よくCMでみる保険会社の商品は、その会社自身がつくったものですよね?そしてそれら商品を自分の会社で販売するんですよね?それ以外の方法で販売しているとかはあるのでしょうか?まったくわかりません。文章がわかりづらくてすいませんが、回答おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。


保険会社は、小さな会社でも、大会社と同じように商品の開発部門を始めとする間接要員が必要なわけですが、大会社と提携することによって、例えば商品は大会社のものをOEMで売らせてもらったり、小会社自体が大会社の代理店になって、大会社の商品を代理で売れば、間接要員が不要になり、経費的に大きなメリットがあります。

また、保険会社はどの会社も、危険の分散を世界的に行っており、例のニューヨークの911も、日本の保険会社もアメリカの保険会社から、「再保険」を受けて、実際に保険金の一部を支払ったりしているのですが、保険会社の提携には、そういう危険分散という要素もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうことなんですね。回答本当にありがとうございました!

お礼日時:2005/04/08 22:10

保険の商品は「特許」がとれませんので、良い商品が売り出されると、他の会社がまねをします。



商標権はありますので、保険会社毎にネーミングは別ですが、中味は同じということが良くあります。

例えば、自動車保険の「人身障害補償保険」という保険は、かける人にとっても、「こういう保険が欲しかった」という素晴らしい保険がなのですが、東京海上(現在の東京海上日動)が開発して売り出したところ、全損保会社が同じ(ような)商品を、瞬く間に売り出しました。

また、保険商品は、その保険会社本体の他に、その保険会社と代理店契約を結んだ「代理店」で売っています。

また、場合によっては、保険会社同士が提携している場合があり、A保険会社の商品を、B社でも売っているという場合もあります。東京海上日動社と、日新火災社がそういう業務提携をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうことなんですね。ありがとうございます。業務提携することは利点があると思うのですが、銀行が合併、統合しているような感じでしょうか??よろしければ回答お願いします。

お礼日時:2005/04/06 23:12

> 保険会社の商品は、その会社自身がつくったものですよね?



普通はそうですが、100%そうとは限りません。
たとえば、日本の富士火災が販売している団体向けの傷害保険はアメリカのAIUの商品をOEM(?)で販売しているものです。

> それら商品を自分の会社で販売するんですよね?それ以外の方法で販売しているとかはあるのでしょうか?

自分の会社で売る(直販)こともやりますが、多くは代理店に販売してもらいます。銀行の窓口でも販売できるようになったのではなかったかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/06 23:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング