進化論が全く正しかったとします。

それで、人類種が全滅したとすると、その時、人類が存在した意味は何でしょう?

「神のみぞ知る」以外で教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

そもそも人類が存在する意味は無意味です。


意味を考えるようなおごり高ぶった思想をするようなおろかな存在が人間です。

すみません,質問者様を非難しているわけではありません。
原因があるから結果がある。
ただそれだけのことで,
結果(意味)のために原因が生じることはありません。

目の前に石があったとします。
人為的に置かれたのでないとすれば,そこに石がある意味はありません。火山が瀑発したから,川のながれに押されたから,などがそこに石がある原因で,その原因のために結果として石がそこにあるわけです。
石をそこに置くために火山が爆発したのではありません。

人間も同じ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですか。 御回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/05 23:48

ちょっと質問者さんの望むものとは違う回答になってしまうかもしれませんが、現在の進化論の考え方によると、「人類が滅んだとすれば、それは環境に「適応」できなかった為だ。

」ということになると思います。それ以上でも、それ以下でもなく。

もし進化論に興味をお持ちならば、「進化と人間行動 長谷川寿一 長谷川眞理子 共著 東京大学出版会 発行」をお勧めします。進化論の考え方について分かりやすく書いてありますよ。

この回答への補足

.
皆様ありがとうございました。
.

補足日時:2005/04/15 18:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

質問とは別と考えていただいてもよいのですが、疑問がありまして「自然淘汰は必然なのか?」という問題です。 「そんなの当たり前」と考える人達も多いようなのですが、私としては学ぶほどわからなくなってしまった所です。 私的には副題になる所です。

お礼日時:2005/04/13 23:18

貴方のお返事を読むと多分にエコロジーに影響されていると見えます。

 あるいはガイア仮説でしょうか? 下に書かれている人達の意見にも散見されますが人類を地球上の癌細胞のごとく考えるのは間違いだと思います。 また人類が滅んだ後に、より優れた生物が現れるという考えも「進化」という言葉を間違って受け取っておられる気がします。 あくまで環境に適応する為の変化であって、知性もその一つの要素に過ぎません。 自然を絶対視する環境保護の行き着く先は原始人の生活への逆戻りであり退化といえるでしょう。

自然との共存とはごく新しい考え方であり、何年先かには別の考え方が正しいとされるかも知れないのです。 私が言った「知性ゆえの滅亡」というのは知性から生まれた副産物、核戦争や環境破壊による滅亡ではありません。 知性そのものがあるが故の滅亡です。 現在、日本では年間三万人超の人が自殺しています。 欧米など先進諸国ほど発展途上国に比べ自殺の割合が高いのです。 これは何を意味するのでしょうか? 知性が無ければ生存欲求の本能のまま生きて行けたものを知性あるが故に自滅したと言えないでしょうか?

人は未知を知りたがる生き物です。 およそ自分が生きる事に何ら直接影響を及ぼさない事象であろうと知りたがります。 山の向こうに何があるんだろうという素朴な疑問から、宇宙誕生や未来まで拡大して考えます。 (おそらく貴方も私も)そして自分の存在意義、ひいては人類の存在意義までを問いかける時、知り過ぎた為に自己を矮小な存在と思い込み自滅を選ぶのではと考えるのです。 産業革命以降、科学は次々に謎を解明し技術を開発して、地球上に秘境は消え去りました。 また空の上、海の底、果ては宇宙まで進出してきたのですが、その科学の発達も、もうこれ以上は人知では解明する術がないという所まで来るかも知れません。 知性の発展がこれ以上望めなくなった事を知ったその時、人は絶望するでしょう。 個としての自殺も絶望から生じます。 ならば種としての人類も…

実は私は「人類を卑小化して考える思想」には賛同したくないのです。 自然を破壊する地球の癌細胞なんて考えれば、当然の帰結として人類は滅亡した方が良いとなるからです。 だからと言って、一度手にした文明を手放す事など出来るはずもありません。 人類は知性と言う武器を手にしたからこそ地球生命の頂点に立っているのであり、今までの滅亡した生物が自然環境の激変により滅亡したが故に、自然を支配する事により滅亡を免る存在であると思いたい。

私は人は知性ある故に地球の管理者となるべく生まれた、それこそが人類の存在意義だと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

質問とは別と考えていただいてもよいのですが、疑問がありまして「自然淘汰は偶然なのか?」という問題です。 「そんなの当たり前」と考える人達も多いようなのですが、私としては学ぶほどわからなくなってしまった所です。 私的には副題になる所です。

お礼日時:2005/04/13 23:34

>進化論が全く正しかったとします。



その進化論とはダーウィンの古典的進化論を指すのですか? それともネオ・ダーウィニズムを指すのでしょうか? 
一般に知られている進化論(中学校で学習する範囲)として定義してお答えしますと「知性」というのも獣の爪や牙、あるいは恐竜の巨体、鳥の翼と同じく生存の為の糧の一つでしかありません、
もし滅ぶ時があるとするなら恐竜がその巨体ゆえに滅んだごとく、その知性ゆえに滅ぶと思われます。

現実に「考える」という行為と「思い悩む」という行為にどれだけの差があるというのでしょう。 そして生存という種として最低限の本能すら知性で乗り越えて自ら命を絶つ者がいるのです。
人類種の知性は厳しい自然環境を自分とって快適にする事によって生存圏を拡大していきました。 これはそれまでの生命種が自然環境に左右されるのに比べて大きな進化です。

そして個別の情報を言葉と文字によって後世に伝達する「知識を共有」する術を得た事でしょう。 私は宇宙人も神の存在にも関心がありません。 有史以来、人は人の営みの為に神という概念を必要とした。 また宇宙人やUFOの決して立証される事がないのにもかかわらず、話題になり続ける事から見て戦後の社会に「人類以上」の存在が必要となったのでm新たな神として必要とされているのではと考えます。

さて様々な化石から過去の生物の存在意義を問うのは、知性ある人間だけです。 人類滅亡の後の世界の主役が「知性ある生命」ならば、彼らによって人類の存在意義が付与されるでしょう。 しかし「知性ある生命」でない場合は、ただ歴史に埋もれるだけです。
恐竜は滅亡して、その存在が認知されるまで6500万年を要したのです。 まだ人類の知性が及ばない深い地の底で、あるいは海の底では認知されない(存在意義を付与されない)生命があるかも知れません。 

ここで人類種の存在意義は知性ある人類種のみ付与する以外にないのでは… とも思いますがね。 もしあるとすれば、その知性から生じた様々な知識の宝庫を次の主役にバトンタッチする事でしょうか。

進化論や科学について分かりやすいサイトがあったので参考までに

参考URL:http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/paradigm/parad …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

>もし滅ぶ時があるとするなら恐竜がその巨体ゆえに滅んだごとく、その知性ゆえに滅ぶと思われます。
人類種の知性は自己生体内環境の要求を優先させて”気持ちいい事(=幸せ)”を実現する様に働き結果、現在の社会集団という寄生構造を発現させていると思います。

最近の人類種の活動は大木を倒し、地中から石炭・石油(・将来はメタンハイドレード)を掘り出し、地球上気体Co2成分を増やして地表を暖かくするんですよね。 それで人類種が窒息死全滅したら、「ある種の生物が再び」繁栄する環境ができると思います。
やがて再び知性生物が現れたとしても、同じ事を繰り返すだけの知性生物なら要らないと思うのです。

進化は次にどういう知性ある生命体を出現させるのでしょう?

お礼日時:2005/04/13 12:40

進化論の意味とに存在理由とは別のものではないかと思います。

存在理由という言葉は不思議な言葉で、
物事は理由がないものだけが存在できるということのようです。人類という前に個人だって、どうせ死んでしまうのだからという言い方をすれば,故人の存在理由というのもまた難しい問題です。おそらく故人は消滅することが存在理由なのだと思います。生きている人は理由がないから存在できるわけで,理由が分かったとたん、その人は存在しなくなってしまうはずです。自分探しなどという言葉も危険な刃物のような言葉だと思います。分からないからこそ存在が可能であるというのは,水をH2Oであると理解するのと同じで、水は消滅してしまいます。水質汚染が問題になるのは水が水として存在していたときにはありえないことでした。人間の科学は,あらゆる物の「存在」を急速に消滅させています。代わりに理由だけがやたらに存在しています。子供が学問離れしている理由の一つは,学問が対象を消滅させていることの弊害を本能的に察知しているからではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>存在理由という言葉は不思議な言葉
空即是色

面白いです。 子供に”遊ばせる”術を大人が知らないのかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 21:37

人類が存在した意味・・・。


人は自分が種として特別だと考える生き物だからついつい自分に意味を求めたがる。自分を特別だと思いすぎる。実際は自然界でみれば一つの種にすぎず、環境に適応するために他の種と同様に適応進化してきたにすぎない!

という回答はすぐに思いつきますが、この回答をテーマにして更に考えてみました。

自然界で見れば一つの種に過ぎない。
これは人間がこれまでに身に付けてきた知識からくる観点だと思います。

人類を特別と思ってはいけない!人類が得た知識によるおもいっきり人類の主観でみた世界では人類も他の種と同等の存在なのだから・・・?

本当に人類は他の種と同等なのだろうか?人類が得た知識で見る世界への主観とは本当に正しいことなのだろうか?もし我々人類が宇宙人がつくったゲームの主人公だとしたら我々は自分は本当は特別でゲームの主人公という意味があり、しかも地球を破壊するという目的のために操作されてる、偶然でもなんでもなく意図して造られた意味ある存在かもしれない・・・。

まあ、ここまでいくとさすがにあれですが、我々に意味があるかないかはなんとも言えませんね^^;
人類が存在することに意味があるとは言えないけどないとも言えない、でもそのあるかないか分からない意味を求めることに対しては意味があると思います。
自分が宇宙人のオモチャだったらびっくりですもんね。
自分のことなんだからやっぱ気になるし意味もありますよ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オモチャであれば、飽きたら捨てられるだけですよね。
私はどちらかといえば、実験・観察の対象であるモルモットの様に思ったりします。 だいたい分かってしまったところで破棄されるんですよね。
それで、次の実験段階に入って別品種の実験・観察をする。

それにしても宇宙人は何を実験していて、次はどういう計画を持っているのでしょう。

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 11:48

意味とは誰が付与するものでしょうか?私は人類だと思っています。

だから、人類が全滅したあとでは意味がないでしょう。人類が全滅していない今、その意味について考えるべきだと思います。
人類が存在した意味をつくることに意味があるかはわかりませんが、例えば、ロボットや人工物をつくって人類がいた証拠をつくっておくことです。何らかの痕跡をつくっておくのです。
しかし、それは誰のために?
それは我々人類のためにです。人類が全滅したあとの何者かのためではありません。
それでは、何のために?
それがわからないから、さらにわからないことをしているのです。
最後に、進化論が全く正しいというのはどういうことでしょうか?進化論の適用範囲というのは実は我々人類が到達できる範囲ではないでしょうか?人類がいなくなった後のことまでも説明する意味とは何でしょうか?それは進化論だけに限ったことではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厳密に確立した体系の事ではなく、その有意性による意義の主張でなく、関係範囲の仮説ではなく、
現実として子供の疑問に答えられなくて「困っている」のが実情です。

>それがわからないから、さらにわからないことをしているのです。
正直、立派な大人の発言だと思います。 御回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 23:33

#5 です。


あれはちょっと不真面目すぎたかなぁと思ったので、ちょっとだけ真面目な回答を追加しておきます。

地球の歴史を調べると、何度も天変地異(巨大隕石の衝突など)により大絶滅が起こっていたのですが、それは次に繁栄する種が生まれる環境を整えるということにつながっています。
だから全滅した後に人類が作り出した環境を利用して繁栄する種(例:ダイオキシン類で代謝をする生物)が生まれれば、彼らには過去の巨大隕石の衝突や植物が光合成を行うようになったのと同じような意味を持つことになるでしょう。
しかしそれは人類社会には何の意味もありませんから、現在生息している種(人間を含む)の生きていける環境は大事にしなければいけません。

この回答の元ネタ:新井素子・著「緑幻想―グリーン・レクイエム2」(SF小説です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#5は不真面目だったんですか! ですが他の方の回答とも繋がっている気がしますので、いまさら冗談で「できた」は無いと思いますよ。

>環境は大事にしなければいけません
冷静になって、つまらない(ですが人類にとって重大な)事を、お考えな訳ですね

なるほど、回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/06 23:25

人類が滅亡したとき、「私」という意識は、他の適合するobjectへ移動するでしょう。

その場所は地球ではないところで、銀河系のどこかか、あるいは銀河系以外のどこかにと思います。犬や猿という動物群でも人の死には悲哀を持つといわれています。人類は人の死について墓を立て、その存在をたたえてきたように、地球は仮の住みかとしてあると考えると思います。そして、その人類が滅亡した時、それは「地球」という惑星が人類の生命を保持するに十分な環境ではなくなったという点で、DNAの配列や螺旋なども地球で住むための生命的な構造という意味では、不適合になっているのです。そのため、体を借り物にできなくなった私はどこか他の借り物を探しに行かなければ成らないかもしれません。
 人類が滅亡したとき、その意味とは、地球が用意している借り物のぬいぐるみが風、火事などで吹き飛ばされ、瓦解したと言う意味で良いと思います。人類が存在する意味がなくなったことは、神が人類をその悪事から滅亡へ追いやったなどということではなく、新しい建物を建てるために、前の建物を壊すことに近いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>犬や猿という動物群でも人の死には悲哀を持つといわれています。
全くそのとおりだと思います。

>体を借り物にできなくなった私はどこか他の借り物を探しに行かなければ成らないかもしれません。
元々「私自身が借り物」なので元の存在へ返るんですよね。

子供の頃はSF好きでした。 アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 21:36

遺伝子の発見から染色体の発見へ,DNAの発見,脳,神経細胞,伝達物質.


原子から原子核,陽子や中性子の発見.クォーク説から超ひも理論,そしてM理論へ.
一般相対性理論,ブラックホール,宇宙の再電離,宇宙の晴れ上がり,ニュートリノの晴れ上がり,電弱統一,一次相転移.


我々は,人類の存在になんとか意味を見つけたいと願っています.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/06 12:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマトリックスのテーマの「信仰と哲学」

マトリックスのテーマの「信仰と哲学」というのがよく分からないのですが
つまりどういうことですか?

Aベストアンサー

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)生きていけない。
 また、マシンも、どんなに人間を嫌っても、人がいなければ電源供給が絶たれ、マシンも停止するしかない。
 人とマシンが互いに、互いを必要としているように、ネオにとってのスミスも、いやおうなく、融合することが唯一の解決策であることに気づかされる。
 これらの背景にあるのは、人が「自由意志」だと思って行動していたことが、実は「必然的な選択」ではなかったのかという「自由意志への懐疑」。
 デカルトからカントに受け継がれた知覚主義、意識と懐疑、“選択する”ということの意味への考察、原因と結果の因果関係論などの思想。
 そのほか、哲学者ボードリヤール、ショーペンハウアーの考え方、ニーチェの超人哲学、仏教、密教なども随所にマトリックスの中に取り入れられている。
 マシンは、ネオとの合意形成によって、マトリックスの全システムがリセットされ、無事に再起動をはたす。ラストシーンで、日の出を作り出し、「預言者」と一緒に見る少女が、ネオに続く次の救世主となったことが示される。
 このように哲学以外にも、人の脳神経には、重力も、物理的な制限もいっさいないため、日の出を作り出したり、現在の人類には信じられないようなスピードで早送りしたり、検索したり、データマッピングさえできる可能性なども示されている。

参考URL:http://www.fujigoko.tv/rev/prof/doc6/index.html

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)...続きを読む

Q【ダーウィンの進化論でダーウィンが言った「進化する種こそが生きる種である」の人間に限定すると人間の種

【ダーウィンの進化論でダーウィンが言った「進化する種こそが生きる種である」の人間に限定すると人間の種の進化って何だと思いますか?】

今ならスマートフォンが使いこなせること?

すでにインターネットに取り残されて、PCも使いこなせなくて、スマホも拒絶して電話機能だけで良いと言っている人は3ステージほど人間の進化に取り残された死の種ってことですか?

それともダーウィンが言いたかった種の進化ってこういう意味ではない?

Aベストアンサー

ダーウィンが言うところの「進化」とは、少なくとも数百年レベルで起こる変化ではありません。

Q哲学の研究テーマ

バカボンのパパは、バカ田大学の社会学部哲学科を首席で卒業しました。専攻もしくは研究テーマは何だつたのですか。


[1] 「これでいいのだ」に代表される、言語による世界の肯定
[2] 太陽は東からのぼるといふ事例での、帰納法の制約
[3] 天才とバカは紙一重であることの証明

Aベストアンサー

バガボンに付いては漫画の主人公らしいと言う事と、これでいいのだ、と言うフレーズを知っているだけですが、そのパパはバカ田大学の社会学部哲学科を首席で卒業した、と言うのであればこれはもう「井戸端会議の地域社会に於ける有用性に付いて」が研究テーマであった筈です。

Q「あなたが神の存在を信じるときに限って、神は存在しない」というパラドックス

先日、講談社現代新書 高橋昌一郎「ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論」という本を買いました。その中の「あなたが神の存在を信じるときに限って、神は存在しない」というパラドックスがどうしても理解出来ません。ぬきうちテストのパラドックスまでは理解できたのですが……。どなたか分かりやすく解説していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

追伸
すこし言い換えて、
(1)神は存在するというということが表現可能で無矛盾であれば、その無矛盾の証明はその体系内で証明できない。
(2)神は存在しないというということが表現可能で無矛盾であれば、その無矛盾の証明はその体系内で証明できない。
この定理は読み替えれば(1)(2)の前文が矛盾すればすべて証明できるということでしょう。
(1)神は存在する(真)という命題が矛盾(偽)ならすべて証明できる
(2)神は存在しない(偽)という命題が矛盾(偽)ならすべて証明できる
(1)神は存在するを(真)にしたときのみ、神は存在しない(偽)が無矛盾を証明するというパラドックスじゃないかな。
(2)はその逆で神は存在しない(偽)の偽(神は存在する)が無矛盾を証明することになる。へんだけどね。

Q厚生経済学 政治哲学について(卒論テーマ?)

カテ違いでしたらすみません。

今度大学の授業で発表があり、そのための資料を作らなくてはなりません。
内容は特に指定はありませんが、できれば将来卒論で扱いたいテーマに関するものを…とのことです。
卒論を書くまではまだまだ時間があるので、これで確定というわけでは全くないのですが、どうせなら自分の興味あるものを少しでも深く勉強したいと考えています。

個人的には厚生経済学や政治哲学などに興味があり、ミルかロールズについて勉強していきたいです。
どちらかといえば、その人の思想についてを研究のテーマとするよりは、何らかの社会的な問題や事象と結び付けて考えてきたいと思うのですが・・・。
ただ、これらの人の思想と具体的な事象をどう結び付けていけばいいのか分かりません。
そういう方向に興味はあるけど、具体的にどんなテーマを扱いたいかが自分でもよく分からないのです・・・。

厚生経済学若しくは政治哲学の分野で、テーマを決める糸口のようなものを与えてくれる文献等ありましたら教えて頂きたいです。
また、「最低限これくらいは読んでおくべき」といった本も教えていただければと思います。

本来であれば先に自分が調べたいテーマを持っておくべきだと思うのですが・・・。
自分が何をすべきなのかが分からず、行き詰っています。
どなたか知恵を貸してください。よろしくお願いします・・・。

カテ違いでしたらすみません。

今度大学の授業で発表があり、そのための資料を作らなくてはなりません。
内容は特に指定はありませんが、できれば将来卒論で扱いたいテーマに関するものを…とのことです。
卒論を書くまではまだまだ時間があるので、これで確定というわけでは全くないのですが、どうせなら自分の興味あるものを少しでも深く勉強したいと考えています。

個人的には厚生経済学や政治哲学などに興味があり、ミルかロールズについて勉強していきたいです。
どちらかといえば、その人の思想につ...続きを読む

Aベストアンサー

アマルティア・センの著作は目を通しておくのがいいと思う。
ミル、ロールズに関心が高ければ、勁草書房Webサイトでダウンロード配布している『現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド』も役に立つだろう。
また、日本の海外支援活動のなかで、その地の安定した生活に大きく寄与した例がいくつかあるから、そういうのも切り口のヒントになるだろう。たとえば、次の二人。
ブータンの農業の父西岡京二
アフガニスタンに用水路を通して緑化した中村哲医師

Qヨーロッパでは進化論ではなく、人間は人間として動物は動物として神様が作

ヨーロッパでは進化論ではなく、人間は人間として動物は動物として神様が作ったと信じられている(た)と聞きました。
そして牛や豚などは家畜として食べるために、犬や猫などはペットとして作られたためアジアと食文化でもめるとも聞きました。
これは本当でしょうか?
本当ならどこかにこの考えは書いてるんでしょうか?聖書とか?

Aベストアンサー

聖書の創世記にあります。

そうして神は大きな海の巨獣と動き回るあらゆる生きた魂,すなわち水がその種類にしたがって群がり出させるもの,また翼のあるあらゆる飛ぶ生き物をその種類にしたがって創造してゆかれた。・・・ 次いで神は言われた,「地は生きた魂をその種類にしたがい,家畜と動く生き物と地の野獣をその種類にしたがって出すように」。するとそのようになった。そして神は,地の野獣をその種類にしたがい,家畜をその種類にしたがい,地面のあらゆる動く生き物をその種類にしたがって造ってゆかれた。そして神はそれを良いとご覧になった。-1章21~25。

 次いで神は言われた,「さあ,わたしは,全地の表にあって種を結ぶすべての草木と,種を結ぶ木の実のあるあらゆる木をあなた方に与えた。あなた方のためにそれが食物となるように。そして,地のあらゆる野獣と,天のあらゆる飛ぶ生き物と,地の上を動き,その内に魂としての命を持つすべてのものに,あらゆる緑の草木を食物として与えた」。そしてそのようになった。-1章29、30。

  ~この後、アダムとエバが楽園から追放され、地が暴虐で満ち、ノアの時代の洪水、その後~

 次いで神はノアとその息子たちを祝福してこう言われた。「子を生んで多くなり,地に満ちよ。そして,あなた方に対する恐れ,またあなた方に対するおののきは,地のあらゆる生き物と天のあらゆる飛ぶ生き物,地面を動くあらゆるもの,また海のすべての魚に引き続きとどまるであろう。それらは今あなた方の手に与えられる。生きている動く生き物はすべてあなた方のための食物としてよい。緑の草木の場合のように,わたしはそれを皆あなた方に確かに与える。ただし,その魂つまりその血を伴う肉を食べてはならない。-9章1~4。

 ~その後、イスラエル人に与えられた律法に、食べてよいものと食べてはならないものが制定され、モーセの律法のもとにある人たちにのみ適用されました。西暦一世紀キリスト・イエスの犠牲の死に基づいて律法が廃止されると共に,全人類は再び大洪水後ノアに告げられた同一の広範な規定のもとに置かれたと考えられるようになりました。


 

聖書の創世記にあります。

そうして神は大きな海の巨獣と動き回るあらゆる生きた魂,すなわち水がその種類にしたがって群がり出させるもの,また翼のあるあらゆる飛ぶ生き物をその種類にしたがって創造してゆかれた。・・・ 次いで神は言われた,「地は生きた魂をその種類にしたがい,家畜と動く生き物と地の野獣をその種類にしたがって出すように」。するとそのようになった。そして神は,地の野獣をその種類にしたがい,家畜をその種類にしたがい,地面のあらゆる動く生き物をその種類にしたがって造ってゆか...続きを読む

Q哲学の事で

まだ高校3年なので、国語能力がないですし、専門用語も全くわからないので質問も幼稚になってしまうのは大目にみてください。質問が多すぎるので暇などある時に回答してくると幸いです。

1.あやふやなんですが、哲学は考えや思想とは違って、決めたテーマの根本的な理由の事だとどこかの本で読んだような気がしたんですけど、哲学は考えないと哲学になりませんよね?なので哲学が考えと違うといのはありえないと思うんですがどうでしょうか??

2.ある人が言った言葉なんですが、水をテーマにして、「乾いた時代だったり乾いたシーンが多いけれど、そうゆうことではなくて、もっと潤った気持ちで人を愛したり、人に愛されたりする時代に、僕達は入らなければいけない」という事を言っていたんですが、これは哲学ですか?

3.哲学は理系と文系どっちに入るのでしょうか?

4.哲学はどこからが哲学なんでしょうか?例えば、神はいるのか?をテーマにして、「自分が見たことがないのでいない」というのも哲学なるんでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

1. 私もそう思いますよ。考えることですね。
2.それも考えた末のことでしょうから哲学ですね。
3.全部を含んでますね。どこから入っても哲学。
4.どこから入っても哲学。思考と気づきは無限だけど同時にどこにも結論はあるからね。誰にでもわかるのも哲学、より深遠さを求めるのも哲学。

Q全知全能な神は存在しないことにより神は存在しない?

全知全能な神は存在しないことにより 神は存在しない?

人の生きがいとは 自己の欲望を満たすことであり他人からの賞賛である。人は全ての欲望が満たされていない時 自己の欲望を満たすために活動することが楽しいのである。
人は 自分以外に誰(生き物全て)もこの世界に存在しないならば生きている意味を見つけることは難しい。人は満たされない欲望を満たすために生きている。

もし 人の全ての欲望が満たされたとするならば 人は何か満たされない刺激を求め始める。全てが満たされた世界に於いて 他人が同じように全ての欲望が満たされていたとしても 人は他人は自分より不幸であるとみなしてしまう。
神が人間を創造したとするならば 神は不完全な人間しか創造できない。何故ならば 人間は不完全である故に完全さを求め続けることにより 幸せを感じることができるからである。

不完全な人間しか創造できない神は 全知全能な存在とは言えない。また 神も不完全な存在である。神が不完全なら 神とは呼べない。よって 神は存在しない。どうでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。遅くなりました。

法華経に詳しいね。σ(・・*)は曹洞宗。

感じ、創価さんではなさそうね。六道どうのこうので、大体判別できるけど

よく知ってあるようです^^; 

 #いるんだ時々、こういう風なところでかき回す邪教徒が。

仏教徒だからね~、八百万の神で「数学の神様」もいれば「トイレの神様」もいる、

ってスタンス。

公理系の話しだけど、黙って書いたわけではないからね。

前述しているけれど
「今観測している現象は、人間が観測して法則だてたものであって、

その法則を神が創った補償はない」

 #ニュートンの「神の存在が証明できない」というのと一緒。

なのだから、少し面倒なことを書くけれど。

「神が完璧でないのか、人間が完璧ではないのか」

この二択になってしまうと、考えるんですよ。

 #σ(・・*)たちのような、そこに宗教を見ていない科学者はね。

で、こういう結論がでるわけね。

「神の存在証明が出来ない以上、それは人間が作り出したものであろう。

人間は不完全であり(不完全性定理もあるしね)、自然界をも不完全にしか解釈できていない、

ゆえに、神の完全性も証明できない」

 #これは結構、大変な話です・・・。

ある程度信じるのか信じないのか? という世界になるとは思います。

そういうところでも、神!を見ることはある。

数学で行くとね「6以上の偶数は、二つの素数の和で必ず表される」。

証明は出来てないけれど^^; (ゴルドバッハ予想という問題)

実際にちょっとやると、

6=3+3 (3:素数だね)

8=3+5 (5:素数だよ)

10=3+7=5+5 (7も当然素数ね)。 こんな風に。

こういうところに、たま~に出没されます。

が、それは数学の神だと思う。 これがね、他のことにも役に立ちそうなら、

まだ考え方はあるけれど、ほかになさそうなんですね。

全知全能の神様ならば、こういうものも全て何か別の領域でも

必ず役に立つのだろう。 何故ならば~で、無駄なことはされないはずだから、ね。

一神というのは、どこか不完全になりやすいと思う。

学術にいる連中は、向こうの連中でもそうだけど、結構たくさんの神様を見てるよ^^;

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

信じるのか信じないのか?だよ。 σ(・・*)は絶対神は不必要とするけどね。

仏教徒だから、ご先祖が大事^^;

No.5です。遅くなりました。

法華経に詳しいね。σ(・・*)は曹洞宗。

感じ、創価さんではなさそうね。六道どうのこうので、大体判別できるけど

よく知ってあるようです^^; 

 #いるんだ時々、こういう風なところでかき回す邪教徒が。

仏教徒だからね~、八百万の神で「数学の神様」もいれば「トイレの神様」もいる、

ってスタンス。

公理系の話しだけど、黙って書いたわけではないからね。

前述しているけれど
「今観測している現象は、人間が観測して法則だてたものであって、

その法則を神が創...続きを読む

Q医師が哲学博士号を持っていることが多いのはなぜ?

1)医師がM.D.の他にPh.D.の称号を持っていることを
よく見かけますが、M.D.がとるPh.D.の博士論文の
テーマはどんなものがあるのでしょうか?
また、論文をネット上で読むことができるのでしょうか?

2)医師がPh.D.の称号を取る理由は人の命を扱い、
死に対しての哲学的な考えをもっている必要があるという事でしょうか?

3)大学生用の哲学の教科書を半分ほど読んでみましたが、
古代の哲学・神学・自然科学など、分野がばらばらで
なかなか理解できません。教科書には「哲学は進歩しない
学問である」「時代によって哲学のテーマが変わる」と
書いてありますが、まずはこの教科書「哲学の概論」と
「哲学の展開」を読み通してからもう一度考えるべきでしょうか?
4)「私が人生に付いて悩んでいる」という相談を知り合いをD.D.S.にしたところ、哲学を学べと勧められました。
正直言って哲学の教科書は読み通すのがつらいのですが、
もう少し砕けた哲学についての本があったらご紹介ください。

Aベストアンサー

具体的な番号が思い出せませんが、同じ意味の質問がありました。それとは別に、Ph.D. と哲学博士は同じものではありません。

Ph.D. Doctor of Philosophy は、直訳すれば確かに哲学博士になりますが、意味が違い、理系・文系を問わず、学位一般に使われます。日本語で言う、医学博士、理学博士、文学博士、全てが、英語にすると Ph.D. になります。この辺りの経緯が、以前の質問の回答にあったように記憶しています。

基礎医学の研究論文で医学部から学位を授与されると、日本では 「医学博士」、これを英文表記するときは Ph.D. (medical Science) のように括弧書きを加えることもあります。

U.S. では、医学教育は、日本と違い、4 年生大学を終了後 Medical School に入り、修業年限も長いため、日本でいう大学院 (博士課程) 相当になり、医師となるものが多いために、M.D. が Title になります。この制度上の違いもあり、日本人で日本の医師免許を有しているものは、U.S. での M.D. に相当するものと (認められてか、勝手にか、は知りませんが) して、医学博士ではなくとも M.D. を称号にしているケースがあります。ここまでは、経験者としての回答です。以下は、経験者としてのアドバイスです。

>「私が人生に付いて悩んでいる」という相談を知り合いをD.D.S.にしたところ、哲学を学べと勧められました。

哲学とは、自分の生き方、価値観です。一貫した自分の価値観を築き上げるためには、まず自らで考えることが必須です。そのときの方法論、他人の考え、自分が考えたことの妥当性の評価、などのために、先人の考えを学ぶことは必要でしょう。決して、過去の哲学者の所見を、受験勉強のように覚えることではありません。助言された方も、多分その意味で言われていると思います。まず自分で考えることから始めるべきで、その上で読めば、どんな哲学者の本も、そう難しいものではありません。

具体的な番号が思い出せませんが、同じ意味の質問がありました。それとは別に、Ph.D. と哲学博士は同じものではありません。

Ph.D. Doctor of Philosophy は、直訳すれば確かに哲学博士になりますが、意味が違い、理系・文系を問わず、学位一般に使われます。日本語で言う、医学博士、理学博士、文学博士、全てが、英語にすると Ph.D. になります。この辺りの経緯が、以前の質問の回答にあったように記憶しています。

基礎医学の研究論文で医学部から学位を授与されると、日本では 「医学博士」、これを英文...続きを読む

Q【科学で神は解明出来ましたか?】我々、人類にとっての神は何なんでしょう?

【科学で神は解明出来ましたか?】我々、人類にとっての神は何なんでしょう?

Aベストアンサー

アニミズム的な宗教は、自分の理解の及ばない
「世界がどのように出来たか」や「生きる意味」
といったものを、自分の乏しい知識の延長で
説明したり、人の力の及ばない「天災」や
「死後」について、それでも何とかしたくて
祈るために、必要とされたのだ。
人は、暗闇で前が見えなければ進まないものだが、
なぜ生きているか分からないからといって、
生きない訳にはいかないから。

一方、中世になって社会性が強まり(貨幣制が生じ
たり)すると、そうした自己の生命性の社会的拡張を
把握して自律的に社会行動をとるだけの認識の
深まりを怠り、その自己チューな低認識のまま、
お金や出世といった“馬車馬の目の前のニンジン”
によって、他律的に社会行動をとらせる方法をとり、
その“アメ”と同時に、法規やモラルといた“ムチ”も
発達させ、宗教に新たな役割を与えたのだ。
キリスト教や仏教、イスラム教などのた世界宗教が、
ほぼ同時期に発生し、同じように体制側に統治の
ツールとして用いられたのも、決して偶然ではない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報