公務員の妻です。
パートで働いているのですが、14年、15年、16年と103万をオバーしてしまい、約128万に
なってしまいました。税務署に申請し合計約20万
支払いました。延滞金が約9千円。
市民税、県民税は請求はまだ来ていませんが
いつ頃来るのでしょうか
私本人に役所から来るのか、それとも主人のお給料から引いてくるのでしょうか
どの位の請求がくるのか教えていただけませんか?
以前このページに相談して、すごく助かりました。
もう一度お願いします。
103万に抑えたいのですが、会社が休むのを
許してくれません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問している順番とは違ってしまいますが、少しずつ整理していきましょう。



まず住民税の請求ですが、あなた自身の収入に対する物ですので、ご主人の給与から引かれることは「ありえません」。
社会保険上などの扶養になっていても、もし何らかの事情で平成17年は税金上の扶養になったとしても、扶養されていることとは関係なく、です。

あなた自身に請求がいきます。

請求時期ですが、通常は住民税って、「今年1年間の収入に対する住民税を、翌年6月からよく翌年5月までの期間に支払う」のです。
ですから、毎年1月~5月までは、2年前(おととし)の収入に対する住民税を払っているのです。
だから、平成16年分の住民税については、今年(平成17年)5月か6月ころ、納付書が来ると思います。

平成14年と平成15年分については、分かりません。(ごめんなさい)
#2さんが書かれている「忘れた頃」って、そうかもしれません。
平成16年分の収入に対する住民税(平成17年6月から1年間に、徴収する予定のもの)の処理が終わってから、処理が始まるかもしれません(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません
親切にご丁寧に、無知な私にも解りやすく
説明していただきありがとうございました
今後もご迷惑をかけるかもしれませんが
よろしくお願いします

お礼日時:2005/04/08 19:46

No.2です。


奥様の分の住民税納付書は、奥様宛に自宅に郵送されます。
ご自身で、銀行に行き支払うことになります。

ご主人の分は、会社宛に届き、会社が給与から徴収して代行で支払います。

今年の年末調整時には、「配偶者特別控除」欄に奥様の収入金額を書きましょう。
そうすれば、ご主人の税額は正しく計算されます。

あ、その前に、今年もオーバー確定なら、扶養をはずしてもらわないとならないですね。
結果的には、年末調整で正しく差し引きされますが、今年からは定率減税額が半分になるようなので、年調時に扶養をはずすと、一気に課税金額がアップして、還付額が少なくなるかもしくは追加徴収など、寂しい思いをすることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですか
減税額が半分になるんですか
25万オーバーするだけで、課税額がアップするなんて驚きました。
無知差を再度認識しました。
会社に交渉して、103万内に押さえるようにします
何度もご親切に教えていただいて
ありがとうございました

お礼日時:2005/04/08 19:53

この春確定申告なさったのですよね。


奥様の所得税については、それで支払済みです。
住民税ですが、市町村によりますが、5月頃自宅宛に届くと思います。

昨年末のご主人の年末調整時には、まだ扶養になっていたのでしょうか?
年末調整時にご主人の会社に提出する書類「扶養控除等異動申告書」の「控除対象配偶者」欄に名前を書いたでしょうか?
また、同書類の「配偶者特別控除」欄に奥様の所得金額を書き入れたでしょうか?

もし、平成16年度の年末調整時に、奥様が扶養のまま控除されていたなら、本当は「控除対象配偶者」でなかったことになるので、ご主人の税額が変更になります。(本当はもっと多く課税されるはずだったので)
その場合、税務署からご主人の会社宛に通知が来て、給与からその分が引かれます。(過去の分も遡って)

奥様の収入が128万円ということなので、配偶者特別控除の対象にはなっているので、昨年の年末調整時に該当欄に記入していれば、正しく年末調整されている(会社で扶養からはずしてくれているはずです。)ので、16年度分については追加徴収は発生しません。

過去の遡り分については、税務署や市町村は意外と忘れた頃に通知をしてくるので、もしかしたらもっと後になって言ってくるかもしれません。

私も、パートで経理と総務をしていますが、以前5年分遡って徴収されたことがありました。
(しかも、2年もたってから)
128万円は、悔しい金額ですね。

この回答への補足

hiroさん、丁寧に教えていただいてありがとうございます。
実は主人書類に色々書くのが面倒だからと言って
103万に抑えている思って、0にして提出して
いました。が私の友人が103万をオーバーしている
事がご主人の会社から、ばれてしまい税務署から通知が来た事を知り、私も調べたら会社が届けを出してない事を知って慌てて、自分で税務署に申告に行きました。なので一切書類に書いていません。
今年も103万では、押さえられないので
申告に行こうと思っています。
住民税は、私宛に届くのでしょうか?
再度、お手数をかけてしまってごめんなさい

補足日時:2005/04/05 19:52
    • good
    • 0

年収が103万円を超えたために、夫の扶養になれないのに、扶養になっていたということですね。



その場合は、住民税(市・県民税)については、税務署に申告をしてから、税務署から市に通知がいき、市から夫の会社に通知がいきます。

あなたの分については、年末調整で所得税の精算がされていれば、所得税も住民税も正しく納付していますから不足分は有りません。

この回答への補足

kyaezawaさん、ありがとうございます
お手数かけました。
年末調整で私の所得税の生産はされていません
今年の2月に14.15.16年分の所得を
新規申告してきました。
上記の状態ではどうなのでしょうか?
よろしければ、再度教えていただますか
お願いします

補足日時:2005/04/05 20:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーナス支給日 (公務員&民間大手)

民間企業大手と公務員のボーナス支給日がいつになるのか、慣行をお教えください。
民間大手企業のボーナスは、夏は7月の第一金曜日、冬は12月の第一金曜日が普通ではないかと思います。それぞれ「10日」としている大企業もあるみたいです。公務員は上記より少し早く支給されると記憶しています。

Aベストアンサー

国家公務員は、人事院規則で6月30日、12月10日と規定されています。
土日の場合は繰り上がります。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8a%fa%96%96%8e%e8%93%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S38F04509040&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

Q年収103万円以下で戻ってくる税金

年収が103万円以下ならば、税金がかからないということを聞いたことがあるのですが。例えば、1月から5月まで努めて、年収が103万円以下ならば、給料から差し引かれた金額。
健康保険料
厚生年金保険料
雇用保険
住民税
所得税
などの税金がすべて、確か健康保険は、無職でもお金を払わなければいけないと思ったのですが。それ以外は、戻ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

よくいう「103万円の壁」というのは、所得税が課税されるかどうかですね。
もし既婚の方でご主人おられるのでしたら、年収額によって、自分で支払わなければならないものとして
住民税、所得税、社会保険料、雇用保険があげられます。

まず基本としてこれはご自身が扶養者である、もしくは扶養している者がいるかどうか、このどちらかで控除が変わってきます。
給与から所得税が差し引かれていて、会社が年末調整を行っていなければ、ご自分で確定申告を行えば払い込んだ所得税が戻ってきます。

その他の健康保険、厚生年金保険料はご自身が例えばご主人の扶養に入っているのでしたら、これらはご主人の給与から支払われています。
なお、ご自身が年収130万円以上だった場合は社会保険料、住民税は年間100万円以上の収入があると発生します。

詳しくはこちらのサイトがご参考になると思います。

http://allabout.co.jp/family/hw4di/closeup/CU20030402q/index.htm
http://allabout.co.jp/finance/kakei/closeup/CU20020108/index.htm

よくいう「103万円の壁」というのは、所得税が課税されるかどうかですね。
もし既婚の方でご主人おられるのでしたら、年収額によって、自分で支払わなければならないものとして
住民税、所得税、社会保険料、雇用保険があげられます。

まず基本としてこれはご自身が扶養者である、もしくは扶養している者がいるかどうか、このどちらかで控除が変わってきます。
給与から所得税が差し引かれていて、会社が年末調整を行っていなければ、ご自分で確定申告を行えば払い込んだ所得税が戻ってきます。

その他の...続きを読む

Q退職日 が ボーナス支給日の場合

一般的な解釈では、
(1) 退職辞令の日が、ボーナス支給日の場合、支給は受けれるのでしょうか?
(2) 退職日以降に、ボーナス支給日があった場合、ボーナス支給対象期間は在職していたことから、100%の受け取りは可能でしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちゃんとした組織体系と就業規則がある場合。
賞与支給は○月○日(受給資格確定日)に在籍していた者を対象とする、という規程があるはずです。そしてそれは支給日の前月末などになっているのではないでしょうか(事務手続きの時間が必要なため)。
ですから重要なのは支給日ではなく、受給資格確定日です。

賞与は報償的性格ですが、それは今後も同等の貢献をすることの期待を含みます。ですから対象期間に在籍していたからといって退職する者に必ずしも賞与を与える義務はない、というのが会社の言い分です。
実際は面倒なので退職者個別のケースごとに賞与をやるやらんなどといちいち判断しません。資格確定日に在籍しているかどうかで機械的に線を引きます。

仮に支給日=資格確定日だった場合。
(1) 当日付で在籍しなくなるのですから、支給されないと解釈される? ちょっと判断できません。
(2) 受給資格がなくなっていますから支給されません。

むろん会社や退職状況によっては支給されることもあるとは思いますが、それは運がいいケースでしょうね。

Q収入103万に調整中・・・今まで払った所得税も収入に入る?

1ヶ月の給料で、一定の金額を越すと所得税が引かれますよね。103万を12ヶ月で割った金額を越すと税金が掛かるのでしょうか?そうすると、年間103万を越さなかった場合、今まで払っていた税金の全額が年末調整という形で返ってくるのでしょうか・・・返ってきた場合、その金額も年収に入る事になるのでしょうか?私自身、税金の事は本当に無知で・・・くわしい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 「収入103万に調整中」ということは、ご主人(?)などの税金の扶養にされるということですよね? 
 以下それを前提に、

○源泉徴収額

・貴方など、給与所得者の所得税については、「扶養控除等(異動)申告書」を提出されている場合は「給与所得の源泉徴収税額表」の甲欄が適用、されていない場合は乙欄が適用されます。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/3052/01.htm

・甲欄が適用される場合、月収が87、000円を超えると所得税が源泉徴収され、乙欄が適用されると、収入があれば必ず所得税が源泉徴収されます。
 「1ヶ月の給料で、一定の金額を越すと所得税が引かれますよね。」ということは、甲欄が適用されているものと思います。

○年末調整

・年末調整とは、給与所得者が勤務先で所得税の清算をすることです。

・貴方の場合、給与所得控除65万円、基礎控除38万円、合わせて103万円を収入から控除して、所得税の税率をかけた金額が貴方の年間の所得税になります。

・つまり、年末調整で求めた所得税額が貴方の本来の所得税ですから、月によって支払われていた所得税額の合計が、年末調整でもとめた所得税額より多ければ、差額が還付されます。
 つまり、年収が103万円以下の収入ですと、所得税はかかりませんから、月によって支払われていた所得税については、年末調整時に勤務先から全額還付されることになります。

>返ってきた場合、その金額も年収に入る事になるのでしょうか?

・税金は、収入の一部から支払うものですから、税金として払われた金額も収入になります。

・それと、そもそも税金が還付されるということは、年収が103万円を超えていることになりますから、すでに「収入103万に調整」できなかったことになります。

 こんにちは。

 「収入103万に調整中」ということは、ご主人(?)などの税金の扶養にされるということですよね? 
 以下それを前提に、

○源泉徴収額

・貴方など、給与所得者の所得税については、「扶養控除等(異動)申告書」を提出されている場合は「給与所得の源泉徴収税額表」の甲欄が適用、されていない場合は乙欄が適用されます。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/3052/01.htm

・甲欄が適用される場合、月収が87、000円を超えると所得税が源泉徴収され、乙欄が適用されると、収入...続きを読む

Q冬のボーナス支給日は何時?

知人に質問され軽く回答可能かと安易に引受も難問なので皆さんのヘルプを!

民間大手(世間の目から。東証1・2部、その他上場とは無関連)で、『具体的な企業名とその2002年冬のボーナス支給日は何時?』

P.S.タイムリミットは明日朝まで、お世話のなった方なので敢えて理由は聞いてません!
どなたか教えて!(ボーナス回答では無く支給日の情報です)明日以降なら「自力調査」も可能と思うが…

Aベストアンサー

民間大手企業の冬のボーナス支給日は、原則として「12月の第一金曜日」
(今年の場合は6日)が一般的です。

Q年の途中で扶養から外れます。 今年度は130万以内の扶養内で働く予定で103万以上の収入見込みなので

年の途中で扶養から外れます。
今年度は130万以内の扶養内で働く予定で103万以上の収入見込みなので、夫の社会保険の扶養にのみ加入していました。

ですが、今年の8月末でパートを退職して今月9月~はフルタイム勤務出来るところに転職した為、これからは個人で社会保険加入になりました。

結果的に1月~8月までの収入は80万くらいなので103万以内の扶養に適用されるのですが、その場合の扶養控除や扶養手当などはどうなるのかな?と疑問に思いました。
本来は支給されるべきの物を受けないで損したのかな?
それとも、確定申告などで、返還可能なのかな?と疑問に思いました。
今から申告する必要な事があるのだとしたら、教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

>結果的に1月~8月までの収入は80万くらいなので103万以内の扶養に適用されるのですが、その場合の扶養控除や扶養手当などはどうなるのかな?
前に書いたとおりです。
税金上の扶養は月ごとではなく年間を通してです。
今年の年収が103万円を超えれば、「扶養控除(配偶者控除)」は受けられません。

ただし、前に書いたとおりで、1月から12月までの収入(見込み)が141万円未満なら「配偶者特別控除」を受けられます。
配偶者特別控除は、年末調整のとき(11月)に会社に書類を出します。
ご主人が年末調整のとき会社からもらう「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除申告書」に、貴方の年収見込み額などを記入して提出すればいいです。

「扶養手当」の支給基準はご主人の会社の規則なので回答できません。
ご主人に会社に確認してもらってください。

>それとも、確定申告などで、返還可能なのかな?
確定申告ではなく、会社の年末調整です。
前に書いたとおりです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」...続きを読む

Qボーナス支給日が知りたい。

新日本物流株式会社の夏季ボーナス支給日は7月何日かご存知の方ご教授願います。

当方昨年の12月15日に冬季ボーナスをいただいたので遅くても15日と想像してますが、
金欠病のため
早く正確な情報が知りたくて質問させて頂きました。

Aベストアンサー

 
19日です
 

Q転職後の区民税の請求

5月末日付でそれまでの職場を退職しました。6月1日から新たな職場で勤務しています。どちらも正社員としてです。
6月2日頃、区民税の請求が約4,000円で一度きて、その後、今日は約8万5千円で分割ができるようになっている区民税の請求書で届きました。
これは全部、近日中に払わなくてはいけないものなのでしょうか?
それとも、今の新しい職場に月ぎめで引きおとしされるようにお願いすればいいのでしょうか?
難しくてよくわからないので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最初の4000円は、13年の取得に対して課税された14年度の住民税(都・区民税)で、給与から控除されなかった分だと思います(通常は5月分の給料から控除されるものです)から、納付期限までの納める必要があります。

85000円については、14年の取得に対して課税された15年度の住民税(都・区民税)で、勤務先が変わったために、区では新しい勤務先が判らないので、給料から控除(特別徴収)が出来ないので、直接本に納付(普通徴収)してもらうように送ってきたものです。
中に入っている納付書に従って、数回に分けて納付すねことになります。

又、普通徴収から特別徴収へ切替へて給料から控除してもらうには、会社を通して市町村に申請する必要があります。
ただし、この切替は、普通徴収の方法でまだ一度も納めておらず、かつ、普通徴収の最初の納期が過ぎていない場合、普通徴収から特別徴収へ切替ることもできることになっていますから、今年の分は納付しないで会社に相談しましょう。

Q今日はボーナス支給日・・・あれ、入ってない!

今日はボーナス支給日なので、9時頃確認しにコンビニへ行きました。
ところが、入っていませんでした!!
昨日確かに15日に振り込まれますと言われたのに・・・・

給料日は普通9時から入っているのですが、ボーナスはお昼から入っているのでしょうか?
今日は休みなので、朝に代引きを頼んでしまっていて、午後13時には病院に予約をとっているので困っています。
よろしくお願いします。

ちなみに銀行はJAバンクです。

Aベストアンサー

手続きの遅れ(会社側)のことが多いです。
額の算出を間違ったので訂正したとか、
算出に手間取ったとか。
前営業日までに出来ていれば朝1、
手続き遅れで当日なら当日中(15時頃まで?)に処理されると思います。

これは会社に聞いた方がいいです。

Q源泉税が戻ってくるタイミング

現在わたしはアルバイトをしていて、確定申告すると源泉徴収税が2万円戻ってくることがわかりました。

確定申告を2月ににすると、源泉税はいつ戻ってくるのですか?税務署でそのときにもらえるのですか?それとも後日振り込み?

教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

少なくとも、その時ではありません。
後日振込です。申告用紙に、振込先を記入する欄があるので、そこに振り込まれます。

確定申告の提出時は、本当に提出だけで、受付印を押して控えを返されるだけです。締切が近づけば近づくほど、提出者の人数も多いので、受け付けるのが精一杯で、数字のチェック(添付書類の数字を間違いなく転記しているか、計算が間違っていないか、など)なんてしてる余裕がありません。
受け付けた後で、受付場所とは別の部署?でチェックして、還付額が決定したら、金額・振込先・振込手続き日などの通知ハガキが来ます。

2月16日~3月15日(土・日になる場合は、後にずれます)からは、税金を払う人のための申告期間です。還付の場合は、やろうと思えば(申告用紙をすぐ書けるのなら)、1月4日からでも可能です。今年も、1月4日には申告用紙(自分で記入用)のダウンロードサイトが、1月7日にはネットに数字を入力して自動計算し、数字が入力された状態でプリントアウトできるサイトが、オープンしてました。
早い時期に申告すれば、それだけ還付時期も早くなります。(提出書類数が少ないと、チェックが終わるまでの時間も短いし)

少なくとも、その時ではありません。
後日振込です。申告用紙に、振込先を記入する欄があるので、そこに振り込まれます。

確定申告の提出時は、本当に提出だけで、受付印を押して控えを返されるだけです。締切が近づけば近づくほど、提出者の人数も多いので、受け付けるのが精一杯で、数字のチェック(添付書類の数字を間違いなく転記しているか、計算が間違っていないか、など)なんてしてる余裕がありません。
受け付けた後で、受付場所とは別の部署?でチェックして、還付額が決定したら、金額・振込先・...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報