家電用のリモコンでマンガン電池とアルカリ電池どちらを使うほうがいいのですか。よく、マンガン電池のほうが低電圧でよいと聞きますが、アルカリ電池のほうが赤外線が遠くまで飛ぶ気がします。どうなんですか。

A 回答 (6件)

定期的に電池は見るようにしましょう。



「アルカリ」は、噴火します!!!

特に、低電圧状態を維持すれば…

経験者は語る。
    • good
    • 0

皆さんが書いてあるとおり、アルカリ電池は大電流を長時間使用する機器に向いています。



しかし、リモコンは大電流を長時間必要とする事は全くと言っていい程なく、またマンガン電池はしばらく使わないと多少ですが電力が復活するという特徴があります。

このため、リモコンにアルカリ電池を入れてもマンガン電池を入れても電池の寿命にはほとんど違いは出ないと言われています。

結果、どちらを使用してもいいが、マンガン電池の方が若干お得です。
    • good
    • 0

● アルカリ電池の方がマンガン電池と比べ、寿命も長く、定電圧(寿命までの電圧の変化が少ない)



● 赤外線の飛ぶ距離は基本的に同じ、定格電圧はアルカリ、マンガン共に同じ、但し、アルカリ電池は寿命まで定電圧で安定して赤外線が出ます。

まとめ リモコンにはアルカリ電池を使いましょう
    • good
    • 0

SANYOにこんなページがあります。


アルカリになってました。

参考URL:http://www.sanyo.co.jp/cs/academy/jyo_hoh/jyohoh …
    • good
    • 0

マンガン電池は、少しの使用で電圧低下が有る上、寿命が短いです。



アルカリ電池は、無くなる寸前まで同じ電圧を保ち、寿命も長いです。

>よく、マンガン電池のほうが低電圧でよいと聞きますが、・・・。

これは、全くの嘘です。
今のリモコンは、標準でアルカリ電池が付属しています。

ですから、アルカリ電池を使用してください。
    • good
    • 0

アルカリ電池

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家庭用電源をリモコンでon、offが出来るコンセントご存知有りませんか?

家庭用電源をリモコンでon、offが出来るコンセントご存知有りませんか?
コンセントなどにセットしリモコンに反応し電源がオン、オフ出きる
器具ご存知有りませんか?どなたかホームページなどご存知でしたら教えて
下さい。

Aベストアンサー

Web検索で「リモコン コンセント 100V」をキーワードにして検索してください。
たくさんヒットします。
一例を参考URLに紹介します。

参考URL:http://www.nodaya-net.com/ne657.htm

Qアルカリ電池指定の家電にマンガン電池を使うと?

アルカリ電池指定の家電にマンガン電池を使うと、効率が悪いとか以外に、なにかわるいことはあるのでしょうか?
また、使用自体が可能なんでしょうか?
体脂肪計の電源が入らなくなったため、あたらしいマンガン電池をかってきたら、アルカリ用の家電でした。
試しに入れてみたのですが、つかなかったので、
故障なのか、それともアルカリ用にマンガンを入れたらつかないものなのか・・・
教えて下さい!

Aベストアンサー

まったく問題ないです。
アルカリも、マンガンも材質の差だけです。
アルカリの方が、電池寿命がやや長いというだけです。

電源入らないのは、(+)(-)の方向か、接触不良では?

Q『業界初』の無線リモコン…!?

富士通ゼネラル様製品の「ノクリア」のCMを拝見しますと、
『業界初の無線リモコン』の登場の価値が強調されていますが、
今迄に同業他社もがワイヤレスリモコンをエアコンへ同梱させてきた筈ですので、
違いを知りたくなりました。

従いまして、下記の通りの質問をさせて下さい。

『今回に其のCMで紹介されている無線リモコンとは、双方向半二重通信用無線リモコンのことなのでしょうか?』

可能でしたら、回答の提供を宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは、お礼及び補足、ありがとうございました


> 『「赤外線リモコン」の場合には、それが正常に赤外線をだして
> いると、「携帯電話のカメラでその光を見る事」が可能になって
> いる、と過去に学んだことが有るのですが、今回にNocriaでも
> 採用された「無線リモコン」の場合には、その様な検証の方法
> が御座いますでしょうか?』

スペクトラムアナライザ(通称:スペアナ、別名:スペクトル分析器)
と呼ばれる測定器を使えば、どの種類の電波が使われているか
を特定することは可能でしょう。

かなり精密な測定が可能な、高級仕様のもの
http://www.tek.com/ja/products/spectrum-analyzer/
から、ハンディタイプのもの。
http://www.faopen.jp/system/product_arrow7_7.htm#02
測定した(収集した)データの処理をPCに任せてしまう
イマドキ風の(苦笑、USBタイプのもの
http://www.ibsjapan.co.jp/products/Wi-Spy.html
と、機能、用途、によって、上は1千万円から下は3万円まで、と
いろいろなタイプのスペアナがあります。

ただ、安価なタイプでは、そのスペアナの近辺で飛び交う電波の
周波数分析はできますが、具体的にどこにその電波の発生源が
あるのか? までは探索、特定できません。
従って、何も雑電波が無い環境(電波暗室などの)にRFリモコン
を持ち込んで測定しない限りは、明確にリモコンが電波を出して
いると断定は出来ないかもしれません。

それに引換、高級機種にはそのような探索機能を持つものもある
ようです。最近、無線機器が急速に普及してくるのにつれ、違法
な電波(強力な出力)を出したりする例も増えてきていますので、
そういうモノを即座に探査、発見する機器のニーズも高まっている
ようで「電波発射源可視化装置」というものも開発されているよう
です
http://www.mod.go.jp/trdi/research/P3/P3-7.pdf

こんにちは、お礼及び補足、ありがとうございました


> 『「赤外線リモコン」の場合には、それが正常に赤外線をだして
> いると、「携帯電話のカメラでその光を見る事」が可能になって
> いる、と過去に学んだことが有るのですが、今回にNocriaでも
> 採用された「無線リモコン」の場合には、その様な検証の方法
> が御座いますでしょうか?』

スペクトラムアナライザ(通称:スペアナ、別名:スペクトル分析器)
と呼ばれる測定器を使えば、どの種類の電波が使われているか
を特定することは可能でしょう。

か...続きを読む

Qアルカリ電池とマンガン電池

アルカリ電池の方が長持ちする、が、価格が高い。

価格のことは抜きにして、マンガン電池の方がアルカリ電池よりもいいことって、何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

マンガン電池は暫く使わないでいると、微量ですが回復します。
なので、リモコン類とか、時々しか点けない(しかも短時間の使用の)
懐中電灯やラジオ等は得意分野です。
また、時計のように微量の電気をチビチビと使い続けるタイプの機器
も得意です。

一方、アルカリ電池はヘッドホンステレオやデジカメ等、大きな
電流を流し続ける機器に使ってこそ真価を発揮します。
懐中電灯でも、例えばキャンプの夜に点けっぱなし、のような使い方
ならアルカリ電池の方が良いような気がします。

逆に、上に挙げたようなマンガン電池の得意分野にアルカリ電池を
使用した場合は、マンガン電池の時と比べて、その寿命にあまり差が
出ません。要は高価な電池が勿体ないってことです(笑)

まぁ、最近は百円ショップでもアルカリ電池売ってますけどね。

Qアマチュア無線とTVリモコン(2.4Ghz)の干渉

アマチュア無線とTVリモコン(2.4Ghz)の干渉
ソニーのテレビに付属の、赤外線操作ではない方の、「無線リモコン(おきらく)」を設定して順調に使用していたら、ある日突然、使えなくなりました。(設置して三週間ぐらいかな)
設定し直しても、電池を替えても、近づいて使っても反応しなくなり、仕方なく、赤外線使用の通常型を使っていました。

ある日、(一ヶ月位たって)何の気なしに使ってみたら、その無線リモコンが、また使えるようになっていました。

アパートの、斜め上の階に住んでいる方が、ベランダにとても長いアンテナをたくさん設置しているので、アマチュア無線愛好家と思われます。
その電波帯と干渉したということでしょうか。
そして、向こうの方が、周波数か何かを変えてくれたということでしょうか。

ちょっと不思議な現象でしたので、無線に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

干渉の可能性は否定できないと思います。
アマチュア無線にも2.4GHz帯の割り当てがありますので
お気楽リモコンとアマチュア無線が混信している可能性はあります。
ただし確認するには測定器を用いてアマチュア無線の電波の強度が部屋の中で
影響を及ぼしているか確認するか
知り合いであれば電波を発射してもらってそこでリモコンを使用するか
ですね

Qアルカリ電池とマンガン電池

アルカリ電池とマンガン電池は一緒に使ってもいいのですか?
だいたいどう違うのかすら分かっていないので。。
電池が2本ほしいのに、アルカリ電池とマンガン電池が1本ずつしかなくて困ってます。誰か分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

混ぜてはいけません。
互換と混用は違います。

松下もちゃんと、
「液もれや破れつの原因になります」
と言っています。

参考URL:http://www.panasonic.co.jp/mbi/forest/question/index.html

Q屋外使用出来るリモコンコンセントはありませんか?

現在タイマーでオンオフしている屋外駐車場の照明を、帰宅時に車の中からオンオフ出来る様に出来ればと考えております。
しかし屋外で使用出来るリモコンコンセントをネットで探してもなかなか見つかりません。
ご存じ無いでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと変則技ですが、アイリスオーヤマの屋外用コンセントBOX PS-4CBD1と同製品用リモコン PS-RSD1との組み合わせで可能になりますね。
アイリスオーヤマ PS-4CBD1
製品情報 http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G177370
同 PS-RSD1
製品情報 http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G177375
使用例の説明
http://www.iris-illumination.com/device/3.html

但しリモコンは専用リモコンではなく、TVのリモコンを流用する、というちょっと変わった形になります。
TVリモコンはハードオフ等の中古店で安価に入手できるので問題ないでしょう。

以上、ご参考まで。

Qマンガン電池・アルカリ電池

テレビのリモコンの電池の力が弱まっているようで、まあなんとかスイッチは入りますが、だましだまし使っている感じですので、早く電池を交換したいと思います。今使っているのはマンガン電池ですが、家の中を探してみるとアルカリ電池の予備がたくさんあり、マンガンはありませんでした。4~5年前に買ったブラウン管のテレビですが、アルカリを使うとまずいのでしょうか。まあ、マンガンを買いに行けば問題ないのですが、アルカリはたくさん未使用があるので、使用可能ならば使いたいと思っていますが、電気のことなど詳しくないので、ご存知の方よろしくお願いします。

なお、テレビの説明書を見てみましたが、マンガンかアルカリかということは記載がありませんでした。おそらく、購入時にマンガンが入っていて、その後ずっとマンガンを交換して使っていたのだと思います。

Aベストアンサー

基本的にはどちらを使っても問題はないです。
アルカリを指定しているものでも、マンガンを使ってもかまいません。

ただ、電池の特性としてマンガンは一瞬での強い力はありませんが、時間を置くことで多少回復する特性があります。
そのため、強い力を必要としないリモコンなどにはマンガンを使うことによってアルカリよりも長く使うことが出来、経済的かと。

携帯音楽プレイヤーなどは、強い力を必要とするのでマンガンは向いてなく、負荷が掛かるため結果的にアルカリよりも早く消耗してしまうかと思われます。

最近はアルカリ電池も安くなったのでそこまで気にしないというのであれば、わざわざマンガン電池を買いに行かなくてもいいんじゃないですかね。

Qリモコンでオンオフできる、延長ケーブルつきコンセント

リモコンでオンオフできる、延長ケーブルつきコンセントを購入したいと思っています。
寝るときのスタンド照明を、寝ながらOFFしたいためです。

いいものがありましたら、教えてください!

Aベストアンサー

↓このようなもの↓があります。

参考URL
リモコンセントVI(シックス)
http://www.rakuten.co.jp/naruhodone/692424/568447/

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/naruhodone/692424/568447/

Qマンガン電池、アルカリ電池への充電

 最近、マンガン電池、アルカリ電池用の充電池が販売されています。「普通は充電できない1次電池を、充電方法を微妙にコントロールして数回再使用できます。」と記されています。
 しかし、学校では上記の電池は充電できないと習いましたし、電池の側面にも「充電しないで下さい」と明記してあります。本当に充電できるのでしょうか。資源保護の見地からも、試してみようと思っているのですが。アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

Q/一次電池用の充電器(充電池ではなく)でした。

A/そのつもりで回答しましたけど、回答の仕方が悪かったですかね。

Q/この新型充電器はを使えば、1回といわず7回とかもっと、使用可能と書かれています。やはり、二次電池用の充電器とは違うのでしょうか?

A/変わったところは、電源を監視する機能が強化されていることですね。どの程度の電圧が掛かっているかなどを詳細に監視します。違いはこれだけですね。負荷を軽減するだけです。
ただ、全放電されるとどんな充電器を使っても一般の一次電池は一切充電できなくなります。(これは、内部の酸化・分解が完了してしまうためです・・・理科の授業で習ったかな?)
これはどんな充電器を使っても一次電池であれば言えます。7回は無理というのが結論ですね。
まあ、一番良い計測をして全放電せずに中途半端に充電を繰り返せば、7回ぐらい行くのではないかな?


環境のためですか・・・
どうなのでしょうね。環境(資源保護)のためにというなら充電池であれば、価格は高いですがリサイクルもできますし、充電回数も数百回単位でできます。さらに、破損時も保証があります。この方が遙かにコストは安いです。

専用の一次充電器を買われたなら使う方が良いですが、買われていないなら・・・充電器と充電池を買われた方が良いかと思いますよ。

アルカリなどの一次電池は全放電すれば、ダメになりますし、これは場合によっては充電池より多くの電気を食う可能性もありますし、人体に被害を与えたケースも多いです。場合によっては、破損し火災寸前まで行くケースもないとは言えません。しかも回収はしない。保証はない。

一次電池をたくさん使わないといけない。そのために充電を繰り返しては捨てて、新しい電池を買ってお金も使うなら二次電池を買われて充電して使い、リサイクルに回した方が大幅に安上がりかと思います。

Q/一次電池用の充電器(充電池ではなく)でした。

A/そのつもりで回答しましたけど、回答の仕方が悪かったですかね。

Q/この新型充電器はを使えば、1回といわず7回とかもっと、使用可能と書かれています。やはり、二次電池用の充電器とは違うのでしょうか?

A/変わったところは、電源を監視する機能が強化されていることですね。どの程度の電圧が掛かっているかなどを詳細に監視します。違いはこれだけですね。負荷を軽減するだけです。
ただ、全放電されるとどんな充電器を使っても一般の一次...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報