有機合成では、よく同属元素で置き換えますよね。
例えば、
-OH   ⇒ -SH   (チオール)
R-O-R  ⇒ R-S-R  (チオエーテル)
CH4    ⇒ SiH4   (シラン)
など、

でも、N(窒素)をP(リン)で置換したものは聞かないです。
例えば、アミンだとか、アミドだとかアニリンやアゾ基などの
NをPに置き換えたものです。

確かに、結合次数などは違いすが、出来ないのでしょうか?
結合エネルギーの問題なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アミンに対するリンの化合物としてはホスフィンPH3があります。



窒素もリンも3価と5価を比較的安定にとりますが、窒素では3価が、
リンでは5価がより安定なように思います。

ですから、りんと比較する際に同じ酸化数で比較してみてはどうでしょう?
たとえば硝酸はリン酸のリンを窒素に置き換え、イオン半径が減少した分、
脱水が起きて配位数(価数)が減少したと考えれば、系統的な議論に
なるでしょう。

また、アゾ基のようなものはカティネーションと呼ばれる性質が
関連していると思います。つまり、炭素はもっとも同種原子間の結合を
生じやすく、一般に周期表の下に向かうにつれて、このような結合は
生じにくくなります。

仮にアミドやアニリンなどの化合物の窒素をリンに置換しようとした場合、
元素のソフト、ハードの概念も役に立つでしょう。
炭素や窒素は比較的ハードな元素ですが、その下のケイ素、リン、硫黄
はかなりソフトになります。つまり、ハードなもの同士のC-N結合は
比較的安定であるが、ハード、ソフトの組み合わせになるC-P結合は
相性が悪いということです。

結合次数、エネルギーはある結合に関する定量的な情報で、上手に使えば、
有力な判断材料となりますが、今の場合は、
「~このような理由があるから結合エネルギーは小さくなるだろう。」
といった形の議論にしなければ本末が転倒してしまいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変返事が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

ホスフィン。言われてみるまで気づきませんでした。
ソフト・ハードの概念がこんな所にも影響しているとは
盲点でした。酸に関する事しか知りませんでした。

確かに、結合次数、エネルギーにはその原因となる理由が存在するはずで
そこを考えるべきでした。

的確なアドバイスをありがとうございます。

お礼日時:2001/09/18 14:21

1級アミンに対応する1級ホスフィンR-PH2と


2級アミンに対応する2級ホスフィンR2-PHは
合成することは可能です。
しかしアミンに比べて非常に酸化されやすいため
市販はされていません。
3級アミンに対応する3級ホスフィンR3-Pは安定で
遷移金属錯体の配位子などにしばしば利用されています。

アゾベンゼンに対応するリン化合物Ph-P=P-Phは非常に不安定で
即座に2量化するようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい、大変失礼しました。

さらに詳しい、具体的な回答を頂き大変参考になりました。
自分の不勉強による質問に丁寧に答えていただきありがとうございます。

お礼日時:2001/09/18 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジェニファー・コネリーの映画の題名

ジェニファー・コネリーの映画の題名

添付ファイルしか情報がありません。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

「レクイエム・フォー・ドリーム」ではないでしょうか。
http://movie.walkerplus.com/mv31984/

製作は2000年。監督はダーレン・アロノフスキー。意志の弱さから転落人生まっしぐらになる4人の男女が味わう地獄のような日々を、強烈な音楽と映像で描く野心作です。

特に麻薬中毒患者が見る「映像」の描写は圧倒的です。

Qアミド結合とペプチド結合はどう違うの?

問題集をやっていて、間違えました。
両方とも -NH-CO- だと思うのですが、どう違うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

専門家の方の後で何ですが,両者は同じではありません。

 「化学辞典」(東京化学同人)の【アミド】の項には『アンモニアあるいはアミンの水素を酸基(アシル基)で置換したもの』とあり,【ペプチド結合】の項には『タンパク質やペプチド中でアミノ酸残基間を結合する一種の酸アミド結合。一方のアミノ酸のα-カルボキシル基と他方のアミノ酸のα-アミノ基が脱水縮合することによって生じる -CO-NH- 結合。』とあります。

 つまり,「アミド結合」は一般的にいえますが,「ペプチド結合」はアミノ酸間の結合に対してだけ使えます。

 したがって,問題集で問われている結合がアミノ酸間の結合であれば「ペプチド結合」でも「アミド結合」でも正解ですが,アミノ酸間の結合でない場合は「アミド結合」は正解ですが「ペプチド結合」は不正解になります。

Qジェニファー・コネリーとデビッド・ボウイが出てた映画

かなり前の映画ですが、ジェニファー・コネリーが継母とうまくいっていない少女で、「弟なんていなくなればいい」と願ったら、デビッド・ボウイの魔王に弟を連れていかれてしまって、それを取り戻すための冒険をする・・・という内容だったと思います。
DVDかビデオでもう一回観たいのですが、題名がわかりません。Amazonでも調べましたが、DVD化されていないらしく見つかりませんでした。
どなたかご記憶の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラビリンス ここまで自信あり
魔宮の伝説・・・ ここは自信なし。

QC8H13NO2はどこからきてるのですか? アミンはNで、アルケンは二重結合、エステるは右の部分

C8H13NO2はどこからきてるのですか?
アミンはNで、アルケンは二重結合、エステるは右の部分
右の問題は、アルコールはOH、アミンはN、アルケンは二重結合、ケトンは右
次は、アミンはNアルコールはOH,アルケンは二重結合
最後は、アルキンは三重結合、エーテルはそのとなり、アミンはN,この右もエーテルなのですか?

やる気はあるのですがわかりません!
化学の質問です!
バカに分かりやすくおしえてください!

Aベストアンサー

その分子に含まれている原子の数を合計してまとめたのが分子式であり、それがC8H13NO2になっているというだけの話。
構造式の見方がわからないなら勉強して下さい。


http://home.r02.itscom.net/ktym/aldehyde/box2/column-21.html

Qテレビではアニメ、映画では実写の理由

 最近、テレビではアニメ、映画では実写にするパターンの作品が多いが、何か理由でもあるのでしょうか。
 特に実写映画でヒットした作品(NANA、デスノート等)をドラマではなくアニメにする理由がわかりません。
 ドラマだったらアニメより3~4倍の視聴率は稼げるはずなのに・・・

Aベストアンサー

既に回答は出揃ってますが、映画がアニメでなく実写である理由をちょっとだけ。
アニメというのは基本「子供の見るもの」というイメージが今でもあります。
中学・高校生にもなってアニメを見ていると「ヲタク」と後ろ指をさされたりする事もある位です。
どんなに内容がいいアニメでも、アニメというだけで観ない人は多いです。
映画の興行収入は観客がどの程度入ったかで決まります。
間口が狭まるアニメを作るより、実写にした方が、普段原作の漫画やアニメに全く興味のない層も見てくれます。
(原作のファンは逆に見てくれないかもしれませんが)
そこで、原作が漫画と知り、普段読まない漫画を買ってくれる可能性もあります。
アニメより実写の方が、外国で配給もしやすいですしね。

QN,N-ジメチルアニリンのN,N-ってなんですか?

o,m,pならメチル基の場所わかるんですが
N,N-はどの場所になるんでしょうか?

Aベストアンサー

アニリンのNにメチル基が付いている、だけでは分かりにくいでしょ。
もちろんアニリンのNにメチル基が付いているのですが、ジメチルなのでメチル基が二つあります。ジは二つの意味です。一つのメチル基がアニリンのN、もう一つのメチル基もアニリンのNについているので、N、N-と表現します。

Q反日映画「パッチギ」に文化庁が3000万円の金額を支援した理由は?

文化庁は日本の省庁のはずだが、韓国・在日朝鮮人合作映画と云うべき「あなたを忘れない」に3000万円を寄贈し、
今回もこのような反日映画「パッチギ」に「3000万円」を拠出したとのことです。
私たちの税金から反日映画に計6000万円も使われています。

文化庁は反日映画「パッチギ」に3000万円を拠出した理由を知っていますか?
シネカノンの親会社の「朝鮮総連」からの脅しがあったのでしょうか?

日本の省庁である文化庁から、2つの反日映画「あなたを忘れない」「パッチギ」に計6000万円もの税金を使っているとは信じられないので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文化芸術振興費補助金制度、というものが毎年ありまして、一定の条件(映画の公開に関することとか、製作会社側が用意する製作費など)を満たして応募すれば、どんな作品も審査対象になります。
てなわけで「パッチギ」は応募した作品の中から、助成金の対象に選ばれたということになります。
ちなみに審査員は映画評論家や製作者など映画関係者がほとんどです。
そのむかし、応募して対象にされなかった苦い経験がありまする(^_^;)
http://www.bunka.go.jp/1bungei/19_hojokin_boshu.html

Qアミド結合(-N-(C=O)-)の活性化について

-N-(C=O)-結合を塩基で活性化してアルキル化するとき、Nアルキル化されるときとOアルキル化される場合について質問です。

この選択性はカウンターカチオンに依存し、Liに比べてKの方がO-アルキル化される割合が増えることがわかっています。
Liの方がハードでOまたはNにより強く結合していて、Kはよりnakedなアニオンを作っていると考えています。
KでNアルキル化とOアルキル化が混在しそうなのはイメージできますが、Liで選択的にNアルキル化を進行させられる理由がはっきり説明できません。
(六員環遷移状態をとれるから、とも考えますが。。。)

どのように理解すればよいでしょう。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

一般的にその手の事象はHSAB則で説明されると思います。
OはNよりもHardであるので、よりHardなLi+はOの方につきやすくなり、結果的にNの側で反応するということでしょう。カルボニル化合物との反応であれば六員環遷移状態も関係するでしょう。また、求電子剤が何であるかということも関係するでしょう。

Q映画「野獣狩り」のDVD化されない理由

藤岡弘主演の、「野獣狩り」をどうしても見たいとずっと思っていますが、
上映されることがあっても映画館がかなり遠方だったり、
知らないうちにテレビで放映されていたりと
いまだに見ることが叶いません。

この映画がソフト化されない理由に、「権利関係」ということを耳にしたのですが、
実際のところ理由は何なのでしょうか。
またこの作品は永遠にDVD化されないのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃいましたらご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

東宝映画「野獣狩り」の理由は不明ですが、一般論で
お答えします。製作会社は、映画を興行(映画館で上映)する
だけではなく、常に、二次使用を考えて、製作することが多く
なりました。二次使用の主なものは、セルレンタルのDVD化や
地上波、BSCS衛星による放送権、インターネットによる配信
などですが、当然、興行をしたからには、なんら法律的には問題
はないはずです。ですので、製作会社の考えや自主規制ではないか
と思われます。権利は、製作会社が所有していますが、二次使用に
ついては、映画ごとに、それぞれ契約が異なりますので、一概には
いえませんが、監督脚本音楽など「著作権所有者」には、決められた
パーセントで支払う契約になっていることが多いので問題はないと
思います。

結論を一言でいえば、今の時期に、DVDを発売しても売れない
からでしょう。なかには、放送禁止用語があったとしても、
投書などがあったら困るな程度で、自主規制をして、声を消したり
する処理をすればよいことです。
現在のDVD視聴層の多くは、40代くらいまでの若者が中心。
映画をリアルタイムで見た年齢層の多くは、まだ再生機器すら
ない状態です。若い人は古い映画は見ない、でしょうから発売
にならないのも当然なのかもしれません。十年後くらいには?

東宝映画「野獣狩り」の理由は不明ですが、一般論で
お答えします。製作会社は、映画を興行(映画館で上映)する
だけではなく、常に、二次使用を考えて、製作することが多く
なりました。二次使用の主なものは、セルレンタルのDVD化や
地上波、BSCS衛星による放送権、インターネットによる配信
などですが、当然、興行をしたからには、なんら法律的には問題
はないはずです。ですので、製作会社の考えや自主規制ではないか
と思われます。権利は、製作会社が所有していますが、二次使用に
ついては...続きを読む

Q-C三N結合(ニトリル結合)は電子求引基?

-C三N結合(ニトリル結合)の反応を考えています。
電子陰性度から考えれば電子はNに引っ張られて炭素がプラスになり、水酸化イオンなどの電子供与基と反応するという考え方はあっていますか?
あるいは窒素の不対電子+炭素との電子陰性度の違いからくる三重結合の電子から窒素が電子供与基になってなにか電子求引基のH+とかと反応するのですか?
考え方の過程も知りたいので思ったことを教えて下さい。

Aベストアンサー

-CN置換基は電子求引性であり、そのため、たとえばCH3CNの酸性度はメタンよりも強くなります。本来、「電子求引性」と言った場合には上記の議論になります。
しかし、ご質問内容は、そういうことではなさそうですね。つまり、ご質問内容というのはCNの電子求引性とは別の問題であるということです。そのことをまずはっきりさせておく必要があると思います。
その上での議論として、質問文で書かれた内容はおおむね妥当であると思います。
すなわち、CNにおいて、Cは正電荷を持ちNは負電荷を持っていると考えるのは妥当です。結果的に求核剤はCを攻撃し、求電子剤はNを攻撃します。要は、CNにおいては反応点が2か所あるということと、正電荷と負電荷の間で反応が起こるという極めてシンプルな考え方で説明できます。

なお、科学において専門用語の使用法というのは重要です。水酸化物イオンを電子供与基とは呼びませんし、CNのなかのNを取り出して電子供与基といったりはしません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報