作者名もタイトルも分からないのですが、昭和52年頃にはあった少女マンガに出てくる男の子で、≪穣史≫という男性が出てくるそうです。

そのマンガ本を探すために色々と検索してみましたが、ヒットしませんでした(汗)

ピンとくる方がいらしたら、教えて下さい!!!
多分、30代~40代の方が学生だった頃だと思います。

宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



『愛の時代』 著者:里中 満智子 昭和51年発行

でしょうか?
チョット検索かけたら、以下のURLにそれらしき情報が載ってました。
字が小さいですが、一度見てみて下さい。

参考URL:http://naomilemon.at.infoseek.co.jp/012.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます!!!

まさに、探していた本です!!!

一度聞いたんですけど、忘れてしまい、○○さとこだと思い込んで探していたんですよね(汗)
微妙に覚えていたみたいです(恥)
スッキリしました~☆

本当にありがとうございました!

お礼日時:2005/04/06 02:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアムールとアモーレどう違いますか?

アムールとアモーレはどう違いますか?

またアムール川は愛の川という意味でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アモル(Amor)というラテン語があります。「愛の神」を意味し、クピド(一般にはキューピッドとも)としても知られます。

フランス語のアムール(amour)、イタリア語のアモーレ(amore)は、ともに「愛」「愛情」を意味し、上述のラテン語に由来します。いずれも英語ではありません。

ロシア語にもアムール(amur。ラテン文字に転写)という単語があって、「情事」といった俗語として使われた歴史があり、これもラテン語のアモルに由来するものでしょう。

アムール(Amur。同じつづりです)川については、(私の手もとの資料では)語源が不明ですが、「黒い川」とする#1のご回答は正しいかと思われます。ロシアと中国の国境を流れるこの川は、中国語で、黒龍(竜)江あるいは黒河と呼ばれています。

Q80年代頃の少女マンガのタイトル/作家名を教えてください

当時コミックス(何巻か出ていた)になったものを読んだところ、最終回(か、後日談)が小説で掲載されていました。
何故そのようになったのか、理由も書かれていたと思うのですが(体調が悪かった等)、今となってはうろ覚えです。
最近この作品を読み返したいと思ったのですが、『マンガの最終回が小説だった』という印象が強く、内容が思い出せません。
当時、なかよし・りぼんを読んでいましたが、それらに連載されていたものではないことは確かです。
ちゃおだった気がするのですが…。
どなたか、心当たりのある作品はありませんか?

Aベストアンサー

私はちゃおしか買ってなかったので…
そのマンガはちゃおで連載されてました。
が…
その後、その漫画家さんをどこかで見かけることなく
漫画家さんとタイトルも忘れてしまいました…
たぶんスキージャンプ??ぽい話ではなかったですか??
私は結構気にいっていたマンガだったので、
最後無理やり小説で終わったのがショックだった記憶はあるんですが…

Qシベリアアムール川流域から発見された土器

皆様、いつもお世話になっております。

シベリアアムール川流域から発見された土器(約13000年前のもの)は、ある文献によりますと中石器時代、他の文献によりますと新石器時代となっています。

以下は又聞きしたもので確信はありませんが。
ヨーロッパの考古学会: 土器が使用されていても、農耕牧畜が始まっていなければ中石器時代。
土器の使用、農耕牧畜が全て揃って新石器時代。(農耕牧畜が節目)
ロシア、ウクライナの考古学会: 土器が使用されていれば、農耕牧畜が始まっていなくても新石器時代。(土器の使用が節目)

となると、アムール川流域から発見された土器はどの時代区分に入るのでしょうか?
やはり学者によって意見が違うものでしょうか?
皆様のご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

アムール川って黒竜江だよ。

文化圏としては極東に属す目のだから、それにヨーロッパ、ロシアやウクライナの基準を適用すること自体、話にならないでしょ。
適用するなら、中国北方との関係です。
http://www.ne.jp/asahi/koiwa/hakkei/tyugogusi2.html

Q80年代前半頃の少女マンガなのですが、タイトルがわかりません

タイトル、作家さんの名前など教えていただけるとうれしいです。もしわからなくても、「私もそれ読んだよ!」というのでも歓迎です。

雑誌に掲載されていた一話完結のストーリーで、タイトルが『If ~もしも~』みたいな感じだったと思います。

記憶違いもあるかもしれませんが、覚えている内容は、高校を卒業した主人公の女の子が、当時好きだった男の子と再会するのですが(ここまでの設定や事情はかなり曖昧で不正確です)、男の子が「ホントは○○(主人公の女の子)のこと、好きだったんだぜ」(このセリフのコマだけはっきり覚えてるんですが、男の子が窓辺を背にしている逆光のシーンでした)みたいなことを言って女の子は有頂天になります。でも何かの事件(というほどのことではないでしょうけど)をきっかけに「好きだった」という言葉が過去形だということに気付いて、女の子は自分が勝手に調子に乗って嬉しがってただけだ、と思います。でも結局男の子は今もその女の子のことが好き、とわかってメデタシメデタシ……みたいな話でした。ちょっと気を回しすぎる(考えすぎる)女の子、というのが、当時としてはあんまりないテーマで印象に残っています。

話の中で、女の子が単語帳か何かをめくって「if……もしも。if、もしも……if、if、if……」みたいに呟くシーンがあったように思うので、もしかすると中学を卒業した高校生か、大学受験の浪人生の設定かもしれません。

当時、私が読んでいた雑誌は、りぼん・花とゆめ・ひとみ、がメインでしたが、もしかすると別冊マーガレットあたりかもしれません。

シリアス過ぎずトボケ過ぎず、どことなくアンニュイな作風で、絵は誰の描くものに似ているというのはわかりませんが写実的な感じではなかったと思います。

以上で、何かしら心当たりのある方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

タイトル、作家さんの名前など教えていただけるとうれしいです。もしわからなくても、「私もそれ読んだよ!」というのでも歓迎です。

雑誌に掲載されていた一話完結のストーリーで、タイトルが『If ~もしも~』みたいな感じだったと思います。

記憶違いもあるかもしれませんが、覚えている内容は、高校を卒業した主人公の女の子が、当時好きだった男の子と再会するのですが(ここまでの設定や事情はかなり曖昧で不正確です)、男の子が「ホントは○○(主人公の女の子)のこと、好きだったんだぜ」(このセリフの...続きを読む

Aベストアンサー

高杉菜穂子さんの「If~もしも~」ですね。
なかよしに掲載された、彼女のデビュー作です。私も雑誌で読んだ記憶があります。

>でも何かの事件(というほどのことではないでしょうけど)をきっかけに「好きだった」という言葉が過去形だということに気付いて
その男の子が今の彼女に「初恋の人に会ったけど、今は君が一番~」みたいなことを言っているところを、主人公の女の子は目撃してしまったのです。

>でも結局男の子は今もその女の子のことが好き、とわかってメデタシメデタシ……みたいな話でした。
ここは違います。そもそも主人公の女の子が当時好きだった男の子(Aとします)に告白出来なかったのは、彼女に思いを寄せる年下の男の子(Bとします)が邪魔をしたからだったのです。
Bは主人公が中学卒業後も彼女に付きまとい、二人は友人として関係が続いていました。ラストは、主人公の女の子がBの気持ちとAにとって自分が過去の存在であることを知り、Bの元へ行く・・・というものでした。

>話の中で、女の子が単語帳か何かをめくって「if……もしも。if、もしも……if、if、if……」みたいに呟くシーンがあったように思うので、もしかすると中学を卒業した高校生か、大学受験の浪人生の設定かもしれません。
B(年下の男の子)が受験生で、主人公と同じ高校に入るべく主人公に勉強を教わっていたのです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/7363/nakayosi/nakayosi9.html

高杉菜穂子さんの「If~もしも~」ですね。
なかよしに掲載された、彼女のデビュー作です。私も雑誌で読んだ記憶があります。

>でも何かの事件(というほどのことではないでしょうけど)をきっかけに「好きだった」という言葉が過去形だということに気付いて
その男の子が今の彼女に「初恋の人に会ったけど、今は君が一番~」みたいなことを言っているところを、主人公の女の子は目撃してしまったのです。

>でも結局男の子は今もその女の子のことが好き、とわかってメデタシメデタシ……みたいな話でした...続きを読む

Qアムールヒョウ(シベリアヒョウ)の毛皮について

アムールヒョウ(シベリアヒョウ)の毛皮について

現在では世界で30頭前後(日本の動物園にも数等います)しか生存しない絶滅危惧種だそうですが、
最高級の毛皮として珍重され、そのためシベリアでも数十年前までは乱獲されていたようです。
その頃限られたセレブリティ達が確かに所有していたようですが、
毛皮店やインターネットでも販売されていることもなく、
アムールヒョウの毛皮になった状態での写真や資料も見たことがありません。

毛皮を実際に扱われている方さえ見たことがないようなものらしく、
情報も極端に少ないため、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、
それをどこで見ることができるのか、
またどれだけの価値があるものなのか等、
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけましたら幸いです。

毛皮については様々な立場があると思いますが、
純粋にアムールヒョウの毛皮についての情報をお教えいただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」
により、
第十二条  希少野生動植物種の個体等は、譲渡し若しくは譲受け又は引渡し若しくは引取り(以下「譲渡し等」という。)をしてはならない。

これは、個体、器官、加工品に適応されますので、取引をすることは禁じられています。 国内への持込も禁止されていますので、合法的に個人的に手に入れることはできません。 (ので値段的な価値はつけられません。)

Q昭和30年頃のマンガのことで教えてください。

とても古い話で恐縮です。
今から50年程前の昭和30年前後に読んだマンガのなのです。
そのマンガの内容は『 インクで紙に「自動車」の絵を描けば、不思議な事に立体となって実物の
「自動車」が紙から飛び出し、その飛び出した「自動車」は運転すれば走り出します。
「机」を描けば 実物の「机」が紙から飛び出し、その「机」で仕事も出来るし 引き出しなども 開けられるのです。』
・・というような内容のマンガでした。
全体のストーリーや その結末、連載だったか読みきりだったか、掲載されていた雑誌名もほとんど記憶にありません。
半世紀も前の古いことなのですが、作者や題名が判る方は教えてください。
どんな些細なことでも ご記憶の方がおられましたら 教えてください。

Aベストアンサー

やはり、分かる方はいらっしゃいませんかねぇ・・・
私もどなたか分かる方いらっしゃるかと、興味津々だったんですけど。

私も読んだ記憶はあるのです・・・漫画少年でしたから。
でも、さあ誰か?と言われると・・・
何せ50年も前の漫画ですから、読んだ子供は還暦過ぎてますものねぇ。

記憶はあるのです・・・あなたの仰るとおりの漫画なんです。
ここからは私の推測なのですが、あの頃そういう漫画を描く人は、
限られているとは思うのです・・・

例えば、馬場のぼる・・藤子不二夫、馬場のぼるは少し違うかな?
藤子不二夫なら、あの頃はやぶさ王子などで人気者でしたから・・・
でも自信ありませんね。

「少年雑誌博物館」にでも行けば分かるのでしょうが・・・
どうも回答にならない回答で申し訳ありません。

Q「マイ・シェリー・アムール」を歌う女性歌手を教えてください

マイ・シェリー・アムールという曲を歌っている女性歌手を探しております。

スティービー・ワンダーのものしか見つけられず(コレはコレでよかったです)女性が歌っているものが知りたいなと思っております。海外サイトでも検索したのですが、見つけることができませんでした。

可愛らしく、フランス語っぽいボサノバ調で歌っております。
女性歌手です。

これだけしかわかりませんが、歌手名、及び収録されているCDなどが分かる方いらっしゃれば教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

クレモンティーヌではないでしょうか?

『a suivre-The very best of Clementine』 (1996/11/11)に「マイ・シェリー・アムール」が収録されています。

http://www.inter-record.com/personal/pickup05.html

Qマンガのタイトル教えてください(少女マンガ)

もう一度読みたいんですが・・・
15年~20年前のまんがです。ドジな女の子(以後女)と硬派な男の子の(以後男)恋愛もので男はとてもケンカが強い。男は柔道か剣道をやっている。男の兄は軽くて女ったらし。男の名前は堂か籐がついてたような気が・・・
女には姉がいる。
どなたか覚えてませんか?
気になってイライラ中ですT_T

Aベストアンサー

ひかわきょうこさんの千津美と藤臣君シリーズだと思います。
文庫になっていますので今でも買えますよ。
藤臣君は剣道とケンカが強いです。

春を待つころ(千津美と藤臣君のシリーズ1)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4592881664/250-6775569-7338664?v=glance&n=465392
銀色絵本(千津美と藤臣君のシリーズ2)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4592881672/sr=1-20/qid=1155911236/ref=sr_1_20/250-6775569-7338664?ie=UTF8&s=books

Qイマージュ アムールの曲について<どうしても知りたいです!!>

image d'amour(イマージュ アムール)のトラック17で、羽毛田丈史with木村 大、小松亮太、ゴンチチ、葉加瀬太郎、宮本文昭&ヤドランカさんらが演奏されている曲が、とても気に入っています。
これは、マスカーニのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の交響的間奏曲を羽毛田丈史がこのアルバム用にアレンジしたヴァージョンだそうですが、どこかでこの曲を歌詞付きでカバー(確か日本語:英語のポップスとかでも可)しているのを聴いたことがあるのです。
しっている方がいらっしゃれば、ぜひお教え下さい。

Aベストアンサー

増田いずみさんという方が歌っていらっしゃるのがありますよ。

『ヒール・マイ・ハート』という曲です。

参考URL:http://www.jvcmusic.co.jp/masuda/

Q少女マンガ【青春・恋愛】でのおススメマンガ

最近マンガにハマりだしてしまいました。
今好きなのは、『僕等がいた』なのですが、全巻読み終えてしまい、
また新しい同じ系統のマンガを読みたいなと思っています。
『僕等がいた』に似た系統でいいマンガを教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
僕等がいたを知らないのに書き込みしてすみません。
あらすじを少し読んだ感じだけですが、以下が近いかな?と感じたので書き込みます。

●桃森ミヨシさん/ハツカレ/6巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847704-9&mode=1

●椎名軽穂さん/CRAZY FOR YOU/5巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847708-1&mode=1

●池山田剛/GET LOVE/全7巻/フラワー
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091383424

●池山田剛/萌えカレ/2巻 続/フラワー
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091383491

あたりはいかがでしょうか?
絵柄が可愛いですよ。
話も私は好きなんですが・・・。

はじめまして。
僕等がいたを知らないのに書き込みしてすみません。
あらすじを少し読んだ感じだけですが、以下が近いかな?と感じたので書き込みます。

●桃森ミヨシさん/ハツカレ/6巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847704-9&mode=1

●椎名軽穂さん/CRAZY FOR YOU/5巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847708-1&mode=1

●池山田剛/GET LOVE/全7巻/...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報