「教えて!ピックアップ」リリース!

なぜドラッグストアなんですか?
薬は英語でメディシンじゃないですか
ドラッグは悪いイメージしかないような気がします

A 回答 (16件中1~10件)

メディシンは内科のことで、ドラッグストアには、腰痛の薬とかも売ってます。

    • good
    • 0

マツモトキヨシは、「薬 マツモトキヨシ」と書かれています。

ドラッグストアとは書かれてません。
    • good
    • 1

薬は、本来、医者の診断で処方箋を書いてから薬をもらうものです。



でも、今は薬の開発が進んで、ストアで誰でも買える時代になったんですよ。
    • good
    • 0

本来、薬屋は薬だけ売ってたけど、今は日曜品とか食品も売ってるからです。

    • good
    • 0

中国だって、漢方だから、大麻とかも使ってたんだよ。

    • good
    • 0

大昔、薬の無い時代は、大麻とか、自然に生えている薬草を使ってたんだよ。



酒だって、百薬の長と言われてんだろ。
    • good
    • 0

だいたい、病院の薬もらうところは第一薬局とかですよ。



ドラッグストアとは、第三医薬品など、家庭用の薬を売ってるところです。

ドラッグストアでも、調剤薬局が中にあります。
    • good
    • 0

アメリカでは麻薬(トリップして楽しむ依存性のある薬品)よりもドラッグストア(薬剤師が薬を売る薬局)の方が歴史が古いからでは?



例えば現代で「着物」といえば民族衣装の和服ですが、昔は着ているもの全般を指していました。
Drug(=薬品、薬剤、薬、有害な薬物、麻薬)も同じことだと思います。
    • good
    • 2

ファーマシーは調剤薬局、ドラッグストアは「薬剤店」、メディシンは「薬」です。



ドラッグストアは一般的に「処方箋調剤をしない薬販売店」でマツキヨみたいな日用品も売っているイメージ、もちろん日本同様に調剤薬局が併設されていても「ドラッグストア」ですが、イメージとしては「調剤もやっている」というイメージが強いです。

イギリスでは上記の内容でも「ファーマシー」ですが、アメリカの調剤薬局はコミュニティファーマシーとかコンパウンド・ファーマシーなどがあって「薬を調薬する」というイメージが強いです。もちろんファーマシーでも日用品を売っていたりします。

日本と英米では、そもそも薬剤師のやれることが全く違いますし、処方箋受付の方法や、保険診療の範囲も全く違います。

なので、日本のドラッグストアは日本的だし、アメリカのやり方もイギリスのやり方も結構違います。

ただし、いずれにしてもメディシンは「薬」そのものの意味なので「薬・店/局」という言葉にはメディシンは使いません。
    • good
    • 1

「ドラッグストア」という名称は和製英語ではありません。


アメリカで一般的に使われている"drug store"をそのまま
「ドラッグストア」とカタカナ表記しただけのことです。

仰るようにドラッグはイメージが悪い為、イギリスでは
"pharmacy"が一般的みたいです。

日本では以前は”薬局”という言い方でしたが、いつ頃からか
分かりませんが、薬以外に日用品の扱いを多くする形式の
お店が登場し、”薬局”という言い方が合わなくなったなった
為にアメリカ式の”ドラッグストア”という名称を用いて注目
を集めるようにしたのでしょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング