中角栄なんて関係ない。

日本と中国の講和は、1952年の日華平和条約でなされたのです。第二次国共内戦に敗れて、台湾に亡命した蒋介石政権(中華民国)は、なんとしても中国の代表政府だという立場を確立することが急務だったのです。もし日本が中華人民共和国と講和してしまうと蒋介石政権はなんでもない地方政権ということになってしまう。また台湾の統治も安定していない。台湾は戦前日本領でまだ親日なのです。かように北京政府と台北政府は、外交戦をつづけていた時代です。賠償金を取れるような強い立場ではなかったのです。当時の蒋介石政権の立場を鑑みれば賠償金請求権を放棄せざるを得なかったのは当然のことだったのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

天才やな

そうなんですか…

お礼日時:2022/09/03 12:17

事実上の戦後賠償である政府開発援助(ODA)をしているから


スタートは1979年でラストは2047年

援助の内訳
円借款 3兆3165億円 最終返済期限は2047年
無償資金協力 1576億円 返済無し
技術協力 1858億円 返済無し

外務省のページ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/chii …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2047年までですか、だいぶと先ですね。

お礼日時:2022/09/03 12:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング