昨日も生命保険会社の選び方で質問いたしましたAKasama58です。
 妻に任せっきりでしたが、昨日直接、国内の某生命保険会社の「保険外交員」の方とお話しし、現在予定中の保険の条件を確認いたしました。
 私の状況:年齢43歳、男性、現在病気無し
 保障期間:30年間
 入院時保障:1日あたり5000円(成人病での入院時は、1万円)(入院中、5日目~124日目まで支給)
 死亡時は500万円(死亡時だけは、別の格安生命保険に入っていますので、死亡時の設定は今回の保険では、低額にしてあります)
 3大成人病になったときの一時金:無し
 スキップファンドと呼ばれるものが受け取れて、3年ごとに15万円、満期時に150万円が受け取れるようです(貯蓄性は必要ないのですが、こんな設定になっているそうです)。
 介護特約などの特約はいっさい無し。
 以上の条件で、毎月の支払いは15395円です。

 以上の条件が、概ね妥当なものなのか、それとももっと格安の生命保険会社があるのか教えていただければと思います。
 もっとも、いくつかの生命保険会社に同じ条件でプランしてもらい比較すれば問題は解決するとは思うのですが、時間的にあまり余裕がないので、どこにターゲットを絞って話をしていけばいいのか知りたく、質問いたしましたので、ご教授よろしくお願いいたします。
 また何か以上の条件に関して、次回保険外交員さんに質問・あるいは確認すると良いことがありますでしょうか?
 なお、担当保険外交員さんのお話しでは、「スキップファンド」があるので、支払総額は、15395円×12か月×30年間=554万2200円ではなく、5542200円ー(150万+15万×9)=269万2200円ですので、月の支払額は、概ね7478だそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 こんにちわ。



 疑問を感じてますように、現在の契約は中途半端な感じもしますね。恐らく医療保障の目的で加入されたと思うのですが、死亡保障の極小or無しの医療保険単体の方が安く付きます。

 アメリカンホームですか。やはり内容の検討は必要ですよ。医療保険の場合、オールマイティの病気入院の保障、これがメインでもあり、保険料の内訳に占める割合も大きいです。AH社の場合、これの1入院の限度が60日型とされています。これはAH社に限った事ではありませんが、安い保険料のインパクトを出す時に各社使います。60日に達した段階で一旦給付はうち切られます。
1入院の限度は会社により使っている型が異なります。
60日型、120日型、180日型、360日型、365日型、730日型、1000日型、1095日型、と言ったところのいずれかか、複数の内から選択できるのが一般的です。1入院の限度は長ければ長いほど安心ではありますが、その分保険料も高くなります。(バランスが重要と思います。)
多くの疾患で120日以内の入院が多数ですから、バランスとしては120日型近辺が無難でしょう。120日を越える疾患としては脳関係が長いです。120日型+特定疾病(3大疾病保障)と言う形が合理的かと。

 次に幾ら払うかも考えてみて下さい。AH社の場合、43~53歳で3660円、53~63歳が6980円、63~73歳が13187円です。30年間トータルで286万円程です。60日型の保障で286万の元を取るのは大変だと思います。まず一般の疾患では元が取れません。手術を繰り返したり、3大疾病になったりしないと難しそうです。平均入院日数47日の胃ガンの場合・・・特定疾病付で200万位の受け取りですか。
AH社に限ったことではありませんが、60歳以降に罹患率が上昇することから元を取れない医療保険は多いと思います。

 県民共済等は60~65歳位までしか通常のプランは加入できません。罹患率の上昇はそれ以降ですから、共済をメインには考えられません。日額5000円の終身医療+共済、みたく複数分けるほうが無難です。

 元を取るなら返戻率の高い医療保険か自家保険(保険料分貯金)の方が宜しいのではないでしょうか。

 どこが良いか、1社専属の外務員等は自社の保険しか詳しく知りません。複数社取扱の代理店(直接保険会社の施策に左右されない)に問い合わせしてみてください。
 参考までに下記に一つ紹介します。ここは保険情報サイトのe-hoken.comという所の親会社です。生保22社扱ってますから、何がどうなのか教えてくれるでしょう。

参考URL:http://www.fpstage.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> AH社の場合、これの1入院の限度が60日型とされています。
 コメント有り難うございました。
 安い理由が良く理解できました。

 ますます迷いだしました。
 本当に難しいですね。

> 県民共済等は60~65歳位までしか通常のプランは加入できません。
 「66歳以降は積極的な治療をしない。寿命と割り切って天に任せる」という考えからの方でしたら、県民共済がお勧めなのですね。 & 経済が安定しており、老後の社会保障に不安が無ければ、県民共済は良いのでしょうね。

 詳しいコメント有り難うございました。
 県民共済に飛びつこうかと思っていましたが、今一度検討してみます。

 今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/09/07 15:47

今の保険は30年で契約が終了してしまいます。


43歳ですので73歳までの保障期間です。

医療保障のためにお入りになっているなら、終身医療保険はお勧めです。500万円はお葬式代と考えられているのならば、今すぐにでも終身保険に変えるべきです。73歳以上生きられたらどうされますか?その間に病気になられて保険に加入できなくなってしまわないように、今からライフサイクルに合わせて保険を全面見直しした方がよろしいのではないでしょうか?

 今のご契約は何を想定してお入りになったのかが分からないので、そこを明確にしてからご検討されてはいかがでしょうか?

 保険料の安さということに目を奪われがちですが、あえてアドバイスするなら運用の上手な会社は安く保険を提供できると思います。が、安さだけにとらわれず本当に必要ないざというときに使える保険にご加入されるほうが全体的に見て得ではないかと思います。
 保険料は安いけど、何の意味もない保険に加入される方がよっぽどお金の無駄のような気がします。

 ターゲットとしては、#1の方と同じようにソニー生命がお勧めです。または、
何社か取り扱っている代理店などがよろしいかと思います。ただ、代理店でも損保がメイン(昔、損保しかやっていなかった)の代理店と大手日本社の代理店は避けられた方が無難と思います。
 きちんと保険の提案ができるかどうかは、代理店の方に代理店を開業した理由をお聞きするとわかるかと思います。ちゃんとした代理店はコンセプトがきちんとありますから・・・
 
 代理店はタウンページなどで見つかります。
 頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 難しいですね。
> 保険料の安さということに目を奪われがちですが、・・・。
 一見すると判断できないとなると、何を指標にすればいいか素人には判断できなくなりますね。
 私は医療関係の仕事をしておりますが、「どこの病院が良いのか?」という判断が困難であるのと同じ状況になってしまいますね。

 ライフサイクルは、私にもわかりません。結構不健康な生活をしているので、長生きしないようには感じるのですが・・。73歳以降のことは、予測不可能です。
 日本経済の先が読めないのと同様、私の未来も全くよめません。とにかく今、ベストを尽くすだけです。

 コメント有り難うございました。
 今後とも、鋭いコメントをお願いいたします。

お礼日時:2001/09/07 15:37

すいません。

3660円でした・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 安いですね。
 半額以下ですね。
 情報有り難うございました。

お礼日時:2001/09/07 12:18

こんにちは。

私もついこの間までいろいろ迷っていました。今加入したのがアメリカンホームダイレクトのライフサイズ入院です。
考え方によっていい悪いはわかりませんが、値段が安いのと保険内容が気に入って加入しました。
AKasama58さんの保険内容とちょっと似ていたのでどうかな~と思いまして・・・
入院は病気、けがでも1泊2日から5000円出ます。奥さんはちょっと安くなりますけど。
三大成人病もつけれます。10年ごとに書き換えです。
ただ、死亡した時にお金が出なかった気がします。
AKasama58さんの考えてる保険と一致するかわかりませんが私はいい保険だと思いました。アドレスのせておきます。参考にして見てください。保険料もHPで見れました。夫婦で5500円くらいだったと思います。もう一度確認してみて下さい!

参考URL:http://www.americanhome.co.jp/fullinhospital/ind …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 安いですね。
 気持ちが、「アメリカンホームダイレクトのライフサイズ入院」に傾きました。

お礼日時:2001/09/07 12:20

 貯蓄性が必要ないのであれば「スキップファンド」なるものはAKasama58さんのニーズに合ってないと思われますので、その点をはっきり伝え、違う商品を提案して頂いた方が良いと思います。


 民間の生命保険会社はやはりパンフレットや設計書で比較検討しないとどこが良いかは判らないのですが、特に民間にはこだわらないというのであれば県民共済などはいかがでしょうか。死亡時500万円、入院1日5000円(いずれも事故の場合)であれば県民共済なら月額2000円、毎年決算時には割戻金が返って来ますのでお得かとは思います。詳細につきましては下記、又は銀行、生協にもパンフレットがありますのでご参考になるかと思います。

参考URL:http://www.kyosai-cc.or.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 「アメリカンホームダイレクトのライフサイズ入院」よりもさらに安いですね。
 県民共済は何故こんなにも安い保険料で保障を提供できるのでしょうか?!
 有り難うございました。

お礼日時:2001/09/07 12:21

ソニー生命はどうでしょうか。

ライフプランナーがその人の生活にあった保険を提案してくれます。その他の保険会社でもライフプランナーはいると思うので相談してみてはどうでしょうか?ただどの保険会社もいろいろな商品をもっているのですが、担当者によってすすめるプランが違うことがあるそうです。(プランによって担当者に入ってくる手当が違う)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 情報有り難うございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/09/07 12:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q生命保険についてお伺いします。 20年余りかけていた生命保険を担当外交員の勧めでプラン変更したのです

生命保険についてお伺いします。
20年余りかけていた生命保険を担当外交員の勧めでプラン変更したのですが、やはり自殺とかの免責3年はリセットされ、また新たに免責3年が発生するのでしょうか?
御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古い話ですが、私の場合は大失敗でした。

私はやはり、20年ほどかけた生命保険を解約し
新しい保険に入ったのですが、月掛25,000くらいでしたから、
年30万、20年で600万くらい払い込んでいましたが、200万ほどが戻ってきました。
で、その200万は”頭金”?のような形でとられ、新たな保険が始まりました。
保障は増えましたが、保険料も3万近くになりました。
で、それからまた20年、60歳くらいの時に満期かと思いきや、
保険料の払い込みは終わりますが「終身保険」ですから、
保障はずっと続きますと言われました。
しかも、終身保障分の死亡保険金は250万で、死なないともらえません。
今解約でもらおうとすると160万くらいらしいです。
まぁ、若いうちに事故で死ねば6000万くらいになる保険だったので
仕方ありませんが、本当に生命保険は早死にしない限りは儲かりません。

今はまたいろんな商品がありますから違うかもしれませんが、
途中で更新みたいなのはたいてい損です。

ご質問の本題ですが、
前の保険との関連性は恐らくありませから、
新規加入と同じ扱いだと思いますよ。

古い話ですが、私の場合は大失敗でした。

私はやはり、20年ほどかけた生命保険を解約し
新しい保険に入ったのですが、月掛25,000くらいでしたから、
年30万、20年で600万くらい払い込んでいましたが、200万ほどが戻ってきました。
で、その200万は”頭金”?のような形でとられ、新たな保険が始まりました。
保障は増えましたが、保険料も3万近くになりました。
で、それからまた20年、60歳くらいの時に満期かと思いきや、
保険料の払い込みは終わりますが「終身保険」ですから、
保障はずっと続きますと言われまし...続きを読む

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q生命保険会社の方や生命保険外交員が入る保険とは?

生命保険で悩んでおります。

結論から言いますと、生命保険会社に勤めている方が加入している保険
が一番良い保険だと思うので、その保険の名称を教えて下さい。

よく、『その人に合った保険』とか言われますが
どのな人にもお得な保険があると思います。

『特約は付けずに単体で入った方が良い』等
お得な契約を少しでも知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

保険総合代理店に勤めて間もない者です。
あまり経験が多くはないので、あくまでご参考程度にお願いします。

保険は、何の目的で入るのか、によって、その人に合う・合わないが出てくると思います。
例えば、誰に残したいのか、何に遣いたいのか、とかです。
子供が独立するまでの間の遺族の生活費やら学費やらに必要なのであれば、その期間までの定期保険に入ればいいし、(定期でも10年毎更新みたいな保険は10年後に保険料が上がるので、○○歳までの定期がいいんじゃないかと・・・)
自分の身辺整理代のためだけならば、終身の保険にその必要な額だけ入ればいいし。

ただ、特約がたくさん付いてるのは個人的には好きではないです。
理由は、特約だらけの保険って解りにくくなる傾向があるからです。
なので、買った人に保障の内容が分かるシンプルな保険が好きです。

生命保険は定期でもいいですが、医療保険だけは終身に入るのがいいと思います。

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q息子が保険に加入 しました。 彼女は保険外交員です、、 日本生命にて勤務してます。 加入の際に、彼女

息子が保険に加入
しました。
彼女は保険外交員です、、
日本生命にて勤務してます。
加入の際に、彼女の職域である
???自動車に、、勝手に変更
どの様な罪になりますか?
彼女は、、
心配です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

息子さんが了解済みなら問題ありません。

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q【ジブラルタル生命保険は日本最大の総資産10兆円、個人保険を含む保有契約高34兆8000億円を達成し

【ジブラルタル生命保険は日本最大の総資産10兆円、個人保険を含む保有契約高34兆8000億円を達成した】と自慢しているが、これって契約の割に支払いを全くしていないから積み上がっているってことですよね?

保険会社ってちゃんと支払いをしていたらそう一気に総資産って増えないと思うんです。

結局、支払っていないから総資産が物凄い積み上がる。

違いますか?

Aベストアンサー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%87%91%E4%B8%8D%E6%89%95%E3%81%84%E4%BA%8B%E4%BB%B6リンク先は、2005年から2008年での不払い事件です(WIKI)そして事故が減っているので、損害保険の支払いも減っています。
それでも、契約者への還元はないので、利益はうなぎのぼりですね。
果たして 今度地震などで 災害が起きた時に、保険会社の、対応はどうなるのか??
質問者様の言う通りですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報