幕末に渋沢栄一が能力を認められ取り上げられたと言う事ですが商人でなく大百姓の渋沢にどう言う能力があったという事なんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 渋沢栄一は、『日本が生んだ最高の経済人』『日本資本主義の父』。

これ以上はない賛辞をおくられ、第一国立銀行総監役ほか、91年の生涯に関係した営利事業は500社を超えると言われた人ですね。
 おしゃる通り、生家は代々農業、養蚕の傍ら、利益の多い藍玉(藍の葉を発酵させ、干し固めた染料)の製造・販売も手掛ける武蔵国血洗島(現・埼玉県深谷市)の富農です。一三才の時のペリー来航で尊王攘夷熱にとりつかれ、二三歳の時(1863年)上州高崎城乗っ取りを計画するも挫折し村にいずらくなり、京に出て徳川慶喜に仕官。1867年、幕臣としてフランスに留学します。ここで栄一は生涯のバック・ボーンとなる資本主義の真髄を獲得します。それは、3つあり、まず第一が人々が金を出し合って利益を上げる『株式会社組織』。第二に官尊民卑の風潮のない、武士と商人が平等に付き合う社会。そして、第三に、国王も物の売り込みをする『商』の地位の高さ。(これは、ベルギー国王レオポルド1世から直々に鉄の売り込みをうけての実感だったといいます)帰国してからは留学で得た知識を元に日本最初の株式会社『商法会所』を静岡に設立。しかし、同年大蔵大臣の大隈重信から徳川家の財政を支えた理財術、半紙一枚まで狂いが無いと言われた留学費用決裁書、それに実業家としての手腕を見込まれ『大蔵省租税正(今でいう大蔵省主税局長)』のポストで迎えられます。
 その後の昇進も目覚しく、租税制度の改革、貨幣銀行制度の改革など多くの実績を残し、明治5年(1872年)大蔵少輔事務取扱(事務次官)のポストまで登りつめますが、井上馨と共に辞表を提出。
 三十三歳の時(1873年)日本最初の銀行『第一国立銀行』を創設し、以後、日本鉄道(国鉄)、東京海上、東京ガス、王子製紙など500社を超える企業の創設に係わりました。

 最後ですが、渋沢財閥は『財無き財閥』と言われ、終戦時、財閥解体が行われた時、三井十一家30億円、三菱岩崎五家33億円に対し渋沢一族には1000万円に過ぎなかったといいます。
    • good
    • 0

海外に出て見聞を深め、帰国して精力的に活動したと言う感じでしょうか。


渋沢栄一は埼玉の深谷出身なのですが,そこでレンガ会社を設立したり、秩父セメントの創設に関わっていた(確か、関わっていたと・・・自信無し)と思います。
あと、日本最初の株式会社を創設したとか、一生涯に設立した会社の数が500位(これも自信無し・・・でもすごい数だったと記憶してます)だとか・・・。
小学校の頃の記憶なのでスイマセン。URL参考にしてください。
http://www.city.fukaya.saitama.jp/shibusawa/shib …

参考URL:http://www.shibusawa.or.jp/museum/tiding/257.html
    • good
    • 0

こんにちは。



下記参考にしてください。

私の記憶では大蔵省で大活躍したという話は知っています。



http://www.shimono.co.jp/corp/history/e-shibusaw …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渋沢栄一ってどんな人物?

最近日本銀行本店の近くの公園で渋沢栄一の銅像をみかけました。学生時代に日本史で名前や概略等は何となく頭の片隅にありましたが、これも何かの機会と思い彼の生涯の偉業等を勉強してみたくなりました。そこで渋沢栄一についてお詳しい方に質問ですが、彼の伝記や小説等で何か良い本があれば教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

渋沢栄一は日本を代表する実業家です。
生まれは江戸時代の末期、天保年間です。

大農家の長男として生まれた栄一は、少年時代から藍葉を仕入れる際に現実的な商業才覚を見せたと言われています。尊皇攘夷の思想を持っており、倒幕への計画を企てます。しかし、これは親族の説得により中止し、京都に向かい当時の一橋慶喜に仕える事となります。慶喜が将軍になるに伴い、幕臣となり、慶喜の弟と共に、パリで行われた万国博覧会をメインにヨーロッパ各国へ周ります。(もともと幼少期から読書を趣味とし、外史の書物を好んで読んでいたそうなので、この時に、更に外国に対する栄一の好奇心は増したと考えられます)

ヨーロッパから帰り、大政奉還に伴いヨーロッパで勉強した株式会社制度を日本でも実践しようと試みますが、大蔵省へと入省。国立銀行条例などの成立に寄与します。第一国立銀行の総監に就任した栄一は、多くの国立銀行設立に尽力。その他、様々な企業の設立にも力を尽くしました。(その数は何百にものぼると言われています)

簡単ですが渋沢栄一の功績です。
余談ですが、日本の紙幣の肖像候補に幾度もなっています。

渋沢栄一は著作は何冊も残していますが、古書店に行かない限り、今現在読めるのは少ないかもしれません。伝記では幸田露伴の『渋沢栄一伝』が面白いと思いましたが、現在では廃刊かもしれません。中公新書から出ている木村昌人氏の『渋沢栄一』は書店でも求められると思いますので、如何でしょうか?

長くなりまして申し訳ありません。
ご参考になりましたら幸いです。

こんばんは。

渋沢栄一は日本を代表する実業家です。
生まれは江戸時代の末期、天保年間です。

大農家の長男として生まれた栄一は、少年時代から藍葉を仕入れる際に現実的な商業才覚を見せたと言われています。尊皇攘夷の思想を持っており、倒幕への計画を企てます。しかし、これは親族の説得により中止し、京都に向かい当時の一橋慶喜に仕える事となります。慶喜が将軍になるに伴い、幕臣となり、慶喜の弟と共に、パリで行われた万国博覧会をメインにヨーロッパ各国へ周ります。(もともと幼少期から読書...続きを読む

Q本百姓と水飲み百姓の生活の違い

本百姓と水飲み百姓の生活、家の大きさ、服装など違いを教えてください

Aベストアンサー

 本百姓と水飲み百姓という呼び名は、当時の税金(租庸調、や米)の支払い時のいわば納税者区分の名前。つまり本百姓はきちんと真面目に納税している百姓。ただいつの時代でも税金逃れがあったように、あの手この手で納める税金を減らして、(現実に貧困かどうかまでは分からないが)小額の納税で収めた人は水飲みといわれた(税金は払ってくれたら額はうるさくないのは今でも同じ。)。
 過去の記録には能登の身分の高い庄屋が家を作る資金を水飲みから借りた例がある。
 なのでどんな生活をしていたかなどばらばらで分けられない。

 本百姓と水飲み百姓を身分階級と考えないこと。身分じゃないんだから服装も家の大きさも関係なし。そもそも武士の家は役所からの借家だから大きさなど選べるばあいはほとんどない。現在でも高額納税者だから特別という例はほとんどない。むしろそういう連中ほど節税しまくって、どこかにカネを隠していたりする。

Q渋沢栄一について

幕末に渋沢栄一が能力を認められ取り上げられたと言う事ですが商人でなく大百姓の渋沢にどう言う能力があったという事なんですか?

Aベストアンサー

 渋沢栄一は、『日本が生んだ最高の経済人』『日本資本主義の父』。これ以上はない賛辞をおくられ、第一国立銀行総監役ほか、91年の生涯に関係した営利事業は500社を超えると言われた人ですね。
 おしゃる通り、生家は代々農業、養蚕の傍ら、利益の多い藍玉(藍の葉を発酵させ、干し固めた染料)の製造・販売も手掛ける武蔵国血洗島(現・埼玉県深谷市)の富農です。一三才の時のペリー来航で尊王攘夷熱にとりつかれ、二三歳の時(1863年)上州高崎城乗っ取りを計画するも挫折し村にいずらくなり、京に出て徳川慶喜に仕官。1867年、幕臣としてフランスに留学します。ここで栄一は生涯のバック・ボーンとなる資本主義の真髄を獲得します。それは、3つあり、まず第一が人々が金を出し合って利益を上げる『株式会社組織』。第二に官尊民卑の風潮のない、武士と商人が平等に付き合う社会。そして、第三に、国王も物の売り込みをする『商』の地位の高さ。(これは、ベルギー国王レオポルド1世から直々に鉄の売り込みをうけての実感だったといいます)帰国してからは留学で得た知識を元に日本最初の株式会社『商法会所』を静岡に設立。しかし、同年大蔵大臣の大隈重信から徳川家の財政を支えた理財術、半紙一枚まで狂いが無いと言われた留学費用決裁書、それに実業家としての手腕を見込まれ『大蔵省租税正(今でいう大蔵省主税局長)』のポストで迎えられます。
 その後の昇進も目覚しく、租税制度の改革、貨幣銀行制度の改革など多くの実績を残し、明治5年(1872年)大蔵少輔事務取扱(事務次官)のポストまで登りつめますが、井上馨と共に辞表を提出。
 三十三歳の時(1873年)日本最初の銀行『第一国立銀行』を創設し、以後、日本鉄道(国鉄)、東京海上、東京ガス、王子製紙など500社を超える企業の創設に係わりました。

 最後ですが、渋沢財閥は『財無き財閥』と言われ、終戦時、財閥解体が行われた時、三井十一家30億円、三菱岩崎五家33億円に対し渋沢一族には1000万円に過ぎなかったといいます。

 渋沢栄一は、『日本が生んだ最高の経済人』『日本資本主義の父』。これ以上はない賛辞をおくられ、第一国立銀行総監役ほか、91年の生涯に関係した営利事業は500社を超えると言われた人ですね。
 おしゃる通り、生家は代々農業、養蚕の傍ら、利益の多い藍玉(藍の葉を発酵させ、干し固めた染料)の製造・販売も手掛ける武蔵国血洗島(現・埼玉県深谷市)の富農です。一三才の時のペリー来航で尊王攘夷熱にとりつかれ、二三歳の時(1863年)上州高崎城乗っ取りを計画するも挫折し村にいずらくなり、京に出て徳川...続きを読む

Q「近江商人」以外で、地名を冠した「○商人」

「近江商人」以外で、地名を冠した「○商人」と呼ばれる例はありますか。
もし、あれば、活躍した時代、扱った商品その他何でもよいですから教えてください。
時代劇では、「越後屋」や「伊勢屋」が定番ですが、越後商人とか、伊勢商人とか呼ぶのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には 近江商人以外にはこれといった実態はない。

※ 中世において、日本最大の消費都市であり、農産物以外の生産物の主要生産地は「京都」になります。
その京都の流通は、琵琶湖=淀川水系によって担われました。
室町時代の一揆の話で、1441年嘉吉の一揆が近江の馬借蜂起から始まるのでわかるように、京都の物流は近江の流通業が握っていた。
※ 太閤検地の段階で、日本で一番石高が高いのは「近江」であるように、生産性も高かった
※ 堺商人とか博多商人とか、海外貿易主力の地域依存商人もいますが、江戸時代

時代劇の呼称は「言ってききざわりがいい」というだけです。
江戸では、三河屋が一番多かったと記憶しております。
※ たぶん徳川家の出身 三河のあやかりではないかと。

越後屋で有名なのは、現在の三越。三井・越後屋となりますが、三井家は伊勢出身。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E5%AE%B6

Q渋沢栄一は、どういうような会社をつくったか?

そのままです。
500個ほど設立した、と教師はいっていたのですが、
その500ほどの会社は何?(名称)今は、どんなところに流れている?
分かりましたらお願いします
内容が、全然分からない場合も教えてもらえると嬉しいです。

Aベストアンサー

現在、戦前に「渋沢財閥」だった会社は全くバラバラです。
戦時中である1943年に中核銀行である第一銀行が三井銀行と合併して帝国銀行となった上、戦後の財閥解体で完全にバラバラになってしまったのです。
中には数年前に倒産した渋沢系の商事会社もありましたが。

Q幕末歴史,五島列島出身通詞,長崎の事,横浜の事,榎本軍蝦夷島,教えて下さい。

歴史,幕末,又は五島列島、長崎の事、横浜の事、榎本蝦夷島プラン参加人物一覧詳細、★お詳しい方、是非教えて下さい。★或る一人の「逃げた通詞」の本名と、経緯情報★キーワード:1_幕末、五島列島出身、通詞,2_東海徳左衛門氏末裔の養子,3_尺振八,4_本山小太郎,5_宋近治,★解っている情報と、別途過去にどこかで読んだ本の記憶が交差して気になるため、下記【質問大別A~D】の4種の推論を設定してみました。
(解っている事概略)○五島英吉と名乗る人物が、榎本軍逃走して、ロシアの教会神父に救助され、教会内に潜伏,約10年の後(1878年前後)函館でコックになり、晩年横浜付近で暮らした様子。しかし、「五島英吉」は命を守る為の偽名。役所には、何という名前で登録されて、最終死亡になっているか不明。神父に「本名は宋近治,五島列島出身」と語った形跡もありますが、これも偽らしい。○「蟠竜」に乗船したらしいが、江戸脱出時なのか、蝦夷参戦中か不明。
(本の記憶と自己の推論4種)
■(1830~1840年代位の生まれと想定される人物。
■幕末、長崎の通詞に、ジョン万次郎同様に、漂流が原因で、他国船に救助されて帰国した五島列島出身の商人経歴者がいた。ジョン万次郎同様、正確な英語を話せることから、幕府に江戸近郊勤務人材として、直接スカウトされ長崎を去った。
■彼は長崎で仕える事前段階で、武士身分取得する為に、 長崎の誰か(※)通事の養子になった。当時、英語通訳セクションがない為、一応阿蘭陀語の通詞の形で、通事でなく、通詞になった。(※_彼を養子にしてくれた人物とは、唐語の通訳者:東海徳左衛門氏の末裔=「宋氏」ではないか?と推測中!)
■【質問大別A】_出元、出身地側からの捜索:関連情報、本名、経緯、長崎から出た後の就職地名等。五島列島,福江藩,長崎情報から当該可能性有の人物の話。
■【質問大別B】_【榎本自身が認知した上で、榎本蝦夷共和国に携わった通詞(但し、林薫三郎を除外)】_榎本プラン参加人物一覧中、10人外人担当通詞等の角度から、途中リタイア、死亡、逃走などに該当する通詞情報は?「東海さん」とか、苗字は別で、名前に「宋」が混入している人物等、
■【質問大別C】
【榎本軍投降以前に、早々、船が沈没した時に逃げたかも?の角度から推察】_○1868/11/15江差で開陽沈没,○1868/ 11/22神速沈没_この時、誰か外人に専属通詞として乗船していて逃げた?
■【質問大別D】_【榎本がスカウトした以外のパターンで紛れていた英語が堪能な人物の推察】_巻き込まれて、通詞としてではなく、不幸にも戦闘部隊の一員にされていた場合、早々段階で逃走していたと仮定して捜索。もしかして、○○さんかも?系の情報。
◆D_1_【中島系】_中島三郎之助は通詞とつきあいがある。誰か連れ込んでないか?
◆D_2_【三人の局外客人:藩主追従系】_4月に返された3人、板倉勝静(松山藩主),小笠原長行(唐津藩主),松平定敬(桑名藩主)の家臣達は、乗船人数定員オーバー。その為、新撰組に入隊(=戦闘部隊になる事)を条件に乗船した。戦闘苦手人物も紛れる可能性有?この中に英語を話せる人物は?
◆D_3_【伊庭系】_伊庭八郎は美嘉保丸座礁後、官軍の追跡を逃れ逃亡→イギリス船で蝦夷到着。その経緯中、横浜の英語教師「尺振八」に匿われていた。
◇a◇_熟生徒の誰かが伊庭に影響されて追従したかも?
◇b◇_「尺振八」自体が「ジョン万次郎同等の経験から英語力を幕府に見込まれ、スカウトされた人物」かも?五島と名乗る人物はその弟子?
◇C◇_五島と名乗る人物は「本山小太郎」?松前の「折戸台場」で死亡した物語になっていますが、出生他詳細不明。武人というより、謎の役人肌だったらしい。実は、死亡は虚偽で逃がしてもらった?または、「本山」説とは別に、塾生徒の誰かが、伊庭に追従していたとすれば、大苦戦の「折戸台場」の時、戦闘不向きの「通詞肌のタイプ」であれば、不憫に思われ、逃がしてもらったか?逃げた?・・・の三方向から推測パターン】
「尺振八」氏自体、死亡までの後半情報は確実でありながら、出生などの詳細が不明。★「尺振八」自体が、「五島」と名乗った人物だと仮定した場合の推理は、
「五島英吉=宋近治」と名乗った人物が、神父達に語った内容とは、苦し紛れに、恩師「尺振八」の経歴を、我が身の経歴と偽って語ったと憶測。生徒であれば、阿蘭陀語、英語の他に、唐語もOKだった可能性有。
戦闘部隊に紛れていれば、通詞と異なり、抗戦派の一員として見なされ、斬首等重刑の可能性を怯え、神父達に対してのみ、内密に語ったとされる「本名=宋近治と経歴」も偽りだったとしても、仕方ない嘘だからです。或いは恩師=尺振八、または他の人物に迷惑をかけるため、生涯、本名出生を偽りのまま過ごした?

歴史,幕末,又は五島列島、長崎の事、横浜の事、榎本蝦夷島プラン参加人物一覧詳細、★お詳しい方、是非教えて下さい。★或る一人の「逃げた通詞」の本名と、経緯情報★キーワード:1_幕末、五島列島出身、通詞,2_東海徳左衛門氏末裔の養子,3_尺振八,4_本山小太郎,5_宋近治,★解っている情報と、別途過去にどこかで読んだ本の記憶が交差して気になるため、下記【質問大別A~D】の4種の推論を設定してみました。
(解っている事概略)○五島英吉と名乗る人物が、榎本軍逃走して、ロシアの教会神父に救助され、教会内に潜伏...続きを読む

Aベストアンサー

1700人はいたであろう通詞からこれを見つけるのは無理です。

大体は26家を探していますが、自分のテーマが大きいので誇大です。

幕府は唐、蘭、英語を通弁させていました。
ので、弟子と言っても格下の
内通詞、内通詞見習いともなると調べようがありません。

浜田彦蔵ではないし、仙太郎ではない。小栗 重吉でもない。
音吉、寿三郎、庄蔵は帰国していない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%8F%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6

Q旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関

旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関係が続いているケースはありますか?(例=会社社長と社員、主人と使用人など)ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>今も主従関係が続いているケースはありますか

ありますよ。
旧華族については、不明ですが・・・。

愛知県犬山市にある「犬山城」は、旧名古屋藩付け家老である成瀬家が2004年まで個人所有していました。
現在は、財団法人犬山城白帝文庫(理事長は、成瀬家子孫)に所有権を移転しています。
昔、ここの職員に旧家臣の子孫がいると聞いた事がありますね。

他にも、旧藩主が持っていた古文書・美術品などを保存管理している「○○家公益会」「○○家美術館」などに、旧主従関係が続いている事があるようです。

幕府旗本家臣団の子孫の集まりである「柳営会」は、今でも徳川宗家と交流を続けています。

Q幕末の写真について知りたい事があるのですが。

昔の写真が今のように一瞬で撮れない事を耳にしました。しかし実際どれぐらいの時間じっとカメラの前にいなければならなかったのでしょうか?
写真の中の険しい表情から10分ぐらいではないかと思いましたが、やはり正確な情報が欲しいと…。もしご存知の方いらっしゃったら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

10分ぐらいというのは、大体当たっていると思って良いでしょう。

幕末期の写真の感光材料は、資料によれば10分ないし20分の露光が必要だったようです。ただし、写真の露光というのは、天気の悪い日には光の量が少ないので時間を延長しなくてはなりません。現代のカメラではシャッタースピードを遅くするのがこれに相当します。

おおまかな目安としては、薄曇りの日にはよく晴れた日と比べて4倍ほど露光時間を長くする必要があります(レンズの絞りの値が同じ場合)。ですから、どうしてもお天気が悪い日に撮影しなければならないという事になったら、現代のように絞り開放のF値が明るいレンズなど無かった当時には、30分ないし40分はじっとカメラの前にいなければならなかったことになります。そんな日に写される人はさぞ大変だったことでしょう。

しかし、これもほんのしばらくの時期の事で、開発の初期段階にあった写真材料はわずか数年でどんどん技術改良が進み、感光材料の感度も高くなりましたから、露光時間は秒単位に短縮されていきました。

初期の写真技術に関する年表が下記参考URLに出ていますから、ご覧になって下さい。
参考URL 写真関係の年表等
http://www.geocities.jp/capa1413/photohist.html

10分ぐらいというのは、大体当たっていると思って良いでしょう。

幕末期の写真の感光材料は、資料によれば10分ないし20分の露光が必要だったようです。ただし、写真の露光というのは、天気の悪い日には光の量が少ないので時間を延長しなくてはなりません。現代のカメラではシャッタースピードを遅くするのがこれに相当します。

おおまかな目安としては、薄曇りの日にはよく晴れた日と比べて4倍ほど露光時間を長くする必要があります(レンズの絞りの値が同じ場合)。ですから、どうしてもお天気が悪い日に撮...続きを読む

Qよく〇〇の子孫という有名人がいますが

身近なところでは スケートの織田某は織田信長の子孫といいますがそうでしょうか?
信長の子孫ということは直系ということですよね?しかし信長の直系の子孫は孫の三法師(長男信忠の子 のちの秀信)で途絶えたはずです あくまで男系の子孫でですが…

確かに信包や有楽斎の子孫はちゃんと今も存在していますし…
ということは 織田某 君の先祖は信長でも 兄弟の誰かでもなくなりますよね

さらに プロ野球 現巨人の真田祐貴投手は あの真田幸村の子孫といいますがこれも違いますよね?
幸村の子孫は息子の大助(幸昌)で途絶えたはずです  多分兄信幸の子孫です ならなぜ真田信幸の子孫 といわないのか?信幸がマイナーだから?

教えて下さい

Aベストアンサー

とりあえず、織田の方から
織田信長 - 初代:信高(七男) - 2代:高重 - 3代:一之 - 4代:信門 = 5代:信倉(養子) = 6代:信直(養子) - 7代:長孺 - 8代:長裕 - 9代:信真 - (10代から13代は不明)- 14代:重治 - 15代:信義 - 信成(次男)
織田信長の七男・信高の系統は、徳川幕府の旗本となり、後に高家旗本になった。近江国内で2,000石余りを領有し、9代・信真で維新を迎えている。フィギュアスケート選手の織田信成は、現15代当主・信義の次男である。
Wiki...で調べるとこうなっていました。間に養子があるということですが、血の繋がった女の子に婿をとったのなら、織田信長の血がつながっていますが、他家から養子を迎え、それに嫁をとったのなら、血はつながっていないということですね。

Q幕末、維新の奸物と言ったら誰を挙げますか?

こんにちは。

日本史を眺めておりますと、
英雄、豪傑は実に多いのです。
同様に奸物と言われる人も少なくありません。

「奸物」、表舞台に立たず、悪知恵にたけた腹黒い人・・・。
どんな人が思い浮かびますか?
時代は幕末維新に限ってお願い出来ればと思います。

Aベストアンサー

 岩倉具視は?
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E5%80%89%E5%85%B7%E8%A6%96

 下級公家の出でありながら、動乱期に一気に明治政府の最初の実質的な首班にまで上り詰めた訳ですし…。

 しかも、孝明天皇の毒殺疑惑の第一容疑者ですし…。

 

 


人気Q&Aランキング