いくつか同じような質問があったのですが、私のは微妙に違うので改めて質問させていたたきます。
母が57歳の平成16年7月に脳梗塞で倒れました。右半身麻痺、言語障害(軽度)が残り、障害者手帳2級が発行されました。受け取りの際市役所の方に「国民年金加入なら障害基礎年金が受け取れるはずだから」との事で社会保険事務所に行ってみたのですが、25年以上納めていなかったので初診日の前月から1年間滞納が無ければ・・・というほうに賭けてみたのですがちょうど平成15年6月分が未納になってました。
ちょっと無理ですね~。と言われたのですが、家に年金の振込み用紙があって15年6月分の保険料の最終期限が今年の7月29日までなんですが、これを払ったら未納じゃなくなるので障害基礎年金の申請できるでしょうか??
母一人子一人の身なので母の介護で思うように仕事が出来ず障害基礎年金がおりれば母も私も随分楽になるのですがやはり障害者になってからの遡り振込みは無駄なのでしょうか・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

障害基礎年金の受給要件について、補足しておきます。



【障害基礎年金の受給要件】

● まず、以下のAを満たすこと
A.初診日において、次の(1)および(2)のどちらかに該当していること
   ※初診日=その傷病により、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日
(1)国民年金の被保険者であること
(2)過去に国民年金の被保険者だった者で、日本国内に住所があり、かつ、60歳以上65歳未満であること

● 次に、以下のB又はCを満たすこと
B.障害認定日において、国民年金法障害等級表の1級又は2級に該当すること
   ※障害認定日=初診日から起算して1年6か月を経過した日
C.Bに該当しなかった者が、65歳到達日の前日までに国民年金法障害等級表の1級又は2級に該当し、請求を行なったとき
(注:Cを「事後重症」と言う)

● 制限事項(注:「初診日の前日」において)
 初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときは、
 「被保険者期間」× 2/3 >「保険料納付済期間」+「保険料免除期間」
 であると、障害基礎年金は支給されない。

● 特例(注:「初診日の前日」において/「初診日の前日」において65歳未満であること)
 平成18年4月1日よりも前に初診日がある場合については、
 上記制限事項を満たしていなくても、
 初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに保険料の未納期間がなければ、
 障害基礎年金が支給される。


#5の方が書かれた最初の段落の1および2は、上記の制限事項および特例と同じ意味です。
また、同じく下方の段落の1~3については、上記制限事項においては「保険料納付済期間」又は「保険料免除期間」と見なす期間(いわゆる「カラ期間」)をも含める、という、重要な定めです。
特に、#5の方が下方の段落で書かれている2については盲点であり、かつ失念しやすくなりますので、社会保険事務所で過去の加入履歴をきちんと調べることを強く推奨します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいご回答誠にありがとうございます。
それにしても役所の人間でも年金のことについてわかってない人もいるんですね・・・(社会保険事務所などではkurikuri_maroonさんのような詳しい説明は頂けませんでした。)ここで質問させていただけて本当によかったです。
社会保険事務所では私一人で行きまして(母は自宅療養中の為)委任状がなかったので過去の加入履歴を見せていただいて説明を受けたのですが、国年納付済→24ヶ月、免除期間→31ヶ月、厚生年金納付済→8ヶ月のみでした。これで年金がもらえると思っていた母にもびっくりですが・・・(-_-;)
年金は諦めて他の方法で何か補助を受けられないか調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 18:04

障害基礎年金受給要件は、



1.未納期間がこれまでの加入すべき期間の1/3未満

2.障害を負った日の直近1年間に未納がないこと。
(これは時限立法による特例です。)

のどちらかを満たせば良いのですが、両方を満たさないということですね。
この場合にはどうにもなりません。。。

ただですね。本当に加入期間がどの位あるのかきちんと社会保険事務所で確認してください。
というのも、加入期間とみなされるのは、

1.国民年金1号被保険者として加入し保険料を支払った期間

は当然として、

2.厚生年金や共済年金の妻でありかつ健康保険の扶養に入っていた期間。
3号被保険者といいます。もし届けを失念していて未加入でもこの4月から特例で遡って加入できます。
あと3号被保険者の制度が出来る前の任意加入期間は自動的に加入期間にみなします。

3.海外に転居していた期間

などなど色々実際には保険料を支払っていなくても加入期間にみなされる期間が存在しますから。
得に2番で心当たりがあれば、これは社会保険事務所でも把握できていない場合がありますので要注意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠にありがとうございます。mickjey2さんの仰る2番についてなのですが母は未婚のまま私を産んだらしいんですが改めて話を聞いたところ、やはり扶養に入ってた事はないそうです。
皆さんのお話からやはり年金は諦めるしかありませんが、皆さんのおかげで年金のしくみについて理解出来ました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2005/04/06 17:42

他の方に補足します。


年金が受け取れないのであれば、
生活保護制度を利用できないか確認してみて下さい。

下のページを参考にして下さい。

これらの手続き窓口は、住所地の福祉事務所または町村役場ですが、相談窓口は、福祉事務所または町村役場のほかに地域の民生委員などがあります。

参考URL:http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/syakaiho/syakai0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答&参考URLありがとうございます。やっぱり生活保護しかないですかね・・・。私が働いているのでちょっと微妙ですが確認してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 17:11

下の方と、一部同じになりますが、


初診日から1年6か月にまだ到達していないので、障害基礎年金を請求できません。
また、1年間滞納が無ければ・・・ですが、
後から請求がきた分を支払っても、1年間滞納が無しには当てはまりません。
滞納としての請求ですので、残念ですが無理ですね....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。やっぱり後から払ったとしても滞納は滞納ですもんね。後から後悔しても遅いのですが・・・。まさか母がこんなことになるとは思いもせず、この先どうなるか不安で精神的に参ってますがある意味いい社会勉強が出来たと思ってがんばります。ありがとうございました

お礼日時:2005/04/06 01:24

25年云々の部分は老齢基礎年金の定めでして、障害基礎年金の受給の可否とは無関係です。


但し、質問者の場合、このままでは老齢基礎年金を受給できなくなってしまいますので、至急、未納分を納めるようにして下さい(ムダではありませんので)。

障害基礎年金については、国民年金に加入している以上、大丈夫です。
但し、平成16年7月を国民年金法の初診日とすると、1年6か月を経過した障害認定日にまだ到達していないので、障害基礎年金を請求できません。
請求できるのは、平成18年2月以降です。
この時点で国民年金の障害認定基準を満たしていない場合には、障害基礎年金を受給できません。

身体障害者手帳の等級と障害基礎年金の等級は連動していません。
肢体不自由および半身マヒの場合、障害基礎年金の受給が認められるためには、右または左半身不随というよりも、下半身の付随があるかどうかが重視されます。
私見ですが、質問者の場合にはむずかしい、と思ったほうが無難です(役所ではこういうことは教えてくれません。というか、誤った情報を伝えることが多いです。年金専門の社会保険労務士などにきくようにして下さい。)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご返答ありがとうございます。障害年金やはり難しいですか・・・。私も自分の生活でいっぱいいっぱいの為、母の世話、また生活資金など余裕がなくこれからどうしていけばよいのかわかりません。でも出来る限りのことはしてみたいと思います。

あと、調べてわかったことなのですが母は24ヶ月分しか年金納めていませんでした。60歳以降も支払いを延ばしたとしてもギリギリ、年金を受け取れないと言われました。なのでもらえないのならば毎年免除申請してやり過ごそうと思います。
アドバイスありがとうございました

お礼日時:2005/04/06 01:16

原則・特例ともに初診日の前日で保険料を払っていたかどうかを見たと思うのですが・・・。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/06 17:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五木ひろしの魅力を一言でいうと

50台男性で最近カラオケにはまっています。
持ち歌は男性歌手なら石原裕次郎や谷村新司のような低音が渋い人の歌ですが、五木ひろしを歌ってくれと良く言われます。五木ひろしはあまり好きでは無いのですが、大ヒット歌手であることは知っています。今の私には分からない五木ひろしの魅力を教えて下さい。

Aベストアンサー

裕次郎やサライ氏の歌い方は聴き栄えするし真似も容易で
対して細目師匠の歌い方真似るのは非常に辛い作業です
なんつーか「曲のいいところ」で開放しないんですよね
サブちゃんもそっち系かも知れないし大川栄作もそうか?

私の母親は声がぜんぜんだが節回しが上手で
息子の私が他人に褒められていい気に成ってる時言います
「おまえ五木の歌、歌ってみろ歌えるか?」って
まだ一回も披露したこと無いですね怖くてね

https://www.youtube.com/watch?v=kGkPuqP_fr8

よく聴いてよく歌ってみることです、サライや夜霧とはまた違う

Q年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の1

年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の11ヶ月分が、未納扱いになっていて困っています。                                                                                    その年は、諸事情により仕事をしていなかったので、確かに収めていなかったのですが、過去2年間までは、さかのぼって収める事が出来ると知り、平成12年3月に、市役所で集合徴収があったので13300円×11か月分=146300円を一括で納税しました。なのに、年金特別便で未払い扱いになっていて、年金加入記録回投票の返事が先日届いたのですが、やはり未払い扱いになっています。                                                     納税に行った当日、役員の方側が用意していた台帳に(納税を意味する)印を押してるのは見たのですが、領収書を貰っていません。不安だったので、「控えとかいただけないのですか?これで収めたことになるんですか?」と質問したのですが、「特にお渡ししていません。」と言われたのを記憶しています。                                                自分でも調べようと、当時、徴収を担当した役員の名前を調べてもらったのですが、名前どころか、平成12年3月に臨時徴収した記録自体が無いと言われてしまいました。                                                               家計簿はつけていませんし、領収書は手元にないし(と言うか、本当に貰っていません。)あるといったら、(当日そんな大金手元に無かったので)銀行で10万円引き出した記録が載ってる通帳があるくらいです。もうどうしたら良いか分からなくなりました。アドバイスお願いします。

年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の11ヶ月分が、未納扱いになっていて困っています。                                                                                    その年は、諸事情により仕事をしていなかったので、確かに収めていなかったのですが、過去2年間までは、さかのぼって収める事が出来ると知り、平成12年3月に、市役所で集合徴収があったので13300円×...続きを読む

Aベストアンサー

(1)詐欺だとしても、市役所勤めの人の可能性が高いですよね?
何とも言えないです。怪しまれない人物としたら「市役所勤めの人の可能性有」ですが、
そうだと仮定したら、あまりにも「大胆」ですね。私には考えられないです。
あまり追求しすぎると、逆に市役所の人々への「名誉棄損」になってしまうかもしれ
ません。オーバーですが(何の証拠もないため)。

(2)相談する場所も、年金課ではなく、弁護士とか警察とかに相談するべきなのでしょ
うか。
まず、年金課で過去にこのような「怪事件」があったか?聞いてみる。
ひょっとしたら、そのような「怪事件」があったのかもしれません。
しかし、それは「市役所のせい」ではなく「詐欺を行った者の犯罪」で、「市役所の責任」
を追求するのは「かなり無理」だと思います。
→次に「警察」だとは思いますが、約10年前のことなので、「時効」になるので
しょうか?正直私にはわかりません。
→弁護士さんに聞いても「雲を掴むような話」と、一蹴されてしまうような感じが
いたします。

(3)当日私の他に、納付にきていた人達とどうにか連絡を取りたいのですが・・・。
誰かと一緒に納付したご記憶はないですか?
そうでなければやはり「困難」だと思います。

>領収書をもらっていません
これは極めて「致命的」ですね。残念ながら。やはり、お役に立てずすみません。

                                                                            

(1)詐欺だとしても、市役所勤めの人の可能性が高いですよね?
何とも言えないです。怪しまれない人物としたら「市役所勤めの人の可能性有」ですが、
そうだと仮定したら、あまりにも「大胆」ですね。私には考えられないです。
あまり追求しすぎると、逆に市役所の人々への「名誉棄損」になってしまうかもしれ
ません。オーバーですが(何の証拠もないため)。

(2)相談する場所も、年金課ではなく、弁護士とか警察とかに相談するべきなのでしょ
うか。
まず、年金課で過去にこのような「怪事件」があったか?聞い...続きを読む

Q五木ひろしさんの「別れの磯千鳥」CDを探しているのですが。

ずいぶん以前に五木ひろしさんが歌っている「別れの磯千鳥」のテープを紛失してしまいましたが、何とか手に入れたくてさがしています。今ではCD版だろうと思いますが、どなたかこの曲のCD版を教えていただけませんか。他の歌手の方のはあるのですが五木ひろしさんのがどうしてもほしいのです。

Aベストアンサー

このCD2枚組のDisk1に収録されていたようですが、残念ながら既に廃盤ですね。

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-10-4988008081633

AmazonにもiTunesにもないようです。

Q障害年金についてです。平成26年の3月に心療内科を受診。うつ病と診断されました。この月が初診日となり

障害年金についてです。平成26年の3月に心療内科を受診。うつ病と診断されました。この月が初診日となり認定日請求して、主治医からも診断書を書いていただきました。ちなみにこの病院以外心療内科や精神科
は受診したことはありません。
納付要件も満たしています。うつ病になってから働いていません。
しかし、平成22年に内科に6月から9月頃 月一回程度受診。その頃仕事が重労働で肩こりからくる吐き気やめまいだと思っていました。
申立書にもこの平成22年の事を審査の参考として書きました。
しかし、この平成22年を初診日にすると納付条件が満たさなくなります。
うつ病の診断書を医師から書いてもらいましたがこの22年が初診日になることはあるのでしょうか?
その時は社員として働き日常生活も一人暮らしだったので家事もやっていました。

Aベストアンサー

平成22年の内科受診の際の病態が「障害年金の請求理由となっている障害と直接的に関係している」と推定され得るなら、その日が初診日とされることがあり得ます。
病名や診断名が確定していることが条件となるのではなくて、あくまでも「障害年金の請求理由となっている
傷病・障害のために初めて医師の診察を受けた日」が初診日とされるためです。
なお、初診時の受診科名は問いません。精神・神経科や心療内科ではなくとも対象となります。
極端な例を言えば、幻聴だとは気づかずに耳鼻咽喉科を受診した統合失調症の場合は、耳鼻咽喉科の初診の日が障害年金上の初診日とされることすらあります。

このため、もしも、平成26年3月の心療内科初診から起算して1年6か月が経過した時点での年金用診断書において、「平成22年に内科を受診し、精神的な影響が推定され、何々を投薬した」などというように明確に「現在のうつ病との関連性」が明記されてしまっているのなら、平成26年ではなく、平成22年のほうが真の初診日となってしまうことがあります。
そのときには、間隔が最低5年はあいていないと、社会的治癒とも見なされません。

社会的治癒とは、服薬や積極的治療を要せずに社会生活が送れている状態を言い、前後の傷病を別傷病として考えることとなります。つまりは、平成26年のほうを初診日とできるようになります。
ところが、社会的治癒があったとされないと、前後の傷病は連続性のある同一傷病だとされてしまうために、この質問で言えば、平成22年のほうが初診日となってしまいます。
障害年金独特のしくみなので、病院の事務などに聞いてもわかりません。年金事務所にしても単なる受付窓口に過ぎませんから、明確な回答は得られない場合が多々あります。
そのため、判断は日本年金機構にゆだねるしかありませんので、その点は十分に承知しておいて下さい。

病歴・就労状況等申立書の記述は、基本的には年金用診断書の記載内容と合わせて下さい。
言い替えると、もしも、年金用診断書において平成22年の内科受診の件が何ひとつ記されていないのなら、わざわざ申立書のほうで記す必要はありません。
なぜなら、表現は悪いのですが、いわゆる「やぶヘビ」になってしまうからです。
保険料納付要件が満たされていないそうですから、わざわざ「やぶヘビ」になるようなことはせずに、あえて平成26年初診として請求なさったほうが良い場合もあるかと思います(違法でも何でもありませんので、念のため。)。

保険料納付要件については、いわゆる「3分の2要件」はご存知ですよね?
そのほか、「初診日の前日の時点において、初診月の2か月前から13か月前までの1年間に保険料の未納が全く存在しない」という「直近1年要件」という特例(平成38年3月末まで)があり、実務上はこの特例を満たすことが優先されます。
また、障害要件については、初診日のときの労働の有無や生活状況・収入状況ではなく、障害認定日(原則、初診日から1年6か月が経過した時点)のときのそれらで判断・認定されます。その上で、その日をはさんだ前後数年の病状を勘案・予測した上で、実際に認定されます。
なお、労働収入は、支給を決定するための要件にもなりません。全く無関係です。
但し、精神の障害の場合には、その障害の重さを間接的に推定する指標としては用いられます。
加えて、9月1日からは「精神の障害による障害年金の等級判定のためのガイドライン」の適用が始まるために、いままでよりもかなり厳格な認定になることが予想されています。
以上のような基本的知識も踏まえた上で対応なさっていただかないと、正直なところ、かなりむずかしいものもあるのが実態です。

平成22年の内科受診の際の病態が「障害年金の請求理由となっている障害と直接的に関係している」と推定され得るなら、その日が初診日とされることがあり得ます。
病名や診断名が確定していることが条件となるのではなくて、あくまでも「障害年金の請求理由となっている
傷病・障害のために初めて医師の診察を受けた日」が初診日とされるためです。
なお、初診時の受診科名は問いません。精神・神経科や心療内科ではなくとも対象となります。
極端な例を言えば、幻聴だとは気づかずに耳鼻咽喉科を受診した統合失...続きを読む

Q五木ひろし

五木ひろしの曲でカラオケでよく歌われる曲を教えて下さい。
また、あなたの一番好きな曲を教えて下さい。

Aベストアンサー

カラオケスナックで働いてます。
全国的によく歌われているのかどうかは知りませんが
うちの店でよく歌われるのは

長良川艶歌
細雪
汽笛
そして…めぐり逢い
港の五番町
よこはまたそがれ

他にもたくさんありますが、このあたりが特によく歌われます。
この中でも長良川艶歌がいちばん多く歌われています。
他の人も書いてますがデュエットも入れるならやはり
居酒屋
が一番でしょう。私もよくお客さんと一緒に歌います。

ちなみに、あんまり歌われないのですが
「愛しつづけるボレロ」
という歌が私は好きです。

Q老齢年金と障害年金について。私は、障害共済年金と障害基礎年金を2級で受給していますが、65歳になった

老齢年金と障害年金について。私は、障害共済年金と障害基礎年金を2級で受給していますが、65歳になったら、老齢年金と、障害年金を受給するのは、金額的にどちらが得でしょう受けてか。ちなみに私は、永久認定を受けています。

Aベストアンサー

> 老齢年金と障害年金について。
この名称は特定の年金を指す用語ではございません。

ご質問から想定される受給組み合わせは次の3パターン
 老齢基礎年金+老齢共済年金[実際には老齢厚生年金+調整年金]
 老齢基礎年金+障害共済年金
 障害基礎年金+障害共済年金←現在の受給パターン

で、ここに登場する「老齢◎◎年金」の金額ですが、大雑把い説明すると次のような考えで計算されます。
 老齢基礎年金
  ⇒満額×(共済年金の加入月数+国民年金1号としての保険料納付済み月数)÷480月
 老齢共済年金 
  ⇒共済年金に加入していた間の平均報酬額×乗率×加入員であった月数

また、障害基礎年金(2級)は、老齢基礎年金の満額と同額です。
 ⇒障害基礎年金を受給できるものは国民年金の保険料納付が免除される。
 ⇒免除されたと言う事で保険料を納めていないと、老齢基礎年金を満額受給することは不可能となる。

更に、ご質問者様は『永久認定を受けています』と条件を付しております。

よって、今回のご質問に関しては、現在の受給パターンを継続することをお勧めいたします。

> 老齢年金と障害年金について。
この名称は特定の年金を指す用語ではございません。

ご質問から想定される受給組み合わせは次の3パターン
 老齢基礎年金+老齢共済年金[実際には老齢厚生年金+調整年金]
 老齢基礎年金+障害共済年金
 障害基礎年金+障害共済年金←現在の受給パターン

で、ここに登場する「老齢◎◎年金」の金額ですが、大雑把い説明すると次のような考えで計算されます。
 老齢基礎年金
  ⇒満額×(共済年金の加入月数+国民年金1号としての保険料納付済み月数)÷480月
 老齢共済年金 
  ⇒...続きを読む

Q森進一>五木ひろし

「森進一」のほうが「五木ひろし」より唄は上手い。
これを解説して下さい。

※「そうは思わない」のであれば回答は不要です。

Aベストアンサー

 演歌は西洋音楽の技法を用いていますが、根本は日本の音楽なので、音程やリズムの正確性を求めるのは間違っています。振動数が2倍であれば1オクターブ、その間を12等分したのが平均律で・・・などという音階に関するルールは、アジア人である私達には不自由で仕方がない。リズムについても同様です。規則的な拍感に性格であることは、音楽の本質ではありません。

 日本語の韻律は、西洋音楽の音階やリズムとは必ずしも合致しない。となれば、そこからいかに自由であるかが、日本語を歌詞とする音楽の命題ではないか・・・と考えます。ただし、そこには様式感というものもあって、「とにかく西洋的でなければよい」などと言い切ってしまえるほど単純なものではありません。

 しかし、演歌に限っていえば、西洋音楽の理論や楽器を用いてはいるものの「日本の音楽」であることは間違いないので、相当に自由であるべきだと考えます。特に言葉を扱うボーカルは、日本語ならではの韻律や、言語による世界観の表現を優先するべきで、最も「非西洋的要素」が要求されるパートです。

 このように考えた場合、五木ひろしの歌唱は、森進一に比べ西洋音楽的には正当です。五木ひろしは、演歌を西洋音楽と東洋文化の融合と考えているのでしょうか。西洋音楽の枠組みから著しくはみ出そうとはしません。
 一方で森進一は、演歌には西洋音楽としての要素もあるということすら気にしていません。否定しているのではなく、気にしていない。すなわち、西洋音楽に縛られることなく、全く自由です。言葉による表現が最優先で、歌唱というよりも、朗唱という言葉が適切であるような印象を受けます。

 そもそも「唄が上手い」ということの定義が難しい問題ですが、以上のことから私は勝手に次のように結論づけます。

 演歌は、西洋音楽の表現技法を取り入れた日本音楽である。したがって、日本語の韻律を生かした歌唱が優先されるべきで、西洋音楽的要素に合致することは必ずしも重要ではなく、むしろ非西洋的であることが演歌の特徴である。
 森進一は五木ひろしに比べ、演歌的特徴を強く表している。
 よって、「森進一」のほうが「五木ひろし」より唄は上手い。

 

 演歌は西洋音楽の技法を用いていますが、根本は日本の音楽なので、音程やリズムの正確性を求めるのは間違っています。振動数が2倍であれば1オクターブ、その間を12等分したのが平均律で・・・などという音階に関するルールは、アジア人である私達には不自由で仕方がない。リズムについても同様です。規則的な拍感に性格であることは、音楽の本質ではありません。

 日本語の韻律は、西洋音楽の音階やリズムとは必ずしも合致しない。となれば、そこからいかに自由であるかが、日本語を歌詞とする音楽の命...続きを読む

Q障害基礎年金の2級を受給しておりますが今後法改正などで障害基礎年金の1

障害基礎年金の2級を受給しておりますが今後法改正などで障害基礎年金の1、2級が増額される可能性があるって本当でしょうか?現在結婚して妻もいますし、これから子供も考えていますが、その分はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

公明党からそのような増額法案を提出予定と聞いています。しかし野党ですし、通る可能性は限りなく低いですね。

現在、障害認定時に妻子がいなければ、付加金は付きません。つまり障害年金を受取っている最中に結婚(226,000)し、子供(226,000)ができても付加金はもらえません。
現在、法案が提出され、障害認定後の付加金も支給しよう、とされています。新たに相当数の付加金が発生しますね。

Q五木ひろしはずっと前から目が細かったのですか

五木ひろしさんはずっと前から今と同じくらい目が細かったのですか

Aベストアンサー

 デビュー当時から確かに細かったです。

Q障害基礎年金受給中で別障害により障害厚生年金請求の場合

友人のことで相談いたします。
20歳前障害として障害基礎年金1級(難聴)を受給しています。昨年3月初診でうつ病と診断され昨年5月から約10年勤めた会社も休職しており今年1月から傷病手当金を受給中です(昨年暮までは休みでも給料が出たため)。主治医から復職が認められない状態が続いているので主治医の認定をもらえれば障害厚生年金の申請を考えています。そこで知りたいのは

1.このケースでは、もともと障害基礎年金(難聴)との併合(加重)認定は障害厚生年金では可能ですか?(例えば、うつ病の認定が3級だとしたら、難聴と合わせて2級になるとか?)

2.標準報酬が平均22万円として加入期間10年、扶養家族無しの場合1.2.3級おおよそ障害厚生年金はいくらになるのでしょうか。

おそれいりますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

傷病の原因および部位が異なるため、仮に障害厚生年金を受給できるとしても、現在の障害基礎年金とどちらか一方を選択しなければなりません。
これがもし、厚生年金保険被保険者期間中に新たに耳に障害が生じた場合でしたら、傷病の部位が同じですから、現在の障害基礎年金と併合されるのですが…。
つまり、障害の原因および部位が異なる今回のようなケースでは、「基礎」と「厚生」のどちらか一方を選択しなければならないのです。

平均標準報酬額と加入期間を考えると、現在の1級障害基礎年金(月額約8万2500円)を受給し続けたほうがはるかに有利です。
また、今年の4月から、厚生年金被保険者期間中の払込が将来の老齢厚生年金に反映され、障害基礎年金と老齢厚生年金を併給できるようになりました(いままでは認められていませんでしたので、厚生年金保険料の払込は全くムダになってしまっていました)から、長期的にみると、そちらも有利です。

精神疾患の場合、もし「選択」の結果「障害厚生年金」を選んでしまうと、軽癒した場合には、そこで受給できなくなります。
しかし、難聴による障害基礎年金でしたら、20歳前障害かつ1級であることもあって、まず「受給できなくなる」ということは考えられませんよね?
そういうことも頭に入れておいたほうがいいと思います。
ですから、手をつけずに、現行どおりのままでいたほうがよいでしょう。
また、健康保険の傷病手当金を受給している間は障害厚生年金は受給できません。しかし、障害基礎年金はOKです。
つまり、トータルで考えても、必ずしも障害厚生年金のほうが有利、とは言い切れないわけですね…。

そのほか、詳しいことは最寄りの社会保険事務所(厚生年金なので)におたずねになってみるとよいと思います。
一方、就労については、障害者雇用促進法の大改正により精神障害者もサポートされるようになりましたので、ハローワークとの連繋により、3か月単位のトライアル雇用も可能です。
当制度は、心の状態を見つめながらだんだんと会社に合わせてゆく、という雇用形態で、この3か月間はクビにすることもできない制度ですから、このような制度の利用等も考えていただいて、時間をかけて軽癒に努めたほうがいいと思いますよ。
うつ病による障害年金受給は、最後の手段としたほうがよいと思います。

傷病の原因および部位が異なるため、仮に障害厚生年金を受給できるとしても、現在の障害基礎年金とどちらか一方を選択しなければなりません。
これがもし、厚生年金保険被保険者期間中に新たに耳に障害が生じた場合でしたら、傷病の部位が同じですから、現在の障害基礎年金と併合されるのですが…。
つまり、障害の原因および部位が異なる今回のようなケースでは、「基礎」と「厚生」のどちらか一方を選択しなければならないのです。

平均標準報酬額と加入期間を考えると、現在の1級障害基礎年金(月額約8万...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報