今日本で花粉症が蔓延しているのは、第二次世界大戦で敗北を喫したからだと聞きました。アメリカが原因らしいですが、その因果関係が分かりません。
ご存じの方、教えて下さい! よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

戦後日本は焼け野原になりました。

まず緑を作ろう、ということで木を植えました。成長が早いという理由でスギを植えたんです。大量に。それが成長して大量の花粉を飛ばしているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
あまり、戦争とは関係がないようですね。

お礼日時:2005/04/08 16:28

まあ、「風が吹けば桶屋が儲かる」方式で考えれば先時大戦の敗北と言う事になるかも知れませんね。

(笑)
戦争で焼け野原になって何にもなくなってしまった日本。
住宅建設のために木材が切り出され、それを補う為に成長の早い杉が植えられました。
さらに高度経済成長によって伐採・植林が加速された為に杉が日本の山林の相当の面積を占めるようになりました。
ところが、安い国外材木が入って来るようになると人件費や何やで高い日本の杉は敬遠されるようになりました。
で、植林された杉が伐採される事無く成長を続けたために花粉症が増加したと考えられます。
昔から花粉症はあったようなのですが、適当な言葉が無かったようです。
「毎年春になると鼻っ風邪引いてさぁ~」と年配の方が言っているのを聞いた事がありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
昔からあったのは知りませんでした。

お礼日時:2005/04/08 16:30

おそらく、デマだと思います。


第二次大戦後、北アメリカ原産のセイタカアワダチソウがそこら中に生えるようになりましたが、いかにも花粉が大量にありそうに見える草であるためか花粉症の原因という風評が立ちました。実際には、セイタカアワダチソウは虫媒花(花粉の移動は虫が媒介する)であるため花粉が風に舞うわけではなく、花粉症の原因となることはごくまれです。

ご存じのように日本の花粉症の代表的なものはスギ花粉症で、良質な木材となる杉をどんどん植林したけれど外国産の安い木材に押されて杉林は伐採されずに放置状態になってしまい、大量の杉花粉が舞うようになったためと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
なるほど、セイタカワダチソウから来る誤解でしたか。

お礼日時:2005/04/08 16:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家電エコポイントで交換できる商品等のカタログはどこで入手できるのでしょ

家電エコポイントで交換できる商品等のカタログはどこで入手できるのでしょうか?どなたかご存じでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

量販店でTVを買った時にカタログをもらってきました。
量販店店頭に常備してると思います。

オンラインでは家電エコポイントのサイト
http://eco-points.jp/
配下の
家電エコポイント交換商品情報
http://eco-points.jp/use/item.html

に「交換商品(全商品リスト)」
と簡易版カタログpdf があります。

Q自国は敵国と互角に渡り合えるほどの国力を持っていましたが大戦で敗北を喫

自国は敵国と互角に渡り合えるほどの国力を持っていましたが大戦で敗北を喫し領土の大半を無くし君主はやっとのことで一城に逃げ込みましたが大敗したため味方は四散し城内にいる兵力は3000ほどしかいません 
そこに敵国の君主自らが2~3万ほどの軍を率いて攻めてきました
籠城することにしましたが城の防御力はそれほど高くなくあと何日持つかわかりません
自軍の四散した兵力や援軍が来るのにもまだ時間がかかりそうです
大して防御力もない城での籠城をあきらめ奇策を用い戦うのか
敵に落とされにくい守備の戦術を用い援軍を待つのか
敵国の君主は冷酷かつ欲深い性格で信長や曹操のような人で実力はあります
自国の君主は敵国の君主に実力は及びませんが求心力 人望があり自軍にはまだ忠誠心も結束力も人望もあります
みなさんならどうしますか
どう戦いますか
地形は絵 参照 
敵軍は赤 不足数分の敵は後方待機です

Aベストアンサー

後方の山を超え、別の拠点に逃げ延びる為、撤退戦を行います。
自分(+側近・護衛)の後方に殿軍(残りの全員)を投入し、
敵を足止め(機動防御)し、自分の生存確率だけでも上げます。

援軍が期待できない状況で篭城すること自体、下策です。
山に逃げ込み、高知という地の利を使いつつ、しのげば、
もっと多くの兵が逃げられたと思いますが。

城の立地も理解不能。
この地形で、一番の低地に作る意味がわからない。

Qスギを伐採してほかの木に

 単なる好奇心ですが、花粉の中で特に皆様が被害を受けているのは
杉花粉だと思うが、花粉症対策治療のため莫大な保険費用も使われて
いるはずです。

 根本的な対策ではないことを承知しているが、少しずつ杉を伐採して、
ほかの木(例えば花粉が少ないもの)に変えていくということはどこかで
されているのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、東京都では、花粉の少ない種類の杉へ植え替えがすすんでいます。http://exasuka.blog.ocn.ne.jp/staff_room/2005/10/post_ef3e.html

壮大な年数がかかるらいしですけど。

高尾山に参拝して、植樹費用を寄付しましょう。
でも、全国、どちらにお住まいか、わかりませんが。

Q第一次世界大戦と第二次大戦

第一次世界大戦はどういう経緯でおきたのですか?
あと第二次では中国はアメリカ側だったのに、なんで日本より中国は発展が遅いんですか? 日本はアメリカに負けて戦争終わってからどんどん成長してきたけど、中国はもっとまえからアメリカとはそこそこの関係?(一方的かな?)だったのになぜですか?人口が多すぎるからですか? 教えてください。歴史の知識が薄いのでお願いします。

Aベストアンサー

>第一次世界大戦はどういう経緯でおきたのですか?
ぎりぎりの緊張した場所がひょこっと誕生し、どこも望んでもいない戦争が突然発生して、ヨーロッパ中を巻き込んでしまった、という雰囲気ですね。
>あと第二次では中国はアメリカ側だったのに、
>なんで日本より中国は発展が遅いんですか?
欧米以外で先進国になった国は日本だけです。中国が不思議なのではなく、日本にヨーロッパ的な要素がもともとあったということでしょう。日本がなぜ発展できたのか、米国のアフリカ系の社会学者とか大変興味をもって研究しているとか聞いたことがあります。そこはもう、社会学・経済学の奥深いところに答えがある気がします。

Q今年のスギ花粉の飛散量が少ないのはどうして?

予想によると今年の杉花粉の飛散は少ないようです。
http://www2.kissei.co.jp/kafun/2006yosoku.html

昨年の夏は非常に暑かったので杉の生育もよいはずなのですが、どうして少ないのでしょうか?
去年の夏には、これでは来年の花粉も多いな、などと話をしていたのですが。
もしかしたら寒さのせいですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://health.nikkei.co.jp/pollinosis2006/sub11.cfm
これが参考になるかもしれません。

Q第一次、第二次世界大戦

課題で困っているので、教えてください!!!
第一次、第二次世界大戦はなぜ避けることができなかったのでしょうか?
そして、もし避けることができたならどのように避けることができたのでしょうか?

Aベストアンサー

根本的なところでは、他の方の回答は的を得ていると思います。各国が、軍事力を用いてまで領土を拡張するという意思を持たなかったならば、戦争は防げたというのは、基本だと思います。僕は、もうちょっと細かい技術的なところを書きます。

第1次世界大戦の場合、多分に偶発的な要素がありました。当事者たちも何がどうなっているのかよくわからいないまま、軍事同盟網を伝って戦火が全欧に広がっていったようなところがあります。軍事力の均衡による平和という考え方のもろさを第1次世界大戦は示した、ということもできます。
実は、1870-71年のプロイセン・フランス戦争の後は、第1次世界戦までヨーロッパで列強同士の大きな戦争は起こっていません。しかし、激しい軍拡競争は展開されていました。また、局地的武力衝突が起こったときに、前面戦争を回避するためのメカニズムが整備されておらず、電報で瞬時に情報が伝わっていくことにも不慣れなところがありました。

第2次世界大戦の場合は、先行して満州事変につづいて日中戦争が東アジアで起こっていたことはまず1つの前提となります。日本が、軍事力による領土拡張と国際連盟の脱退という点で、ドイツに先例を与えたことの意味は大きいと思います。
第2次大戦に先行する時期にも、ナチス・ドイツは戦争も覚悟の賭けを何回かしています(1935年のザールラント併合や徴兵制復活・再軍備宣言、36年のロカルノ条約破棄とラインラント進駐など)が、これを米英仏が容認したことが、ドイツの領土要求のエスカレートの直接の要因となっていて、ミュンヘン会談が有名ですが、英仏はその要求も認めます。この段階で、英仏がドイツに対してもっと強く出ていたならば、早期に戦争になっていたら、ドイツの軍備拡張が追いつかず、早々とドイツの敗北で終わっていたでしょうから、ドイツ側が戦争回避に動いた可能性があります。戦争が防げたかどうかはわかりませんが、もっと違った展開になっていたのは確かだと思います。
1939年9月のポーランド侵攻のときも、ドイツは英仏と全面戦争になるとは予想していませんでした。これに対して英仏は対独宣戦布告はしますが、ポーランドの独ソでの分割占領の段階では、ドイツと英仏の大規模な軍事力の衝突は起こっていません。それで、ドイツは英仏を恐れるに足らず、と考えるようになって、その後、北欧・ベネルクス3国・フランスを「電撃戦」で次々に占領下に起きますが、そこには英仏の油断があったことは否めません。英仏がドイツを甘く見たということです。これはソ連についても言えます。ドイツが、英仏やソ連に勝てないと思うような状況だったら、また違う歴史がありえたとは思います。

根本的なところでは、他の方の回答は的を得ていると思います。各国が、軍事力を用いてまで領土を拡張するという意思を持たなかったならば、戦争は防げたというのは、基本だと思います。僕は、もうちょっと細かい技術的なところを書きます。

第1次世界大戦の場合、多分に偶発的な要素がありました。当事者たちも何がどうなっているのかよくわからいないまま、軍事同盟網を伝って戦火が全欧に広がっていったようなところがあります。軍事力の均衡による平和という考え方のもろさを第1次世界大戦は示した、という...続きを読む

Qスギ花粉で「杉山」の持ち主を訴えること

訴えることは可能でしょうか?早急に杉を伐採させたいです。お金が欲しいとかいうのではなく、一刻も早くスギ花粉をなくしたいです。
全国運動にして、こんな迷惑なものをなくしてしまいたいです。
また、スギ花粉対応に掛かった費用は請求したいです。
可能でしょうか?
可能なら全国運動にもって行きたいです。

Aベストアンサー

無理でしょう。不特定多数が原告になるし、誰の杉の木が花粉症を起こしたかも分からないし。

なにより、花粉症は、花粉だけが原因ではなく、排気ガスなどの公害による化学物質との因果関係があるはずなので。

花粉症で苦しいのでそういう考えがくるのでしょうね。花粉症は、花粉が飛び始める2ヶ月くらい前から、お医者さんで処方箋を書いてもらい、薬を飲めば、症状はほとんど出ません。現代医学は発展しているので、自分で薬を飲むって言う対策を講じてはいかがですか?
ただし、薬は花粉が飛び始めてから飲んでも効き目はありません(少ないです)。

Q第一次・第二次世界大戦について

第一次・二次世界大戦は、なぜ避ける事が出来なかったのでしょうか?
皆さんのご意見お願いします。

Aベストアンサー

私見ですが、産業革命以後の資本主義(帝国主義)の膨張が行き場を失ったからだと思います。世界規模で、帝国主義バブルがはじけたためです。

16世紀以降、ヨーロッパ諸国は経済力と軍事力をミックスして、それ以外の諸国を植民地化して自国経済を発展させていきました、軍事力が伴いましたので、陰謀・強奪など当たり前の世界がすでにありました。
そしてそれを極力避けるために、各国は軍事同盟などで結びつき、いくつかの陣営に分かれていたのです。
第一世界大戦の発端はサラエボ事件です。しかしセルビア政府の陰謀を疑ったオーストリア・ハンガリー帝国は宣戦布告をして、戦争に突入していきます。ここまでは良くある小競り合いでしたが、地球上をヨーロッパ諸国がほぼ植民地化し、いくつかの同盟で成り立っていましたので、直接戦争を起こした国に対して同盟国が参戦し、また同盟国が参戦しという形で、全世界で戦争が起こってしまったのです。

第一大戦のあと、反省にたって国際連盟が作られましたが、第二次世界大戦が起こってしまいます。このとき戦争を起こした側にいたのが、ドイツ・イタリア・日本です。
これらの国の特徴は、遅れてきた帝国主義と言われるように、イギリス・フランスなどに比べて遅れて植民地化政策を取りましたので、政策的に行き詰っていました。
そして、第一次大戦後の軍縮計画でも、当時の大国であるイギリス・フランスなどに比べて一段低い能力しか認められなかったため、戦争を起こすことで逆転を狙ったのです。

このときに重要なのは、この時代までは戦争は勝てば利益が得られる。つまり戦勝は得だったのです。ですから、政治的な指導者は、常に戦争を起こすということを、ひとつの手段として捕らえていたのです。

第二次大戦中に、核兵器が発明され、また戦争の方法も連射砲・空爆・ロケットなどの大量破壊兵器を使用するようになり、兵士が戦争するだけでなく、背景にある軍需工場や働く民間人までも標的として狙いあうようになり、戦争に勝利しても、損失のほうが大きくなってしまったのが、現在まで第三次世界大戦の起こらない主な理由です。

その証拠に、勝てば利益のほうが大きい戦争(地域紛争)は未だに無くなりません。

私見ですが、産業革命以後の資本主義(帝国主義)の膨張が行き場を失ったからだと思います。世界規模で、帝国主義バブルがはじけたためです。

16世紀以降、ヨーロッパ諸国は経済力と軍事力をミックスして、それ以外の諸国を植民地化して自国経済を発展させていきました、軍事力が伴いましたので、陰謀・強奪など当たり前の世界がすでにありました。
そしてそれを極力避けるために、各国は軍事同盟などで結びつき、いくつかの陣営に分かれていたのです。
第一世界大戦の発端はサラエボ事件です。しかしセル...続きを読む

Qイオンのときめきポイントについて

確認したら666ポイントありました。ワオンの変換には1000ポイントから、商品カタログも1000ポイントからなので諦めるしか無いのでしょうか?

Aベストアンサー

1000ポイント以上になるように買い物するか、そうでないならあきらめるしかありません。

Q第一次世界大戦後、日本はアメリカ、イギリスに次ぐ大国になったのでしょうか

第一世界大戦後、戦勝国が軍拡競争を推し進めましたが、無秩序な競争を止めようということでワシントン海軍軍縮条約が取り決められました。

その際の戦艦の保有比率を見て驚いたのですが、英:米:日:仏:伊が5:5:3:1.67:1.67となっており、日本の保有数がアメリカ、イギリスに次いで3位となっていることです。

現代の世界においては経済力によって国力が決まりますが、帝国主義の当時の世界においては軍事力によって国力が決まり、特にハイテクな海軍はその花形でしたので、当時の日本はアメリカ、イギリスに次ぐ大国だったといってよいのでしょうか。国力に加え、アメリカ、イギリスに次ぐ戦艦保有を世界に認めさせた政治力も見事なものです。

当時の日本はアメリカ、イギリスという覇権国家に次ぐ大国であり、フランス、イタリアといった欧州の大国に勝るとも劣らない力を持っていたと考えてよいのでしょうか。
陸軍は貧弱だっただろと批判する人もいるでしょうが、海軍力で優っていれば少なくともおあいこにはなるはずですから。

Aベストアンサー

№3です。丁寧なお返事をどうも。
>私は1940年でなく、第一次世界大戦後を聞いており、大正10年前後のことです。
 ⇒1940年だって第一次大戦後でしょうに。戦艦の保有数なんかを引き合いに出してこられるからてっきり第二次大戦前夜の話かと思ってしまいました。大正10年ならそう書いていただければ。

 で、大正10年(1921年)当時のおよそのGDPは、日本が約900億ドル、ドイツは1100億ドル、イタリアは950億ドル。アメリカは6000億ドル、イギリスが2000億ドル、フランスは1300億ドル、ソ連は(おそらく)2400億ドルです(諸説ありますが)。
 単純に国力(これはGDPだけじゃないですが)で比較するとアメリカ・ソ連・イギリス・ドイツ、フランス、イタリアに次ぐ7番目ということになりますね。海軍力では国力に比較して不相応なほどであったということは事実のようですが。
 
 戦争は最終的には歩兵が相手の領地を占領することで決着がつくともいいます。海軍力が強いから大国だ、というわけではなさそうです。だからアメリカ・イギリスに次ぐ大国というのはちょっと無理筋かもしれません。

>その当時はドイツが戦争に負け、またロシア革命直後でもありましたから、日本のGDPはドイツよりもソ連よりも上だったでしょう。
 ⇒実態としては国がぐちゃぐちゃのドイツやソ連にも負けてますね。貧しかったんだなあということを実感します。

>世界3位の日本をビリと書いているのもどうかと。フランスやイタリアも海軍に力を入れていましたし、スペインやオランダなんかも海軍国でした。
 ⇒確かに3番目をビリと書くのは失礼でした。栄えある3番目ですね。ただしその他の国はフランスは超ド級が3隻、イタリアは超ド級はゼロ。スペインは19世紀末の対米戦で海軍が壊滅、再建途上で超ド級どころじゃない、オランダも似たようなもので海防戦艦(1万トン以下)を数隻保有するだけ。
 これらを海軍国って言うのはちょっと無理があるんじゃないですかね。

№3です。丁寧なお返事をどうも。
>私は1940年でなく、第一次世界大戦後を聞いており、大正10年前後のことです。
 ⇒1940年だって第一次大戦後でしょうに。戦艦の保有数なんかを引き合いに出してこられるからてっきり第二次大戦前夜の話かと思ってしまいました。大正10年ならそう書いていただければ。

 で、大正10年(1921年)当時のおよそのGDPは、日本が約900億ドル、ドイツは1100億ドル、イタリアは950億ドル。アメリカは6000億ドル、イギリスが2000億ドル、フランスは1300億ドル、ソ連は(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報