幕末に渋沢栄一が能力を認められ取り上げられたと言う事ですが商人でなく大百姓の渋沢にどう言う能力があったという事なんですか?

A 回答 (3件)

 渋沢栄一は、『日本が生んだ最高の経済人』『日本資本主義の父』。

これ以上はない賛辞をおくられ、第一国立銀行総監役ほか、91年の生涯に関係した営利事業は500社を超えると言われた人ですね。
 おしゃる通り、生家は代々農業、養蚕の傍ら、利益の多い藍玉(藍の葉を発酵させ、干し固めた染料)の製造・販売も手掛ける武蔵国血洗島(現・埼玉県深谷市)の富農です。一三才の時のペリー来航で尊王攘夷熱にとりつかれ、二三歳の時(1863年)上州高崎城乗っ取りを計画するも挫折し村にいずらくなり、京に出て徳川慶喜に仕官。1867年、幕臣としてフランスに留学します。ここで栄一は生涯のバック・ボーンとなる資本主義の真髄を獲得します。それは、3つあり、まず第一が人々が金を出し合って利益を上げる『株式会社組織』。第二に官尊民卑の風潮のない、武士と商人が平等に付き合う社会。そして、第三に、国王も物の売り込みをする『商』の地位の高さ。(これは、ベルギー国王レオポルド1世から直々に鉄の売り込みをうけての実感だったといいます)帰国してからは留学で得た知識を元に日本最初の株式会社『商法会所』を静岡に設立。しかし、同年大蔵大臣の大隈重信から徳川家の財政を支えた理財術、半紙一枚まで狂いが無いと言われた留学費用決裁書、それに実業家としての手腕を見込まれ『大蔵省租税正(今でいう大蔵省主税局長)』のポストで迎えられます。
 その後の昇進も目覚しく、租税制度の改革、貨幣銀行制度の改革など多くの実績を残し、明治5年(1872年)大蔵少輔事務取扱(事務次官)のポストまで登りつめますが、井上馨と共に辞表を提出。
 三十三歳の時(1873年)日本最初の銀行『第一国立銀行』を創設し、以後、日本鉄道(国鉄)、東京海上、東京ガス、王子製紙など500社を超える企業の創設に係わりました。

 最後ですが、渋沢財閥は『財無き財閥』と言われ、終戦時、財閥解体が行われた時、三井十一家30億円、三菱岩崎五家33億円に対し渋沢一族には1000万円に過ぎなかったといいます。
    • good
    • 0

海外に出て見聞を深め、帰国して精力的に活動したと言う感じでしょうか。


渋沢栄一は埼玉の深谷出身なのですが,そこでレンガ会社を設立したり、秩父セメントの創設に関わっていた(確か、関わっていたと・・・自信無し)と思います。
あと、日本最初の株式会社を創設したとか、一生涯に設立した会社の数が500位(これも自信無し・・・でもすごい数だったと記憶してます)だとか・・・。
小学校の頃の記憶なのでスイマセン。URL参考にしてください。
http://www.city.fukaya.saitama.jp/shibusawa/shib …

参考URL:http://www.shibusawa.or.jp/museum/tiding/257.html
    • good
    • 0

こんにちは。



下記参考にしてください。

私の記憶では大蔵省で大活躍したという話は知っています。



http://www.shimono.co.jp/corp/history/e-shibusaw …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渋沢栄一ってどんな人物?

最近日本銀行本店の近くの公園で渋沢栄一の銅像をみかけました。学生時代に日本史で名前や概略等は何となく頭の片隅にありましたが、これも何かの機会と思い彼の生涯の偉業等を勉強してみたくなりました。そこで渋沢栄一についてお詳しい方に質問ですが、彼の伝記や小説等で何か良い本があれば教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

渋沢栄一は日本を代表する実業家です。
生まれは江戸時代の末期、天保年間です。

大農家の長男として生まれた栄一は、少年時代から藍葉を仕入れる際に現実的な商業才覚を見せたと言われています。尊皇攘夷の思想を持っており、倒幕への計画を企てます。しかし、これは親族の説得により中止し、京都に向かい当時の一橋慶喜に仕える事となります。慶喜が将軍になるに伴い、幕臣となり、慶喜の弟と共に、パリで行われた万国博覧会をメインにヨーロッパ各国へ周ります。(もともと幼少期から読書を趣味とし、外史の書物を好んで読んでいたそうなので、この時に、更に外国に対する栄一の好奇心は増したと考えられます)

ヨーロッパから帰り、大政奉還に伴いヨーロッパで勉強した株式会社制度を日本でも実践しようと試みますが、大蔵省へと入省。国立銀行条例などの成立に寄与します。第一国立銀行の総監に就任した栄一は、多くの国立銀行設立に尽力。その他、様々な企業の設立にも力を尽くしました。(その数は何百にものぼると言われています)

簡単ですが渋沢栄一の功績です。
余談ですが、日本の紙幣の肖像候補に幾度もなっています。

渋沢栄一は著作は何冊も残していますが、古書店に行かない限り、今現在読めるのは少ないかもしれません。伝記では幸田露伴の『渋沢栄一伝』が面白いと思いましたが、現在では廃刊かもしれません。中公新書から出ている木村昌人氏の『渋沢栄一』は書店でも求められると思いますので、如何でしょうか?

長くなりまして申し訳ありません。
ご参考になりましたら幸いです。

こんばんは。

渋沢栄一は日本を代表する実業家です。
生まれは江戸時代の末期、天保年間です。

大農家の長男として生まれた栄一は、少年時代から藍葉を仕入れる際に現実的な商業才覚を見せたと言われています。尊皇攘夷の思想を持っており、倒幕への計画を企てます。しかし、これは親族の説得により中止し、京都に向かい当時の一橋慶喜に仕える事となります。慶喜が将軍になるに伴い、幕臣となり、慶喜の弟と共に、パリで行われた万国博覧会をメインにヨーロッパ各国へ周ります。(もともと幼少期から読書...続きを読む

Q本百姓と水飲み百姓の生活の違い

本百姓と水飲み百姓の生活、家の大きさ、服装など違いを教えてください

Aベストアンサー

 本百姓と水飲み百姓という呼び名は、当時の税金(租庸調、や米)の支払い時のいわば納税者区分の名前。つまり本百姓はきちんと真面目に納税している百姓。ただいつの時代でも税金逃れがあったように、あの手この手で納める税金を減らして、(現実に貧困かどうかまでは分からないが)小額の納税で収めた人は水飲みといわれた(税金は払ってくれたら額はうるさくないのは今でも同じ。)。
 過去の記録には能登の身分の高い庄屋が家を作る資金を水飲みから借りた例がある。
 なのでどんな生活をしていたかなどばらばらで分けられない。

 本百姓と水飲み百姓を身分階級と考えないこと。身分じゃないんだから服装も家の大きさも関係なし。そもそも武士の家は役所からの借家だから大きさなど選べるばあいはほとんどない。現在でも高額納税者だから特別という例はほとんどない。むしろそういう連中ほど節税しまくって、どこかにカネを隠していたりする。

Q高齢で、アニメ好きな人を見たときの感想を教えて

 私は40歳ちかくになっても、アニメが卒業できません。

 アニメの聖地やアニメショップで、高齢でアニメ好きな人見た感想を教えてください
正直、痛い!!かもしれませんが

 良い所、悪い所の感想をお願いします。

Aベストアンサー

51歳♂
まだまだ甘い…命尽きるまで、アニメを見続けるのだ…

> 良い所、悪い所の感想をお願いします。
良いも悪いも…そんな区別する必要が有るのか?
好きな物は、好きで良いと思います。

Q「近江商人」以外で、地名を冠した「○商人」

「近江商人」以外で、地名を冠した「○商人」と呼ばれる例はありますか。
もし、あれば、活躍した時代、扱った商品その他何でもよいですから教えてください。
時代劇では、「越後屋」や「伊勢屋」が定番ですが、越後商人とか、伊勢商人とか呼ぶのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には 近江商人以外にはこれといった実態はない。

※ 中世において、日本最大の消費都市であり、農産物以外の生産物の主要生産地は「京都」になります。
その京都の流通は、琵琶湖=淀川水系によって担われました。
室町時代の一揆の話で、1441年嘉吉の一揆が近江の馬借蜂起から始まるのでわかるように、京都の物流は近江の流通業が握っていた。
※ 太閤検地の段階で、日本で一番石高が高いのは「近江」であるように、生産性も高かった
※ 堺商人とか博多商人とか、海外貿易主力の地域依存商人もいますが、江戸時代

時代劇の呼称は「言ってききざわりがいい」というだけです。
江戸では、三河屋が一番多かったと記憶しております。
※ たぶん徳川家の出身 三河のあやかりではないかと。

越後屋で有名なのは、現在の三越。三井・越後屋となりますが、三井家は伊勢出身。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E5%AE%B6

Q2009年1月開始アニメの感想聞かせて

2009年1月開始のアニメについてなのですが、以下の作品をご覧の方がおられたら個人的なモノで構わないので、評価・感想を聞かせてもらえませんか。
全部でなく、一部でも構いません。
 (1)WHITE ABLUM
 (2)空を見上げる少女の瞳に映る世界
 (3)鋼殻のレギオス
 (4)黒神
 (5)明日のよいち

ちなみに、自分は、(2)(3)は第一話で、(1)(4)(5)は二、三話で視聴を打ち切ったのですが、もしかしたら後半に向けて楽しくなってるかも…と若干不安です。
皆さんの総合的な評価というか感想をお聞かせください。
お願いします。

Aベストアンサー

参考になるといいのですが(5段階評価は暫定的につけてみました)。

(1)放送してませんので答えられません。

(2)個人的にキャラデザがあまり好きではなく、2、3どうにも好きになれそうにないキャラがいたり、世界観が古いような気がしたりとそんなに高い評価はしてません。アニメーションのクオリティーは申し分ないのですが。5段階評価で2。

(3)確かに最初見たときはいまいちなカンジで、それがしばらく続きましたが、最近は楽しみにしてます。世界観にすぐ入り込めないのが難点ですね。後半に期待。5段階評価で3。

(4)どんどん面白くなるカンジです。残酷な世界観なので最初はひきましたが。クオリティーも高いと思います。挙げられてる5作品の中では一押しです。5段階評価で4。

(5)特に何も考えず見れるという点では良いと思います。見ていて疲れないのは評価の対象になるかな、と。5段階評価で3。

Q江戸時代、百姓の持っている鉄砲は、一揆などで、“武器”として使われたことがありましたか?

江戸時代、百姓にも鉄砲を所有することは認められていたようですね。農作物を荒らす鳥や獣を退治するための“道具”なのですね。
ところで、このような鉄砲は、一揆などで、“武器”として使われたことがありましたか?

Aベストアンサー

百姓一揆なんて滅多にあることではありません。あるとしてもデモのようなものです。
武士が百姓を捕まえて処分することもありますが、同時に監督していた武士の方も処分されます。
 百姓が鉄砲も持っていたのは熊とかイノシシとかを捕まえるためです。鍬とか鎌を持って言った方がアピールになります。
 どの百姓もどこかの庄屋とか武士とかの配下にあるわけですから、百姓同士が命をかけて争うようなことはなかったと思います。

Q渋沢栄一について

幕末に渋沢栄一が能力を認められ取り上げられたと言う事ですが商人でなく大百姓の渋沢にどう言う能力があったという事なんですか?

Aベストアンサー

 渋沢栄一は、『日本が生んだ最高の経済人』『日本資本主義の父』。これ以上はない賛辞をおくられ、第一国立銀行総監役ほか、91年の生涯に関係した営利事業は500社を超えると言われた人ですね。
 おしゃる通り、生家は代々農業、養蚕の傍ら、利益の多い藍玉(藍の葉を発酵させ、干し固めた染料)の製造・販売も手掛ける武蔵国血洗島(現・埼玉県深谷市)の富農です。一三才の時のペリー来航で尊王攘夷熱にとりつかれ、二三歳の時(1863年)上州高崎城乗っ取りを計画するも挫折し村にいずらくなり、京に出て徳川慶喜に仕官。1867年、幕臣としてフランスに留学します。ここで栄一は生涯のバック・ボーンとなる資本主義の真髄を獲得します。それは、3つあり、まず第一が人々が金を出し合って利益を上げる『株式会社組織』。第二に官尊民卑の風潮のない、武士と商人が平等に付き合う社会。そして、第三に、国王も物の売り込みをする『商』の地位の高さ。(これは、ベルギー国王レオポルド1世から直々に鉄の売り込みをうけての実感だったといいます)帰国してからは留学で得た知識を元に日本最初の株式会社『商法会所』を静岡に設立。しかし、同年大蔵大臣の大隈重信から徳川家の財政を支えた理財術、半紙一枚まで狂いが無いと言われた留学費用決裁書、それに実業家としての手腕を見込まれ『大蔵省租税正(今でいう大蔵省主税局長)』のポストで迎えられます。
 その後の昇進も目覚しく、租税制度の改革、貨幣銀行制度の改革など多くの実績を残し、明治5年(1872年)大蔵少輔事務取扱(事務次官)のポストまで登りつめますが、井上馨と共に辞表を提出。
 三十三歳の時(1873年)日本最初の銀行『第一国立銀行』を創設し、以後、日本鉄道(国鉄)、東京海上、東京ガス、王子製紙など500社を超える企業の創設に係わりました。

 最後ですが、渋沢財閥は『財無き財閥』と言われ、終戦時、財閥解体が行われた時、三井十一家30億円、三菱岩崎五家33億円に対し渋沢一族には1000万円に過ぎなかったといいます。

 渋沢栄一は、『日本が生んだ最高の経済人』『日本資本主義の父』。これ以上はない賛辞をおくられ、第一国立銀行総監役ほか、91年の生涯に関係した営利事業は500社を超えると言われた人ですね。
 おしゃる通り、生家は代々農業、養蚕の傍ら、利益の多い藍玉(藍の葉を発酵させ、干し固めた染料)の製造・販売も手掛ける武蔵国血洗島(現・埼玉県深谷市)の富農です。一三才の時のペリー来航で尊王攘夷熱にとりつかれ、二三歳の時(1863年)上州高崎城乗っ取りを計画するも挫折し村にいずらくなり、京に出て徳川...続きを読む

Q幕末:橋本左内に思い入れのある方がおられましたら

私は西郷(隆盛)先生を慕う者ですが、西郷先生自身、友といえるのは「橋本左内だけ」と話され、まさにその死のとき懐中には橋本左内からの手紙を大切に持っていたとの事です。大変失礼ながら私は福井県については、どの辺にあるかぐらいしか知りませんでした。この事実を知って自分なりに書籍やインターネットで橋本左内について調べているところです。しかし晋作や竜馬他の人気者達と違って情報は非常に少なく思い入れのあるような方も見当たりません。そのような方がおられましたら人物の素晴らしさや、福井を訪ねる際に行くべきところなどお教え願えれば幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もどちらかというと西郷さんに思い入れのある人間です^^;
私の持っている西郷さんの本の中の橋本佐内は、西郷さんの師匠にあたる島津斉彬公が一橋慶喜を擁立して幕府内での発言権を強めて幕政改革しようとする考えを、すでに20代前半の若さで知っており、さらに一橋慶喜を将軍にするには水戸嫌いの大奥を何とかすることが一番の問題だと西郷さんに伝えていた場面がありました。

考え方は島津斉彬公と、安部正弘、松平慶永といったいわゆる一橋派とほとんど同じ路線のものを持ち合わせていた人物だったと思われます。ご存知と思いますがこの時点では倒幕ではなく、あくまで幕政を改革して国家を近代化するという考えなのだろうと思います。

私もネットで探しましたが本当にないですね。
あくまで私個人の考えですが、当時の日本には斉彬公ほどの統一した日本近代化の思想を持っていた人間は少なかったのではないかと思うんです。後の長州藩でさえ、尊皇攘夷の心は持っていても、近代化することの難しさ、外国が介入してくると近代化は成功しないということ。幕府の存在のあり方などまだまだ考えが足りない部分がありました。下関で戦争して負けるまで外国の脅威に気づくことがありませんでした。
斉彬公が一番心を砕いていたのは、(1)外国がアジアに迫る中、一刻も早く近代化すべきだという事。七十余国が一丸となって外国に対する中央集権国家を樹立しない限り日本、アジア共に欧米の奴隷と化してしまう事。(2)しかし、近代化を急ぐ中でも外国には絶対に介入させてはならない事(そのために国内の内乱は極力避けること)。(3)それゆえ幕政改革が必要であり、そのために一橋慶喜公に将軍になってもらう事(それ程の人物だったらしいです)。一橋公を将軍にするためには幕府内で発言力を得る必要があり、それに全力を注ぐ事。そしてそれは薩摩藩一国のみでなく各藩と連合して行う事。
と大まかに言えばこの3つです。しかし、これを理解している人物は先に述べた一橋派と呼ばれる人々のみで、それを明確に理解し、さらに問題点まで見抜き、しかもあの若さで藩に認められてるという所が、またこの日本という国を思い、苦慮している点が西郷さん自身や斉彬公とかさなり、共感を覚えられたのではないかと、私は解釈してます。勝手な解釈なので、人に間違いだと指摘されることもあるのですが、参考になれば幸いです。

私もどちらかというと西郷さんに思い入れのある人間です^^;
私の持っている西郷さんの本の中の橋本佐内は、西郷さんの師匠にあたる島津斉彬公が一橋慶喜を擁立して幕府内での発言権を強めて幕政改革しようとする考えを、すでに20代前半の若さで知っており、さらに一橋慶喜を将軍にするには水戸嫌いの大奥を何とかすることが一番の問題だと西郷さんに伝えていた場面がありました。

考え方は島津斉彬公と、安部正弘、松平慶永といったいわゆる一橋派とほとんど同じ路線のものを持ち合わせていた人物だった...続きを読む

Q渡部昇一、田母神と中国共産党って似てませんか?

渡部昇一、田母神と中国共産党って似てませんか?

渡部昇一、田母神俊雄も中国共産党も両方嫌いだという方はいませんか?

渡部昇一、田母神俊雄も中国共産党も同レベルだと思います。

自国にとって都合の悪い部分には目をつむり、負の歴史を断罪しようとすると「愛国心がない」などと言って批判する所とか。


渡部昇一は、中国共産党のことを「ちゃんと過去の歴史を反省してない」とかいってよく批判してますが、あんたも同じだろと言いたくなります。

渡部昇一や田母神俊雄が中国に生まれていたら「中国が来る前のチベットは酷かった。中国のおかげでチベットは発展した」なんて言ってそうですね(笑)。

Aベストアンサー

愛国心云々言ってる部分は、所詮は同じでしょうね。
ご都合主義の歴史観も一緒だけど、中国に限らず、多くの国の国史は手前味噌なケースが多いから、政府の手前味噌は仕方ないかもしれません。

 問題は、歴史の専門家でもない渡部あたりが、さも専門家のように歴史を騙ることの問題でしょう。

 まぁ、同じと言えば同じだけど、そう極論すると抵抗する人が抵抗するだろうね。

あんまり、キッパリ言えないことをこうやって質問にする人がいるだけ、ある意味、安心した。

Q馬と百姓 続編

以前の質問の中で疑問が残りました。古代~江戸時代に百姓・一般庶民が馬に乗ってたら処刑されたのでしょうか? 個人的にはそこまで取り締まれなかったのではないかと思います。盗賊には身分なんてお構いなしでしょうし、馬に乗れないといわれる身分だった豊臣秀吉や加藤清正らは武将になった途端に馬に乗り、清正に至っては猛将扱いです。騎乗できるのは身分が高い人だけということですが、乗りこなせるから身分が高くなったということはないのでしょうか?

Aベストアンサー

乗馬の経験がありますか?乗馬教室で乗る馬は何年も訓練された馬です。馬具も相当に高級な品物です。それでも素人はゆっくり歩くのが精一杯です。ですから百姓が農耕用に飼っている馬になる事は不可能です。
 武士は必ず馬の世話役がいて、たいていは家来が綱を引いて引っ張っていきます。
 暴れん坊将軍のように馬を走らせるためには相当な訓練がいります。勿論信長とかだったら小さい頃から一人で走り回っていますが、それを必死で若い頃の秀吉が追いかけたそうです。時代劇で馬に乗る俳優も相当な期間乗馬の訓練をしています。
 ですから秀吉は馬を走らせるほどの馬術は持っていなかったともいます。清正の場合は20才ぐらいには立派な武士になっていますので武芸として馬術を練習したのは当然だと思います。
 ですから百姓が馬に乗ったら処刑されると言うよりも、乗る方法もなかった、もし乗っても落ちて怪我をする可能性が高い。周りの農民から大切な馬に何をすると叱られる。それでも乗るような百姓がいたら当然処罰されると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報