昨年、同居していた祖父が亡くなり祖父名義の土地・建物・貯蓄などを父と叔母で相続することになりました。(祖母は以前に亡くなっています。)
通常ですと、二人兄弟なので二分の一ずつなのでしょうが、
叔母は私達の住んでいる建物と土地以外(相続分の四分の三程度)を要求し
話し合いをしたくないので正式に弁護士をたてて、裁判にすると
言ってきています。
両親も私も法律にはまったく疎くて、知り合いに弁護士などもいません。
相手側が弁護士をたてて、裁判になった場合、相続分以上相続することはあるのでしょうか?遺書などについては無さそうなのですが..。

また、こちらも弁護士をたてなければならないのでしょうか?
教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> 叔母は以前祖父・父と喧嘩をして家と縁を切ったことがあります。


 多分、これが原因で相続分についてごねているのでは、ないでしょうか?
 ただ、話し合いをさせる方法はわからないです。向こうは弁護士を立てているなら、こちらも立てたほうがいいと思いますよ。ただ、その前に、家庭裁判所で調停を申し立ててみては、どうですか?その申し立てをすれば相手も出ざるをえませんので。
 相続分は民法上2分の1づつと決まっているのです。これは、相続放棄とかしなければ、必ず主張できます。あなたの主張は当然です。それに反してまで、4分の3を主張するからには、わけがあると思います。相手も自分の言い分を家裁に聞いてもらうため調停に出てくるでしょう。
    • good
    • 0

だいたいは、前の方がご指摘の通りだと思います。


しかし、問題は、なぜ、叔母が相続分以上に要求するかを
その叔母に聞くほうがいいのでは?
もしかしたら、その叔母は、寄与分などが、あるのかもしれません。
寄与分というのは、被相続人に生前に世話などをした場合に、相続分以上に取れるという条文です。(民法904条の2) もしかしたら、生前被相続人にたいして、生前御世話したという気持ちがあるのかもしれません。また、
もしかしたら、逆にあなたの父が被相続人の生前、多額の資産をもらった、ということを根にもっているのかもしれません。その場合、特別受益者の規定があり、あなたの父の相続分が減ることもあります。もちろん、話し合いによりますが。
 とにかく、なぜ、その叔母が、相続分以上に欲しいのか聞いてみればいかがでしょう?

この回答への補足

お世話になります。
叔母は以前祖父・父と喧嘩をして家と縁を切ったことがあります。
今は籍を戻してあるようなのですが、その時からのわだかまりがあるようです。

>その叔母に聞くほうがいいのでは?

話し合おうと連絡をしても、「弁護士をたてているので話せない。」
「話すつもりはない。」と、取次いでくれません。
他の親戚に頼んで会う方法を検討したのですが、会ってもくれないし
話も聞いてくれません。相続税も払う時期が来てしまうのですが、
どうしたらいいのでしょうか?話し合いができる方法はあるのでしょうか?

補足日時:2001/09/14 13:49
    • good
    • 0

 遺産相続で、子2人のみの場合、遺留分と言われる、主張すれば絶対確保できる財産割合は、2分の1×2分の1=4分の1、となります。


 ですから、4分の3を超えることは、裁判になれば、ありえなくなります(2人が話し合った場合、納得すれば、一方がゼロ、もう一方が100%、ということもできます)。
 この件を解決するには、次のステップを踏んでするのが賢明です。
(1)自宅の建物、土地の相続税評価額の概算を税理士に依頼する。あわせて、おばさんの要求している財産の相続税評価額も算定してもらう。
(2)お父さんが納める相続税を知る。それを収めるために、今回の相続でもらう金額は最低限確保する。
(3)あとは、おばさんに相続させたらいい、くらいに、お父さんが思うほうがいい。
 裁判して、身内が争うことほど、ばかげたことはない。また、財産をもらい過ぎて、それが処分しにくい不動産だったら、税金を払うのをおばさんは苦労するでしょう。欲深は結局、損。
(4)万が一、裁判になったら、おじいさんと同居してきた実績を主張すると良い。
 同居して、看病してきた実績は、認められます。弁護士は必要になります。
 
    • good
    • 0

ご心配なく!。


但し、その叔母様が弁護士をおたてになって、法的に正式に行うと
仰っているのであれば、かえって良いのではないかと思いますヨ。
お父様にお話しして、叔母様に対して、やんわりと、
「わかったヨ。その方が良いかもしれないネ。法的にすっきりするし、
ただ、息子が(かってに貴方を男性にしてしまっていますが、間違って
いたら申し訳ありません。(笑)ちょっと聞いてところによると、父を
扶養していた私には、それを算定に入れてもらうことも出来そうとか
いっているみたいなんだけど…、よく、分からないけどネ。
ちょうど、いい折だから、弁護士さんに相談してみるヨ。」
(どうも恐らく、ワザと弁護士、弁護士と仰っていそうな気がしますが、
そうする事により、お兄様(貴方のお父様)より、幾分か多くの分与を
貰おうとしていらっしゃるような気がします。
法的には、先のご回答者の通りに、兄弟に対しては、等分となります。
しかし、上記のようにご扶養されていたら、その間にご面倒をみて
こられた分も算定してもらう事もできます。
勿論、お亡くなりになったおじい様の諸費用も(失礼とは存じますが
ご葬式代・お墓代等)その中に入れられます。

血族関係の財産分与は、非常に難しい問題が含まれています。
もし、叔母様がそう仰るなら、正式に法的にスッキリされた方が得策
ではないかと思います。

文面では、ご両親も貴方も法律的にうといとの事ですので、まず、
上記内容を整理して、各都道府県の無料法律相談(約30分)に
いって、すこし安心される事です。
また、地区によっては、地区弁護士会が同様な法律相談を行って
います。
親身になって相談にのってくれますので、安心しておいきになる事です
但し、内容を整理して、文書にまとめられる事を行っておいて下さい。
勿論、先程の叔母様へのそれとない会話は、これが終わってして
下さい。 
でないと、絶対の安心感や迫力がなくなると思いますから。
自信をもって、それとなく、表現できる筈ですヨ。

叔母様は、争議を起こした上、取り分も少なくなり、裁判費用も
発生する事になります。
かえって損をする事になります。
もっとも大きな痛手は、お兄様である(貴方のお父様)信頼をなくし、
将来、色々な直面する最大の防波堤をなくす事です。
これは、お金以上に大きなモノであろうと私は考えます。
勇気を出して、まず、ご相談にいかれて下さい。
安心をお手元にもてます。
    • good
    • 0

>建物と土地以外(相続分の四分の三程度)を要求し



相続分の四分の三程度ではなくて遺産総額の四分の三程度だと解釈してお答えしますが、だとすると叔母さんはずいぶんと欲深いというか、無理なことを言いますね。(逆に自分の取り分が少ないから裁判を起こすというのなら判りますが。)
正式に弁護士を立ててといってもこんな無理な依頼を受ける弁護士がいるのか、いたとしても裁判で勝ち目があるとも思えません。家庭の事情がよく分かりませんが、叔母さんがお祖父さんの面倒を見ていたとか特別の事情がない限り半分ずつ遺産を分けるのが普通ですので、hellさんの仰るようにまずは相手の出方を見てみるのが良いのではないでしょうか。
それ以前にお父さんと叔母さんで話し合うのが一番いいとは思うのですが・・・
hellさんの仰るようにお父さんが叔母さんの言い分を受け入れるのならそれはそれで問題ないです。
    • good
    • 0

祖父から見れば息子と娘ですよね


通常半分ずつかと思います。
あなたのお父さんがいいとなれば叔母さんの意見は通ると思います。
まず相手の弁護士がどう言ってくるか聞いてみては道でしょうか?
それで分からなかったり、不安だったら弁護士に相談するとか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産分割中、名義預金の出金についての方法

遺産分割協議中です
申告が必要となり相続税が発生します。

相続人は4人ですが、亡くなった父が長男名義の名義預金を3口ほど作っていたのがわかりました。
名義預金ですから相続として申告するつもりです。

一般被相続人の口座から出金するには分割協議書を作成して出金の手続きをするようですが
存命している長男の名義預金はどのように出金するものでしょうか

相続分として同様に分割協議書を提出して出金なのか
もしくは通常預金同様、本人が銀行に出向き出金をするということになるのでしょうか
あるいは別の方法があるのでしょうか

Aベストアンサー

>亡くなった父が長男名義の名義預金を3口ほど…

その預金は、通帳とカード、判子を父が握ったままだったのですか。
それなら確かに父の財産のままです。

一方、通帳等が兄に渡されていたのなら、兄への贈与が成立していると考えられます。

>存命している長男の名義預金はどのように出金…

銀行から見れば、あくまでも兄の預金ですから、兄が判子を持って行けばすんなり出してくれます。

父の生前に通帳等が兄に渡ってはいなかったのなら、相続税の申告や遺産分割協議書には、お考えのとおり父の遺産として扱う必要があります。

Q亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

年金生活者の母に借金があることが発覚しました。
金額は6社から200万ほどです。

法テラスを通じて紹介してもらった司法書士事務所の方と
自己破産をするのが最善策とのことで、話を進めていましたが

家族で住んでいる(母、私、弟、弟の家族、妹)なくなった祖父名義の
自宅の土地が2000万円の価値があるため、自己破産ができないかもしれない
ということです。

これまで、名義変更をせず、相続するばずの父もその間亡くなってしまい
まだ祖父の名義のままになっていました。

母のようなケースでは、やはり自己破産できないのでしょうか。

200万円の借金を返済するとなれば
弟は結婚しており、余裕がないため、
私一人が負担することになります。

自己破産できると思っていましたが
できないとなれば、自分にとって大変な負担になってきます。。

どなたか、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1さんの云うように、相続人であるか否か、あるとすれば、持分権を換価すればどれだけになるかで変わってきます。
「相続するばずの父もその間亡くなって」と云うことですが、相続人は父だけではないでしょう。
父も持分権とすれば、その子も持分権のはずです。
ですから、持分権は何分の1か何十分の1か、わからないです。
その権利を法律上計算し、2000万円を、例えば、10分の1の権利があるなら同額で破産はできず、それ以下の持分権ならば破産は可能です。
何しろ、相続権を祖父の死亡時まで遡り計算しなければ正解は出せないです。
なお、専門家は司法書士ですが、これだけ遡るにはすこぶる煩雑になるので費用は数十万円となると思います。
そうだからと云って、そのままにしておけば、債権者で代位して持分権は競売されます。

Qauの名義変更での質問ですが、名義変更での過去の質問をみると「auケータイ代金を分割支払中の場合、名

auの名義変更での質問ですが、名義変更での過去の質問をみると「auケータイ代金を分割支払中の場合、名義変更は出来ません。名義変更をする場合は、残金を一括清算いただきます。残金は譲渡手続きをおこなった月の翌月請求分と合わせて譲受者へ請求されます」と書いてあるのですが、これは名義変更されたから譲受者へ請求されてるんですよね?
親の口座ではなく自分の口座に変更したので(免許証も見せました)名義変更されたのかな?と思ったんですが、ただ口座を変えただけで、名義変更は一括支払いが終わったあとにまたauに行かないとダメですかね?

Aベストアンサー

http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k1112050668
http://cscnt.kddi.com/_layouts/A/QA.aspx?ID=29774678

支払い方法の変更(引落口座の変更など)と名義変更は異なります。
名義変更をすると、支払い方法が変更となります。

Q亡くなっている祖父の土地の相続について。

数十年前に亡くなった父方の祖父の土地について質問です。

数箇所に点々と土地を持っており、
一部は私の父名義・祖父名義の家屋が建っていて、
そのほか大半は荒地になっています。

土地にかかる税金もだれが支払っているか不明瞭で、もしかしたら未払いの可能性もあります。
市からも荒地になっていて近所が迷惑しているとの連絡を受けたこともあり、
一度きちんと整理したいと考えています。

祖母も他界し、父の兄弟(私の伯父伯母)が5人いますが、
みな行動力や知識がなく連絡も取り合っていないため、
恥ずかしながら兄弟全員が土地の把握・管理が出来ていないのが現状です。

そこで、

1.孫である私が調査・整理することは容易なのか(孫の私はすでに結婚しており別姓・遠方に住んでいます)。

2.未払いの可能性のある税金>土地の価格の場合、借金と言う形をとらなければならないのか。

3.失礼ながら父兄弟が他界した場合は、相続権が孫に移るのか。

4.税金未払いの際、祖父名義の土地に建っている父名義の家屋を差し押さえされる可能性はあるのか。

以上の4点について質問させていただきます。

勉強不足なもので、ある程度知識をつけてから、市の相談を訪れたいと考えております。

よろしくお願いいたします。

数十年前に亡くなった父方の祖父の土地について質問です。

数箇所に点々と土地を持っており、
一部は私の父名義・祖父名義の家屋が建っていて、
そのほか大半は荒地になっています。

土地にかかる税金もだれが支払っているか不明瞭で、もしかしたら未払いの可能性もあります。
市からも荒地になっていて近所が迷惑しているとの連絡を受けたこともあり、
一度きちんと整理したいと考えています。

祖母も他界し、父の兄弟(私の伯父伯母)が5人いますが、
みな行動力や知識がなく連絡も取り合っていないため、
...続きを読む

Aベストアンサー

1.市役所の固定資産税窓口に問い合わせしてください。
同一市内の固定資産については、課税台帳(名寄帳)の写しをとれば
固定資産の所在地や面積、課税評価額等はわかります。
郵送でも受け付けてくれると思いますので必要書類を揃えて申請すれ
ばいいと思います。
必要書類は、(あなたの父が存命かどうかが質問では不明ですが、
父が存命として)祖父と父の関係書類(戸籍謄本等)、父身分証明、
父からあなたへの委任状などになります。

2.納付・滞納状況についても↑と同様に問い合わせできると思います。
現況が山林や雑種地、農地なら課税額もそう多額ではないので誰かが
払っている可能性もあると思います。
滞納が続き、督促も無視しているような状態であれば差押えられてい
る可能性もあります。

3.父兄弟の相続分は彼らの配偶者や子に相続されます。
父兄弟が共同で相続して、その分割手続きを放置している状態だと
どんどん面倒になってきますから、父兄弟が元気な間に遺産分割手続き
を済ませたほうが賢明です。

4.督促を無視している状態であれば差押えられると思います。

QiPhone5分割払い残りありで名義変更

新規契約で新品(ショップでの設定程度)分割払いはまだ支払いはじめてません。
この場合名義変更は可能なのですか?
こちらの事情で契約後使用目的がないため、まよってます。2台あり。

Aベストアンサー

 回答1の者です。

 名義変更って端末だけではなく回線ごとということですか?それならば可能です。アップルケアに入っている場合には回線だけではなくアップルケアの譲渡手続きも必要です。

 ただし相手が料金滞納やiPhoneを購入してから1年経過しないままMNPした履歴があるとかでブラックリストに入っていたりするとダメですが。名義変更自体には特に制限はありません。

 ただ、問題があるとすればあなたの方です。解約やMNPではなく名義変更なので、まず大丈夫だとは思うのですが、もしかしたらあなた自身がブラックリストに入ってソフトバンクと今後契約できなくなる可能性はあります。先に記したとおり、iPhoneの1年以内での解約はブラックリスト入り濃厚なので。念の為にソフトバンクに電話して名義変更ではブラックにならないかどうか確認した方がいいと思います。

 だだ、あなたはiPhoneを分割で購入し、残債はまるまる残っている状態です。その残債は回線契約者にかかってきますので名義を譲渡された側が支払うことになります。果たしてそんな回線を受け入れてくれる人がいるかどうかが問題ですが。

 あと蛇足ですが、ここでの返答は回答の補足ではなく回答へのお礼でした方がいいですよ。あなたのプロフィールに表示されるお礼率が上がって有効な回答を受けやすくなりますし、相手が特に設定していなくてもレスをしたメールが届くので気づきやすくなります。ここって補足だと設定しない限りメールが届かないんですよね…。

 回答1の者です。

 名義変更って端末だけではなく回線ごとということですか?それならば可能です。アップルケアに入っている場合には回線だけではなくアップルケアの譲渡手続きも必要です。

 ただし相手が料金滞納やiPhoneを購入してから1年経過しないままMNPした履歴があるとかでブラックリストに入っていたりするとダメですが。名義変更自体には特に制限はありません。

 ただ、問題があるとすればあなたの方です。解約やMNPではなく名義変更なので、まず大丈夫だとは思うのですが、もしかしたらあなた自...続きを読む

Q亡くなった祖父名義の土地にある無届建物について

タイトルの通りなのですが、
祖父は60年以上前になくなっているのですが、
その祖父の名義のままの土地があります。
つい最近までそのような状況であったとは知りませんでした。
ある事情により、現在は他人となっている人が
30年以上前に、その土地に建っていた家を建替え、
現在も住んでおります。

最近、その建替えた家を、登記していないことが分かりました。

60年以上前に祖父が亡くなり、そして私の父もすでに亡くなっているものですから、
私も、土地を相続する権利を有する一人です。

そこで皆様にお聞きしたいのですが、
登記していなかった建物について、
登記等の手続きをするのは、現在住んでいて、かつその家を
建てた人がやるべきことだとは思いますが、
その際、私には、なにか手続き等が発生するのでしょうか。
また、固定資産税等の請求が、私のような相続権利者にまで
来るものでしょうか。

Aベストアンサー

建物はともかく、土地についてはっきり方をつけましょう。

「事情があって、他人となっている」のであるから、何か話し合いがあって使用しているのでしょう。
話を聞き、土地をいらないのであれば、時効取得で直接、その人の名義にする。

相続人名義にしたいなら、早く法定相続人通しで決めないと、事実上名義変更が不可能(手続き費用等で100万円)になります。

建物については、それが決着してから。

Q遺産分割協議書作成まえに、土地の名義変更

親がなくなり貸家付土地を含む遺産相続のことで、税理士さんにお世話になっています。今分割協議中ですが、登録免許税の税率が4月から0.2%から1%に改正になるので土地を相続することになる人(私に内定してます)は3月までに所有権移転登記をしたほうが、節税になるといわれました。まだ他の不動産や有価証券の分割があって、遺産分割協議書作成ができていない段階ですが、相続人たちの同意があれば、この貸家付土地を私の名義に変更できるものなのですか。できるのなら税率が変わる前に、そうしたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>今分割協議中ですが、登録免許税の税率が4月から0.2%から1%に改正になるので

 相続を原因とする所有権移転登記の登録免許税の税税率は、0.2%から「0.4%」に変わります。

>相続人たちの同意があれば、この貸家付土地を私の名義に変更できるものなのですか。

 遺産分割協議書の作成は必要です。しかし、全ての遺産について遺産分割協議を成立させる必要はなく、本件不動産について遺産分割協議が成立したのでしたら、本件不動産についてのみの遺産分割協議書を作成して、それを相続登記の添付書類とすることができます。

Q相続済の土地に4つの建物があります。このうちの一つに相続人ではない叔母

相続済の土地に4つの建物があります。このうちの一つに相続人ではない叔母が住んで2年ほどになります。この建物は登記していませんが、万が一、この叔母が建物の権利を主張した場合を考えて、建物の登記はしておいたほうがいいのでしょうか?叔母は80代後半のため、このまま10年15年と住み続けるとは考えにくいです。土地自体が、遺産分割協議書を交わして、他の親族に相続されているので、問題ないのでしょうか?建物の登記には測量士や司法書士に依頼すると、費用もかなりかかるりますし、登記に義務はないので、問題がなければ、このままにしておきたいのですが、大丈夫でしょうか?お詳しい方がいらしたら、お手数ですが、教えてください。

Aベストアンサー

叔母が2年ほど前に引っ越して来て無償で住み続けており、
その後所有者の被相続人(父など)からあなたが相続した
ということでしょうか?

と、いうことであれば使用貸借(タダで借りること)で
あなたは貸主(義務)を相続していることになります。
使用貸借の権利は譲渡や相続はできませんから、最長でも
叔母が生きている間だけでその後は消滅しますので争いに
なることはないと思います。

それと、叔母の占有問題からは話は外れますが、その建物
はこれから先どうしようと考えているのでしょう。

土地が他人名義であるようですが、地代を払って借地契約
しているのでしょうか?それともタダで借りている使用貸借
でしょうか?

もし使用貸借であれば、同様にあなたが死ねばその権利は
無くなりますし、建物の改築や再築は土地所有者の許可が
なければできません。
地代を払って、かつ建物が登記されている場合には借地権
が成立します。借地権は売買も相続もできます。

Q共有名義の遺産分割協議書の書き方について

 父、母、兄の共有名義(持ち分各3分の1)の建物がありますが、母は平成9年、兄は平成10年、そして母は平成14年に亡くなりました。
 私は亡くなった兄と二人兄弟で兄には息子が一人います。相続人は私と兄の子供(甥)の二人になると思いますが、甥は土地、家屋は相続しないで、金銭を相続することになっています。
なお、この他に土地がありますが母の名義になっています。
次のことについて教えてください。
1 共有名義の建物と母名義の土地について遺産分割協議 書は一つにまとめて作成することは可能でしょうか。
  可能である場合、どのように書いたらいいのでしょう か。
2 共有名義の建物の兄の持ち分について私が取得した場 合、贈与の対象となるのでしょうか。

Aベストアンサー

1.父の持分については、母・兄・あなたが相続人ですね。
2.兄の持分及び1での兄の相続分は甥が相続人です。
3.母の持分及び1での母の相続分にあなた及び甥が相続人となります。

最終的にあなたと甥が現在生存する相続人ということになりますので、「父・母」が名義人となっているものについては「あなた・甥」で遺産分割協議が可能です。
遺産分割協議書も1通でかまいません。

但し、甥が未成年者であって婚姻していない場合は、甥の親権者(兄の元妻でしょうか)が甥にかわって協議することとなります。(甥の法定代理人として)

兄の持分については甥だけが相続人ですので、協議書は必要なく戸籍等を整えれば相続登記(兄→甥)を行うことができます。
その後、甥が相続にて取得した持分をどうするか(売買・贈与など)ということになるでしょう。


前回回答にも書きましたが、専門家に依頼して法律的に問題のないように作成してもらう方がいいと思いますよ。

Q民事裁判 建物土地明け渡し請求事件について(裁判所に行く前に出来ることがあれば教えて下さい)

亡き父の経営していた歯科医院の建物なのですが、土地は叔父の名義、建物は私と母と妹の名義、業務を継いでくれたのが一緒に働いていた方(血縁者ではありません)5名です。

二年前の5月に父が61歳で亡くなり、今後歯科医院をどうしていくかと話し合った時に最初は業務を続けることに同意(正式な契約の前に口頭で)していた叔父でした。
父の病気がわかった頃から勤務してくれていた先生が他の従業員、患者のことを考えて医院を続けることを決意してくれこれから土地の賃貸契約を結ぼうとしていた時でした。
叔父の娘が従業員だったのですが、娘が出来婚で突然医院をやめたため、建物を撤去して土地を明け渡すように求められています。事情を細かく書くとかなりの長文になってしまいますので簡単に書きました。

お互い弁護士のお世話になり、調停では解決しなかったので、書面でのやりとりを続け、6月には証人尋問が行われることになり始めて裁判所に赴くことになりました。
母は父とは長年別居していたこと、父から今後のことなど色々聞いていたのが妹だったこと、私は叔父とのこれから会社をどうするかという話のときにいなかったため、尋問には妹が出ることになり私は傍聴席に行くことになります。こちら側からは、会社の代表者(父をついでくれた方)顧問税理士が尋問に出ます。相手方は叔父一人です。
 
今回質問させていただいたのは、自分が尋問に出られない分少しでも6月までに準備したり調べられることはないかと考えてのことです。

弁護士との打ち合わせはもちろんしますが、裁判も裁判所に行くことも初めてですので、何か少しでも準備できることはないか、実際どのような流れで行われるのか、とても不安に感じておりますので、とりとめのない質問で申し訳ないのですがよろしくお願いします。

亡き父の経営していた歯科医院の建物なのですが、土地は叔父の名義、建物は私と母と妹の名義、業務を継いでくれたのが一緒に働いていた方(血縁者ではありません)5名です。

二年前の5月に父が61歳で亡くなり、今後歯科医院をどうしていくかと話し合った時に最初は業務を続けることに同意(正式な契約の前に口頭で)していた叔父でした。
父の病気がわかった頃から勤務してくれていた先生が他の従業員、患者のことを考えて医院を続けることを決意してくれこれから土地の賃貸契約を結ぼうとしていた時でし...続きを読む

Aベストアンサー

 証人尋問ということですから,既にお互いの主張は出尽くしているはずですから,それまでに準備することはないと思います(あれば問題です)。

 流れですが,人証が嘘をつかないという宣誓をして,まず原告の方の人証(記憶が確かではないので被告側からかもしれません)に対し原告の弁護士が質問をして,終わったら被告の弁護士が質問します。必要があれば裁判官も質問します。次に被告の人証に対して被告の弁護士が質問して,原告の弁護士が質問して,必要があれば裁判官が質問します。

 弁護士との打ち合わせだけすれば十分です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報