(1)“やかん”にお湯を沸かし、蓋についた蒸気を集めれば“蒸留水”になるのですか? (2)家電店で売ってる「除湿機」で貯まった水も、やはり蒸留水なのでしょうか?  ご教授をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

やかんの水を沸かしても蒸留水にはなりません カルキは飛ぶかもしれませんが様々な有害物質はそのままです。

 沸かした蒸気を冷やし少しずつ集めたお水が蒸留水です。 純粋なお水です。
除湿機などのたまった水は水を熱で蒸発させて作った水ではないので蒸留水ではないと思います。 飲料用には使用できるようなものではないので飲むのは危険だと思います。 私は蒸留水を10年以上飲んでいて病気をしたことはありません。
    • good
    • 0

38endoh さんの回答と同じ事ですが,私なりに回答してみます。



 皆さん「蒸留」の意味をお忘れじゃないでしょうか。例えば「理化学辞典 第5版」によると,「蒸留」とは「溶液を部分蒸発させ蒸気を回収して残留液と分離する操作」です。つまり,単なる「蒸発-冷却による回収」ではなく,精製操作です。ですので,精製操作が入っていない(1)も(2)も"蒸留水" とは言えないでしょう。

 実際,「蒸留水」の項には,「蒸留によって脱塩精製した水」とあります。

 いかがでしょうか。
    • good
    • 0

 「蒸留水」という言葉の定義は,単に「蒸留によって不純物が取り除かれた水」となるかと思いますが,実験などで「蒸留水」という言葉を使う時は,その水を精製した方法が重要なのではなく,純度が重要なのだと思います。

つまり「蒸留水」という言葉の裏には「高純度」という意味が暗に含まれているのではないかと思います。

 例えば,蒸留水にひとたび塩類を混ぜれば,それはもう蒸留水とは言えません。それと同様に,蒸留水を集める容器が水溶性の塩類で汚れていた場合,この容器にいれた蒸留水ももはや蒸留水ではないでしょう。やはり,蒸留水と呼ぶには純度が伴ってなければいけないと思います。そうでないと,蒸留水という言葉の存在自体が意味無くなってしまいますから…。

 さて,ご質問の(1)と(2)について,この2つは本質的な差がありますか? 気化した水を凝集させた水という意味において,両者は全く等価かと思います。実際,気液平衡の平衡定数は温度に依存しているため,水の蒸留を沸点以下で行う事も出来ますし,「沸騰」というプロセスは蒸留とは無関係かと思います。

 ただし,(1)も(2)も水の純度に問題がありますので,どちらも蒸留水とは呼べないかと思います。これらを蒸留水と呼ぶと,雨水だって蒸留水になりますよ。
    • good
    • 0

> 蒸留は冷却して結露を利用しないと水にできないと思いませんか?


その通りです。ですから、正しくは「『蒸気を発生させず』冷却による結露『のみ』を利用した物」と書くべきでしたね。\(__ )反省。

訂正有り難うございま~す!
    • good
    • 0

たぶん(1)だけが蒸留水でしょうね。


でも、空気中の水蒸気を冷却して水にするということであれば、
どちらも蒸留水だと言えなくはない気がします。
が、(2)の場合は水を"沸騰させて蒸気にしたものを、冷却してない"ので
"蒸留水"ではないでしょう。
(部屋の中でやかんをストーブにかけて、沸騰させ、それを除湿機で
集めると..."蒸留水?")

zohさん Write.
>冷却による結露を利用した物(クーラーのホースから出る物もそう
>です)が多いと思います。

蒸留は冷却して結露を利用しないと水にできないと思いませんか?
化学の実験で使用する"蒸留機"はパイプの中を流れる蒸気を水で冷却
して飽和水蒸気量からの結露を利用しますが....
    • good
    • 0

(1)は一応蒸留水です。

純度は工業的な「純水」にはかないませんが。

(2)は蒸留していないので、蒸留水とは呼べません。冷却による結露を利用した物(クーラーのホースから出る物もそうです)が多いと思います。

言葉の定義をきちんとしてある文書を参考にしているわけではないので、「自信無し」としておきます。ですが、少し突っ込みを…言葉の定義を質問しているようですので。

水蒸気は「気体」ですので、やかんの蓋に付いている物は既に蒸気ではありません。水です。ですので、「蓋についた蒸気を集める」では、少しおかしいです。(^^;
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水(蒸留水)の電気分解について

水(蒸留水)を電気分解すると、純度の高い酸素と水素は発生しますか?
また、
高純度(99.999%)の水素というのは1回水素を作って、その水素を精製しているのですか?

蒸留水のようなきれいな水を電気分解すれば、それだけで100%の水素と100%の酸素ができそうな気がするのですが実際はどうなんでしょうか?

ちょっとわかりにくいですが簡単に図を書いてます。
(図では電極が結構離れていますが、実際は電気が流れるように電極間の距離は調整するとして)
その図のように最初純水で満たしておけば発生する気体だけが溜まっていくので100%の酸素と水素ができる気がしているのですが・・・

Aベストアンサー

No.2です。
 まず、化学の教科書の一番最初に書かれている部分
純物質:その物質のどの部分を取り出しても同じ物理的化学的性質をもっているもの。蒸留や濾過などでそれ以上分離できない。

 あなたの質問の根本的に間違っている部分は
・純水を
  ・電気分解して
    ・純粋な水素を取りだす。
○純水を
  ×電気分解できない
    ×純粋な水素を取りだすことはできない。

 混合物であろうとなかろうと、それに含まれる水を電気分解して水素を取り出す場合、電気分解自体は化学的操作ですが、それによってその混合物中に含まれる電解質を電気分解して陰極に陽イオンを集めて還元することですから、そのとき発生する物質が気体でなければ、気体になれなければ、
【電気分解自体が純物質を取り出す方法】
なのですから、水に電解質を加えると言う操作が電気分解のための必要な手順と言う事ですよ。
・純水に電解質を加えて【不純な水にして】
  ・電気分解して
    ・純粋な水素を取りだす。
 のが純粋な水素ガスを取り出す方法です。なお、発生した気体には水蒸気が含まれていますから、乾燥させる必要はあります。

No.2です。
 まず、化学の教科書の一番最初に書かれている部分
純物質:その物質のどの部分を取り出しても同じ物理的化学的性質をもっているもの。蒸留や濾過などでそれ以上分離できない。

 あなたの質問の根本的に間違っている部分は
・純水を
  ・電気分解して
    ・純粋な水素を取りだす。
○純水を
  ×電気分解できない
    ×純粋な水素を取りだすことはできない。

 混合物であろうとなかろうと、それに含まれる水を電気分解して水素を取り出す場合、電気分解自体は化学的操作ですが、それに...続きを読む

Q常圧蒸留したとき蒸気の温度が100℃以下なのに受け器に水がたまる理由が分かりません

シクロヘキサノールに85%リン酸を加えて、常圧蒸留を使って留出物を集めるときに蒸留される蒸気の温度が100℃以下なのに受け器にシクロヘキセンと沸点100℃の水がたまりました。なぜだが全然わかりません。教えてください。

Aベストアンサー

ヒント:共沸

これだけで十分なはずだ。あとは自分で調べると良い、課題の丸無げでないのならばね。

Qイオン交換水と蒸留水の違いを教えて下さい

大まかに純水というと、イオン交換水・蒸留水・逆浸透水等が上げられますけど、
その中のイオン交換水と蒸留水の違いを教えて下さい。
当方の考えでは、
イオン交換水:水中のイオン化したイオンを取り除いた水で、クラッド等の固形物       は取り除けていない水。
蒸留水:水を蒸発させ、それを冷却し凝固させた水で、クラッド等の固形不純物は
    取り除かれている。揮発性の溶剤(液体)以外は含まれない水。
なのですが。
また、水のグレード的には蒸留水の方が上なのでしょうか?
どうかフォローの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 基本的には、a-kumaさんの説明どおりですが・・・
 連続蒸留の場合には、確かに揮発性の溶媒のような低沸点物質が含まれる危険性があります。グレードの高い純粋を作るのであれば、最初に全量を容器に入れて、沸騰が安定するまでは蒸気を系外に放出し、安定後に冷却して集めていました。この方法が、実験質的には最も純度が高いということでした。ただし、超純水もこの方法で作るかは知りません。あしからず・
 イオン交換もカラムの状態によっては、誤差が大きいでしょう。それぞれに長所短所があるので、組み合わせることでより純度の高い純水を得ることが出来ると思います。

Q蒸気から水への換算方法を教えてください。 計算式があれば知りたいです。 圧力が0.5Mpa 蒸気量が

蒸気から水への換算方法を教えてください。
計算式があれば知りたいです。
圧力が0.5Mpa
蒸気量が4800kg
これだけの情報でいいかわかりませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

知りたいのは水の重さ?? 体積??
蒸気の体積が前提では無いので、引っ掛け?????

水の重さを知りたいのなら4800kg。質量がどこかへ行くわけでは無い。

水になった時の体積なら。
1g=1ccだから
4800kg=4,800,000cc=4,800リットル

Q蒸留水製造装置による放射性ヨウ素の除去

職場でイオン交換樹脂を通した蒸留装置を使っております。
我が家には生後8カ月になる子供がいて、東京都在住ではありませんが、水の汚染が心配で今朝からミネラルウォーターでミルクを作ることにしました。
しかしストックが8本しかなく、原発事故も当分改善する見込みがないため、娘の飲用に職場の蒸留水を少し分けてもらおうかと考えております。
そこで質問ですが、化学実験レベルの蒸留水製造装置で放射性ヨウ素は除去できるのでしょうか?
また、実験用の蒸留水製造装置の水は飲用に適しているのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、用語を正確にしておきましょう。

・蒸留水……水を加熱し水蒸気にして、再び凝縮さてたもの
・イオン交換水……イオン交換樹脂を通したもの

まず、水中でヨウ素やセシウムがどのような状態になっているのかは
わかりません。極微量なのでどのような方であったもおかしくないから
です。
セシウムに関してはアルカリ金属で水と反応すると思いますので、
Cs+で存在している確率が高いでしょう。ですから陽イオン交換樹脂
がH+に置換するはずなのですが、元来が微量なのでどこまで減少
できるかわかりません。

それよりも、ミルクを作るときに重要なのは放射性ヨウ素の量です。
これが水中でどのような形でいるのかがわかりません。
I2の単体なのかHI等の陰イオンか、I3^-のような多重イオンか?
うがい薬などの高濃度の場合はI3^-でないと溶けないのです。

下記のURLでもわかるよにヨウ素の製造は地下水をイオン交換樹脂に
通して作られるようです。ですから、ある程度の濃度ならばかなり有効
であるということです。
http://www.ntgas.co.jp/iodine/manufacture.html

今回のヨウ素の量は極微量であり、I2のまま溶けていても
おかしくはないのです。I2であればイオン交換樹脂では捕捉できません。
しかし、活性炭で捕捉できるはずなので、イオン交換樹脂と活性炭を
組み合わせるとある程度は除去できるのではないでしょうか?

と言ってもいずれもが極微量の物質なので、どれだけ除去できるかは
わかりません。詳しいデータも見たことがありません。水で困っている
人がいるのですから、この辺りのデータがそろそろ欲しいですね。

まず、用語を正確にしておきましょう。

・蒸留水……水を加熱し水蒸気にして、再び凝縮さてたもの
・イオン交換水……イオン交換樹脂を通したもの

まず、水中でヨウ素やセシウムがどのような状態になっているのかは
わかりません。極微量なのでどのような方であったもおかしくないから
です。
セシウムに関してはアルカリ金属で水と反応すると思いますので、
Cs+で存在している確率が高いでしょう。ですから陽イオン交換樹脂
がH+に置換するはずなのですが、元来が微量なのでどこまで減少
できるかわかりません...続きを読む

Q【化学・除湿剤】「天然の半永久に使える除湿剤を考えました!!!」 市販の除湿剤は湿気を吸うと膨らん

【化学・除湿剤】「天然の半永久に使える除湿剤を考えました!!!」

市販の除湿剤は湿気を吸うと膨らんでもう使えなくなる!

大きい除湿剤はカメラ用品の除湿剤を買うかお菓子に入っている除湿剤を使うしかない

お菓子欲しさじゃなくて大きい除湿剤目当てで大きい除湿剤入りお菓子を買う大人多数!!!

そこに登場しますわ、

半永久に使える除湿剤!!!

何と、プール用品のプール用のゴムみたいなタオル。

これ乾くとパリパリになる。

で、水気をおもいっくそ吸う。

ということは洋服ダンスに除湿剤を入れるのではなくプール用のゴムみたいなタオルを入れておくと湿気取りになるのではないでしょうか!!!

どうでしょう

天才ですか?アホですか?

Aベストアンサー

湿気を吸うと、その分重くなるはず。
湿気を吸い続けたら、どんどん、、、

えーと、シリカゲルはkg単位で売っていますし、湿気を吸った後はフライパンで乾煎りするとまた使えます。
https://www.amazon.co.jp/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E7%9F%B3%E7%81%B0%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E6%89%80-%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%82%E9%99%A4%E6%B9%BF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%AB-1%EF%BD%8B%EF%BD%87/dp/B0065C8IUQ

Q滅菌蒸留水

質問のカテゴリーが間違っていると思います、ごめんなさい!

病院の点滴などに使われているのは、滅菌蒸留水だと聞いたことがあるのですが、医療用の滅菌蒸留水は個人で購入出来るのでしょうか? 購入方法など教えていただけると有難いです。
また、薬局などで良く見かける、精製水との違いは何かあるのでしょうか?
アトピー性皮膚炎用の化粧水の作り方を教えてもらい、それに滅菌蒸留水が必要だと言われ困っています。

どなたか回答をお願い致します。

Aベストアンサー

点滴用に使うものは、注射用蒸留水です。
化粧水を作るのなら、滅菌精製水でよいでしょう。
精製水もありますが、滅菌していないので、品質の悪いメーカーのものは、菌がいる可能性があります。
注射用蒸留水と滅菌精製水の違いは、エンドトキシンの企画値が有るなどです。

Q純粋な物質(例えば水)を蒸留する際、沸点に到達したときに全部の水が一度

純粋な物質(例えば水)を蒸留する際、沸点に到達したときに全部の水が一度に蒸気にならないのは何故か。

Aベストアンサー

純粋な水でも普通の水でも殆ど同じ事ですが、お湯を沸かす時沸騰し始めても、蒸発させてしまうには熱を加え続ける必要があります。

Wikipedia 蒸発熱等を参照下さい。

Q【バッテリーの取り扱いの注意】に「長期間使用しないときは蒸留水を上限まで補給しておくこと」とあります

【バッテリーの取り扱いの注意】に「長期間使用しないときは蒸留水を上限まで補給しておくこと」とありますがこれはどういうことですか?

バッテリーに蒸留水を入れるところがあるんですか?

Aベストアンサー

どんなバッテリーをお使いですか? 旧式の硫酸鉛蓄電池でしょうか?

もしそうだとすれば、長期間使用しないと放電しきって薄くなったバッテリー液が蒸発して量が減ってしまっている可能性があるので、蒸留水を補給する必要があります。

硫酸鉛蓄電池のバッテリー液は元々濃硫酸です。放電とともに薄くなって最後は水になります。水は蒸発するので量が減ってしまうのです。

最近のバッテリーはカルシウムイオン式です。密閉型なのでバッテリー液を補給する必要も補給する穴もありません。

硫酸は大変危険な劇物なので、最近ではあまり使われなくなったと聞いております。昔はバッテリー液という名称でカーショップに濃硫酸も売ってたんですけどね。

Q純粋な物質(例えば水)を蒸留する際、沸点に到達したときに全部の水が一度

純粋な物質(例えば水)を蒸留する際、沸点に到達したときに全部の水が一度に蒸気にならないのは何故か。

Aベストアンサー

 質問のアップロードの手違いで同じ質問を繰り返しているのでしょう。
 それはともかく、前の質問に対するNo.2のお答えのとおりですよ。
 ある量の水全部を一度に気化させるには、それなりの量の熱が加わる必要があると言うことです。
 たとえば赤熱した鉄板に水滴を落としたときのように、少量の水に大量の熱が一気に加われば全部の水が一度に蒸気になることができるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報