ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

特に知りたい項目:
1.自己リンパ球移入法
2.血管内治療
3.クレスチン(免疫活性化薬)

を中心に教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どなたも回答されていないようですので簡単に。


1.自己リンパ球移入法
この名称はあまり一般的とは言えないと思います。最近がんを免疫の力で治そうという試みは世界中で行われています。
患者さんのリンパ球のうち、がんを特異的に攻撃するリンパ球(CTL)を体外で増やして患者さんに戻す細胞障害性T細胞(CTL)療法とか、CTLを誘導することのできる抗原提示細胞を体内に戻す、樹状細胞(DC)療法などが有名です。
基本的にこのような免疫療法は効果が一定せず、現段階ではあくまで姑息的治療法のひとつと考えればよろしいと思います。どんながんにも効くわけではありません。効かない人には全く効きません。悪性黒色腫など特定のがんでは効果がある程度証明されていますが、それでも病気を治すという段階には至っていません。
興味があれば細胞障害性T細胞(CTL)療法や樹状細胞(DC)療法などで検索をかけてみてください。ただし、まだまだ実験的な治療ですからどこでもやってるというわけにはいきませんのでご注意ください。
また、これ以外にも免疫療法に関しては病気によってさまざまな治療法が研究されていますが、かなり広範になりますのでここではなかなか説明できません。お許しください。

2.血管内治療に関してはあまり詳しくは知りません。おそらく、腫瘍の栄養血管に選択的に塞栓術を施行することで、腫瘍への血流を遮断しがん細胞を死滅させるという方法のことを指しているのではないかと思います。特に肝臓がんなどではよく行われていて、条件次第ではかなりの効果が期待できる可能性があります。

3.クレスチンはずいぶん前からある薬ですね。使っている患者さんを何人か拝見したことはありますが、、、効果のほどは「?????」という感じでしょうか?あまり具体的な印象を述べるのもどうかと思いますので細かいことは書きませんが、まあ医学的エビデンスという点で言えばかなり弱いといわざるを得ないお薬だと思います。

以上、何かのお役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/07 09:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング