私は授業でマルクスを勉強しているのですが、本を読んでも難しくて良く分かりません。なんとか歴史認識の基本は分かったのですが、マルクスの歴史認識がどのようにマルクスの考えと結びついているか分からなくて困っています。どうか教えてください!!

A 回答 (2件)

以下は私の思い込みですので参考までということで



労働価値説とは100円のものには100円の労働が投入されているとする考え方です。

でも実際には、100円の商品を生産した労働者に100円の賃金が支払われることはありえませんよね。
労働価値説にたつ限りこの労働者は100円の労働をしたのですから100円の賃金が支払われないのはけしからんことであり、資本家による搾取だということなるのです。

この搾取をなくすために労働者階級による共産主義社会を…とつながっていくのだと思っていました。

こんなんであっているのでしょうか?
どなたかちゃんとご存知の方のご意見をお聞きしたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答 ありがとうございます!
読んだ文献にgrandさんが教えてくれたことが書いてあったのを思い出しました。
(一度読んで、なんだコリャっては思ってたんですけど)
今、私はマルクスの小難しい文章に翻弄しているのでホント助かります。
ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2001/09/17 09:49

誤解を恐れず簡単に回答します。


個人的意見ですから、正しいかどうかはuribouzuさんが判断してください。

マルクスの歴史認識は、生産力や生産関係が歴史を発展?させることが基本だと思います。
この歴史認識と、労働価値説を基本とした資本主義分析がマルクスの特徴だと思います。
労働価値説により資本主義を分析した結果、搾取される労働者と、搾取する資本家の対立といった生産関係が資本主義であり、資本主義はその競争原理に従い、(マルクスは決してこんな表現はしていませんが)搾取される労働者を増やし、資本家を減らします。
搾取する資本家は自ら搾取を止めることはありませんから、資本主義は自ら生産した労働者によって、生産関係を改革し、歴史の必然として社会主義に移行する。

こんなおおざっばな回答で役に立ちますかな?
余計なことですが、労働価値説は今でも理解できずに、私が聞きたいぐらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。本当にさっぱりだったので助かります。
調べたこととかと重なってよく分かりました。
ほんとにマルクスって難しいですよね。
これを見てがんばりますね(^0^)/’
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 12:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルクスは?

当方、経済学は全くの素人です
馬鹿なことを聞くやつだ。 と思われるかもしれませんが、

最近「 マルクス・レーニン主義が、第一次マルクス修正主義だとすると今後、第二次マルクス修正主義が起こる否か 」がどうしても気になるのです

特にアメリカや日本では「直接選挙(革命)をやっているから、ロシア革命のような形態ではおこらない」と思うのですが

どう考えたら良いものか、どなたかお教え願えないものでしょうか?

Aベストアンサー

#2ですが、追加です。

FHirokoさんはイデオロギーとしてのマルキシズムの可能性ではなく、
政治運用面でのマクキシズムの可能性について言及しているのでしょうか?
私は前者だと思って回答してしまいました。失礼しました。

政治運用面では、プロレタリアート独裁ではなく、ゆるやかな連立による
左派政権ができる可能性は充分あると思います。現実にヨーロッパがそうです。

ただし、それはマルクスによる革命とはちがうし、すでにマルキシズムではなく
社会民主主義です。富める者ではなく、富まない者への政策は、
左派政権が担うとも考えられます。しかしながら、そうすると予算配分、さまざまな規制が
生じることによる自由競争原理の崩壊、経済の失速といったデメリットも考えられます。
おそらくはそのバランスでしょう。

アメリカについては貿易面だけではなく、GDPの全体像を眺めなければ即断はできません。
が、FHirokoが指摘する面はあると思います。

お答えの結論ですが、マルキシズムを加味した左派政権の可能性はある、ということです。
ただし、それをマルキシズムと呼ぶかどうかは、また別のお話しでしょう。

#2ですが、追加です。

FHirokoさんはイデオロギーとしてのマルキシズムの可能性ではなく、
政治運用面でのマクキシズムの可能性について言及しているのでしょうか?
私は前者だと思って回答してしまいました。失礼しました。

政治運用面では、プロレタリアート独裁ではなく、ゆるやかな連立による
左派政権ができる可能性は充分あると思います。現実にヨーロッパがそうです。

ただし、それはマルクスによる革命とはちがうし、すでにマルキシズムではなく
社会民主主義です。富める者ではなく、富まな...続きを読む

Q情報処理の授業で、世界シェアの高い商品についてのレポートを作成しなくて

情報処理の授業で、世界シェアの高い商品についてのレポートを作成しなくてはならないのですが、どのように世界シェアを調べればよいのかわかりません。出所が不確かな情報ならいくらでも出てくるのですが、信頼できる出所元を探しています。
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

業界地図はいかがですか?

あとは日経新聞が詳しいはずなので、そこらへんで。

ネット以外にも白書とか新聞とか調べたらどうですか?

Qマルクスの宗教批判について

ドイツのマルクスが、宗教を「民衆を腐敗させる悪だ」として批判したそうですが、これは本当でしょうか?(ロシアのレーニンも同じ考えを持っていたと聞いたのですが)
もし本当であれば、それは正論なのですか?

Aベストアンサー

マルクスには詳しくないので,そのようなことを言ったかどうかは知りませんが,
はっきりと言えるのは,正論ではないということです。
私は,キリスト教のプロテスタントに属していますが,正しいと思っていますし,
みなさんもご存じのイエス・キリストを信じています。まだクリスチャンではない
ので,心からというわけにはいきませんが,信じれば救われると思っています。
寂しいときなどに聖書のみことばを読むと涙が出てきます。
それに,私達が信じている神には,不可能なことはありません。
段々混乱してきたので,最後に聖書のみことばをいくつか書いておきます。
別に布教活動ではないので,読む読まないは,自由です。気が向いたらどうぞ。
☆主はあなたを見放さず,あなたを見捨てない。申命記31:6
☆子どものように神の国を受け入れる者でなければ,決してそこに,はいることは できません。マルコ10:15
☆わたしは,世の光です。わたしに従う者は,決してやみの中を歩むことがなく,
 いのちの光を持つのです。ヨハネ8:12
☆神は真実な方ですから,あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせ るようなことはなさいません。1コリント10:13
☆すべて,疲れた人,重荷を負っている人は,わたしのところに来なさい。わたし があなたがたを休ませてあげます。
あぁ,やっぱり聖書は勉強しとくべきだった……と思い知らされる今日この頃です。

マルクスには詳しくないので,そのようなことを言ったかどうかは知りませんが,
はっきりと言えるのは,正論ではないということです。
私は,キリスト教のプロテスタントに属していますが,正しいと思っていますし,
みなさんもご存じのイエス・キリストを信じています。まだクリスチャンではない
ので,心からというわけにはいきませんが,信じれば救われると思っています。
寂しいときなどに聖書のみことばを読むと涙が出てきます。
それに,私達が信じている神には,不可能なことはありません。
段々混...続きを読む

Qマルクスとアジア?助けて!さっぱり解りません(経済)

こんにちは。実は大学の夏季レポートで後一つどうにもならないものがあるんです。
もともと理系志望だったので経済に興味は全然ないからめっちゃ難しいです。
マルクス主義??アジア??常識の範囲内なのかもしれませんがさっぱりです、
っていうかあせっているので自分でもレポートに書いていることの意味がわからなく
なってます。もう、パニックですね。

[ポスト現代のマルクス]という本が課題なのですが、マルクスとアジアって
どんな風な切り口にしたりしたらいいんでしょうか?なんでもいいです、
どこか参考になりそうな場所でも。やばいんです、助けてください!

Aベストアンサー

私ならこうレポートするというで
箇条書きにしておきました。
1、アジアは欧州の列強の国々の植民地支配から解放された。
2、しかし、貧困と、権力者の支配からは解放されなかった。
3、貧困と差別から解放を求める人々の声が強くなっていった。
4、植民地支配のときよりも、経済状況が悪化している地域も
 多くなった。
5、貧困と差別を根絶しようと宗教家、支配者はいろいろな手を
 打ったが、成功しなかった。
6、民衆の中から、貧困と差別は、現在の宗教、支配者を
 崩壊させなければ、なくならないという人々があらわれた。
7、それらの人々は、民衆を説得するために、マルクス主義の
 思想を取りいれた。
8、そのマルクス主義がアジアの人々に受け入れられ、
 各地で、マルクス主義、毛沢東主義を革命思想として、
 ゲリラ活動が展開されることになった。
9、ベトナム解放戦線など、アジアの各地で解放闘争とる
 集団が力を強固にするため、中国、ソ連などの社会主義国の
 援助を受ける事になった。
10、植民地から解放されたはずのアジア地域は貧困、差別から
 解放されなった結果、マルクス主義が根をはる土壌を
 が新たに作られることになった。
11、マルクス主義のとなえるプロレタリア解放という思想は
  アジアの国々の近代化、経済的自立が成功しない限り
  民衆の中から消え去らないだろう。
  以上。
こんな風ですが、参考になりましたか。

私ならこうレポートするというで
箇条書きにしておきました。
1、アジアは欧州の列強の国々の植民地支配から解放された。
2、しかし、貧困と、権力者の支配からは解放されなかった。
3、貧困と差別から解放を求める人々の声が強くなっていった。
4、植民地支配のときよりも、経済状況が悪化している地域も
 多くなった。
5、貧困と差別を根絶しようと宗教家、支配者はいろいろな手を
 打ったが、成功しなかった。
6、民衆の中から、貧困と差別は、現在の宗教、支配者を
 崩壊させなければ、なくなら...続きを読む

Qソ連型社会主義国とマルクス型社会主義国の違い

《 ソ連型社会主義国とマルクス型社会主義国の違い 》

★ ソ連型社会主義国~最初の布石を置いたレーニンに誤りはなかったが、無様で最低のザル碁で終わった。

労働者階級の前衛、共産党の指導の元に革命、
社会主義国建設、政権防衛と称して、武力に依拠、自分たちが倒されないような法体系を整備。
中国、北朝鮮、キューバ、ベトナム、すべてそう。

☆ マルクス型社会主義国~まだ物質化されていない。

戦いの場は、選挙。社会主義目指す党が政権与党となる、単独無理、連立政権。反対党いるわけだから、失政なら政権交代。
ジグザグは避けられない。
資本主義経済のつぼを押さえ込む。なんらかの国有化は避けられない、現社会主義国の逆をやるということ。

自分なりに考えてみたのですがどうでしょうか。

Aベストアンサー

☆ マルクス型社会主義国~まだ物質化されていない。

戦いの場は、選挙。社会主義目指す党が政権与党となる、単独無理、連立政権。反対党いるわけだから、失政なら政権交代。
ジグザグは避けられない。
資本主義経済のつぼを押さえ込む。なんらかの国有化は避けられない、現社会主義国の逆をやるということ

既にあったじゃんそんな社会主義国家

選挙で連立政権与党となる
資本主義経済ではあるが、国家による監視体制
公共事業は47%を人件費とせねばならない
それを実現した政党はNSDAPって言うんだけど

Qマルクスとケインズ

マルクスとケインズについて勉強するとき、何を中心に勉強したらいいでしょうか?例えば「協業」など・・・。

Aベストアンサー

 この時代にマルクスとケインズをこれから勉強しようという意欲はたいへん貴重だと思うので、私の乏しい知識からでもなんらかのお答えができればと思うのですが、ご質問のままではいささか雲をつかむようなところがあります。

 できれば、もう少し意図や関心をお知らせいただければ、回答可能かと思います。たとえばマルクスとケインズをあるテーマについて比較検討しようとされるのか、それぞれについて別個に勉強されようとするのか・・・といったことです。

Qレーニンは、日露戦争をどのように見ましたか?

レーニンは、日露戦争をどのように見ましたか?

1905年に日露戦争はロシア帝国の敗北により終結しました。
これ以降、ロシア帝国は弱体化に拍車がかかり、ロシア革命の遠因に
なったとされています。
さて、革命の父と言えばレーニンですが、レーニンはこの日露戦争を
どのように評価しているのでしょうか?
日露戦争に対して、レーニンはどんなコメントをしていますか?

Aベストアンサー

レーニンは日露戦争が開戦した直後からその戦争期間中はもちろん、終戦後に亘り多くの論文や演説を残しています。その量は相当なものでほとんどはレーニン全集に納められてはいますが、まともに研究するなら独立した一冊の本が出来るほどです。

 ということでレーニンの詳細なコメントを含めた回答は不可能ですので、ざくっとした回答でお茶を濁らさせてもらいます。

 レーニンの日露戦争観は当時の日本を取り巻く諸国の知識人とはかなり違ったもので、中国や朝鮮のように小国が列強大国を見事に打ち破ったことに対して、無邪気に喜ぶというものではありませんでした。同時に反政府的思想を持っていたにもかかわらず、敗北という現実の前に止めようのないナショナリズムが湧いてきた、トルストイのような複雑な感情も持ち合わせてはいませんでした。

 レーニンは日露戦争開戦直後からこの戦争の本質と推移、そして戦後の変革を冷静に見つめ、これをいかに自己の思想闘争に活かし、なおかつ利用しようかということを分析し研究していたといってもよいでしょう。

 日露戦争は当時のヨーロッパやアメリカのインテリゲンチャと同じく、弱小国対強大国の戦いといった単純な見方ではなく、帝国主義的的植民地主義者たちの闘争であって、アメリカやヨーロッパ諸国の反動的ブルジョアジーたちの間に将来起こりうるであろう、新しい形の戦争の初期段階的なものであるとみなしていました。

 日露戦争開戦直後の小規模な戦闘でロシア軍が敗北を続けたとき、ロシア社会主義民主労働党中央委員会での労働者への呼びかけの中の一節です。
「戦争が始まった。日本人はすでにロシア軍に一連の敗北をもたらし、いまやツァー政府はこれらの敗北復讐を果たすために全力を注いでいる」とし、これらの結果がロシア人労働者、農民たちに新たな苦難を招き、人民やその家族に大きな惨禍をもたらし、さらなる税の過大なる負担を強いるであろう、と続けています。

 そしてレーニンはそこにツァー政府の将来的な破滅と崩壊を予想し、革命の実現という現実的な姿を見たのです。

 レーニンは前述したように戦争中、各戦闘の経過と結果について詳細に分析・研究を行っています。そしてその結果の原因の主なものに必ずツァー政府における官僚や軍人の腐敗性と、農民大衆の無教養や無気力などを挙げて、「露日戦争の仮借ない教訓によって、惰眠をむさぼるだけの広範な農民大衆を目覚めさせる」と結んで、巧妙にアジテートしています。

 さらにレーニンは機に乗じて日本をたくみに利用しており、あるときは帝国主義者、あるときは進歩的勢力と呼び、自身のイデオローグに効果的に組み込んでいる点でもしたたかな人物でした。

 日露戦争に関してのコメントしての集大成というなら、「新しい大戦争、専制制度に立ち向かう人民の戦い、自由を求めるプロレタリアートの戦争が近づいていることを意味していることに、この戦争の全世界的・歴史的意味がある」というのが、最もふさわしいかもしれません。

レーニンは日露戦争が開戦した直後からその戦争期間中はもちろん、終戦後に亘り多くの論文や演説を残しています。その量は相当なものでほとんどはレーニン全集に納められてはいますが、まともに研究するなら独立した一冊の本が出来るほどです。

 ということでレーニンの詳細なコメントを含めた回答は不可能ですので、ざくっとした回答でお茶を濁らさせてもらいます。

 レーニンの日露戦争観は当時の日本を取り巻く諸国の知識人とはかなり違ったもので、中国や朝鮮のように小国が列強大国を見事に打ち破ったこ...続きを読む

Qマルクス主義の現状

 私が学生時代(30年前)には、マルクス主義が全盛でした。
 私自身経済学部なのですが経済学部を卒業するためには
 いわゆるマル経の単位を4つぐらいは取らなければいけませんでした。
 そのころ、マルクス経済学のこの辺がおかしいと言うと
 「まあ、そう言わずにまずは勉強しろよ」とか「資本論を読んでから議論しろよ」とか言われました。
 ところがソ連が崩壊し、中国も事実上、経済の枠組みの中に資本主義を取り込み始めると
 みな、口をぬぐって、マルクスを語らなくなりました。当時あれほどマルクス主義を語らなければ
 インテリの端くれでもないとしていた人たちがです。
 人間がそこまで変節できることが不思議でしょうがありません。
 
 そこで質問です。
 あのころ、マルクス経済学を信奉していた人たちは
 今、どうしているのでしょうか?
 結局のところマルクス経済学のどこが正しくて、どこが間違っていたのでしょうか?
 どなたかそれぞれの経験でご教授いただければ幸いです。
 

Aベストアンサー

>>結局のところマルクス経済学のどこが正しくて、どこが間違っていたのでしょうか?
 どなたかそれぞれの経験でご教授いただければ幸いです。

僕も、共産主義社会の経験は無いので、条件は満たしていませんが、ちょっと書いてみます。
☆マル経の誤りについては、
1)人間の努力で生産性は向上するという点の見落とし。
2)唯物論により、人間を単なる「物質と」して考え、「心」を考えなかった。

というところではないでしょうか?生産性がアップしないということは、大きさが変わらないパイの分配問題です。
この場合、「(権力によって)いかに公平に分配するか」が焦点になります。
しかし現実には、努力と自由な発想による生産技術・科学技術の発展により10倍どころか千倍、1万倍もの
生産性向上が可能です。すると、生産性アップに寄与した少数の人の配分が50%であろうとも、その他の人々も配分は増えます。
そして、搾取されているはずの自由主義経済の人々のほうが、共産主義・社会主義国の人々よりも豊かになるという結果になりました。
また、才能の発揮等で、成功者が出ると、「嫉妬心」から引きずりおろす行動になり発展の阻害になっていたと思えます。

次に、人間をロボットのような単なる物質と見なすことは、「才能が劣る人・障害を持つ人・反旗を翻す人」を「故障したロボット」のように見なし、強制収容所・大量粛清を通して、何百万人も殺しましたね。こうした方法で「公平」が守られるほうがいいと思う人は少数だと思います。

結論として、人間は「公平な分配」の共産主義よりも、「富の分配に不公平がある」だろうけれど「物質的に豊かな生活」と「心に自由がある社会」を与えてくれる自由主義のほうが、「幸福な社会」だと選択したのだと思います。

ただし、最近では、小泉政権下による労働関連法の改悪により、共産主義が批判した「資本家に搾取される労働者」が若年層に増加していると思えます。
「労働者の幸福のために公平な分配を!」という共産主義の主張は、人々の幸福を願っている正しい部分だったと思いますし、それだからこそ、多くの人々に支持されたんだと思います。

この8/15に、第二次大戦の意味を見直すTV番組が多数放映されてますが、「格差社会」がいわれる今日、「人間の幸福」と共産主義・資本主義について考えてみる必要があるかもしれないですね。

>>結局のところマルクス経済学のどこが正しくて、どこが間違っていたのでしょうか?
 どなたかそれぞれの経験でご教授いただければ幸いです。

僕も、共産主義社会の経験は無いので、条件は満たしていませんが、ちょっと書いてみます。
☆マル経の誤りについては、
1)人間の努力で生産性は向上するという点の見落とし。
2)唯物論により、人間を単なる「物質と」して考え、「心」を考えなかった。

というところではないでしょうか?生産性がアップしないということは、大きさが変わらないパイの分配問...続きを読む

Qマルクス経済学

マルクス経済学は資本主義なのですか?共産主義なのですか?
「資本論」という本がマルクスの代表著書だったと思いますが、
これは資本「主義」とは関係ないのですか?
マルクス経済学は現在、中国や北朝鮮で採用されているのですか?
日本共産党のマルクス経済学に対するスタンスはどうですか?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

マルクスが資本の動態分析をおこない、その結果を示したのが『資本論』です。これが経済学者マルクスの功績。
マルクスは哲学者でもあり、唯物弁証法という考え方を提唱しました。
またマルクスは社会主義者でもあり、前記の唯物弁証法に従って、資本主義は必然的に社会主義に移行し、それが高度に発達すれば共産主義に移行すると説きました。

この3種類のマルクスを混同するとわけがわからなくなります。経済学者としては一流、哲学者としては二流、社会主義者としては三流、などと言われますね。

『資本論』は資本の動き方を解明した論文ですから、マルクス経済学は「採用」するとかしないとかいうものではありません。資本主義社会において資本はどのように動くのかということを研究する、社会科学の一分野です。

ソ連など社会主義圏では「マルクス経済学に基づく経済政策」を採用したと言っていましたが、計画経済などをそう呼んだだけという側面が強いと思います。実際、社会主義国家の存在により、マルクスの経済学は政治的なバイアスを強く受けることになりました。これを批判して、「マルクス主義経済学」と「マルクス経済学」をはっきり分ける考え方もあります(科学とイデオロギーの分離)。

日本共産党はかつて「講座派」と呼ばれる立場でマルクス主義経済学に関与しました。社会党が「労農派」です。この両者の争いから距離を置く形で、イデオロギーを持ち込まない「マルクス経済学」を研究した宇野弘蔵のラインが、今の日本のマルクス経済学研究の主流になっていると言えるでしょう(共産党は異論があるかもしれませんが)。

なお日本では俗に「マルキスト」という言い方がよくされますが、正しくは「マルキシスト/マルクシスト」ですね。Marx+istですから。

マルクスが資本の動態分析をおこない、その結果を示したのが『資本論』です。これが経済学者マルクスの功績。
マルクスは哲学者でもあり、唯物弁証法という考え方を提唱しました。
またマルクスは社会主義者でもあり、前記の唯物弁証法に従って、資本主義は必然的に社会主義に移行し、それが高度に発達すれば共産主義に移行すると説きました。

この3種類のマルクスを混同するとわけがわからなくなります。経済学者としては一流、哲学者としては二流、社会主義者としては三流、などと言われますね。

『資...続きを読む

Qマルクス経済

資本制経済の発展階段
貨幣の諸機能
独立生産者と資本家の違い
剰余価値が形成される仕組みと増大させる方法
賃金の本質と現象
剰余価値率と利潤率に区分と関連
についてどれでもいいんで教えてください!

Aベストアンサー

貨幣の諸機能について
一般にいわれている機能は以下のものです。
価値尺度、取引(決済)手段、蓄蔵手段
(1)価値尺度 … あらゆる財・サービスの経済価値が貨 幣額で示されることにより、経済計算が容易になる
(2)取引手段 … 取引が貨幣に媒介されることで、物々 交換の場合よりも取引が円滑になる
(3)蓄蔵手段 … 世代を越えて経済的価値が蓄積される  / それ自体を担保として信用貨幣が創造される


人気Q&Aランキング

おすすめ情報