今年に入ってすぐ母が亡くなりました。私の住んでいる所が母の実家付近だという事と、祖父母の強い願いにより母方の宗派で葬儀・四十九日を済ませました。お墓も母の実家近くにたてるらしいです。しかし・・・これから少し困った事になりそうなんです。 というのも、母方の親戚類はほとんど地元に残っておらず、祖父母が亡くなった時点で母方の宗派を分かる人がいなくなるんです。今住んでいる家も持ち家ではないので、そこに父が永住するかどうかは分かりませんし私も嫁ぐ身です。兄が居ますが、結婚して別の所に住居をかまえているのでこっちには戻ってきませんし、奥さんも母とは宗派が違います。(兄夫婦は奥さんの実家寄りなので、葬祭関係も奥さんの宗派で行うと思います。)
 これから先の事を考えると「兄は仏壇を2つもたないといけないのか?」「地元に誰も残らないのに、お墓の管理はどうするのか?」等、色々心配になってきました。しかし、父はそんな事は全然考えていません。「お母さんの祖父母がお墓の土地を用意してるんだからそこに建てればいいじゃないか」←くらいの考えです。何かいい方法はないでしょうか?
 

A 回答 (4件)

お母様を失われたあなたの心中もお察ししますが、


娘に先立たれたおじい様おばあ様のお気持ちを考えてください。
おそらく自分達が入るために準備していた処に、
お母様は埋葬されるのだと思います。
従って、おじい様おばあ様がご健在の内は、
お墓を云々することは、いかがなものかと思います。

そうは言ってもいずれは、おじい様達もご他界されますね。
その時点で、そのお墓を誰が守っていくかのかを、
ご親戚や墓地管理者(お寺等)と話し合うべきです。
一般的には、お母様の男兄弟が守っていく(お寺との付き合いを継承する)場合が多いですが、
文面から察するにお母様は一人娘なのではと思います。
その場合、お父様が引き継がれることになると思います。
その時点で、お墓を移すかどうか考えたらよろしいかと思います。

更に将来、お父様から、あなた方どちらかに引き継ぐわけですが、
お墓を探すのに苦労する人が多い昨今、
遠隔地とはいえ、入るところがあるというのも
そんなに悪いことではないと思います。
遠隔地にお墓があっても、墓地管理者とうまくやっている方も少なからずいらっしゃいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

母には下に弟が2人居ますが両方県外に出ており、住居も向こうにかまえているのでこちらには戻ってこないんです。祖父母とも絶縁状態で、葬儀の時も連絡しませんでした。(祖父母が嫌がったので)もう一人、妹(私からみて叔母)がいますが結婚して地元には居ません。昨日もう一度父とお墓について話したのですが「先の事なんてワシは知らん。お前らでどうにかしろ」と言われました。どうやら何を言っても無駄なようです。アドバイスにもあったように、その時がきたら兄と相談してお墓を移動するなり等したいと思います。ご意見ありがとうございました^^

お礼日時:2005/04/06 09:39

お墓の管理については、いろいろ問題もありなかなか難しいものですよね。


家もお墓が遠隔地にあり年に数回しかお参りができず、悩んでいました。「マイルーム納骨堂」というものがあると言うので検討しています。
宗旨・宗派の違うかた同士でも大丈夫ということです。
お仏壇を2つもたなくてもいいという利点もありますが、既成概念をお持ちのかたには受け入れにくいかもしれませんが・・・。

参考URL:https://www.nichirin-fukuyamarakuten.com/shop
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「マイルーム納骨堂」の事は初めて知りました^^;が、私の住んでいる所は田舎の方なのでkokoron08さんが言われる通り、祖父母や親戚類は受け入れにくいでしょう。私と兄はあまりそういう事にはこだわってないので、その時(私と兄しかいない状態)になってからこの話も参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございました^^

お礼日時:2005/04/08 09:43

視点を変えてください。


お墓が遠いなど残った人たちにとって都合の悪いことが、決して亡きお母さまにとって都合の悪いことではないのです。
ある意味、お父さんの言われる「お母さんの祖父母がお墓の土地を用意してるんだからそこに建てればいいじゃないか」というのが、亡きお母さまのお気持ちを考えれば一番良いことではないのでしょうか?亡きお母さんも、自分の親が用意してくれたお墓に入り、親の近くに居られるのは嬉しいのではありませんか?
お母さまならどう思うだろうか?という視点で考えて見ましょうよ。
後のことは後で考えればよいことです。
合掌
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。後の事は後で考えればいいのかもしれません♪祖父母も最初は「お兄ちゃん家の近くにたてた方がいい」と言っていたので(母が死んだら意見が変わりました)将来どうするかは意外にスムーズに決めれそうです。ただ、問題は父なんですけどね。なにはともあれ、参考になりました^^ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/06 09:34

私の父方も同じような環境でしたので、最近兄弟で話し合ってお墓を移しました。

周りの兄弟も比較的行きやすくなり、兄弟のうちの一人の家から近くにうつしました。必ずくる問題ですから早めに検討して打開策をたてた方がよろしいかとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お墓って移動できるものなんですね?私はこういった事が初めてなので知りませんでした。とても参考になりました♪ありがとうございました^^

お礼日時:2005/04/06 09:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏壇の開眼供養をしていない

家の仏壇は祖母が亡くなった際(19年前)に購入しました。最近母が亡くなり私が色々としているのですが、仏壇の開眼供養をした記憶がありません。ただ仏壇を購入して、菩提寺からいただいた阿弥陀様と、祖母のお位牌とご先祖様の回出位牌を入れて今に至っています。ミニ仏壇で場所がきつくなることもあり、祖母を回出位牌に移して、母のお位牌を今は入れてあります。もうじき初盆で、そもそも開眼供養していない仏壇でいいのか気になっています。菩提寺が二時間弱かかる場所にある為、家に来ていただいたことは今まで一度もありません。

Aベストアンサー

仏壇の開眼供養は菩提寺さんでなくとも大丈夫ですよ。

近所の同じ宗派のお寺さんにお願いすれば良いのです。

仏壇はその宗派のご本尊をお祀りする場所です。
同じ宗派であれば、どこのお寺さんでも開眼供養は同じですから。

Q母方祖父母のお墓が荒れ始めている 孫はどうすればよい?

プロフィール 
・私 還暦世代の男。
・宗派 禅宗(これ以上は書くのをやめておきます。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長文で申し訳ありません、。

母方祖父母のお墓の今後についての相談です。

私はそのお墓のある近隣の市に住んでいます。
私は祖父母が亡くなった私の青年時代から母とともに、父方のお墓参りとついでに
時々祖父母のお墓もお参りしていました。(別のお寺です。宗派は同じ。その時の運転手は私。)
祖父母との幼い頃からの思い出がたくさんあります。
母が出かけるときによく祖父母宅に預けられたので、私は祖父母にも可愛がられ、
一方で厳しくもしつけられました。

母は故人となりもう8年。一昨年七回忌を執り行いました。

母方の祖父は県の幹部公務員(お墓がある市の)でした。
現職時代の功労が認められ勲章も戴いています。
その姿を見て育った私は、自分も市の職員(公務員)になりました。
祖父ほどではないですが人並みに大過なく昇進してこれたと思っています。
(県職員も受験しましたが、残念ながら不合格でした。)
それでも祖父母はわが事のように私の市職員合格を喜んでくれました。
その私も定年が近づいてきました。

母には男きょうだいがおらず姉妹しかいません。(母を含め女5人)
その姉妹は、それぞれ私の住む地方から飛行機でないと行けないような遠い街に嫁いでしまいました。
それでも以前は時々、墓参に訪れていました。

母の生前に聞いていたのは、墓の管理費用は祖父から相続を受けた伯母(長女)と
祖父母と最後まで同居した叔母で支出するということでした。
(母を含む中間の娘三人は相続放棄した。)
女系家族と言うのは不思議なもの。なんの因縁なのか、いとこ、も女ばかりで嫁に出ています。
伯母 叔母とも高齢です。その娘である、いとこも下は40代後半 上は70近くです。

一昨年、祖父の三十三回忌に相当するので、どうするのか伯母方(伯母は老人ホーム)のいとこ、
と叔母に紹介しましたが、もう 何もしたくない できない といいます。
仕方なく、私は住職に事情を話し(私は三十三回忌の施主を行う立場ではないがお参りはしたい。)
1万円のお布施を納めてお経をあげてもらってきました。
お布施を納めたのは、「お寺は檀家で成り立っている。」と考えているからです。
そのためには「気持ちだけでよい」のではなく、「金員も必要」と考えたからです。

それまで管理費は払っていたようですが、先日お彼岸で墓参りに行った際、お寺の方が来られ、
この数年、管理費を滞納されていることがわかりました。
私はそのお墓にお参りはしますが、管理費を納めることまではできないとお話してきました。

自分も長男なので父方の先祖供養や法要はきちんと行わなければならないと思っています。
代々の檀家であり、過去には地域の名士として郷土史の本にも紹介されています。
檀家総代も勤めたようなのでいい加減なことはできない。とも感じています。

父方祖父母の33回忌 父方曾祖父母の50回忌までお斎省略にしていますが執り行っています。
その上に母方のお墓の管理まで請け負うのは変だとは感じています。

再来年には母方祖母の三十三回忌がやってきます。
このことを伯母 叔母たちに話しましたが関心がない。
いとこたちも困った顔をしています。

なんでそんなにお墓参りが好きなの? とまで言われて凹んでいます。
幼いころは祖父母宅に孫が集まりにぎやかだったのに・・・

私は正直を言えば呆れています。本音としては なんだよ それでいいのか? と
ガツンと言いたい気持ちなのですが。

一時間余り、祖父母のお墓の掃除と草むしりをして、御線香をあげて、涙があふれてきました。
これからこのお墓はどうなってしまうのか?
娘(伯母 叔母)たちに見放された亡き祖父母が不憫です。亡き母はどう思っているのでしょうか。

私の願いとしては
・もうお墓を見る人がいないのであれば、娘(伯母 叔母)たちで、祖父母を永代供養として墓じまいをしてほしい。

私は、一部なら費用負担してもよいと思っています。
管理費をとりあえず納めて維持するのであれば、それは大したお金ではありませんが(年間1万円)それを代わって払い続けるとしたら、私の子たちは困ってしまいます。
よく知りもしない、母方の曾祖父母の墓の面倒を見る、ひ孫は一般的ではないですよね。

私はどうすればよいのでしょうか。
皆様のアドバイスをよろしくお願いします。

・「千の風になって」の歌詞の考え方は私は好みません。それだったら初めからお墓などつくりません。

プロフィール 
・私 還暦世代の男。
・宗派 禅宗(これ以上は書くのをやめておきます。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長文で申し訳ありません、。

母方祖父母のお墓の今後についての相談です。

私はそのお墓のある近隣の市に住んでいます。
私は祖父母が亡くなった私の青年時代から母とともに、父方のお墓参りとついでに
時々祖父母のお墓もお参りしていました。(別のお寺です。宗派は同じ。その時の運転手は私。)
祖父母との...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>戦後の個人主義の台頭、家制度の意識的崩壊。

自分に都合の良い部分だけ使ってくる人が増えたことに嘆きを感じます。


まったく、その通りですね。

戦後、日本は負けましたが、日本を崩壊させるためには「個人主義」を

持ち込めば良い、、というのが、マッカアサーを始め、アメリカの日本研究者の

一致した考えでしたね。

それらの、アメリカの目論見の、日本崩壊対策は成功したように思えます。

先祖を蔑ろにする日本人が増えてきましたね。

それにしても、1000万円ですか!!

それはまた、大きな金額ですね。

私は、こういう問題は、素人ですから、愚問かも知れませんが、

祖父が三男さん、、ということであれば、そして、女系家族、、ということであれば

もう、供養は、しなくてもいいのではないでしょうか?

貴方が、生きておられる間、1万円のお布施をされるだけでも充分なように感じます。



母方の、ご先祖の墓前で「これからどうしたらいいでしょうか?」と

相談されたら如何でしょうか?

きっと、ご先祖様にも、あなた様にも、丁度良い解決案が

出てくると思います。

ご先祖様に、墓前でどうしたらいいか、相談しましょう。

ベストな解決案を、ご先祖様が用意してくれると思います。

北海道札幌市に、家系図作成代行センター、代表 渡辺宗貴

というところがあります。

私は、夫の、父方、母方 私の父方、母方4家の家系図を作成してもらいました。

そこには、私も、夫も知らなかった祖父母の兄弟姉妹、曽祖父母の生、没の年月日と

さらに5代前まで調べてくれます。

一番古い方は、天保の方です。

天保といえば、新撰組の近藤勇とか土方歳三、、などが生まれ育った時代ですね。




私も、お墓のことは、どうしたらいいのか、、は、分かりませんが

お参りされるにしても、祖父母くらいまてでいいのでは、、。

後は、◯◯家ご先祖様で一括でまとめられたら、、と思います。

が、それをするのに1000万円ですか?

まだ、なんらかの方法があるのではないでしょうか?

回答にならなくて申し訳ございません。

No.1です。

>戦後の個人主義の台頭、家制度の意識的崩壊。

自分に都合の良い部分だけ使ってくる人が増えたことに嘆きを感じます。


まったく、その通りですね。

戦後、日本は負けましたが、日本を崩壊させるためには「個人主義」を

持ち込めば良い、、というのが、マッカアサーを始め、アメリカの日本研究者の

一致した考えでしたね。

それらの、アメリカの目論見の、日本崩壊対策は成功したように思えます。

先祖を蔑ろにする日本人が増えてきましたね。

それにしても、1000万...続きを読む

Q仏壇 - 開眼供養料 について

仏壇 - 開眼供養料 についてお尋ねします。

先日、仏壇を新調しました。本当は 家を立て直した際に(約10年前)新調したかったのですが、家督をついている父が、そうういうことに疎く、また 他の人の意見を聞き入れず、このまま時間が過ぎてしまいました。この度、どうにか父を説得し、やっと新調することができました。古いものは 仏具屋さんに処分していただいております。

仏壇・位牌の開眼供養を 菩提寺にお願いをしようと思っております。通常 仏壇・位牌の開眼供養の費用とは どれぐらい かかるものなのでしょうか。今回 仏壇を新調した際、位牌も 新調をしております。

相談する先がわからず、投稿したしだいです。
お手数ですが、知っておりましたら 教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 開眼法要の御布施は,1~3万が相場ではないでしょうか。
 仏壇に魂入れをするのではなく,仏壇に祀られている御本尊様に魂入れをします。
 
 気になるのは,古い仏壇の御本尊様と位牌は,魂抜き法要をせず処分されたのでしょうか。

Q母の遺骨をとりあえず母方の墓に入れることは可能?

先日母を亡くし、4月に納骨の予定なのですが、
生前母が父方の墓(父は長男です)に入ることをあまり望ましく思っていなかったため、
せめて父が生きているうちは、実の両親の眠る墓に入れてやりたいと思っております
(父が亡くなったら父の遺骨と一緒に父方の墓に入れる予定です)。
私を含め兄弟(実の息子達)は大賛成、父並びに親戚も概ね賛成なのですが、
法的、宗教的、その他問題はないでしょうか?
今思いつく問題点は、一度納骨した遺骨を取り出して別の墓に移すことは可能か、
墓石に彫る名前はどうなるのか(母方の墓に母の名前を彫ったら出た後にどうするか)
などです。
ちなみに宗教は浄土真宗、母方の墓は埼玉県大宮市の公園墓地、父方の墓は上野の某お寺です。
四十九日まであまり日がないので、どなたかお詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

amida3@本願寺派布教使(浄土真宗の坊さん)です。すでにNo.1で回答済みですが、宗教的に特に問題はありません。
確認すべきは、母方の霊園規則での納骨可能範囲に入っているかどうかです。
この点がOKなら納骨できますし、そして、母方の墓所が寺院墓地ではなく「霊園」なので、将来出して改葬する場合も埋葬証明書はすぐに発行してくれると思います。(その後市役所で改葬許可証を取得し改葬)
また、両墓地とも関東なので、田舎のように「骨壷から出してザザッ!」と混ぜるのではなく」骨壷のままの納骨でしょうから、改葬もしやすいです。
あと、1点覚えておかなければならないのは、「お骨」はいつまでもそのままの状態ではありません。カルシウムですから徐々に空気中の水分を吸収し、10年もすれば、量も半分近くになり、早ければ、20年もすればつ壷の中に骨の形が残っていない状況になる(水状になってしまう)こともあります。
また、No.1の言う分骨は、伝統ですが、火葬時に「分骨証明書」を取得していませんので、今からですと、一旦納骨後、その墓地管理者から「分骨証明書」を取得してからでないとできません。
浄土真宗では阿弥陀さまだけにしか読経したり、手を合わせたりはしないのです。
阿弥陀様は、形に表せば仏像(木像)ですし、絵に描けば、御仏壇などのご本尊・絵像様ですし、字にあらわせば「南無阿彌陀佛」です。
ですから、墓石に「南無阿彌陀佛」をと申すのです。
ただ、この字が無ければ、別に絵像などを持参しお参りさせていただくだけですので、必ず必要な文字とまでは言いません。
墓はその漢字を見ても下に「土」とありますように、残った骨を土に戻すための宗教上の施設です。その墓に入れて、土に戻るまでの期間を経過させているだけです。つまり、最後に残った遺骨を土に返すための宗教上の施設であります。
いずれにいたしましても、お墓が、自分が仏法に出会わせていただく大きなご縁になりませんと、本来の意味がありませんので、亡き人を縁として仏法に出会い聞いていくという仏道を歩まれることを念じあげます。
合掌

amida3@本願寺派布教使(浄土真宗の坊さん)です。すでにNo.1で回答済みですが、宗教的に特に問題はありません。
確認すべきは、母方の霊園規則での納骨可能範囲に入っているかどうかです。
この点がOKなら納骨できますし、そして、母方の墓所が寺院墓地ではなく「霊園」なので、将来出して改葬する場合も埋葬証明書はすぐに発行してくれると思います。(その後市役所で改葬許可証を取得し改葬)
また、両墓地とも関東なので、田舎のように「骨壷から出してザザッ!」と混ぜるのではなく」骨壷のままの納骨で...続きを読む

Q仏壇の開眼供養について

お寺の本堂で法要とあわせて仏壇の開眼供養をします。
新品の仏壇を仏壇屋直送で寺に運びます。
仏壇とあわせて購入した過去帖や五具足などの仏具類もすべて
セットするのですか?それとも仏具類はセットしなくてもよいものなのですか?

Aベストアンサー

真言密教では仏具もすべて
仏様方の三摩耶形(シンボル)といいます
仏像とお位はいの目を開けるのが
開眼供養だと思われていますが
お仏壇自体もこれ仏の世界
極楽浄土であるとして
宝楼閣:ほうろうかく という
印真言を結誦して拝みます
お寺の本堂でわざわざお経を上げて下さるのですから
きちんと仏具も用意して
おまつりものを供えて
拝んでもらうべきです

Q1年前に母が亡くなり、事情があって主人の実家のお墓に納骨させてもらって

1年前に母が亡くなり、事情があって主人の実家のお墓に納骨させてもらってます。骨壷などには入れずにじかに納骨してるので、他のご先祖様たちのお骨と混ざってしまい、誰の骨だか分別がつかない状態です。もしこの先、新しくお墓を買ったりしてお骨を移す場合、母のお骨を選別するのは難しい状態です。どうしたらいいか困ってます。何か良い案はないでしょうか。

Aベストアンサー

 納骨の方法は,地域によって異なります。私の住んでいる地域では,遺骨は骨壷から取り出して納骨します。これは,「亡くなったら土に還る」という伝承があるからです。
 こういった場合,特定の遺骨を取りだすことができませんので,墓地の土を移します。遺骨は土に還っているので,その土を移すという方法です。お年玉を入れるポチ袋ぐらいの土を採取し,その土を新しい墓地に納めます。

Q仏壇の開眼供養 浄土宗

同関連の質問をして解決としたのですが、やはり気になり改めて。うちのお仏壇は開眼供養していなくて19年になります。先程菩提寺のご住職に聞いてみたら、浄土宗は特にそれはしなくちゃいけないってことじゃないから大丈夫だと言われました。家だから、と。それで良いのでしょうか?開眼供養していないお仏壇の中にお位牌を安置して、ご先祖様に語りかけて、繋がりますか?お仏壇は窓口のようなものだと聞いたことがあります。母が亡くなり新盆なので、尚更気になっています。仏壇開きしてないと意味がないなら、やっぱりちゃんとしたいし… どう思われますか?菩提寺のご住職がおっしゃるように、阿弥陀様やご先祖様の家のようなもので、故人への想いはお線香をあげたり祈ることで伝わっているのでしょうか?

Aベストアンサー

19年間も大切にしてきたんですから、すでに「魂」は伝わっていますよ。でも、

>やっぱりちゃんとしたいし

と思うなら、気の済むようにきっちりやるしかありません。
「信心」は文字通り「心」の問題ですから、最後はあなたの気持ち次第です。他人の意見に左右されずに、自分で良いと思うことを信じてやるだけです。

Q母方の祖父母の墓参に付いて

母は一人娘で現在84歳です。
現在。母は自分の両親の墓参りに一人で行っています。
私は代わりに自分の祖父母の墓参りを行っています。
今後両親は私の先祖の墓に入ることになりますが、その場合
母方の墓参はどのように考えてたらよいでしょうか?
母は永代供養料を払うので、墓参だけし欲しいと言っていますが。

Aベストアンサー

>今後両親は私の先祖の墓に入ることになりますが…

父方の先祖ということですか。

>母は一人娘で現在84歳…

父母が結婚されたころは、まだまだ家中心の世界だったと思うのですが、母は婿を取るのでなく嫁に出たわけですか。

もしそれで間違いなければ、母の親 (あなたの母方祖父母) は、自分たちの代で家が途絶えることは覚悟していたはずです。
そこはあなたも割り切るべきで、あなたの子供の代、孫の代まで引きずらないようにするべきと思います。

>母は永代供養料を払うので、墓参だけし欲しいと言っていますが…

あなたが元気なうちはお参りすれば良いですが、やはりここはきちんと永代供養といいますか、合同墓などへ改葬して、そのお墓は更地に戻すべきでしょう。

Qお仏壇の開眼供養についてお尋ねします。

お仏壇の開眼供養についてお尋ねします。

夫が先月亡くなりました。夫は長男で実家には先祖代々のお墓も仏壇もありますが遠方の為、こちらで葬儀、初七日の法要を行いました。その際に実家のお寺様にお願いしなかった為、少しトラブルになっています。

49日の法要の際に実家のお墓に納骨し、位牌の魂入れしてもらう予定になってますが、その後位牌はこちらで祀ることになってます。夫の両親が健在のため「仏壇は私達が祀れなくなったら、この仏壇を引き取るか、買い替えれば良いので、今はまだ買わなくても良い」と言われていますが、我が家の仏壇スペース(半間地袋付き)に位牌と仏具だけというのも可愛そうな気がします。

ただ、お寺様と実家のトラブルも聞いていますし、予算も無いので49日の法要が終わったあと、こちらで位牌と仏具だけが置けるような略式のミニ仏壇を購入をして祀ろうかと考えていますが、位牌のみでご本尊を置かない場合でも“開眼供養”は必要ですか?

ちなみに宗派は“曹洞宗”です。

Aベストアンサー

こんにちは

位牌のみでも毎月の御寺様による御参りなどがないようでしたら開眼法要はナシでもいいと思います

のちのち御仏壇がくるのであれば その間の代わりとして 略式のミニ仏壇でもかまいませんし 
御位牌だけをお考えでしたら 位牌1本が入って簡単な仏具な並べられる厨子がありますので厨子に入れて仏間に入れなくても台の上で祀られても いいかと思います 

最近、ホームや施設等に入居される方が小さな仏壇や厨子を購入し
本尊のみ や 先祖代々の位牌のみを置いて御参りされる方も多いです

厨子は、いろいろありますのでプラスチック製ですと2万円くらいからあります  参考まで

Q母方祖父母のお墓参りについて

母方祖父母のお墓参りについて

当方、代々(祖父母、父母、私)あまりきちんとお墓参りする方では無く、気が向いた時、
近くに行った時、ピクニック気分でお墓参りをしておりました。その際には、お寺さん
には寄っておりませんでした。

因みに、そのお墓は祖母が亡くなった際に、祖父が、地元ではなく、祖父の好きな土地
に建てたもので、家からは少し離れた場所にあります。
その後、祖父も無くなり、母の兄(長男)も亡くなり、今はその長男(従兄)が管理してます。
従兄がどの程度、お参りしてるかは不明です。

先日、家族で近くを通ったので、私の家族では初めて墓参りしました。その際、家内が、
「こういう時はお寺さんに挨拶しなきゃ!」と言って、いくらか(3千円程度?)、封筒も
無かったので、ティッシュに包み、本堂の隣の母屋に声をかけ、ご挨拶しました。応接
間に通され、住職(と言っても、お寺さんも代が変わってますが)が、故人達の印象を話
して頂いたりしました。上述の通り、付き合いはあまり無かったためひねり出すような
感じでしたが。

長々と書きましたが、やはり、このように挨拶は必須で、お寺さんにも寄らずに墓参り
のみは非常識でしょうか?

母方祖父母のお墓参りについて

当方、代々(祖父母、父母、私)あまりきちんとお墓参りする方では無く、気が向いた時、
近くに行った時、ピクニック気分でお墓参りをしておりました。その際には、お寺さん
には寄っておりませんでした。

因みに、そのお墓は祖母が亡くなった際に、祖父が、地元ではなく、祖父の好きな土地
に建てたもので、家からは少し離れた場所にあります。
その後、祖父も無くなり、母の兄(長男)も亡くなり、今はその長男(従兄)が管理してます。
従兄がどの程度、お参りしてるかは不明です。

...続きを読む

Aベストアンサー

事務的な話なら、
お寺の所有地内にある墓地ならば、お寺に挨拶していないと、お参りに来ていないということでお墓の撤去の対象になってくることがあります。従兄さんが管理料なんかを払ってきちんとやっているなら問題ないですが、怪しいと思ったら顔を出しておくと心配なくなります。

東京のお寺なんかだと、不審者が入らないように墓地の入り口に寺務所に寄るように看板があったり、防犯カメラがあったりします。東京は寺務所で、お線香やシキミや色花が売られていることも多く、寺になんとなく挨拶をするのが常識な感じがします。


お寺の管理している墓地でなければ、お寺に挨拶しなくても、お墓を撤去されることはありません。
地方では、山のふもとなどに地区のお墓があったりするので、そういうところではお墓参りの度に、お寺にわざわざ行ったりはしないかもしれません。ただ、地方だと、おばあちゃんとかがことあるごとに付け届けや収穫物をもっていったりということもあるので、滅多に行かない家の人間なら行っておいた方がいいかもしれません。お寺からの連絡などもあるかもしれませんし

ただ、あなたがお墓の家主ではないのですから、毎回行くのが嫌だったら、お寺で「○○家の人間はお参りに来てますか?」と聞いて「来ている。」と言われたら、従兄さんに事務的なことは任せて毎回行くこともないかもしれません。


ただ、そもそも毎日お寺は檀家の先祖たちの供養をしているので、たまにはお礼にいくべきだと思います。古いお寺だと、その家の先祖の過去帳(記録)なども保管していたりするので、そういうことにもたまには感謝しに行ってもバチはあたらないと思います。


宗教ごとって、家ごとに大きな差があるので、常識とは一概に言えません。
信心深い本家と、滅多にお墓参りにいかない分家なんかだと、その差は大きいものになります。本家だと、嫌がおうにもお寺に行かなくてはいけなかったりもありますが、分家だとお墓の管理に口出しできないしお寺は関係ないということもありますから、双方の常識も変わってきちゃいますよね。

事務的な話なら、
お寺の所有地内にある墓地ならば、お寺に挨拶していないと、お参りに来ていないということでお墓の撤去の対象になってくることがあります。従兄さんが管理料なんかを払ってきちんとやっているなら問題ないですが、怪しいと思ったら顔を出しておくと心配なくなります。

東京のお寺なんかだと、不審者が入らないように墓地の入り口に寺務所に寄るように看板があったり、防犯カメラがあったりします。東京は寺務所で、お線香やシキミや色花が売られていることも多く、寺になんとなく挨拶をするのが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報