最新閲覧日:

卒論で果実(モモ)の品質(糖度や渋味)について研究しています。現在はサンプリングした試料を化学分析しているのですが、来年官能検査をすべきか悩んでいます。

現在、官能検査の結果はどのくらい重点を置かれているのでしょうか?論文発表の際、官能検査結果がないと、内容が偏ってしまうのではないかと不安です。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

素人の意見であることを予めお断りしておきます。



成分分析をして、なおかつ官能検査をしている論文があるか無いかで考えると、
参考URLのページで「嗜好」をキーワードに検索すると、モモも含めて古い文献なら引っかかりますね。
最近の文献なら、イチゴでの研究例があるようです(園芸学会雑誌 第68巻 別冊1:247.1999年)。
筑波大さんは香りの官能評価について研究されていて、
何度か学会発表されていますし(同ページで「官能」で検索すればヒットします)、
いずれ長報も出ると思います。

それに、たとえば、カキの場合、
「機器分析などによるデータを活用したいところではあるが、
カキ果肉から検出できる揮発性成分はその種類も量も少なく
現時点では官能的な検査に頼らざるを得なかった」
そうです。(農業および園芸 第72巻:1265-1268.1997年)

ですから、「どのくらい重点が置かれているか」ということを抜きにして、
「個人的には」、出来るものなら、やっておいた方が良いと思います。
修士(?)では時間が足りなくて出来ないと言うであれば、それも仕方がないと思いますが。

でも、一番大切なのは、指導教官の方と相談することだと思います。

参考URL:http://jshs.ac.affrc.go.jp/db/search.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、ありがとうございます。しかもとても親切に・・・
まだ今年の分析結果が出てないので、まだなんともいえませんが、自分的にはとてもやってみたかったので、チャレンジしてみたいと思います。

お礼日時:2001/09/10 17:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報