国民年金第一号被保険者です。
将来受け取る年金額を増やしたいのですが、年金基金の掛け金を支払うのは今はキツイので、とりあえず付加年金に加入しようかと思っています。
余裕が出来たら付加年金をやめて年金基金にうつれればと考えていますが、分からない事があるので教えてください。

付加年金と年金基金に同時期に加入できない事は知っているのですが、それぞれ別の時期に加入した場合、その両方を年金として受け取る事は可能でしょうか?
もし片方しか受け取れないとしたら、どちらの年金を受け取る事が出来るのでしょうか?
また、もう片方は掛け損になってしまうのでしょうか?
以上、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

国民年金基金と付加年金に、それぞれ別の時期に加入した場合、加入期間に応じて両方を年金として受け取る事は可能です。


一方が掛け損になってしまうことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これで安心して付加年金に加入できます。

お礼日時:2005/04/08 09:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫婦のどちらかが早く亡くなったときの国民年金基金と遺族厚生年金

50代の父母の年金に関する質問(代理)です。
現在、父は会社員(同じ会社で40年近く)で厚生年金、
母が洋裁師で国民年金と国民年金基金(少額)に20年位加入(その前は専業主婦)
入院で仕事をたたむかどうかの話をしています。

年金についてどちらかが早く亡くなったとき、
・父は母の国民年金基金の関係があるのでしょうか
・母は国民年金基金に入っていますが、父側の遺族厚生年金?の妻分がもらえるのか、
 国民年金基金に入っているのでもらえないのでしょうか
・母が仕事をやめた場合、国民年金基金をやめ、父の扶養になります。
 この場合、国民年金と国民年金基金(今までの分)になるのでしょうか。

母に聞かれて調べたのですがなかなかわからず…
詳しい方がいらっしゃったら、お教え頂けないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ・父は母の国民年金基金の関係があるのでしょうか
国民年金基金は『国民年金第1号被保険者(要は、ご自身の名前で国民年金保険料を納めている方)』のみが加入[付加年金に同時加入は出来ない]。

現在、お母様が「国民年金+国民年金基金」であるならば、お父様の死亡は国民年金基金の加入に影響いたしません。
又、お父様が死亡した後、ご質問者様が仮にお母様を「健康保険の被扶養者」として手続きを行ったとしても、お母様は『国民年金第1号被保険者』(第2号や第3号にはなれない)ので、国民年金基金への加入に影響なし。

但し、次の場合には国民年金基金に加入できません。
1 洋裁業を辞めて、国民年金第3号被保険者(60歳到達までの間に限る)となっている期間
  →お父様が加入している健康保険の被扶養者となる際に同時に「第3号」への変更手続きがなされる。
  →お父様が無くなった後は「第1号」に戻るので、上に書いた通りになる。
2 お母様が60歳に達した時。
  →「第1号」も「第3号」も、共に60歳に達すると資格を喪失いたします。その為、60歳になると、最初に書きました「第1号被保険者」と言う条件をクリアできないから加入できない。
  →でも、国民年金(老齢給付)を満額受給する権利を取得していない方は「任意加入被保険者」になることが可能であり、「任意加入被保険者」となった方は国民年金基金に加入できます。
 http://www.npfa.or.jp/system/60over.html


> ・母は国民年金基金に入っていますが、父側の遺族厚生年金?の妻分が
> もらえるのか、
>  国民年金基金に入っているのでもらえないのでしょうか
受給できます。
 →国民年金法にも、厚生年金保険法にも、『国民年金の被保険者又は国民年金基金の加入者』に対して遺族給付を行わないとは書いていない。

また、遺族厚生年金【*】を受給していても、「国民年金第1号被保険者」及び「国民年金基金の加入者」の資格は喪失しない。
【*】お父様が死亡為された時点で18歳未満の子供(ご質問者様の弟妹?)が居るのであれば、国民年金からも遺族基礎年金が支給されます。これは、お父様が厚生年金の被保険者[=国民年金第2号被保険者]だからです。お父様が会社を退職した後に死亡為された場合も同様です。


>・母が仕事をやめた場合、国民年金基金をやめ、父の扶養になります。
> この場合、国民年金と国民年金基金(今までの分)になるのでしょうか。
一部の事は既に書きましたが・・・改めて書きます。
先ず、「父の扶養」とはどのような意味でしょうか??
1 父の収入で生計を維持する
2 父の収入で生計を維持しながら、父の所得税計算に於いて「控除対象配偶者」となる。
3 2の状態は元より、父が加入している健康保険の被扶養者になる。
多分、3の事ですよね。

この場合、国民年金第3号被保険者となるため、国民年金基金には加入し続けることは不可能となります。

では、お母様が受け取る老齢給付はどうなるのか?
まず、国民年金基金からの給付は、基金に加入して居た月数仁王維持たモノとなりますので「今までの分」と言う事ですね。
次に、国民年金からの給付ですが、これはどのような加入履歴になるのかによって金額が異なります。
端的には、お母様の加入履歴における次の期間を合計した月数が480月であれば満額支給。300月以上(480月未満)であれば、満額×合計した月数÷480で支給です[面倒なので、保険料免除は考えていません]。
 ・国民年金第1号被保険者として保険料を納めた月数
 ・国民年金任意加入被保険者として保険料を納めた月数
 ・国民年金第3号被保険者として認められた月数



時間(昼休み時間)の関係で殴り書きになりました。
不明点が有れば補足要求をしてください。

> ・父は母の国民年金基金の関係があるのでしょうか
国民年金基金は『国民年金第1号被保険者(要は、ご自身の名前で国民年金保険料を納めている方)』のみが加入[付加年金に同時加入は出来ない]。

現在、お母様が「国民年金+国民年金基金」であるならば、お父様の死亡は国民年金基金の加入に影響いたしません。
又、お父様が死亡した後、ご質問者様が仮にお母様を「健康保険の被扶養者」として手続きを行ったとしても、お母様は『国民年金第1号被保険者』(第2号や第3号にはなれない)ので、国民年金基金への加入...続きを読む

Q第3号被保険者から第1号被保険者(国民年金)への切替

私(夫・サラリーマン)の定年退職により、妻の年金が第3号被保険者から第1号被保険者(国民年金)への切り替えが必要になりました。
厚生年金の加入期間は昭和61年から発足した制度の「カラ期間」を入れても22年間ですから年金受給資格の25年間に3年間不足です。
妻は現在54歳(S29.6.8生)ですが、義務として国民年金は60歳まで加入しなければなりませんか?
それとも、加入期間が25年間に到達した時点(57歳)で終了させていもいいのでしょうか?
その場合、受給資格は喪失したりしませんか?
また、加入期間の3年間の差により年金受給額も変動するのでしょうか?
お詳しい方、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、60歳までは加入義務があります。

国民年金の支給額は、現在、
支給額 = 792100 ×(納付月数)/480 (円)
    = 1650.2 ×(納付月数)    (円)
となっています。要は、一月納付すると、年額で1650円ずつ
増える仕組みです。

ですので、3年間未納だと
 1650.2 × 3 × 12 = 59400円
ほど受給額が変わります。

国民年金には免除制度があります。免除が適用されるかどうかは
夫婦それぞれの前年の収入によって決まります。
ただし、退職した場合は、前年の収入を0円とみなす特例が使える
ので、質問者の夫の前年の収入は気にしなくてもいいです。
あとは、妻の前年の収入によって、免除ができるかどうかが決まり
ます。

全額免除の場合の給付額は、通常の納付の1/3になります。ですので、
 1650.2/3 = 550円
が全額免除の場合の、給付額単価になります。3年だと
 550円×3×12=19800円
です。未納の場合に比べて、かなり有利になるので、免除できる
要件であれば、これを使いましょう。

免除の手続きには、年金手帳の他、夫の離職票か雇用保険受給資格者票
が必要になります。手続きは市町村役場、社保事務所で可能です。

なお、国民年金の保険料は、現在一月14660円です。これを払えば
1650円年金が増えるので、
14660/1650=約9年で元が取れるといえます。
65歳からもらいはじめて74歳で元が取れる計算です。
女性の平均寿命が84歳であることを考えれば、けっこうお得です。
支払うつもりがあれば、付加年金(月額400円)をつけることをおすすめします。
400円の上乗せで、200円年金が増えるので、付加年金だけで考えると
2年で元が取れます。額が小さいので大きな金額にはなりませんが、
効率は非常に良くなっています。

まず、60歳までは加入義務があります。

国民年金の支給額は、現在、
支給額 = 792100 ×(納付月数)/480 (円)
    = 1650.2 ×(納付月数)    (円)
となっています。要は、一月納付すると、年額で1650円ずつ
増える仕組みです。

ですので、3年間未納だと
 1650.2 × 3 × 12 = 59400円
ほど受給額が変わります。

国民年金には免除制度があります。免除が適用されるかどうかは
夫婦それぞれの前年の収入によって決まります。
ただし、退職した場合は、前年の収入を0...続きを読む

Q国民年金基金の口数の変更/国民年金基金の種類について

いつも勉強させていただいております。

国民年金基金を検討しています。
http://www.npfa.or.jp/index.html

そこで質問をさせていただけないでしょうか。

●口数を途中で変えてもデメリットはないでしょうか?
数十年の間には資金的に厳しくなる事も予想されるので、
口数を変えた時のことも考えておきたいと思います。

●どの国民年金基金に入れば良いでしょうか?
いろいろな国民年金基金があると思います。
私は東京都在住、一人でコンピュータの株式会社を経営しています。
この場合、入れる国民年金基金の選択肢ってあるのでしょうか?
また、入る国民年金基金によって損得はあるのでしょうか?

それでは、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は東京都在住、一人でコンピュータの株式会社を経営しています。

株式会社の場合は、社会保険(健康保険、厚生年金)は強制加入です。国民年金に入れない以上、国民年金基金には入れません。

Q第三号被保険者になった場合、国民年金基金の受給額は・・・?

先日こちらで、第三号被保険者になってしまうと、国民年金基金を賭けていることができなくなるということを教えていただきました。

22歳に加入し、現在37歳まで支払っています、今年の3月いっぱいまで先払いしてありますので、約15年支払っていることになります。

今、第三号被保険者になった場合、これから国民年金保険料や、国民健康保険料を払わずに済みますが、A型に10口も賭けているので、簡単にやめてしまうのは勿体無いのかと思っています。

それでお聞きしたいのですが、

1)今やめたら将来の支給額はいくらぐらいになってしまうのでしょうか?

2)やめた場合、遺族一時金などはもらえなくなってしまうのでしょうか?

3)今やめてしまうと、他に考えられるデメリットはありますでしょうか?

以上お答えいただける範囲で、回答いただければ幸いです。

もう一度こちらの状況を箇条書きいたします。
・現在37歳
・22歳の時に国民年金基金に加入し、10口分を現在まで払っている
・今年結婚しましたが、まだ第三号被保険者になる手続きはしておらず、国民年金基金との兼ね合いもあり、今手続きをしようかか迷っている
以上です。
(補足ですが、以前の相談内容では年齢を書き間違えておりました。)

先日こちらで、第三号被保険者になってしまうと、国民年金基金を賭けていることができなくなるということを教えていただきました。

22歳に加入し、現在37歳まで支払っています、今年の3月いっぱいまで先払いしてありますので、約15年支払っていることになります。

今、第三号被保険者になった場合、これから国民年金保険料や、国民健康保険料を払わずに済みますが、A型に10口も賭けているので、簡単にやめてしまうのは勿体無いのかと思っています。

それでお聞きしたいのですが、

1)今やめたら将来...続きを読む

Aベストアンサー

> 1)今やめたら将来の支給額はいくらぐらいになってしまうのでしょうか?
 老齢基礎年金に関しては金額の変更はないので、国民年金基金部分の問題ですよね。中途脱退の場合の計算方法が不明なので、国民年金基金にお尋ね下さい。
 参考Q&A http://www.npfa.or.jp/about/faq/kyufu03.html

> 2)やめた場合、遺族一時金などはもらえなくなってしまうのでしょうか?
 国民年金基金HPには、中途脱退した人に対しても、遺族一時金の支払は行うと言う旨の解説があります。
http://www.npfa.or.jp/about/system/temp.html#con01

> 3)今やめてしまうと、他に考えられるデメリットはありますでしょうか?
 風邪を引いた頭ではチョット思い浮かびません。ごめんなさい。

> ・今年結婚しましたが、まだ第三号被保険者になる手続きはしておらず、国民年金基金との兼ね合いもあり、今手続きをしようかか迷っている
家計の状況とかを考えて判断してください。
中途半端ですが、こんな数値を出してみました。
◎60歳まで第1号被保険者を継続すると
 ・基金hpより 22歳加入者(女性)のA型10口の掛け金
  19,985+3995×9=47,940円/月
 http://www.npfa.or.jp/about/kakekin/kakekin_f.html
 ・現在の国民年金保険料 14,410円/月
 ・納めた保険料・掛金の総額 28,777,480円
 [内訳]
 国民年金
 14410×12×40年= 6,916,800円 
 国民年金基金
 47,940円×12×(60歳-22歳)=21,860,640円
 ・受け取る年金額 2,432,100円
 [内訳]
 国民年金792,100円(平成20年度)
 国民年金基金 12万/月×12=1,440,000円
 ・年金受取額累計が保険料総額を超えるのは
 28,777,480÷2,432,100≒12年
◎37歳時点で第3号被保険者になると
 ・保険料及び掛け金は、上記と同じ。
 ・納めた保険料・掛金の総額 11,568,840円
 [内訳]
 国民年金[37歳以降は保険料がゼロ]
 14410×12×(37歳―20歳)年= 2,939,640円 
 国民年金基金
 47,940円×12×(37歳-22歳)=8,629,200円 ・受け取る年金額 798,100円+アルファ
 ・年金受取額累計が保険料総額を超えるのは何時なのかは不明。しかし、11,568,840÷798,100≒14年5ヶ月なので、上記と同じ12年?

> 1)今やめたら将来の支給額はいくらぐらいになってしまうのでしょうか?
 老齢基礎年金に関しては金額の変更はないので、国民年金基金部分の問題ですよね。中途脱退の場合の計算方法が不明なので、国民年金基金にお尋ね下さい。
 参考Q&A http://www.npfa.or.jp/about/faq/kyufu03.html

> 2)やめた場合、遺族一時金などはもらえなくなってしまうのでしょうか?
 国民年金基金HPには、中途脱退した人に対しても、遺族一時金の支払は行うと言う旨の解説があります。
http://www.npfa.or.jp/about...続きを読む

Q国民年金基金と小規模企業共済の比較

現在、自営で国民年金に付加年金をプラスして支払っています。
将来のため貯蓄をしていますが、利率が全く望めないため国民年金基金か小規模企業共済のどちらかに加入しようと思っています。
国民年金基金の場合、付加年金を解約して加入しなければいけないので、
小規模企業共済の方にしようと思っているのですが、メリット、デメリットがあれば教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

付加年金と併用できる
確定拠出年金というのがありますが、これはどうなんでしょうか?

確定拠出年金は国民年金基金の自己責任運用型のようなものです。
全額所得控除のメリットや、掛金の上限額など、
国民年金基金と同じような性質のものですが、
多少リスクをとれるのであれば、リターンも期待できるというものです。

Q付加年金と国民年金基金では、どちらが得ですか?

現在は自営業で、国民年金以外に国民年金基金に入っていますが、付加年金と比較した場合、将来的にはどちらが得なのでしょうか?
付加年金は月額400円で、受取額の利回りを考えたら得ではないかと思いますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

>付加年金は月額400円で、受取額の利回りを考えたら得ではないかと思いますが、どうなのでしょうか?
 ・利回りで考えれば、2年で元が取れるので、それ以降は全て+です
 ・問題は金額で、支給額は200円×加入月数=年額、ですから
  仮に40年(480ヶ月)全て加入した場合で、200円×480ヶ月=96000円(月額8000円)・・この場合の保険料の支払は、400円×480ヶ月で192000円・・上記の支給額の2年分に相当
  上記の支給額、年額96000円(月額8000円)が上限である事です
  (実際は40年加入よりは少ないでしょうから、さらに月額は減るわけです・・その金額で満足出来れば問題はありません)
 ・国民年金基金の場合、年金額等は自分で設計出来ますから・・年金額で保険料も違ってくる・・付加年金額以上の金額を得ようとすると基金に加入になると思います

Q国民年金基金について

現在国民年金と国民年金基金の2つを払っているのですが、今度厚生年金に加入することになり国民年金はまだしも国民年金基金は脱退して厚生年金に加入することができるのでしょうか?前の会社で国民年金基金は良く分からないようだったので今回もよく分からないのではないかと思うのですが・・・・

Aベストアンサー

厚生年金になった場合には国民年金基金の加入資格は喪失することになるので同時加入はできなくなるでしょう。

参考URL:http://www.npfa.or.jp/b/b_top.html

Q「付加年金」&「国民年金基金」とは?

国民年金について見ていたら「付加年金」&「国民年金基金」という言葉にぶつかりました。それぞれどういう制度なのでしょうか?また当方は29歳の厚生年金に入ってるサラリーマンですが、上記2つに加入することは可能でしょうか?教えていただきたいです。

Aベストアンサー

それそのものは、国民年金用なので加入できませんが、厚生年金のひとは普通、それに相当するものにすでに入ってます(会社によりますが)。

「厚生年金 二階建て」とかでウェブ検索してみてください。
社会保険庁のページ: http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/seido01.html

Q国民年金基金と厚生年金基金

我が家は現状は国保で国民年金を払ってます
国民年金基金に入ろうと資料をみたところ、
35歳を基準に受給額と納付額が変わるので入るなら35歳になるまでに と思ってました

最近になって、会社の厚生年金に入れると知り、悩んでます

夫が現在働いている会社で厚生年金に、もし入るとしたら国民年金基金には入れなくなりますが厚生年金基金には入れると思います(たぶん)

たとえば、厚生年金基金に入り、その後退職して国民年金基金へ移行というのは可能なんでしょうか?
もしその時に国民年金基金へは「新規加入扱い」となると損だと思います

夫は6月末で35になります
うちの場合は
国民年金のまま国民年金基金に入ったほうがいいのでしょうか?

自分で調べようとしたんですがちんぷんかんぷんでした

詳しい方教えてください

Aベストアンサー

VGRです。

厚生年金+厚生年金基金の方が、会社も半分以上負担してくれるのでお得ですが、ご主人のお考えが変わらないなら仕方ないですね・・・

>うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。
なにか誤解があるようですが・・・
年金保険と生命保険は合算しません。それぞれが控除の対象になります。
保険会社から、年間保険料の証明書が秋頃に郵送されてくるはずです。
会社にお勤めなら会社に提出し、年末調整してくれます。
自分で確定申告するなら、申告書に添付し提出します。
1円以上(上限は10万円)支払っていれば控除されると思います。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1140.htm

私は素人なので、専門家にご相談してみてはどうでしょうか?
厚生年金+厚生年金基金の方が、本当に得なのかどうかわかりますし、ご主人も納得されるのではないでしょうか?

↓ご参考にして下さい。
http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/

国民の義務として私も年金を払ってますが、確実に貰いたいですよね(~_~)

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/

VGRです。

厚生年金+厚生年金基金の方が、会社も半分以上負担してくれるのでお得ですが、ご主人のお考えが変わらないなら仕方ないですね・・・

>うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。
なにか誤解があるようですが・・・
年金保険と生命保険は合算しません。それぞれが控除の対象になります。
保険会社から、年間保険料の証明書が秋頃に郵送されてくるはずです。
会社にお勤めなら会社に提出し、年末調整してくれます。
自分で確定申告するなら、申告書に添付...続きを読む

Q国民年金第3号被保険者と学生免除、将来の受給額に違いは?

こんにちは。
国民年金のことでお教えください。
実は私の主人が会社をやめ、5年間学生として大学に通うことになりました。その間、私の扶養に入る予定です。
そこで国民年金についてお伺いしたいのですが・・・。
収入がなくなる主人の場合、(1)国民年金第3号被保険者 (2)学生免除 のどちらかの方法が適応されると思います。
(この時点で理解が間違っていたらご指摘ください)

両方とも「免除」という意味では同じかと思いますが、将来もらえる受給額に違いがあるのでしょうか?

5年間も無職となるため、少しでも受給額の多いほうを、と思っています。違い等、ご存知の方どうかご教授ください。

Aベストアンサー

国民年金第3号被保険者は年金支払いが事実上は免除されていますが、配偶者の厚生年金でまかなわれています。よって、本人の懐が痛んでいないだけで、支払っている事になるのです。

学生免除は、国民年金対象者が学生の場合、加入期間としてはカウントするが、年金額は支払い不足分だけ減額される制度です。後に追納すれば満額となります。

厚生年金や共済年金を払っている人の配偶者(被扶養者)は3号になります。

http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/kanyu_ans01.htm#qa0501-q503
このQ&Aの逆ですね。

参考URL:http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/kanyu_ans01.htm#qa0501-q503


人気Q&Aランキング