タイトルどおりですが、That'sとIt'sの使い分けがよくわかりません。

That's OK.
It's OK.

That's not fair.
It's not fair.

など、状況やニュアンスの違い、あるいはどちらでもよいのかがわかりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的に、That'sでもIt'sでも意味は同じです。



例えば、「ごめんなさい」と言われ、「別にいいよ」と返す場合なら、
That's OK.
It's OK.
のどちらでも意味は変わりません。
ただ、「This is OK」と言うことはできません。
(謝っているのは自分ではなく、相手なので)

That's not fair.
It's not fair.
これも同じ意味です。
ただ、「That's」は相手に対して不平を訴えるようなときに使いますが、
「It's」はどんなときにでも使えます。
ちなみに、「This is not fair」という場合は、
自分が不公平な扱いを受けている、と訴える場合に使います。

つまり、基本的に「That」は相手に対して言うとき、
「This」は自分に関して述べるとき、
「It」はどちらの状況にでも使えるということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすくご説明いただき、有難うございました。

お礼日時:2005/04/06 12:57

どちらでも良いようですよ!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそうだよ と That's rightの違いは?

中国の人と会話してて思ったんですが、
「そうだよ」というのは、文脈によっては、That's right と同じように使うことはできないと思うのですが、
僕の勘違いですかね?

Aベストアンサー

積極的肯定  Thats Right. Sure, Why Not. 
普通の肯定  Yes it is. I think so too,
消極的肯定  We cannot deny、 

とかでしょうか?
でも
ぶっっちゃけ Yes it is でも That's right でも 語尾が上がるか 変化しないか 下がるか でニュアンスなんか勝手に変わりますね。
其の点は 日本語も 英語も 似たようなものでは?

QIt's just that that was..............

NHKラジオ英会話講座より
It's just that that was almost eight years ago.
ただ8年くらい前のことだったから。

(質問)
(1)thatが2つ続きますが、前のthatは関係代名詞、後のは代名詞でよろしいでしょうか?
(2)前のthatが関係代名詞であれば省略可能でしょうか?会話として発音し辛く思います。
初心者です、よろしくお願いいたします。 以上

Aベストアンサー

 確かに強調構文と誤りやすいですが,It is just that ~で「ただ~なんだ」くらいの意味になると思いいます。

 形式主語構文というわけでもなく,it は状況の it であり,that ~が補語となり,「(状況は)ただ~ということなんだ」のような意味でしょう。

 したがって,最初の that は接続詞の that(いわゆる that 節というものです),後の that が「それ」という指示代名詞の that です。

 日本の辞書には,It's not just that ~. 「ただ~というわけではない」は載っているようです。

QRight? に対してのThat's right.の使い方

It means we will climb on 4, 5 August ,then arrive back on 5 Aug to Shinjuku at 18 pm .Right?
それは私たちが8月の4,5日に登って5日の18時に新宿に帰ってくるってこと?あってます?

(1).先ず訳はあってますか?
(2).私の伝えたのも上記どおりなので「そうですよ」と言いたいのですが、返事はThat's right.でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

Perfect!
です。
あえて、揚げ足を取ると、4th and 5th くらいですけど、無視無視。OKOK。伝わればぜんぜん問題ない。
山?いいですねぇ。

QHowever , it was not〜 のitとは? 後に続く that は that V とき

However , it was not〜

のitとは?
後に続く that は that V ときているので関係代名詞であり形式主語構文ではないと思いました。

英語英語英語

Aベストアンサー

確かに、that の後に動詞がくるということは接続詞としての that ではなく、
主格の関係代名詞というのが普通です。

しかし、分類上は接続詞でありながら、構造上、関係代名詞と同じになる強調構文というものがあります。

X allowed him to ....
X が彼に~するのを可能にした。

の S の部分が not only A but also B
「A だけでなく B も」となり、
それが強調構文として、it is ... that の ... に来たものです。

強調構文はこのもともとの S の部分を強調すれば
it is X that となり、まるで主格の関係代名詞のように、
X なく、allowed him to ... と続くことになります。

This book is useful for you.
→ It is this book that is useful to you.

君に役立つのはこの本だ。

ここでは、彼に~するのを可能にしたのは、
彼の政策だけでなく、彼の柔軟性もであった。

QThat's(太陽誘電製)のDVD-Rについて気になったので質問します

That's(太陽誘電製)のDVD-Rについて気になったので質問します。

通常

http://startlab.co.jp/thats/detail.asp?ikb=DR-C12WPY10SA&md=21&yt=10&lb=&eol=

エディオン・オリジナル商品

http://www.edion.com/CSfLastGoodsPage_001/21992

がありますよね??
品質は変わらないんですか??

メディアに詳しい方
回答お願いします。

Aベストアンサー

変わりません
他にも
K'sと太陽誘電のコラボ商品もあります

QSuch...that...not ...too...  という文が訳せません。

Such is the pleasure you give that you cannot come too often.
君はとても楽しい人だから何度でもきてください。

なぜこういう訳になるのでしょうか。
自分が訳すと間逆の意味になってしまって、
(直訳で)
あなたはとても楽しみを与えてくれるのであまり来ることは出来ません。
(意訳で)
君はとても楽しい人だからあんまり来ないでね。
・・・という訳になってしまいます。
(もちろん訳文を見て自分でもなんだこの文は、とは思うのですが。)

Aベストアンサー

cannot+V+too~ という文法は「いくらVしても~しすぎることはない」という意味です。
つまりこの文では「いくらあなたが来ても多すぎるということはない」という意味となり、「あなたはとても楽しい人なので何度来ても多すぎることはない」→「あなたはとても楽しい人なので何度でも来てください。」という訳となります。

QThat's(ザッツ)の新車値段について教えて!!

彼女がThat'sの新車をHONDAで購入するかもしれないのですが、値段について教えてください。
ザッツスペシャルエディション(899,850\)
http://www.honda.co.jp/Thats/specialedition/index.html のを購入予定です。
一番安いグレードの車です。諸費用等すべて込みで
106万円といわれ9月の決算セールで100万ちょうどで
いいといわれました。
もうちょっとがんばってもらえませんか?といって
90万といったのですがさすがに無理らしく、
日曜に返事くれるならがんばって94万でといってくれ
ました。
これはお買い得ですかね?
初めてHONDAで車を買うのでどうなのかなと思って
質問しました。まだオプションをサービスとか
がんばれるのかな?店員に嫌われないほどにがんばり
たいのですが。。

またザッツについて知っていることあったら教えてください。メリット、デメリットなど。
ちなみに彼女はMOVEと迷っていました。
けどMOVEは高いので諦めたようです。

Aベストアンサー

12万円以上値引いてくれてるんですよね?
特別仕様の軽自動車でそれだけ引いてくれればお買い得じゃないでしょうか。
その価格で買える軽自動車ならメリットもデメリットも似たり寄ったりだと思います。
3ATも高速道路を走らなければ(60km以下なら)問題ないでしょう。
ただ、この値段ではしょうがないですが、ABSがないのは気になります。

高い買い物ですので、MOVEとThat'sのどっちが本命かわかりませんが、
目先の安さに惑わされず本当に欲しい車を買ったほうが良いと思います。

QWhy is it that...............

NHKラジオ英会話講座より
Why is it that you've come to hate him?
あなたが彼を大嫌いになったのはなぜ?
(質問)Why is it thatのところが何か解り難いのですが・・・
(1)Why have you come to hate him.
あなたは何故彼が大嫌いですか?  とも言えますか?
(2)肯定文にすると It is the reason why you come to hate him.
でしょうか?
(3)Why is it that...の構文はwhyを置き換えることにより、他の疑問詞でも使えますか?
 何となく馴染めません。どんなことでも結構です。参考になるお話を聞かせていただけると有難いのですが・・。宜しくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

(1)できます。というより普通の形です。

(2)あくまでも形式的ですが
*It is why that you have some to hate him.
あなたが彼を嫌いになった(という)ことはなぜだ。

疑問文は疑問文の形をとらなければならないので
Why is it that you have come to hate him?

結局 it that の強調構文です。普通の形と語順があまり変わらないので見た目強調らしくありませんが、はじめに Why is it?「どういうわけなんだ?」と一旦言い切って、そのあと (that) you have come to hate him「あなたが彼をきらいになったのは」と添えることで疑問の部分が一旦切り離され強く印象に残ります。Why have you come to hate him? では全体が一つにつながっています。

(3)できます。What is it that you really want?「君が本当に欲しいのは一体何なんだ/何なんだよ君が本当に欲しいのは」など

(1)できます。というより普通の形です。

(2)あくまでも形式的ですが
*It is why that you have some to hate him.
あなたが彼を嫌いになった(という)ことはなぜだ。

疑問文は疑問文の形をとらなければならないので
Why is it that you have come to hate him?

結局 it that の強調構文です。普通の形と語順があまり変わらないので見た目強調らしくありませんが、はじめに Why is it?「どういうわけなんだ?」と一旦言い切って、そのあと (that) you have come to hate him「あなたが彼をきら...続きを読む

QThat's not how life works

That's not how life works. に関する質問です。

先日 NHK教育テレビの「おとなの基礎英語」でやった表現の That's not how life works. の日本語としての意味が「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」となる理屈が(漠然としてしか)理解できません。どうしてそのような意味になるのか、わかりやすく解説して頂けるとありがたいです。

ちなみに、NHKの語学番組をサポートする「ゴガクル」というサイトには、次のように書かれています。(以下はコピー)
------------------------------
That's not how life works.
【和訳】そんなふうにうまくいかないのが人生さ。
【解説】work は「(薬が)効く」、「(機械などが)作動する」、「(計画や人生などが)うまくいく」という意味でも使える言葉です。また、That's notのあとには、節(文の形)をつづけることも可能です。how を what などほかの言葉に置き換えて使うことも可能です。
------------------------------
以上の解説を読んでもまだ私の頭がすっきりしません。
(つまらぬことかもしれませんが、That isn't how life works. では意味をなさないのか、という思いもあります。)

[追加参考]Lingee辞書というサイトに次の記述がありました。
------------------------------
Learn and immediately apply the fundamental processes and principles that define the primary architecture of how life works.
基本的なプロセスと、人生はどのように機能するのかという主要な構造を明らかにする原則を学び、適用してく ださい。
Looking for answers to how life works?
人生の仕組みに ついての答えを探しています か?
------------------------------
◎どうかよろしくお願い致します。

That's not how life works. に関する質問です。

先日 NHK教育テレビの「おとなの基礎英語」でやった表現の That's not how life works. の日本語としての意味が「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」となる理屈が(漠然としてしか)理解できません。どうしてそのような意味になるのか、わかりやすく解説して頂けるとありがたいです。

ちなみに、NHKの語学番組をサポートする「ゴガクル」というサイトには、次のように書かれています。(以下はコピー)
------------------------------
That's not how lif...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

That's not how life works. を、「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」と訳すのが釈然としないということですね。あなたの中でどこが釈然としないのかは私はわかりませんので、ともかく私なりにこの文の構造をご説明してうまくわかっていただけるかやってみたいと思います。

That's not how life works. は、That's の省略をもとにもどすと、That is not how life works. となり、省略の仕方を変えれば、That isn't how life works. でも文法的には問題がないのは、No. 1の方もすでにお答えになっているとおりです。

で、このことは本筋ではないと思うので、以下、

That is not how life works.

で説明しましょう。


【1】文の構造を考えて逐語訳にたどり着く。

"how life works" については学校文法で説明すると、how は関係副詞で、”the way how life works" である、という説明ができます(ただし、文法はそうだが、the way howとは言わず、現在は通常、the wayか、howかのどちらかは省略する、と教えられると思います)。

とすると、

That is not the way how life works. となり、関係副詞how を関係代名詞which を使って言い直すと、

That is not the way in which life works. と言えます。これをwhich を外して二つの文に分けると、

(1) That is not the way. それはそんなふうじゃない(そういう方法じゃない)。
(2) Life works in the way. 人生はそのように進む(そんなふうにしてうまく回ってゆく)。

となります。で、(1)の主語の That は何かということですが、これは、相手が言ってることでしょうね、そうすると、

(1') That is not the way. あんたの言ってることはそんなふうじゃない。
(2) Life works in the way. 人生はそのように進む(そんなふうにしてうまく回ってゆく)。

(1') と(2) を、関係代名詞でつながれる the way (そんなふう) を意識して組み合わせると、

あんたの言ってることは、人生がそんなふうにうまく回って行くという回り方じゃない。

あんたの言ってることは、人生がうまく回って行く回り方じゃない。

ってことになります。これが私なりに解釈した逐語訳になります。


どうでしょう、これと「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」にちょっと溝があるように感じられるでしょうか?このあたりが釈然としない理由でしょうか?


【2】逐語訳からこなれた訳を目指す。

番組の訳「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」は、「あんたの言っていること」=楽観的すぎる、という情報を伝えているのに、

私の逐語訳、「あんたの言ってることは、人生がうまく回って行く回り方じゃない。」は「あんたの言っていること」=楽観的すぎる、という情報を伝えていないように聞こえますね。

私の逐語訳から、番組の、いわば「こなれた訳」にたどり着くための考え方はいくつかあると思いますが、たとえば、(a)(b)ふたつの考え方を書いてみます。

(a) この文はそこまでの文脈から、「あんたの言っていること」=楽観的ということを推測して補わなければいけない、それを補うことで

「あんたの言ってることは楽観的だけど、人生はそんなふうに回って行くもんじゃないんだよ」という意味がわかり、そうすればそれをこなれた言い方に直すことで、

「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」という番組の訳にたどり着ける。


(b) 「あんたの言ってることは、人生がうまく回って行く回り方じゃない。」は、

「あんたの言ってること」≠「人生がうまく回って行く回り方」なのだから、主語と述語を逆さまにすれば、

「人生がうまく回って行く回り方」≠「あんたの言ってること」

となり、

「人生がうまく回って行く回り方は、あんたのいってるようなことじゃないんだよ」となる。これをこなれた言い方に直すことで、

「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」という番組の訳にたどり着ける。


いかがでしょうか。すこしは釈然としなさが解消されたでしょうか?

こんばんは。

That's not how life works. を、「そんなふうにうまくいかないのが人生さ。」と訳すのが釈然としないということですね。あなたの中でどこが釈然としないのかは私はわかりませんので、ともかく私なりにこの文の構造をご説明してうまくわかっていただけるかやってみたいと思います。

That's not how life works. は、That's の省略をもとにもどすと、That is not how life works. となり、省略の仕方を変えれば、That isn't how life works. でも文法的には問題がないのは、No. 1の方もすでにお...続きを読む

QThat eulogy better not show up on the bill.のbetter notはどういう役割を果たしていますか?

 こんにちはペーパーバックでわからない箇所があるので教えて下さい。
 お葬式の場面です。女性の故人に対して、司会者が何を勘違いしたのか、「彼」という言葉を使ってしまいます。それに怒った喪主が司会者を突き飛ばし彼にこう言います。

"That eulogy better not show up on the bill!" 

日本語の訳を見ると、「葬式代から引いといてよ」になっています。そこで質問なんですがここのbetter notはどういう意味で使われていますか?should notと同じような意味なんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませてもらいました.

>省略が起こることで、ぶっきらぼうなニュアンスが出てしまう表現って他にもありますか?

これは英語を学習した皆さん全ての人が知っている事だとは思いませんか? ただ、そう習ったのではなく、「丁寧に言うと」と言う逆の言い方で教えられている事ですが。

Would you please からwould youを省略して「よりぶっきらぼう」となり、更にpleaseを省略する事で丁寧さがなくなりますね。

極端の例が命令形だと言う事です。 しかし、学校ではこう教えてくれないのです。 

また、Get out of hereと言う言い方からofを軽く言う事で、Get outta here.と言えばそれだけぶっきラボ(感情のこもった)言い方になるわけです。

I think you had better do it.からI thinkが取れてもI thinkのフィーリングは残っていますね。 でも表現しない分だけ減ります。 

You had better do itがYou'd better do it.になり、それがYou better do it.になり、更にBetter do it!!、 そして、Do it!になりますね。 この段階をいくごとに存在に向かいますね、

I would like to do it. が I like to do itに変えて言う表現も同じ事ですね。

日本語の「丁寧」な言い方も考えてみれば結局同じ琴田と思いますよ。 

つまり、丁寧さを出すため煮に「追加」する単語やその一部を足す、わけですね、と言うことをそれを削除する事で丁寧さが減る、と言うことでもあるわけです。 ただ、この逆の考え方は一般的ではないというだけのことです。

>これはhadが消えたことでぞんざいなニュアンスが付加されたものなんでしょうか?

と言う理解よりも、消した言い方が丁寧さが減る事があると言う事をネイティブ(日本語でも英語でも)が教わらなくても知っている、なぜかと言うと他の人たちがそう言う使い方をしているのを生まれてきてから体で習ったからと言うことに過ぎません。

程度や頻度を示す助動詞や副詞の使い方などはこの「体で習ってきた」かなり主観的な理解の使い方であると言う事とよく似ていると思います。

疑問文もそうですね。

Do you like it?が Like it?で口語的表現になるわけです。 「ぞんざい」と言う言葉に少し語弊があるかもしれませんが、私に言っている事がお分かりになる事を祈っています。

Gです。 補足質問を読ませてもらいました.

>省略が起こることで、ぶっきらぼうなニュアンスが出てしまう表現って他にもありますか?

これは英語を学習した皆さん全ての人が知っている事だとは思いませんか? ただ、そう習ったのではなく、「丁寧に言うと」と言う逆の言い方で教えられている事ですが。

Would you please からwould youを省略して「よりぶっきらぼう」となり、更にpleaseを省略する事で丁寧さがなくなりますね。

極端の例が命令形だと言う事です。 しかし、学校ではこう教えてくれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報