私の友人なのですが、お姑さんと同居しておりそこからのストレスでウツ状態の人がいます。病院で診てもらった所しばらくお姑さんとは離れたほうがいいとの事でしたが、友人は自宅の近くでお店をやっていて、そこを離れることができません。なので、お姑さんにショートステイの様な所に一時入ってもらいたいのですが、現在健康である為、そういった施設には入れてもらえないようなのです。どこか、短期で入れる施設のようなところをご存知でしたら教えてください。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お姑さんが元気でおられる以上、ショートスティやデイサービスなどの日中預かりの対象にさえなりません。


行政に問い合わせてごらんなさい。門前払いされるだけです。もっともっと真に必要とする人はいますから。

というより、このような方を一時預かりしてもらおう、と考えること自体、たいへんな傲慢・甘えだと思います。もってのほかですよ。
そういうご友人の姿勢が改善されないかぎり、ストレスからは解放されないと思います(お姑さんと心がつながっていない、ということをも意味しますので)。

こういう事例の場合には、角度を180度変えて考えるべきだと思います。
つまり、お姑さんから離れるべきなのはご友人のほうだ、ということ。
どうしても、という場合には、しばらくの間お店を閉めてでもリフレッシュしたほうがよいでしょう。
そうでなければ、根本的な解決にはならないと思いますよ(要は「一定の冷却期間をおく必要がある」ということです。)。これからもまた同居せざるを得ないんでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりだと思います。ちょっと我侭な話だとは思ったのですが、ウツ状態の友人にあまりキツクも言えず・・・
本人がお姑さんと離れてリフレッシュできる方法を考えたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2005/04/06 13:15

お友達のご主人はなんとおっしゃっているのですか?



お友達だけの考えで施設を探しているのでしたら

もっともめると思いますよ。

よく話し合ってお姑さんと別居されたほうが

いいと思います。

一時的なものでしたら遠くてもお友達のほうが

ウィクリーマンションとかに入居したらいいのでは

ないでしょうか。

元気なお年寄り方の施設はないですし、

お姑さん一人で借家に入ってくれと、たのんでも

嫌だと言うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も簡単にしか話を聞かなかったので、ご主人の意見まで気が回りませんでした。そうですよね。まずはご主人と話し合って、本人にもお姑さんにも良い方法を考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 13:26

お姑さんに介護が必要で,その介護の疲れによってご友人が鬱状態である,という場合ならば,利用できる施設もあると思いますが,とにかくお姑さんが元気なのですから,「入ってもらう施設」などというものはありません。


ご友人やご相談者の方が「入ってもらいたい」という気持ちなのはわかりますが,単に邪魔者扱いするのではなく,やはりお姑さんご本人の気持ちをもっと尊重するべきではないでしょうか。
「出て行ってくれ」という態度では角が立ち,後々さらにご友人のストレスも溜まるでしょうから,お姑さんに旅行をプレゼントする,などはいかがでしょうか。
あるいはご友人自身がお休みを取って旅行に出かけるとか。
まずはご友人のリフレッシュという意味では,後者が良いのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
本人が自宅を出てリフレッシュできる方法を探したいと思います。

お礼日時:2005/04/06 13:24

荷物じゃないんだから、


一時預かりなんてあるわけないでしょ(^^;
      
お店を持っているのだったら、
そこで寝泊りしては如何?
        
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
一時預かりという言葉はちょっと悪かったですが、一時離れられる場所が必要なようです。
本人が出て離れるほうがいいですよね。お店は寝泊りできるほどの広さがあるのかどうか分からないのですが、他の場所を探してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 13:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q曽野綾子先生、敬虔なカトリックです。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の清掃に、足腰の立つ生活保護受給者には働いてもらった方がいいだろう。

放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。何も若者を危険にさらすことはない

以上が曽野綾子先生の主張です
私と同じアパートの独居老人、寂しい、寂しいというので、わたしが毎週日曜日に行く、カトリック教会に行こうと、おすすめしたところ
「カトリック、ああー、あの曽野綾子さんのねー。いやだね。あんた、彼女の言動を調べなさい」と
また「キリスト信者が、広島、長崎に原爆落とした、あれはキリストの裁きだと、人種差別はするし、またイラクで劣化ウラン弾をばらまいて」
「東京のキリスト教会は、金持ちで社会的地位の高い人の行くところ、麻生さん、与謝野さん、山谷えり子さんなどあんたが行ったら白い目でみられるよ」
こんなことを。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の...続きを読む

Aベストアンサー

まず一般論として、敬虔なカトリックだから「優しく美しい人道主義者」であるはずがないということを。

十字軍の遠征で異教徒を大量虐殺し悪行の限りを尽くしたのも、宗教裁判で「異端者」を火炙りにしたのも、魔女狩りで無実の人間を大量に殺したのも、すべてキリスト教徒です。
でもこれは、どんな宗教でも自分たちの教えを広めるために、多かれ少なかれやったことです。

さて曽野綾子さんのことですが、彼女が何と言ったか私は知りませんが、質問者さんが書いたようなことを言ったとしたのなら、それは曽野綾子さんが自分自身も老人の側の人間の一人として、逆説的に主張したのではないでしょうか。

老人だから何でも許されるとか、老人だから何もしなくて良いのではなく、老人にしか出来ないことを一生懸命やろうという、曽野さんも含めた老人に対する「応援歌」のようにも感じます。

あと余分なことですが、寂しさを紛らわすために教会に行くのが良いのなら、キリスト教でなくてもイスラム教でも、創価学会でも、幸福の科学でも何でも良いという理屈になります。

Qショートステイの施設について

宜しくお願いいたします

敢えて実名で書きます。

そよ風というユニマットの経営の介護施設が有ります


軽度ですが昨年末退院した病気だった母の、完全介護状態が二ヶ月続き
認知症も患っている為、全てに限界が来て、ケア・マネージャーに相談して、保健介護の施設が
どこも一杯だった為、ショートステイというのを、利用しました。

デイケアも利用経験が無く、何もかも初めての経験でしたが、九日間の利用申し込みをしました。

(1)最初に契約をした時に気をつけて欲しいことを伝えて欲しいとそよ風の担当者が言うので
夜は必ず漏らすので、紙オムツを使用して、夜中に起こしてトイレの誘導などは寝不足になるので
しないで欲しいと伝えました。(血圧が翌朝高く成るためです)

そして施設に到着すると、ショートステイの階の責任者という女性が来て、夜の件を
又聞くので、もう一度同じ事を説明しました。

信じていたのですが、二日目に面会に行くと、又別の方が確認をして来て
「夜はトイレ誘導の為二回起こしていますがこれでいいですよね?」
確認すると、二日間は、夜中に起こしていたことがわかり、それは、改めて頂く様にお願いしました。

二人に伝えたことがまったく、伝わって居ず、ここからこのスタッフ達に不信が生じました。


(2)次が、自宅に電話が掛かり
「薬が足りないので、持ってきて欲しい」との内容。
薬は、最初の日に、責任者の人と数を合わせたので、責任者を急ぎ電話に出してもらい
その責任者は「私も確認したので、どうしたのかわからない。探しますので待ってもらえませんか?」
こともなげに平然と話すので
「薬については多く与えては危ない事も有ると注意されている物。一回分紛失というのは
多く飲ませた可能性も無いですか?しらっと、普通に話す内容では無い」と激怒しました。

ところが「探しますから興奮しないで下さい。又電話入れます」と電話を途中で切られたので

本社に電話
次に、センター長に電話しました。

結局、薬は見付かったと報告の電話が後ほど有りました。

本社からは謝罪の電話も無く、センター長はことなきことだったので、良かったという事で
あとは責任者の電話の態度について、注意しましたのですいませんでした。とあっさり電話が来ました。


その後面会に行き、責任者の中年の女性には会いましたが謝罪はなく、顔を合わせるのから逃げ回っていました。


ケアマネージャにも相談しましたが、
このケアマネージャーも、うちの住所を書き間違えて契約書を持ってきたり、
必要な書類があると言ってきたのに、本人がその書類を忘れてやってきたり

決め付けてはいけないと思いますが、介護施設というのはどういう類の人間が集まっているのでしょうか?
私の友人も地方で介護の仕事をしていますが、彼女に関しては就業できる業界がそこしかなかったという理由で、老人のケアも苦では無いからと言っています

会社の姿勢も有りますが、通常こんなミスをしていたら会社では通用しないことを
次から次としてくるので、介護の関係者というのはどういう人が集まっているのか聞きたいです。

志や、心からの責任を持って、誠実にお仕事をされている方も大勢居るとは思っています。

ただ、先日は車の修理会社で技術をやっていたとか、全然違う業界からの転職も
多いようなので、どうした、所だと、良いスタッフが居るのかも知りたいです。

有料の老人ホームだと、教育はましなのでしょうか?
あくまで、高いから良いわかではないとも思いますし
この業界の全体の、姿を、聞きたいです。

宜しくお願いいたします

敢えて実名で書きます。

そよ風というユニマットの経営の介護施設が有ります


軽度ですが昨年末退院した病気だった母の、完全介護状態が二ヶ月続き
認知症も患っている為、全てに限界が来て、ケア・マネージャーに相談して、保健介護の施設が
どこも一杯だった為、ショートステイというのを、利用しました。

デイケアも利用経験が無く、何もかも初めての経験でしたが、九日間の利用申し込みをしました。

(1)最初に契約をした時に気をつけて欲しいことを伝えて欲しいとそよ風の担当者...続きを読む

Aベストアンサー

自宅介護、大変ですね。
多少ですが、お気持ちお察しします。

業界全体の事はわかりませんが、
最近は、こういった施設の不祥事が多いように感じます。
(職員による虐待等も中にはあるようです)

うちは、1ヶ月少々入院した祖母が、自宅に戻り、寝たきりで3ヶ月過ごした後、
介護老人保健施設に入所出来ました。現在入所3年目です。
祖母が入所している介護老人保健施設は、質問者様が遭われたような酷い事は、
今の所無いです。
たまに、申し送りが行き届いていないのか、新しい職員さんになった時等、
些細な事はあります。
(入所手続等全てわたしが行っていますので、聞き伝えではなく経験した上での話です)

しかし、最初に入所しようと検討していた施設(申し込んだが断られた施設)は、
後から評判が良くない事を知りました。

ですので、
◆施設によりけり
◆職員の質によりけり
なのだと思います。

又、ケアマネージャーさんも、入所前のケアマネージャーさんは
とてもしっかりしている方でした。
入所後は、施設の職員の中にケアマネージャーがいて、その方が担当で、
ちょっと横柄な方ですが、普段は殆ど接触しない為、それ程気になりません。

ケアマネージャーさんの変更は可能だと思うので、役所や地域包括センターで
ご相談されてみたらいかがでしょうか?
ショートステイ先も、他にもあると思うので、次回は別の施設を利用した方が良さそうですね。

それから、従妹がリハビリ関係の国家資格を有しており、
祖母が入所している施設とは別の介護老人保健施設に勤務していますが、
聞いた話では、従妹の勤務先も、そのような不始末は無いようです。



余計な事かもしれませんが、
デイケアも利用されてみて下さい。
少しは楽になると思います。
同時に、施設への入所の順番待ちを申し込みされては如何でしょうか?

大変だと思いますが頑張って下さい。

自宅介護、大変ですね。
多少ですが、お気持ちお察しします。

業界全体の事はわかりませんが、
最近は、こういった施設の不祥事が多いように感じます。
(職員による虐待等も中にはあるようです)

うちは、1ヶ月少々入院した祖母が、自宅に戻り、寝たきりで3ヶ月過ごした後、
介護老人保健施設に入所出来ました。現在入所3年目です。
祖母が入所している介護老人保健施設は、質問者様が遭われたような酷い事は、
今の所無いです。
たまに、申し送りが行き届いていないのか、新しい職員さんになった時等、
些...続きを読む

Q曽野綾子さんの本の題名が分かりません

曽野綾子さんが書かれた本で「~の窓」というのがあるらしいのですが、
~の部分が分かりません。ご存知の方がいらっしゃったら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問の本の題名はわかりませんが、下記参考URLに曽野綾子さんの著作データベースがありますので、こちらをご覧になってはいかがでしょうか・・・

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/5153/db_cover.html

Q平成3年厚生省第409号「社会福祉施設等施設整備費及び社会福祉施設等設備整備費国庫負担(補助)金交付要綱」

タイトルの要綱について内容を確認するため、インターネットで調べたのですが、ヒットしません。内容がわかるもの、または内容がわかるホームページのアドレスをおしえてください。

Aベストアンサー

既に廃止されているので、ヒットしないと思います。
現行のもの(改正後)は、以下のとおりです。

http://www.pref.okayama.jp/file/open/1270977421_776260_47131_167013_misc.pdf

その他、さまざまな要綱があります。
以下がたいへんわかりやすいので、参照して下さい。

http://www.pref.okayama.jp/soshiki/detail.html?lif_id=47131
 

Q曽野綾子さんのコラムについて

産経新聞を取っていたのですが、最近辞めてしまいました。金曜日に曽野綾子さんのコラムが載っていたのを楽しみにしていたのですが、11/5はどういう内容でしたかしってる方いますか?今回のイラクの事件にふれていますか?

Aベストアンサー

下記ページのものでしょうか。
「透明な歳月の光 133」というコラム名で「対イラク まずアラブ社会に通暁を」というタイトルになっています。
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004598/20045981.html

参考URL:http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004598/20045981.html

Q離れて暮らす弟に介護かかわってもらうことができますか?

主人と二人で、要介護2の主人の母の世話をしています。
主人の弟は離れたところで家族と生活しています。主人が電話で様子を知らせても、義母のために帰ってくることはありません。正月などに帰ってきたときも、感謝の言葉すらありません。

弟が今度、法事で帰ってきます。義母も参加するので、弟に母の状態を知ってもらい、介護に関心を持ってもらういい方法はないでしょうか?

主人は、一緒に生活していないのだから、してもらえることは何もないと言います。でも、離れていたら何もしなくてよいとは思えません。

離れていても、実の息子として、何かかかわってもらう方法はないでしょうか?(経済的には、生活の面倒は見ているものの、介護は母のお金で何とかなっています)

Aベストアンサー

あなたから弟さんに手紙を書きましょうか。
最初は義母のことは敢えて触れないで、弟家族の生活をいたわる言葉を主軸に、普段あまり話す機会もないので交流の機会にと思い書きました。としましょう。
弟さんが義母の介護について考えていれば、何かしらの反応、返信があるかもしれません。
場合によって、数回つづけて様子をみましょう。
(つづければ、よりプレッシャーとしての効果は高いです。)

もう一つは、実際に介護に近づいてもらう方法でしょうか。
兄弟の仲が悪くなければ、これまた義母のことは敢えて触れずに、久しぶりに飲みたいとか、何か相談があるとでも言ってご主人に弟さんを誘ってもらい、客人として1泊でも招き入れます。
その際、介護を身近で感じる場面があるでしょうから、何かしらの反応があるかもしれません。

逆でもいいです。あなたが友人と旅行に行かなくてはならない、などの必然的な理由を作ります。
介護協力として、弟さんの家庭を頼って、ご主人と義母を2泊くらい受け入れしてもらいましょう。
実際に介護をする立場になれば、弟さんの態度も一変するかもしれません。

Q曽野綾子さんの小説の題名を教えてください

昔読んだ、曽野綾子さんの小説だと思うのですが、あれこれ検索してもわかりませんので、教えてください。

主人公が年頃の若い女性。父親が亡くなり、母とふたり暮らし、お見合いの話が舞い込んでくるような内容だったと思います。かすかに覚えているのは、良い人だとばかり思っていた相手の男性が、意外に人の話を聞かない人だったり、どっさりと新鮮な卵をくれたけれど、量が多いので近くの施設にお分けしたことを言うと、少し気分を害したりする態度を見せたりした・・・という場面です。

結末がどうなったかも全然覚えていません。このエピソードの記憶も少し曖昧です。もう一度是非読みたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「幸福という名の不幸」というタイトルの小説に内容が似ている気がします。
質問にある言葉から検索しただけなので勘違いかもしれませんが…
参考にこちらをご覧ください。
http://www.geocities.jp/akatombo123/dokusyo-kansou.htm#c
http://www.amazon.co.jp/dp/4061313142/

Q施設でお年寄りにパジャマを着てもらうことについて

現在、施設で介護をしています。
この度、パジャマについて議論になっており、色々と意見がありました。
下の状況を見て意見があれば教えてください。

きっかけは、
パジャマを着せて欲しいという家族の希望があり、夕食後にお年寄りAさんを職員が着替えさせていました。その利用者は自分では全く着替えることができませんし、また自分で意見も言えません。

そういった状況で、現在の職員の構成では勤務時間内に夕食後パジャマを着替えてもらうのは難しいという、訴えがありました。

現状、施設側の諸事情で勤務時間の変更や、職員の異動や補充、お年寄りの移動はできません。
夕食後の職員は残りの勤務時間30分間で食器の片付けや、お年寄りの臥床介助に動かなければなりません。2人のお年寄りがその希望であり、一人早くて3分ほどかかります。2人にしてたかが6分ですが、30分ではその時間も確保できません。

その話でじゃあどうするか?ということで議論になりました。
ある職員は夕食前に時間があるので、その時間に行えばよいのでは?と言いました。
ある職員はその時間に着替えるのはどうかという意見がでました。
夕食後、いったん臥床してもらった後しばらくして(早くて約1時間後)着替えるのはという意見もありました。
ある職員は、いったん寝てるのに起こして無理に着替えるのはどうか?という意見がでました。
夕食後、もし時間が取れれば行えば?という意見もありましたが、そうすると現状時間が取れないので、全く着替えることができなくなるのでは?という意見もありました。
そもそも家族の要望をそこまで聞かなければならないのか?という意見も出ましたが、それまで施設としては出来る限り家族の希望に沿った形で行ってきたし、今後も続けていくべきという意見もありました。
本人の意志が理解できない現状で着替えるべきか?という意見もありましたが、だからこそ、その人が過去に行ってきた生活習慣としてきちんと着替えさすべきでは?という意見がでました。

とりあえず可能なことをある程度、議論することができましたが、最終的に施設としての意見と職員一人一人の価値観の違いで結論には至りませんでした。

上記の内容で、他にも検討できることがあればいいのですが、現状は見つかっていません。結論を求めたいので、上記の議論した内容以外に案があったり、「自分達の施設ではこうしている」などがあれば教えて欲しいです。

できれば介護で施設に勤めている方が良いのですが、出来る限り情報が欲しいので一般の方もよろしくお願いします。

現在、施設で介護をしています。
この度、パジャマについて議論になっており、色々と意見がありました。
下の状況を見て意見があれば教えてください。

きっかけは、
パジャマを着せて欲しいという家族の希望があり、夕食後にお年寄りAさんを職員が着替えさせていました。その利用者は自分では全く着替えることができませんし、また自分で意見も言えません。

そういった状況で、現在の職員の構成では勤務時間内に夕食後パジャマを着替えてもらうのは難しいという、訴えがありました。

現状、施設側の諸事情で勤...続きを読む

Aベストアンサー

別のアンケートに答えたうえで、こちらの回答をさせていただきます。

東京センターが開催しているユニットリーダー研修が始まった頃はこのような議論が毎回開催されいましたね。

質問者さんの立場は、こういった議論をする時に、話を進める方でしょうか?それとも、意見を述べる方でしょうか?
文面とアンケートのお礼を見ていますと、話を進める側と推測します。
それならこのサイトでしておられる方法は素晴らしいと思います。
まずは、議論の前に「パジャマを着ることって?」って話をしてから本題に入る。
サイトではアンケートという形ですが、実際はBS方などで場を馴染ませてから議論をすると、その施設だけの「理念」が出来上がりますね。
なので、お礼率が低い質問者さんに乗っちゃいました。(笑)

別のアンケートの結果が総意だったとして。
No.1の方もパジャマを着ていることが前提の回答なら100%ですね。
それならAさんの家族の希望ってご飯を食べるとか排泄するとかと同じ当たり前の事なのではないでしょうか。無茶な希望じゃないと思いますが。
自分で意見が言えないAさんだからこそ、その希望を理解して、現在の職員の構成で方法を考えないといけないことでしょうね。

ただ、質問者さんの職場の皆さんの意見を見ていますと、GOサインが出たとすれば、「パジャマに着替える」って方法だけが先に出てしまい、上司が見ていないときは16時前に着替えていたり、パジャマを着たままで上着と膝掛けでごまかす事も考えられますね。
逆にパジャマから服への着替えは、夜中にすませてしまうことも考えられます。
それなら矛盾してますね。

私も特養、ショート、グループホーム等、施設で生活する高齢者の介護をしてきましたが、「パジャマを着るか着ないか」って議論はなかったです。十数年前から当たり前のように着替えていました。着替えずに、一日中スウェットのような服を着ている方もおられます。
ただ、上記のような出来事はありましたし、私もしていました。(苦笑)

職員の補充が出来ないのは、どこでも一緒だと思います。勤務時間に問題がありそうで、その変更が解決策の一つであると思いますが、それも無理なら、業務内容を見直す事が必要になってきますね。
私の働いている施設も含め、着替えを実行しているところが多いですから。というより、数々の施設を見てきましたが、着替えをほとんどしていない生活施設(病院とかではなく)って初めて見ました。

議論をする時に、職員が10人いれば10通り以上の意見があります。全員の意見を叶える方法はありません。その場合は、視点の中心を「利用者本人」に合わせて結論を出すしかありません。

家族の要望を聞くときは、その他の希望や、利用者の生活史を聞くチャンスでもありますよ。きちんとした環境を作って時間を取って話をしてください。

質問者さんの職場の方は着替えをすることが前提で議論をされてますね。意見は色々ありますが、いいチームだと思います。
みなさんで最善の答えが見つかるといいですね。

別のアンケートに答えたうえで、こちらの回答をさせていただきます。

東京センターが開催しているユニットリーダー研修が始まった頃はこのような議論が毎回開催されいましたね。

質問者さんの立場は、こういった議論をする時に、話を進める方でしょうか?それとも、意見を述べる方でしょうか?
文面とアンケートのお礼を見ていますと、話を進める側と推測します。
それならこのサイトでしておられる方法は素晴らしいと思います。
まずは、議論の前に「パジャマを着ることって?」って話をしてから本題に...続きを読む

Q今日、読売新聞読んでいたら時代の証言?のコーナー今は作家の曽野綾子さん

今日、読売新聞読んでいたら時代の証言?のコーナー今は作家の曽野綾子さんなのですが
自分の歴史を語るのですが夫と結婚して子供が産まれてもし自分ひとりになったらどうやって生きようと考えて大型免許もっているが運動神経鈍いから当時、収入が良かったからバキュームカーの運転手になろうと思ったそうです。私は連載がはじまって毎日、読んでいましたが女優さんかと思うくらい美しい若かりし頃の写真、しかし今日の文章には非常に違和感を
覚えました。新婚そうそう可愛い子供が生まれてすぐ一人になったらと深刻に悩むだろうか?
心からバキュームカーの運転手になろうと思っていたのか?もし現実に生活に困ったら本当に
なったのだろうか?あの当時で聖心でたお嬢様に身内がそんなことさせるだろうか?
私はユーモア含めて軽く言っているようにしか感じません。だとしたら職業に貴賎をもち
こんなことが平気で言えてしまう著名な作家がこの程度かと非常にこの国のレベルにまでというと大げさですが落胆を覚えます。意見聞かせてください。

Aベストアンサー

別に「この国のレベルにまで落胆を覚える」必要はありません。この国にももっと誠実で有能な作家はいっぱいいます。
要するに「曾野綾子」ってのは、その程度の作家なのです。落胆するなら「曾野綾子」にだけ落胆して下さい。
私に言わせれば、もともとこの作家が「著名」というほどもてはやされるのが不思議です。書いていることはかなり支離滅裂。
この作家がもてはやされる(もたはやされた)のは、結局、思想が「ガチガチ保守(ていうか右翼)」で自民党などの権力者と波長が合ったというだけのことと思います。

Qママさん施設@障害者支援

ご助言をいただければ幸いです。

私はヘルパー事業所で事務に従事しています。先日、自閉症のお子さんのお母さんから相談を受けました。子どもたちのための施設をつくりたいとのことです。

構想の方向性としては、

1. 「親なき後」のための住まい。
2. 「社会との共生」のために必要なことを学べる場所。ただし民間就職に強いこだわりがあるわけではなく(こだわりがないことの是非はさておき)、どちらかと言うと身辺自立や社会のルールを身につけることが主眼。
3. 自閉症や知的障害に限らず、障害種別を超えた支援。

という具合だそうです。

そこで3点ご質問させてください。

A.
自立支援法の施行以前は「グループホーム+小規模作業所」が、この構想に適う組合せだったと思うのですが、新体系ではどうでしょうか? 作業所の典型的な移行先としては(1)生活介護、(2)就労移行支援、(3)就労継続支援、(4)地域活動支援センター、などが挙げられる(http://www.yuki-enishi.com/gekidou/20050726.ppt、PowerPoint、700KB、p32)とのことです。これ以外のサービス種別も含め、今回のような「ママさん施設」(資産が乏しい、事務処理能力に限界、人員配置はイチから揃える)の場合はどのサービスが適合的でしょうか?

【いろいろ不安】
○生活介護 → 自閉症の利用者が区分3をクリアできるか、、、
○療養介護 → 病院じゃないし、、、
○機能訓練 → 利用期間に制限、、、
○生活訓練 → 利用期間に制限、、、
○就労移行 → 利用期間に制限、、、
○就労継続A型 → 労基法や最賃をクリアできるか、、、
○就労継続B型 → 養護学校卒から直行できない、、、
○地活センター → 当該自治体では既存公立施設がスライドしてて、民間受託はムリそう、、、

B.
グランドデザインが提起された当初は「NPO法人への門戸開放」「空き教室の活用」などが謳われていましたが、施行段階ではどのようになっていますか? 今回の場合、現実的な選択肢は「法人格としてはNPO」「施設設備としては空き家の賃借」という具合です。

C.
理念を大切にして事業を運営していくためには、先進事例を紹介した本を読んだり、見学に行って学び取ったりして勉強することがとても重要だと思います。その点で、勉強になる書籍やオススメな施設(特に関東で)はないでしょうか?

漠然とした質問でごめんなさい。よろしくお願いします。

ご助言をいただければ幸いです。

私はヘルパー事業所で事務に従事しています。先日、自閉症のお子さんのお母さんから相談を受けました。子どもたちのための施設をつくりたいとのことです。

構想の方向性としては、

1. 「親なき後」のための住まい。
2. 「社会との共生」のために必要なことを学べる場所。ただし民間就職に強いこだわりがあるわけではなく(こだわりがないことの是非はさておき)、どちらかと言うと身辺自立や社会のルールを身につけることが主眼。
3. 自閉症や知的障害に限らず、...続きを読む

Aベストアンサー

 ご質問を拝見しました。
 ご質問内容に興味が有り、他の方からの回答があるのを待っていましたが、なかなか有りませんので分かる範囲での回答を。

A:自立支援法の施行以前は「グループホーム+小規模作業所」は、現行法では経営が難しいのではないでしょうか。
 (2)就労移行支援、(3)就労継続支援は、生活としての基盤が抜けており、小規模作業所の経営者の方々は、移行を躊躇し二の足・様子見の状態です。この事は、市が主催の研究会に参加し、施設運営者がパネリストとして言われていました。

B:すみません、分りません。

C:お勧めの施設というよりも、関東で東京都であれば区、他県であれば市の福祉課に、施設情報はあると思いますので、行ける範囲で行かれる事をお勧めします。
 実情は、様々な問題を抱えており、施設毎に違うと思います。

子どもたちのための施設を作るにあたり、行政の福祉課に疑問点等を尋ねてみてはいかがでしょう。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報