宝塚歌劇団の『ベルサイユのばら』『エリザベート』を見て、フランスの歴史が舞台となっている話がすきになりました。
なので、フランスのこのくらいの時代が舞台となっている本(漫画苛)が読みたいので、オススメを教えてください。

池田理代子さんの『ベルサイユのばら』は読みました。

*高校1年の女子です。本を読むのは結構好きです、
*できれば、実話・伝記より物語りでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

意外かもしれませんが、浅田次郎の「王妃の館」はいかがでしょう?


現代とその時代が交互に出てきて、歴史に詳しくなくてもけっこう楽しめます。
    • good
    • 0

藤本ひとみさんが書いた「ハプスブルグの宝剣」がお勧めです。


18世紀が舞台ですが、ヨーロッパ全土が舞台なので条件には適合しないかもしれません。
しかしヴェルサイユのばらと通じるものがあると思います。
    • good
    • 0

佐藤 賢一さんの「黒い悪魔」はいかがでしょうか?


「三銃士」を書いたアレクサンドル・デュマのお父さんの話です。
時代的に言えば、フランス革命の時期のお話です。
宝塚がお好きでしたら、宝塚で舞台化された同じ佐藤 賢一さんの「傭兵ピエール」もおすすめです。
ジャンヌダルクと傭兵のピエールとのお話です。
文庫と漫画が販売されていますよ。
    • good
    • 0

そうですねー私が、ご紹介するのはフランスが舞台ではありません、申し訳ない。

19世紀のロシアが舞台のロシアン・ロマン、さいとうちほ先生の<ブロンズの天使>です。少しはフランスも絡んでます。
月刊フラワーズで連載中でコミックは2巻まで出てます。「えー?フランスぢゃないのおー意味ナイじゃん!」て言われそうですが、ベルばらに負けないぐらいスゴイおもしろい。ドレスはヒラヒラ、美青年はどこまでも美しく、思わず自分もドレスが着たくなってしまった。嗚呼私もこんな美しい殿がたと恋がしてみたい・・(すでに子持ちですけどね)ロシア文学の香りも漂います。おすすめ!
    • good
    • 0

藤本ひとみさんの作品はいかがでしょうか。


革命で激動するフランスを舞台にしたフィクションです。
「ウィーンの密使」、「聖戦ヴァンデ」、「バスティーユの陰謀」、がフランス革命を舞台にしています(いずれも全く独立したお話です)。また、「ハプスブルグの宝剣」はマリーアントワネットの母親、マリアテレジアが出てきますし、「ブルボンの封印」はルイ14世治下のフランス休廷の物語です。ヨーロッパを中心に少しずつ範囲を広げていくような読み方ができると思います。

参考URL:http://www.fides.dti.ne.jp/~hitomimc/
    • good
    • 0

ベルバラがらみだと、


遠藤周作「王妃マリーアントワネット」や
エリザベス・ハンド「マリーアントワネットの首飾り」(映画化されたものです)なんかがあります。
他、モーパッサンもいいかと思います。
    • good
    • 0

上原きみ子の『マリーベル』はどうでしょう。

講談社漫画文庫に収録されているようです。

イギリスで捨て子になったフランス人のマリーベルは、貴族の屋敷で養育され、そこの息子と身分違いの恋に落ちるが、生き別れの兄を捜してフランスに渡り、ふとしたことから女優を目指す。ときは、フランス革命に突入!…といった感じです。舞台はお好きのようですし、ベルばらが気に入ったのなら、はまるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

アレクサンドル・デュマの『三銃士』とか『モンテ・クリスト伯』(別名「巌窟王」)なんてどうでしょう。

    • good
    • 0

エミール・ゾラの「居酒屋」「ナナ」はいかかでしょうか。

「ベルサイユのばら」のように華やかな貴族は登場しませんが、フランスの庶民の生活がよく描かれていると思います。長編ですが、面白くて飽きませんよ。
    • good
    • 1

私も「ベルサイユのばら」から入ってその辺の時代の本を読んだのですが、以下は面白かったですよ。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003243 …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003243 …

オスカルはいませんが…

できれば伝記よりも物語で、とのことですが、伝記っぽいつまらなさはなかったです。
それだけ波乱万丈の時代だったのでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗で100v1500wの舞台照明を使いたい

店舗で100v1500wの舞台照明を使いたいのですが、ヒューズを変えたりしなくても大丈夫ですか??

Aベストアンサー

舞台用の照明ということでハロゲンランプなどだと思いますが、調光器などを使い徐々に明る死してくのなら、コンセントの定格が15Aまでなので使えますが、その系統のブレーカーも15Aなので1つしか使えませんブレーカーの系統に他に電気を使うものがあれば落ちるので、電気工事で専用回線にした方が安全です、又調光器を使わず直接繋ぐ場合は、ランプ電流(電球の温度が低い時に大きな電流が流れフィラメント約2000度で15Aとなる)というものが物理的あるので、ブレーカーが落ちます。
この場合は専用の配線とブレーカーとなります。

Q明治時代が舞台の小説を読みたいのですが

明治時代が舞台の小説を読みたいのですが、範囲が広すぎて誰が面白いのか全く解りません。
明治時代というとちょっとジメジメした感じのある、外国文化が入ってきた混沌とした感じが好きなのですが、お薦め本などあったら紹介してくださると嬉しいです。

自分で読んでみて面白かったのは
小野不由美の東京異聞。

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子規は、文学者として、俳句・短歌を革新し、だれもが使う日本語の散文をつくりあげます。 
この3人に代表される明治の青年がもっていた青雲の志、いや、明治期の日本そのものを主人公とした物語といえます。
司馬遼太郎によれば、明治維新後、日露戦争までという三十数年は、非常に楽天的な時代であって、この時代の人びとは、前のみを見つめて歩き、のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていくというのです。これが「坂の上の雲」という題名の由来となっています。
かなりの長編ですが是非お読みください。

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子...続きを読む

Q舞台照明論とはどんな学問ですか?

 舞台照明論という学問について、概略を教えて下さい。
 「舞台照明学 上下巻 遠山静雄」は探しましたが、
 絶版らしく、ありません。

 どういうことを考察している学問か、ということを
 できるだけでよいので、どなたかご教授下さい。
 お願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトに簡単ですが載っています。
お読みになると少しは理解できると思います。

参考URL:http://www1.linkclub.or.jp/~chara/Lighting.html,http://homepage2.nifty.com/ka-i-ka-n/index.htm

Q虚無感に苛まれてる人におすすめの小説は?

ありますでしょうか?
現在、原因不明の虚無感に襲われています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3437189.html

何故、自分が虚無感を感じているのか?
虚無とはそもそも一体難なのか?
私はどうすればよいのか?

今は何もする気が起きません…。
いえ、だいぶ前からずっとこんな調子です。
しかし、仕事があるから、付き合いがあるから、生活があるから、こんな調子で毎日動いています。
その一方で、この人生がどこかで終止符が打たれないかと待ち望む自分がいます。

こんな自分に、虚無とは何か、どうすればよいのか、気づかせてくれる小説はありますでしょうか?
現在、 滝本 竜彦先生の超人論、NHKへようこそ、上遠野浩平先生のブギーポップを知人に薦められ読んでいます。
他におすすめの御本はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

私がかつて人生のドン底にあったとき…絶望と苦悩で発狂寸前でしたが…立ち直らせてくれた本がありました。

『自我の終焉』(J・クリシュナムルティ著/篠崎書林)

小説ではないので恐縮ですが、著者のジッドゥ・クリシュナムルティ(1895~1986)は日本では知る人ぞ知るといった程度の認識度ですが、世界的には超有名な孤高の思想家で、20世紀最大の思想家とまで賞賛され欧米では非常に評価の高い人です。彼から絶大な影響を受けた欧米の超一流各界人(作家・思想家・芸術家・科学者等々)は枚挙にいとまがないほどで、彼の死は世界的ニュースとなりインド政府は国葬を行って(彼はインド系アメリカ人)偉大な生涯を讃えました。

日本では宗教家と勘違いしている人もいるようですが、彼は神や霊魂といった形而上的テーマにはまったく触れず、人間の精神の根底にある虚無感・孤独感・恐怖とは何なのか、果てしない苦悩に終焉はあるのか、といったテーマで世界中を語り歩き続けた人です。
そのスタイルや思想の類似性から現代の仏陀とも称されましたが、多くの著作も書き残しています。上記の本は数ある著作の中でも定番中の定番で、彼の思想のすべてがが比較的わかりやすく網羅されています。

この本は幸福で満ち足りている人より、苦悩している人にこそオススメしたい本です。私自身、彼の言葉が絶望で打ちひしがれた私の心に真綿が水を吸うように浸透していき、この人は極限の苦悩を体験した人に違いないと思ったものです。
ライト・ノベルのように気軽に読める内容ではありませんが、かといって難解で理解に苦しむという内容でもありませんし、もちろん宗教嫌いの人(私もその一人)にもまったく抵抗ないと思います。

私はこの本との出会いがきっかけで人生観が激変しましたが、あくまで私の個人的体験なので質問者さまのお悩みの解決につながるかどうかはわかりませんけれども…もし興味を持たれましたらお暇なときでもご一読されてみてはいかがでしょうか。

はじめまして。

私がかつて人生のドン底にあったとき…絶望と苦悩で発狂寸前でしたが…立ち直らせてくれた本がありました。

『自我の終焉』(J・クリシュナムルティ著/篠崎書林)

小説ではないので恐縮ですが、著者のジッドゥ・クリシュナムルティ(1895~1986)は日本では知る人ぞ知るといった程度の認識度ですが、世界的には超有名な孤高の思想家で、20世紀最大の思想家とまで賞賛され欧米では非常に評価の高い人です。彼から絶大な影響を受けた欧米の超一流各界人(作家・思想家・芸術家・科学者等々)は...続きを読む

Q舞台照明家の勝柴次朗さんについて

私は舞台照明の仕事に就きたくて、採用情報を集めています。宝塚歌劇や『エリザベート』・『SHOCK』などで活躍されている照明デザイナーの勝柴次朗さんを尊敬しています。勝柴さんと一緒に仕事ができたら・・・と思っているのですが、勝柴次朗さんの所属する勝柴オフィスについての情報が見つけられません。何か知っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

検索方法のみ
Googleでキーワード:勝柴オフィス
これで、ある団体のホームページ関係が出ますので、URLの後ろを短くして、
その団体のヘッドページからメールで用件を書いて問合せ。
または支部にメールで問合せ。

Q実話の感動本を探しています。

実話の感動本を探しています。
おすすめなどありせんか??
「がんばれば、幸せになれるよ」「1リットルの涙」「ゆりちかへ」
は知っているのですが、他に↑のような感動する本ってありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

☆アシュリーが教えてくれたこと ロリー・ヘギ (単行本 - 2009/11/17)

内容紹介
もし生まれ変わっても、もう一度自分を選ぶ。私は私であることが好きだから
早期老化症によって17 歳でこの世を去ったアシュリー。そんな過酷な運命を生き抜いた彼女から、愛することや生きる勇気を教わったと、母ロリーはその遺した言葉を振り返ります。
内容(「BOOK」データベースより)
通常の何倍もの速さで老化が進んでしまう難病によって17歳11カ月でこの世を去ったアシュリー。過酷な運命を生き抜いた彼女の言葉を振り返り、「生きる勇気」や「愛することの意味」を教わったと、母ロリーは語ります。フジテレビ系『サイエンスミステリー』で大反響を呼んだ、感動のドキュメンタリー

昨年17歳で亡くなりました。
とても残念です。

Q演劇舞台の照明装置について。

こんにちは、大学で演劇サークルに入っている者です。

先日、公演の準備中に舞台上の照明電球が割れるということがありました。
原因は、照明器具の老朽化でした。
予備があった為、なんとか公演はできたのですが、安全性の面も考えて、照明を一新することになりました。
うちのサークルは教室が会場で、照明はアルミパイプを組み立て、そこに電球を取り付けるタイプです。
今回、カバー付きの照明を探し、ネットを彷徨っているのですが、なかなか見つかりません。

そこで、演劇(特に照明関係)に詳しい、もしくは関わっている方に質問です。
オススメの電球や取り扱い店舗を教えていただけないでしょうか?
「私たちはこういうの使ってます」といった感じで構いません。
その他、照明に関するアドバイスでも何でもOKです。
冬にまた公演があり、それまでに見当をつけなければならないのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらではどうでしょうか?

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30BG%5E%5E
PAR30 75Wまで使用可能ですので、教室使用でまずますの光量かと。
平行コンセント。本体のみで1200円は安い!

ランプ別売りのようですので、
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30%2F75FL%5E%5E
1200円
値段はどうか分かりませんが、大抵のホームセンターでも入手出来ます。

ハンガー/ダボ(とりあえず安いほうで…)
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5ECCLAMP%5E%5E
500円!
バトンパイプ径は20~51ミリ対応とのことですが、大丈夫でしょうか?
(一般のバトンは、42ミリくらいです)

合計で、2900円@1灯+送料など。

75Wの場合、教室の最大電流量が15アンペアとした場合、
同時に点灯できる最大灯数は、16灯くらいまでいけます!
たいていの公演ではまあ十分かと。

ご予算によっては、
60Wに下げて本体980円という方法もありますね。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR16BG%5E%5E

私は当時こういう安いのが無かったので、
空き缶をくり抜いて中にランプを仕込んで自作しました。(笑)

ご参考まで。

こちらではどうでしょうか?

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30BG%5E%5E
PAR30 75Wまで使用可能ですので、教室使用でまずますの光量かと。
平行コンセント。本体のみで1200円は安い!

ランプ別売りのようですので、
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=977%5EPAR30%2F75FL%5E%5E
1200円
値段はどうか分かりませんが、大抵のホームセンターでも入手出来ます。

ハンガー/ダボ(とりあえず安いほうで…)
http://www.soundhouse.co.jp/sho...続きを読む

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Q【 新舞踊 】舞台照明に相応しい色温度は?

【 新舞踊 】舞台照明に相応しい色温度は?

母親が新舞踊の家元をしており、
今までダスキンでスポットライトを2灯借りて客席両サイドから舞台を照らしていたのですが、少し光量が足りないので「パーライト」を購入して全4灯にする話が出ています。舞台袖から当てる(演者に近い)のでミディアムかワイドをと思っていますが合ってますでしょうか?

あと、色温度を迷っています。
着物の色がきちんと出た方が良いと「白」5500kくらいを母は希望していますが、「演出」の意味?で「やや黄色」の方が良いのかなと私は思っています。
どうなのでしょう?

Aベストアンサー

パーライトという選択は、多分正しいはずです。
球は、ミディアムでいいと思います。
(ワイドはそれほど一般的ではない)
4台あるのなら、客席両サイド2台(舞台の斜め前)をメインに、舞台袖2台を補助にするべきです。
可能ならば、舞台袖の光量を落とします。
機械的に落とせないなら、NDフィルターというものがあります。
(ポリカラーの#925など)

色温度は気にするべきではありません。
パーの球は、どのメーカーも3,200Kくらいで、それで十分です。

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報