今年の賞与(一時金)が5.12ヶ月分と決まりました。
これはどういう意味ですか?

例えば基本給20万円なら20万×5.12ヶ月がもらえるということですか?

簡単なことでですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

会社の平均が5.12ケ月のばあい、役職によって支給率に違いがあり、平均が5.12ということです。


これを夏と冬に分けますが、会社によっては冬の方が多くなります。

更に、個人別には欠勤減額や、勤務評価が高ければ加算され、低ければ減額されます。

このように個人別の支給額が決り、源泉税や社会保険料を控除して金額が支給されます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

普通の社員の場合どのくらいの開きがあるのでしょうね。
平均値ということは、あまりあてにならないかもしれませんね。

お礼日時:2005/04/06 18:55

 #7さんの回答が正しいでしょう。


かなり古い体質で年功序列が残っているそうですから若い人への支給は、おそらく512ヶ月(年間)にはならないでしょう。夏冬折半かそうかも定かではありません。組合、ないしはそれに準ずる組織の責任者に確認してみるのが一番確かなことです。責任者(組合委員長など)は説明する義務があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

研修時に紹介された組合の人に質問してみます。

お礼日時:2005/04/10 22:38

多分、夏が2,12ヶ月、冬が3ヶ月になるはずです。



1-6月までと
7-12月までという具合に。(賞与6ヶ月の場合)

12ヶ月のうち入社前の労働賞与該当分が差し引かれてるだけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

夏より冬が多いのですね。

勉強になりました。

お礼日時:2005/04/10 22:36

#7の追加です。



役職や格付けごとに支給率が決められますが、どの程度差があるかは、企業ごとに違いますから想像がつきません。

一番高い部長と一般社員では、かなりの差になるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2回目のご回答ありがとうございます。

かなりの差になるということなので、あまり期待しないほうがいいみたいですね。

お礼日時:2005/04/10 22:34

賞与=基本給(20万)×5.12ヶ月÷支払い回数=1回の受取額(税引き前)




質問からすれば、かなりの大手企業に入ったんですね。
初年度でそれだけもらえるとは。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

大企業ではありません。かなり古い体質の会社です。

未だに年功序列や終身雇用をしているみたいです。

組合側も能力主義や成果主義を反対しているみたいです。

お礼日時:2005/04/06 18:53

所得税等ひかれるものもありますが、ほかの方も回答されているように夏と冬で支払われるものです。


勤続年数や勤務評価にもよって上下するでしょう。
企業によっては有給を頻繁に使っていると評価がおもわしくない場合もあるようですね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり平均値なのですね。

分かりました。

お礼日時:2005/04/06 18:49

年齢、勤続年数には関係しません。


ただし、前賞与から次の賞与までに有給休暇以外で休まれたりしていたら、20万×5.12ヶ月(通常年2回分)から減額されることは考えられます。
また、今年4月に採用された場合なども減額の対象となる場合があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

年齢や勤続年数は関係ないのですね。

お礼日時:2005/04/06 18:47

20万x5.12ヶ月分=102.4万円を夏と冬に分けてもらえます。

つまり、普通であれば夏は51.2万円、冬に51.2万円ということになります。
この金額から、所得税と年金保険費が引かれ、手取り額が決まります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。

夏と冬、半分づつ支給されるのですね。

お礼日時:2005/04/05 23:36

 こんばんは。



 そういうことですね。
 会社によっては、(基本給+扶養手当)×5.12箇月などの場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。

単純なことでしたね。

年齢や勤続年数によって変動するということは、
ないということですね。

お礼日時:2005/04/05 23:34

税金等は控除されると思いますが。

そう理解されていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。

単純にそういうことなのですね。

年齢や勤続年数などは関係ないのですね。

お礼日時:2005/04/05 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与って何ヶ月分ぐらいが平均なの?

会社を辞めて2年になる求職者です。
ハロワで良い条件の求人を見つけました。
家からも近く、仕事の内容や給与・休日なども自分の希望通りです。
ただひとつ引っかかっているのが賞与です。
基本給は約19万ほどで賞与が(前年実績)年2回で計2.3ヶ月分なんです。
賞与は会社の業績や経済状況などで変動するし、最悪支給なしというところもあるので貰えるだけでもいいほうなんだとわかってはいるんですが、もう少し欲しいというのが正直な気持ちです。

もし皆さんが仕事を探していてこのような条件だった場合転職をしますか?
それと皆さんの会社の賞与は何ヶ月分ですか?
よろしければ教えて下さい。

Aベストアンサー

10年前のバブル期、親会社の賞与は年間6ヶ月だった。
現在、年間1.5ヶ月
業界第二位、5000人近い人員いるんだけどね。

その頃、子会社である元勤務先は、年間5.5ヶ月が1回だけあった。
2年前から子会社の方が賞与支給月数が多くなった
(基本給に違いはあるが)
本年、会社統合で親会社に転籍しましたが。

バブル後、急減してますので、賞与は「でりゃいい」です。
あてにした生活はしていません。
期待していると出なかったときエライ目に遭います。

年間2.3ヶ月出ると思ってあてにしちゃいけません。
翌年もでる保証は社長ですら保障できないでしょう。

Qボーナス ○ヶ月分

馬鹿みたいな質問かもしれませんが教えて下さい

よく「賞与年2回 4ヶ月分」とかってありますよね
この場合、基本給が例えば15万円だとしたら

15万×4(ヶ月)=60万
60万÷2(回)=30万

となって、結局1回の賞与でもらえるのは30万円になるって解釈で間違いないですよね?

Aベストアンサー

回答を纏めてしまう形になりますが…

<賞与年2回 4ヶ月分
基本給×4ヶ月が年間賞与で、夏冬の配分は分りません。
夏が多い会社もありますし、冬が多い会社もあります。
また、扶養家族や資格がある場合
(基本給+扶養家族手当+資格手当)×4ヶ月
という会社もあります。

年間賞与4ヶ月は、あくまで社員の平均値です。
新卒はそこまでもらえないでしょうし、上の人間はもっと貰うでしょう。

ちなみに手取りになると、2割程度ひかれます。
*額面30万なら、手取り24万程度

Q【一時金】と【賞与】の違い

ある会社の募集要項に、【一時金】年2回、と書かれていました。

【賞与】はボーナスのことと認識しているのですが、【一時金】とはどんなものですか?

【一時金】で検索してみたんですが、出産一時金等しか出てこず困っています。

2つの性質の違いについて教えてください!

Aベストアンサー

こちらのHPをご参考下さい。

参考URL:http://brunell.hp.infoseek.co.jp/chintai/ichijikin1.html

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Q1年に2回のボーナスが給料3ヶ月分で質問

ボーナスは給料3ヶ月分です。
6月と12月にボーナスがもらえます。

この場合、3ヶ月分を2で割ったお金がもらえるのですか?
それとも6月、12月それぞれ3ヶ月分もらえるのですか?

Aベストアンサー

通常、断りが無ければ「ボーナスは給料3ヶ月分」の場合、
「一年間で、3か月分」と解釈するものと思います。

この場合、それぞれ1/2(1.5ヶ月分)×2回
(6月と12月では、多少の金額の違いもありうるが、合計で3か月分になる)

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q賞与は入社していつからもらえるものか?

中途採用で入社した場合、賞与はいつから支給されるのでしょうか?一般例で良いので教えて下さい。ちなみに私は今年3月下旬入社です。年収額は決まっていますが(外資ではないです)、いまいち不明な会社なのです。担当部署に聞けば判ると思いますが、其の前にアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

賞与の評価の期間が決算が3月末の会社(官公庁も似たようなもの)なら後期が10月から3月、前期が4月から9月になります。ですから、3月下旬なら数日/180日ぐらいになるので、賞与はないことになりますが、それではかわいそうということで、賞与ではないお金を出すところがおおいいのでは。
いわば、先払いの借金ですね。4月の給料も正社員は3月の勤務実績ですからね。本来新入社員には
ないものです。
でも退職のとき、退職してから、給与とか賞与はもらえないのが普通ですから、公正とはいえませんね。

担当部署でも「そんなの聞くなよ。非常識野郎」と思われるかも。

Q入社前の健康診断であまり良くない結果が。この場合採用は見送られる?

訳あって現在,夫が転職活動中です(年内で現在の会社を退職することが決まっています)。
幸いにも数社から内定をいただけそうで,そのうちの1社が「最後に健康診断を受けていただいて,
そこで問題がなければ入社の日程や,最終的な条件を詰めて契約しましょう」ということになりました。

ということで,先日病院に健康診断を受けに行き,今日結果が出ました。
結果としては,総コレステロール値が高く「高脂血症」及び「気管支拡張症」とのことでした。
先月人間ドックを受診したばかりで,その際には特に問題なし,との結果だったので
入社がかかった健診でこのような結果が出てしまい,本人は相当ショックを受けているようです。
「これであの会社は落とされる可能性が高い・・・」と落ち込んでいるのですが,本当にそうなのでしょうか?

もちろん高脂血症なんて良いモノではないし,食生活等の改善がさらに必要かと思います。
(食事には気をつけるようにはしているつもりなんですが・・・私にも責任があるかと思うと私もショックです)
気管支の方は以前からそのように判断されており,生活には支障はなく,特に治療も必要ないとのことなのですが・・・。

一般的に言って,入社時の健診でこのような診断が出てしまった場合は,採用を見送られる可能性が
高いのでしょうか?
(会社の方針等にもよるかと思いますが,一般的にはどうでしょうか)

訳あって現在,夫が転職活動中です(年内で現在の会社を退職することが決まっています)。
幸いにも数社から内定をいただけそうで,そのうちの1社が「最後に健康診断を受けていただいて,
そこで問題がなければ入社の日程や,最終的な条件を詰めて契約しましょう」ということになりました。

ということで,先日病院に健康診断を受けに行き,今日結果が出ました。
結果としては,総コレステロール値が高く「高脂血症」及び「気管支拡張症」とのことでした。
先月人間ドックを受診したばかりで,その際には...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ、言われているように 「会社の方針等にもよる」 ので、ここでの回答は結局は気休めにしかならないと思いますが。

経験から行きますと、雇用者は被雇用者に法定の健康診断を受けさせる義務があります。採用時の健康診断の一つの目的は、雇用開始後の健康診断である疾患が発見されたとき、雇用の後発生したものであれば労災の可能性もありえますが、採用前からあった疾患であれば、労働とは関係ないことがはっきりします。

「高脂血症」 と言ってもその程度はいろいろありますし、単に総コレステロール値が高いだけでは問題になるとは思えません。現在多くの機関では、測定数値が一定値を越えていると自動的に印字することが多いので、細かい Data、所見によらずしては言えませんが、総コレステロール値が上限を越えている程度であれば、問題になりません。ちなみに前回の人間ドックの結果数値とそこに記載されている上限値を確認してください。案外上限値よりわずかに低い、と言うこともあります。となると、測定時の誤差のいたずら、と言うこともありえます。「気管支拡張症」 の程度問題でして、おそらく胸部 X-P の陰影からの判断でしょう。喫煙者では往々にして見受けられる所見です。いずれも、「要精検」 なり 「要再検」 の指示がなければ、気にしても始まりません。

通常なら問題になるような所見ではないと思います。

No. 1 の回答の中で、誤解に基づく偏見と思われる記述があるので、正しい知見を付記させてもらいます。
>健康診断って、あまりアテになりませんよね。例えばレントゲン写真が小さいために「陰がある」と再検査になったことがありますが、大病院で再検査したら「異常なし」でした。病院が再検査で儲けるために「要再検査」にする場合もあるらしいですしね。

正確な判定を行なえるにこしたことはありませんが、そのためには膨大な Cost が必要なので、一般健康診断は簡略化しています。その代わり、「真の疾患を見落とすことを避けるため、疾患でないものでも疑いが出ても仕方がない」 とのスタンスです。難しく言えば、疾患があるを "○"、疾患がないを "×" であらわすと、
検査結果 疾患
○    ○ :検査で異常、疾患あり
○    × :検査で異常だが疾患ではない (No. 1 の例です)
 × ○ :検査は正常だが疾患 [見落としになり問題です]
 ×    × :検査で正常、疾患なし
この 2 番目が増えても、3 番目がおきないようにやっているのです。

まぁ、言われているように 「会社の方針等にもよる」 ので、ここでの回答は結局は気休めにしかならないと思いますが。

経験から行きますと、雇用者は被雇用者に法定の健康診断を受けさせる義務があります。採用時の健康診断の一つの目的は、雇用開始後の健康診断である疾患が発見されたとき、雇用の後発生したものであれば労災の可能性もありえますが、採用前からあった疾患であれば、労働とは関係ないことがはっきりします。

「高脂血症」 と言ってもその程度はいろいろありますし、単に総コレステロール値...続きを読む

Q面接後、採用決定の人にはすぐに連絡が行くのでしょうか?

今まで、何社か面接をしました。結果は後日(ほとんどが1週間後)に連絡しますといわれ、面接後すぐに返事がない所は、しばらくして郵便で不採用通知が届くというかんじでした。
今回、2月2日に面接をし、結果は1週間位でお知らせしますと言われましたが、今までのパターンでかんがえると、本日も連絡がなかったので又、不採用かな?と思ってます。
採用の人には不採用の人より早くに連絡が行くのでしょうか?

Aベストアンサー

私も#2さんのように、採用者に先に声をかけ、入社の意思を確認してから
採用を迷っていた候補の人に、不採用通知を出す流れが多いような
気がしています。
ただ、企業にもよりますね。

私自身、不採用の連絡をもらった企業に、後から「採用した人が
断ってきたので、どうか?」みたいな連絡をもらったことがあります。
そんなカッコ悪いことを、なかなか企業もしたくないでしょうから
不採用者に連絡を遅くしてしまう可能性が出てくるのではないでしょうか。

また、採用でも連絡が遅いことがあります。
例えば、採用を決めても役員とか部長とかにサインをもらわなくては
ならない場合で、その人が出張に行ってたりすると、数日返答が遅れることは
時々聞く話です。
派遣なんかの顔合わせ結果でも、時々ありますね。

> 今回、2月2日に面接をし、結果は1週間位でお知らせしますと言われましたが

ということなので、もう少し待つ必要があると思います。

Q昇給というのはいつどのタイミングでされるのか?

また、一回の昇給で大体どれくらい給料が上がるものなのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昇給は年1回4月(したがって5月の給料から)というところが多いと思います

昇給額は、会社の業績、本人の査定や昇給昇進にもよりますが
ベースアップが1000円~5000円ぐらいです。毎年あるとは限りません
定時昇給も同じぐらいかやや多いぐらいです。

若年層にやや厚く(多く)上に行くほど昇給率は少なくなることが多いようです
業績が悪くて据え置いてきた場合で初任給の伸び率が高いときなどは特に逆転が起こらないように入社年数の若い人を多めに昇給ということもあります

参考URL:http://brunell.hp.infoseek.co.jp/chintai/baseup.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング