前に1回だけ「昭和軽薄体」について書かれたエッセイをみて、気になっています。
(そのエッセイはたぶん南しんぼうさんが書いたものだったと思います)
そういえば、昔読んでいた本は軽薄な文体で書かれていたような気がしますが、
具体的な書名が浮かびません。
「これぞ昭和軽薄体!」と呼べるようなものがあれば教えていただきたいと思います。
それと、原田宗典さんは一時期、かる~い文体で書かれていたと思いますが、
それも昭和軽薄体と呼ぶのでしょうか。

A 回答 (4件)

手元の資料がどうしても見つからないので、記憶での回答になります。



たしか、椎名誠の著作の中において、自ら提唱していたのが「昭和軽薄体」です。
「さらば国分寺書店のオババ」「気分はだぼだぼソース」「かつをぶしの時代なのだ」「赤眼評論」が該当する作品であったはずです。
その後の作品でさらば昭和軽薄体、とこれまた自分で書いていました。

ちょっと繰り返しになりますが、昭和軽薄体は自称した概念ですので、この名に当てはまるのは上の4作品だけだと思います。
ただ、現象として、当時軽薄な文体が流行ったのも事実のようですね。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昭和軽薄体というのは椎名誠さんが自らの文体のことを言ったものだったのですね!
はー勉強になります。
まさに「これぞ昭和軽薄体」という書名を4作品も教えていただき本当にありがとうございました。
なんとなくこんなものかなーというのは分かっていたのですが、定義のようなものが知りたかったので、すっきりしました。
4冊読みます!ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 23:05

あれ、読んだの、何年もたってからだった。

だってさあ、ベストセラーだよ。みんながみんな、ワイワイと本に手をのばしてるときに、じぶんも手をのばすなんて、カッコわるいじゃん。 で、なんちゅうか、そう、世間が寝しずまってから読んたってわけ。えっ、ああ、本の名前? 椎名誠の「さらば国分寺書店のオババ」。おもしろかった。どこが、どう、おもしろかったかっていわれても、ううん、もうむかしのことだしさあ、何が書いてあったのかも忘れちゃったくらいでえ。でも、みんなが騒いでたときに、すなおに読んどけばよかった、と思ったくらいに感心したことは覚えてる。おなじふうに感心したのは、こちらはエッセイだけど、林真理子の「ルンルン症候群」。もち、昭和軽薄とは関係のない話だよ。で、そのとき思ったってのは、ベストセラーも伊達じゃないなってこと。そんなこと思いながら、いまでも飛びついたりしないけど。やっぱ、カッコわるいじゃん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もしかして、昭和軽薄体風文体で答えてくださいましたか?!はーこんな感じなんですかー!
「さらば国分寺書店のオババ」、タイトルだけでも笑える~!
私はいつも文庫本ばかり読んでいるので、ベストセラーをそのとき読むことはほとんどありません。現代に生きる者としてまずいかなと思うときもあります。
昭和軽薄体が最も売れていたときに読んでいれば、もっと楽しかったかもしれませんねー
「さらば国分寺書店のオババ」をぜひとも読んでみたいと思います。
楽しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 22:35

 この言葉を使いはじめたのは椎名誠さん自身らしいですが、嵐山光三郎さんの文章がその原形じゃないですかね。

他に、糸井重里さんとか。東海林さだおさんもかな? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

嵐山光三郎さんの著作はおそらく読んだことがありません。
意外に多くの人が昭和軽薄体に関連しているのですねー。
読んでみたいと思います。
ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/06 22:02

原田さんは面白かったですよね。


むかしの椎名誠さんも昭和軽薄体と呼ばれてたと思いますよ。
自分が主に読んだのは「怪しい探検隊」のシリーズでした。ほんとに軽薄ですね。でもパタゴニアとか、メキシコなどの、外国に行く話はとても面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくお答えいただきありがとうございます!
私は原田宗典さんの「こんなものを買った」などを昔読んであまりの軽薄さに大笑いした覚えがあります。
「こんなおばかなおじさんがいるのだ!いていいんだ!」と。
椎名誠さんの「怪しい探検隊」シリーズですか。
椎名誠さんの著書はほとんど読んだことがありませんでしたので、
すぐに読んでみたいと思います!
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/06 01:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子どもが体のあちこちが痛いと言います。心配です

こんばんわ。
8歳の息子の症状が何に当てはまるのか、何科を受診したらいいかも皆目見当が付きませんのでよろしくお願いします。

タイトルの通りで、頭痛、耳の奥、腕、指、肘、足、膝、踵、足の裏と次々痛いところが変わり、数秒から数分で治まります。1日中、あっちが痛いこっちが痛いと言うので心配です。

1ヶ月前に学校の廊下で走っていて転び、右耳を壁にぶつけて耳を2箇所切って腫れ上がらせて以来、自家中毒にかかったり下痢になったりで調子が悪い日が続いていました。直後から体を起こすとしんどいとか、気持ち悪くなると言っていたのでレントゲンやCTを撮って検査しましたが結果は異常なし。1週間前からやっと学校へ行けるようになって一安心していたのに月曜日から上記のような調子で、今日も脳神経外科でCTを撮って結果は異常なしでした。自家中毒の後であちこち痛いと言う子はたまにいますよと言われましたが・・・尿検査の結果はプラスマイナスでした。(自家中毒にかかったときはプラス3でした)

小さい頃からアレルギー体質で喘息があり、今もごくたまに発作を起こします。何か関係あるのでしょうか。

このような状態で何科にかかったらいいのでしょうか?小児科では学校で何か嫌なことでもあるのかというようなことを言われ、なんとなく親身でないような印象で納得できませんでした。(続くようならリウマチ検査をするということです)

こんばんわ。
8歳の息子の症状が何に当てはまるのか、何科を受診したらいいかも皆目見当が付きませんのでよろしくお願いします。

タイトルの通りで、頭痛、耳の奥、腕、指、肘、足、膝、踵、足の裏と次々痛いところが変わり、数秒から数分で治まります。1日中、あっちが痛いこっちが痛いと言うので心配です。

1ヶ月前に学校の廊下で走っていて転び、右耳を壁にぶつけて耳を2箇所切って腫れ上がらせて以来、自家中毒にかかったり下痢になったりで調子が悪い日が続いていました。直後から体を起こすとし...続きを読む

Aベストアンサー

 子どもに痛みを訴えられるのは、本当に心配ですよね。
 きっと、非常に繊細なお子さんなのだろうと思います。

 基本的には、小児科になると思います。ただし、痛みの原因をキチンと検査した上で、心療内科・カウンセリングも考慮されたらいかがでしょうか。
 「学校で何か嫌なことでもあるのか」という小児科の意見は大事な指摘だと思います。

 我が家でも、長男が小学1・2年の頃に同じような時期がありました。原因が、教員のイジメ(精神的虐待)にあったことを本人が打ち明けたのは、6年生になってからのことでした。
 当時、あっちが痛いこっちが痛いと言われる度に右往左往していたのですが、学校に原因がありそうだと気付いて、息子に「学校に行って教育を受けるのは、憲法で保障された権利だ。同時に、学校(行政)には教育を受けられるようにする義務がある(勿論、子どもにわかる言い方で説明)。だから、行きたくないのなら、行かなくても良い」と宣言しました。以来、ストレス無く、学校を休めるようにしたことで、「痛い」と言う事はなくなりました。(不登校・登校拒否をすすめている訳ではありません)
 後に、息子から当時の話を聞いてわかったのは、教員が『学級王国』の絶対の女王様だったこと、親を理由にした陰湿なイジメなど、精神的な虐待を受けて、苦痛を親にも言えなくなっていたことです。
 あの時に、心療内科・カウンセリングなどに行っていれば、もっと別の対応があったのではないかと反省しています。

 ちなみに、その息子も中学生。子どもの個性や憲法と教育基本法を尊重する学校(私学)に進学してからは、優れた教師と友人にめぐまれ、「休むのがもったいない」と言うようになっています。

 子どもに痛みを訴えられるのは、本当に心配ですよね。
 きっと、非常に繊細なお子さんなのだろうと思います。

 基本的には、小児科になると思います。ただし、痛みの原因をキチンと検査した上で、心療内科・カウンセリングも考慮されたらいかがでしょうか。
 「学校で何か嫌なことでもあるのか」という小児科の意見は大事な指摘だと思います。

 我が家でも、長男が小学1・2年の頃に同じような時期がありました。原因が、教員のイジメ(精神的虐待)にあったことを本人が打ち明けたのは、6年生に...続きを読む

Qエッセイや人生論・恋愛論・語学書・哲学書などが小説より好きなのですが…

そんな僕はちょっとおかしいでしょうか?
巷では、本≒小説、みたいな風潮が強いと思いますが、本にはそれ以外にも多くジャンルが有りますよね。
僕はどちらかというと小説の方が苦手です。
特に、ファンタジー・SF系やミステリー系は全然関心を持てず、むしろ嫌悪に近い感覚が有ります。

小説はあまり好きじゃない、とみんなの前でもし言ったら、なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

Aベストアンサー

全然変な人とは思われないですよ。好みは人それぞれですし。もちろん小説好きの人の前で、小説はツマラナイ、くだらない、読むのは時間の無駄だ、書店の陳列スペースの無駄だ、紙の無駄だとか言ったらケンカになりますけども。
エッセイや○○論を読んでいると、ものによっては知的な人だと敬意を払われるかも。あまり安っぽいのはダメですけど。
エッセイや論は、事実に即した重みとか価値があります。
それに対して小説は所詮、絵空事、嘘っぱち、空想の産物です。もちろん作者は、その点を補強して「リアリティ」を持たせる工夫をしているワケですが。

小説の悪口を書くのが本意ではありませんが、読書≒小説、とは小中学校の読書習慣(週間だったりもする)の名残というか悪弊ですね。堂々と小説以外を愛読しましょう。
とは言い条、たまには面白い小説もありますよ♪

Q体をねじったり、息を吸うと、背中(左肺の裏)が痛いのは病気ですか?

できましたら、医療関係の方のご回答お願い致します。
体を左にねじったり、左腕を使ったり、息を吸うと、背中(左肺の裏)が痛いです。
おもいきり息を吸おうものなら、ズキッときて息がつけなくなりそうな感じがします。

前かがみの体勢だと楽で、右に体をそらす分には痛みがありません。

今日は大変寒いので、そのせいかな?とも思いますが、病気だとしたら・・・と思い、質問させて頂きました。
今仕事中で、このままでは捗らない為、一時的でも楽にする方法もご存知でしたら宜しくお願いします。
ご回答お待ちしております。

※何年も前に、同じ様な事がありましたが、その時は冷静にしておさまりました。

Aベストアンサー

医療関係者ではありませんが経験から回答をさせて頂きます上腕の痺れはありませんか?あれば頚椎の椎間板ヘルニアだと思います 私も経験者です 近くに評判のいい整形外科があれば受診をお勧めします 腰のヘルニアと同じで慢性的に症状が出ます 入浴の際に首筋にシャワーを当てると楽になります いい薬もありますから早めに受診された方がいいですよ

Q町田康が成増時代について書いたエッセイ

町田康が初期のエッセイでよく書いていた
東京の成増に住んでいた頃の、
作品(「邪悪の木」とか「黒い大仏さま」等)が
収録された本の名前を誰か教えてくださいませんでしょうか?

Aベストアンサー

ものすごく曖昧な記憶で大変恐縮なのですが、
お探しの本は、
『つるつるの壺』(講談社/刊 *現在は講談社文庫版もあるようですね。)ではなかったと・・・・。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062095335.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A4%E3%82%8B%E3%81%A4%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A3%BA-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%94%BA%E7%94%B0-%E5%BA%B7/dp/4062747502/ref=sr_1_1/249-1225954-0647511?ie=UTF8&s=books&qid=1186318535&sr=8-1

私自身、随分前に1度パラッと読んだだけのものなので自信がありません。
今後、町田ファンの方からの正確な回答が付けばいいなと思っているところですが、少しでも参考になればと思い書き込ませて頂きました。

違っていてガッカリされたらごめんなさい。
機会があれば、図書館や書店などでチェックして頂けるといいかと思います。

ものすごく曖昧な記憶で大変恐縮なのですが、
お探しの本は、
『つるつるの壺』(講談社/刊 *現在は講談社文庫版もあるようですね。)ではなかったと・・・・。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062095335.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A4%E3%82%8B%E3%81%A4%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A3%BA-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%94%BA%E7%94%B0-%E5%BA%B7/dp/4062747502/ref=sr_1_1/249-1225954-0647511?ie=UTF8&s=books&qid=1186318535&sr=8-1

私自身、随分前に1度パラッと...続きを読む

Q体のあちこちが痛い

1週間くらい前に左脇腹から背中にかけて痛みがあり、続いて右脇の下から肩甲骨にかけて痛くなってきました。
最近は右腕がだるくなるような違和感や膝の内側にチクチクするような痛みがあります。
これらの痛みは数分で治まり、痛みが色々移動します。

病院に行くにも、どの科に診察してもらえば良いかわかりません。
どなたか良いアドバイスをいただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

ベストは神経内科かな。
リウマチ科とかの看板も一緒に掲げてる整形外科医院とかあればそちらでもいいかもしれません。
近くにどちらも無ければ普通の内科ですね。

Q自分で書いたエッセイを応募するには…

質問のタイトルがヘンでしたが、エッセイのような身辺雑記を書くのが好きで、ブログに毎日書いています。

日本エッセイスト・クラブが発行している「○○年版ベスト・エッセイ」も好きで毎年買っていますが、自分で書いたエッセイを応募するにはどうすればいいのでしょうか。

小説の場合は素人が投稿するコンテストを設けている雑誌がありますが、エッセイの場合は聞いたことがありません。

自分が書いたエッセイを発表したり、応募したりする場をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エッセイのコンテストはたくさんあります。雑誌の「公募ガイド」や下記のサイトなどで、自分に向いたものを見つけてください。

文学賞・新人賞への公募ガイド
http://kobo-joho.jpn.org/kobo/index.htm

Q体の中心寄りの右胸内部が呼吸するだけでチクチク痛い

今朝頻拍の発作があり、そのまま夕方まで続いていました。
その間、頻脈が鬱陶しいので深呼吸したり息を止めてみたりするのが癖なのですが、
今日は大きく何度も息を吸ったせいか、2時間ほど前から胸が痛み始めました。
痛いのは体の中心少し右側で、乳房ではなくもっと奥です。
体を動かしたり息をするだけでチクチク痛いです。時折痛むのではなく、息をしている限りずっと痛いです。
逆に、息を吐いてからそのまま止めて、体も動かさずじっとすると、ぴたっと痛みが止まります。
今日無理な呼吸をしすぎたからでしょうか?
1時間ほど前に2階まで階段を上がっただけで、ものすごい息切れと、動悸と、体全体の疲労感がしました。
5分ぐらい走ってきたあとのような感覚でした。肺がおかしくなってしまったのでしょうか?
今もずっとじっと座っているのにもかかわらずドキドキしているのですが、いつもの頻拍発作なのか、動機息切れなのかよくわからない感じです。脈拍は1分間に150弱です。いつもの頻拍時よりはずいぶん少ないです。

右胸が痛む病気や原因等が知りたいです。

頻拍発作についてですが、
去年の今頃に検査してもらい、医師に、WPW症候群等の発作性頻拍の診断を受けています。
医師には手術を勧められたのですが、
お酒をやめる、夜中に働かない等で改善させていこうと試みている所です。

今朝頻拍の発作があり、そのまま夕方まで続いていました。
その間、頻脈が鬱陶しいので深呼吸したり息を止めてみたりするのが癖なのですが、
今日は大きく何度も息を吸ったせいか、2時間ほど前から胸が痛み始めました。
痛いのは体の中心少し右側で、乳房ではなくもっと奥です。
体を動かしたり息をするだけでチクチク痛いです。時折痛むのではなく、息をしている限りずっと痛いです。
逆に、息を吐いてからそのまま止めて、体も動かさずじっとすると、ぴたっと痛みが止まります。
今日無理な呼吸をしすぎたからで...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)右胸が痛む病気や原因等が知りたいです。
(A)ならば、医師の診察を受けてください。

肺には、痛みを感じる神経がないので、肺自体に病変があっても、
痛みは感じません。
その代りに、肋骨の間にある肋間神経はとても敏感で、
ちょっとした刺激にも強い痛みを感じます。
だから、呼吸を止めると痛みが止まるのです。

また、WPW症候群をお持ちとのことですから、
それが原因ということも考えられます。

例えば、「腰が痛い」とします。
ほとんどの人は、「腰が痛いから、痛い」と考えますが、
実際には、腰の刺激が神経を伝達して、脳に達して、
脳がそれを分析して、「痛い」と判断するから、痛いのです。
つまり、痛いと感じているのは、腰ではなく、脳なのです。
だから、腰と脳を繋いでいる神経を麻痺させると
痛みを感じなくなります。
局所麻酔はこの原理を使っているのです。

なので、右肺が痛い=右肺に問題がある ということには
ならないのです。
神経は、末梢から次第に集まって、束となって脳に到達します。
なので、場合によっては、分析が上手くできない場合があるのです。
胆石で、背中が痛いというように、実際とは違う部分を痛みとして
感じる場合があります。
ですから、心臓に問題があるのに、肺の痛みとして感じる
ということはあるのですよ。

(Q)右胸が痛む病気や原因等が知りたいです。
(A)ならば、医師の診察を受けてください。

肺には、痛みを感じる神経がないので、肺自体に病変があっても、
痛みは感じません。
その代りに、肋骨の間にある肋間神経はとても敏感で、
ちょっとした刺激にも強い痛みを感じます。
だから、呼吸を止めると痛みが止まるのです。

また、WPW症候群をお持ちとのことですから、
それが原因ということも考えられます。

例えば、「腰が痛い」とします。
ほとんどの人は、「腰が痛いから、痛い」と考えますが、
実際...続きを読む

Qこういう内容が書いてあるエッセイ

こんにちは。私は、「1年間1日も欠かさず日記をつけられる人は何かを成し遂げられる人。3年間日記をつけられる人は成し遂げた人。」というような内容が書いてあるエッセイを探しています。前にその部分だけ目にして、今度その本を読んでみようと思っていたら、その本の名前が思い出せません!他には、「自分も何年か日記をつけているが、一日も欠かさずにではない。」というような文もあったような気がします。記憶があやふやで申し訳ないのですが、もし知っている方がいたら教えてください!!!

Aベストアンサー

こんばんは。
三浦綾子さんの本に
似たような下りがあったかと思います。
「あさってのかぜ」という本だったと思います。
おっしゃっている本だといいのですが。

Q中学生です。 最近ずーっとお腹痛いねん痛いです(5日くらい前からずっと) なんか病気なんですかね。?

中学生です。
最近ずーっとお腹痛いねん痛いです(5日くらい前からずっと)
なんか病気なんですかね。?

Aベストアンサー

痛いだけでは、解りません。
ガマンできる痛さなのか、転げまわる程の痛さか。

便秘、ノロウイルス、腸閉塞、潰瘍、あるいは心臓疾患。
いずれにしても、消化器内科の受診をお勧めします。
甘く考えていると、死亡することも有りますよ。

Q日経新聞にエッセイを書いていた女性作家

何日前か…あるいは何週間前かの日経新聞朝刊に、
エッセイを書いていた女性作家を探しています。
(たぶん一ヶ月は経っていないと思います。)

掲載されたページは、一番最後のページの私の履歴書の横のあたりです。
内容は、日常生活での自分の珍妙なくせ(?)についてと
それをめぐるご自分の母・妹とのやりとりです。
確か女性の作家さんで、歳は35歳前後とあったと思います。

そのエッセイがとてもおもしろかったので、
本を買って読んでみよう…と思いつつ、お名前を控えておくのを忘れてしまいました。(新聞も処分してしまいました!)

こんなあいまいな記憶で自分でも大変もどかしいのですが、
となたか覚えている方がいらっしゃいましたら、
是非お名前を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

確かこの間芥川賞をとった女性だったと思うのです。。

調べたら「大道 珠貴氏」とありましたが、、うーん自信がない。。

本当に自信がないけど、書いちゃいます。ごめんなさい。

私もあの文章おもしろかったんで本読みたいと思っていたのに

記憶の彼方・・。情けないです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20030116_30.htm


人気Q&Aランキング