「教えて!ピックアップ」リリース!

裁判官にとっても,いちばん重要なのは,自分の面子でしょうか?
取調べの全過程の可視化や弁護人の立会いなどが実現しない理由と関係ありますか?
<例>
警察の強圧的事情聴取、生徒の父が音声公開「レコーダーがなければ泣き寝入りだった」

万引き事件への関与を否認していた当時中学3年の男子生徒2人に、警視庁高井戸署の警察官が自白を強要し、東京弁護士会が警告書を発した問題で、男子生徒2人の父親らが8月10日、東京地裁の司法記者クラブで記者会見を開いた。
会見では、警察官が事情聴取で「高校なんか行かせねぇぞ、おめぇ。やってやんぞ。とことんやってやんぞ、おめぇ」などと声を荒げる音声を公開した。

●2時間にわたる強圧的な事情聴取
2人は万引き事件を起こした別のクラスメイトが、今回の男子生徒2人にそそのかされて起こした旨を供述していたことから、2015年12月に高井戸署への出頭を求められた。そこで「お前高校行かせねえよお前。どうすんだよ、認めねえのか」などと2時間に渡って強圧的な事情聴取を受けた。
(弁護士ドットコムニュース)
https://www.bengo4.com/c_1009/n_6503/ 

なぜ、このように警察の取り調べで罪を認めさせることが重要とされるのか、ある方に聞いたところ、「捜査員にとっては、この被疑者(被告人)が本当に犯人なのかというのは、実はあまり重要ではなく、「私がやりました」と認めさせることが一番重要だ」と、この動画を見せられました。
 ↓ 
足利事件の有罪確定を担当した最高裁亀山裁判長のインタビュー映像


ご覧のように「本人が認めていた以上、無実だった菅家さんに謝罪するつもりがない」と答えていますね。

質問です。
①裁判官にとっても、この被告人が本当に犯人なのかというのは、実はあまり重要ではなく、「私がやりました」と認めさせることが一番重要なのでしょうか?
②日本では、取り調べでの弁護人の立会いが、認められないのも、裁判官の面子を守る為でしょうか?

A 回答 (1件)

①裁判官にとっても、この被告人が本当に犯人なのかというのは、実はあまり重要ではなく、「私がやりました」と認めさせることが一番重要なのでしょうか?



裁判官は自分で捜査をしません。証拠集めもしません。書類や写真で見て、被告本人と多少の会話をした状態で有罪・無罪かを決める仕事です。

そうなれば当然に「私がやりました」と自白しているなら「真正の犯人である」という心証を持つでしょうし、それに沿った判決をおこなうことになります。

裁判官にとっては「本当に犯人なのか?」はとても重要な意味がありますが、判断する証拠や証言、本人が犯行を認めているかどうかは、重要な指針で、証拠や証言から「犯行を認めることができない事実」が無い以上は有罪と判断することになります。

したがって裁判官にとっては「本当に犯人かどうか?」のほうが重要です。



②日本では、取り調べでの弁護人の立会いが、認められないのも、裁判官の面子を守る為でしょうか?

裁判官ではなく警察と検察のメンツですね。
①にも関係しますが、日本の検察は集めた証拠を全部開示する義務がありません。ある裁判で被告の犯行を疑った裁判官が検察に対して「すべての証拠を開示せよ」という命令を出したのですが、検察は証拠を小出しにしました。つまり「見せたら無罪になる証拠は極力出さない」ようにしたのです。

結局、弁護士などの調査で「〇〇の押収品もあるはず」と突き付けられ、3回裁判官の命令でようやく全部証拠開示され、結果被告は無罪になりました。

検察としては「証拠を全部出したかどうかすら分からないのだから、出したくない証拠はださなくていい」という考えであったとかんがえるほうが妥当で、それはつまり「検察が無罪にしたくないメンツがあった」ということです。

逆に裁判官は「本当の犯人かどうかを見極めたい」から何度も証拠提示の命令を出し、結果無罪判決を出しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました

お礼日時:2022/09/23 02:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング