あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

マニキュアの除光液を使った裏技(?)で、「透明なプラスチックを除光液でこすると、その部分がスリガラス状に白く不透明になるので、それを利用してカップやケースに模様をつける」というのがありましたが……。
その逆で、白くなってしまった部分を透明に戻すのは無理でしょうか?
表面に細かな凹凸ができて、いわばざらついた為に白くなるワケですから(この辺自信無し)、やっぱり戻すのは無理でしょうか……。
実は、除光液の容器が壊れてて、周りに置いてあったクリアケースが無残な事になってしまったのです。捨てるつもりなのですが、その前に一応ここにすがってみました。何か救済方法がありましたら是非教えて下さい。(T_T)

A 回答 (2件)

除光液は一種の溶剤だと思いますが、変質した部分が浅く表面の極薄い部分だけであれば、元に戻すのは無理だと思うので、表面を削り取ってしまうしかないと思います。



綺麗にやるには、「コンパウンド」で磨いてあげるのがいいと思います。

「コンパウンド」とは、クレンザーのような物です
「コンパウンド」は金属用や塗装面用、樹脂用と、用途によって色々あります。
用途を間違えると、曇ったようになったり、効果が現れにくかったりします。

身近なところでは、自動車の専門店や一部大型ホームセンターに車の樹脂式ヘッドライト用のコンパウンドが売られていますのでこれが使えると思います。

しかし、変質した部分が表面だけでなく内部に達していると、元に戻すのは無理だと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

あ、削り取るという方法があるのですね。
近所にホームセンターあるので、探してみます。
有り難う御座いました。(^^)

お礼日時:2005/04/08 21:45

こんにちは。



私の場合は小さなピアスでした。
ピアスの飾りの部分が外れたのでアロンアルファーでくっつけたら、はみ出たアロンアルファーのせいで飾りの部分が白くなりました。

ピアスの飾りは半球の透明の飾りの中にマークが書いてあるようなかんじのもので、肝心のマークが白くなった部分で見えません。
ダメもとで透明マニキュアを塗ったら、透明になりました。
ただ、デコボコで変だなぁと思い、除光液でやり直したところ、更に白くなってしまったということがありましたが、乾いてから再度塗り直したらなんとか白い部分は透明になりました。

残念ながらデコボコは無理でしたが。
塗り方がよければ直ったかもしれません。

捨てるのであれば試してみる価値はあるかもしれません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

透明マニキュアですか。意外ですね。
手軽でいいですね。ちょっと飛沫が飛んだだけの所に試してみます。
有り難う御座いました。(^^)

お礼日時:2005/04/08 21:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q除光液で白くなった。

子供が誤ってテーブルの上に除光液をこぼしてしまい、テーブルの上が直径10cmぐらい白くなってしまいました、簡単に治す方法は無いでしょうか?
まだ買って3ヶ月のテーブルなので、何とかしたいのですが
助けてくださいm。。m

Aベストアンサー

一見簡単そうに思えても、一般人が目立たなく修復するのはかなり困難です。

マニキュアはある種のペンキであり、それを落とす除光液はシンナーのようにペンキを溶かす(薄める)液体、すなわち溶剤の仲間です。
テーブル表面が何で塗装されているかによっても違いますが、ニス、ラッカー、ポリウレタンなどで塗られた部分が、除光液によって溶かされ光沢が無くなっている訳です。
きれいに修復するためには、溶けた部分にもう一度同じ塗料を塗らなくてはいけませんが、経験がないと難しく、修理してくれる業者もなかなか無いようです。
(採算が合いません)

No.1さんの方法も選択肢の1つではありますが、「そのまんまの木が出てきましたけど・・・」と書かれているように、「ストリッパー」も強力な溶剤ですから、白くなった部分をさらに溶かして塗料を根こそぎ剥がしてしまう可能性があります。

もし実行される場合には、テーブル裏側あたりの目立たない部分に、再度除光液で同じシミを作り、その上からストリッパーで擦ってみる必要があります。
予備テストなしでいきなり本番は危険すぎますので、十分ご注意下さい。

●そこで提案です。

白く浸蝕された部分がごく浅く、月面クレーターのようにはデコボコになっていない、つまり被害の程度が軽い場合の補修方法の中で、溶剤や塗料を使わないやり方を書いてみます。

◇クルマの塗装面の擦りキズなどを研磨する「コンパウンド」を使います。

◇粗目、中目(細目)、細目(極細目)がそれぞれ小さなチューブに入った、3本セットのものが売られています。
 (どのメーカーでも大差ありません。カーショップ、DIY店。¥1000程度)

http://www.holts.co.jp/b1/b000a001.htm

http://www.soft99.co.jp/products/car/14_2compound/comp_try.html

◇古い綿の肌着などにコンパウンドを付けて白くなった部分を研磨しますが、一番「細目(極細目)」のものから順に試して下さい。(タオルじゃなく、綿が良いですね)

始めは、切手か500円玉程度の面積を指先で布を10~20往復位させて、一度きれいな布で拭き取り、光沢が出そうかどうか?確認します。

少しこすってみて全く研磨されていないようであれば「中目」にします
中目でもダメであれば「粗目」からのスタートになります。

包丁研ぎと同じ理屈ですが、「細目」で十分な場合には、中目、粗目はキズを作りますから不要な作業になります。

◇「細目(極細目)」で丁寧に研磨し、時々光沢を確認しながら限界と感じたところで一旦終了です。

カラ拭きして許せる状況ならそれで構いませんし、もっと滑らかにして光沢が欲しい場合には、ホワイト車用のコンパウンド入りワックスか、プラスチック鏡面仕上げコンパウンドで磨き上げると、さらに綺麗に仕上がる可能性があります。(HoltsのMH122プラスチック用が良いかも知れません)

私はこの方法で長さ150cmのテーブル全面を研磨しました。(塗料によっては出来ないものもあります…)

ただし、再塗装ではなく研磨ですから、その部分がほんの少しだけくぼんでしまうのは覚悟して下さい。
たぶん、そう気にならないとは思いますが・・・

出来そうでしたらトライしてみて下さい。ご検討をお祈りいたします♪
分からない点がありましたら、またどうぞ。

参考URL:http://www.holts.co.jp/b1/b000a001.htm,http://www.soft99.co.jp/products/car/14_2compound/comp_try.html

一見簡単そうに思えても、一般人が目立たなく修復するのはかなり困難です。

マニキュアはある種のペンキであり、それを落とす除光液はシンナーのようにペンキを溶かす(薄める)液体、すなわち溶剤の仲間です。
テーブル表面が何で塗装されているかによっても違いますが、ニス、ラッカー、ポリウレタンなどで塗られた部分が、除光液によって溶かされ光沢が無くなっている訳です。
きれいに修復するためには、溶けた部分にもう一度同じ塗料を塗らなくてはいけませんが、経験がないと難しく、修理してくれる業者...続きを読む

Qプラスチック製品の曇りを元通りにするクリーナーはありますか?

プラスチック製品の曇りを元通りにするクリーナーはありますか?
また、どこで購入できるでしょうか?

Aベストアンサー

<プラスチック製品の曇りを元通りにする>には、研磨剤です。表面に擦り傷等の細かい傷が無数に付く為に、艶がなくなってしまうのです。ドイツ製のアモール(ペースト状)を、ジャージウエスに、広く軽く塗り広げます。余り圧着せずにスピードをつけて磨きます。これは、漆・カシュー製品の艶上げに使用します。これのみでかなり元通りになります。アモールは研磨剤店、うるし屋さんで販売しています。NETでも調達出来ると思います。基本的には、金属磨きですから、金属製品-ステンレス製のスプーン等もピカピカになります。更に、極上の艶上げをしたい場合には、チタン白(やはり、研磨剤店、うるし屋さんで販売しています。)を使用します。サラダオイルを脱脂綿につけて表面を拭き、チタン白をおや指の付け根に薄くつけ、スピードをつけて磨きます。油も一緒に綺麗にとれます。この艶上げは、完璧です。

Q傷ついたアクリル板を透明にする方法

アクリル樹脂製の箱が小さな傷がたくさんついたことによって不透明になってしまったのですが、愛着があるので元の透明な箱にもどして使いたいのですが、良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

古いオープンカーに乗っていた頃、幌の後方視界確認用のクリアのビニール部分がキズで曇ってしまったことがあります。
米国のケミカルメーカの "3M" から発売されているプラスティック・クリーナ使ったら見事に綺麗になりました。

また、NASAの公式時計で風防がガラスじゃなくてプラスティックのモデルがあるんですが(宇宙船でガラスが割れたら大変だかららしい)、交換してもまたキズがついたら と、思い上記のクリーナで磨いてみました。最初はザラついたいやな音がしましたが、小キズは綺麗になくなりました。

輸入車の塗装や磨きを行っているお店なら 3M の製品使ってますから、発注してくれると思います。
私は東急ハンズで見つけました。

Q透明なプラスチックのくもりの除去方法

場違いだったらすみません。車のライトについてですが、バルブを交換した際に少し不安定(走行時の衝撃で取れるかも?)だったため、ソケットとバルブの一部を瞬間接着剤で固定しました。装着自体は問題なかったのですが、日が経つにつれてライト内部の透明カバーが白くくもってしまいました。恐らく密閉された空間の中で瞬間接着剤の成分が気化し、その影響で白くなってしまったと思います。(イメージとしては経年劣化による黄ばみで少し濁った感じに近いです。)走行には問題ありませんが、見た目が白くなってしまったのでなんとかクリアーに復活させたいと思っています。何かの薬剤で拭くとクリアーにならないかご存知の方いらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 何かの薬剤で拭くとクリアーにならないか
そう言った薬剤があるかどうかは残念ながら知りません。
感覚的には、溶剤の類で拭くとかえって曇りがひどくなるように思われます。
一時的な措置で良ければ、シリコンオイルのようなものを塗れば、多少は白濁が少なくなるかも知れませんが……。

ご質問の「透明カバー」の材質はアクリル樹脂でしょうか?

アクリルでしたら、ちょっと手間はかかりますが、サンドペーパーで磨いていって、最後は#600番くらいの水ぺーパーで磨いて仕上げると、ほとんど透明に戻すことが出来ます(経験アリ)。

ただしこれが出来るのは面が平らな場合であって、もし「透明カバー」の曇った側がフレネルレンズなどのように凸凹面になっているのだとすると、全面を透明になるまで磨くのは非常に難しいと思います。

Q家具を除光液で拭いてしまった

お気に入りのダークブラウンの家具(木製)にマニキュアを落としてしまい、
除光液で拭いてしまいました。
除光液のついたコットンには家具の色が移り、
拭いた箇所は白くなってしまい、色が落ちてしまいました。
直す方法はありますでしょうか。

年末年始に来客があるため、なるべく早く直したいのですが、
ご存知の方お知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

マニキュアの除光液は、家具塗装に用いる塗料の溶剤と同じような成分で出来ています。
現在その家具は、水性絵の具で描いた絵に水をたらし拭き取ったような状態だと考えられます。
わずかなキズ・色落ちならば、既に回答されているような方法で対処可能かと思います。
ですが、お気に入りの家具・こだわり家具であるならば、近くの木工所などに問い合わせ、補修もしくは天板のみの作り変えを依頼することをお勧めします。
年末年始の来客に対する応急処置としては、マットを敷いたり、花瓶を置いたり等、色ムラの場所を隠してしまうのも手かと思います。

Qヘッドライト レンズ 糊 除光液

プラスチック製のヘッドライトに付着したシールの跡のような糊状のものを除光液(スクラブエナメルリムーバー)で拭きましたところ、レンズが曇ってしまいました。

それを拭き取ろうとすると、拭けば拭くほど曇った面積が広がり、とうとうレンズ全体が曇ってしまいました。

これをきれいにして、元のクリアな状態に戻す方法はありますでしょうか。

Aベストアンサー

除光液はシンナーと同じく有機溶剤ですから曇ったというより表面が溶けたものと考えられますが?
そこまで逝ってしまえばコンパウンドで磨いても、あまり変化は無いものと思われます。
よくやる手段ですが段階を追って処理します。
最初は細かいペーパーで水研ぎします。
どんどんペーパーの目を細かくしていき、次はコンパウンドの細目で磨きます。
その後はコンパウンドの極細目で磨けば、かなり綺麗になります。
最後はバックス等で販売しているヘッドライトの黄ばみを取る液体等でコーティングすれば透明に近くなります。

Q台所の蛇口に除光液をかけたらベタベタに・・・

台所の蛇口(プラスチックっぽい白いもの)をマニキュアの付いた手で触ったらマニキュアが付いてしまい、
除光液(アセトンなし)で拭き取ろうとしたら
蛇口のコーティングみたいなものまで取れてしまったのでしょうか。ベタベタするのです。
どうしたら元に戻るでしょうか?
ちなみにアパートです。
お知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

表面がベタベタになっていると言うことは恐らく除光液によって表面が溶けてしまったと思います。

乱暴な手段かもしれませんが・・・・
(1)サンドペーパー(300~600番手)で表面を磨く
(2)仕上げに1000番くらいのサンドペーパーで磨く
(3)コンパウンド(細目)で仕上げる。
これで多少はきれいになるはず?

Q除光液でボンネットのタッチペンを拭き取りました

先日、洗車をしていたらボンネットに塗装がはげているのを発見しました。
2ミリ程度と1ミリ程度のが合計7箇所くらいです。
おそらく飛び石によるものと思われます。

タッチペンを買ってきて、筆で塗ったのですがうまくいかず、自宅にあった除光液で拭き取り、再度塗りました。
そんなことを2,3回繰り返しました。
筆ではうまくいかなかったので綿棒に塗料を付けて塗ったら、筆よりはうまくいきました。

除光液をボディに付けるのはボディを痛めますか?
また、このような作業は何か問題はあるでしょうか?

除光液は直接ボディに付けたのではなく、ティッシュに染み込ませて、塗料を拭き取りました。

1回くらいでは問題ないのでしょうけど、2,3回同じことをしましたから、心配になってきました。

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは自動車塗装工です。

除光液は体に使うものなので溶剤としては弱いものです。ですのでその程度ではまったく心配いりません。大丈夫です。

自動車に使われる塗料はほとんどが硬化剤反応型塗料なので硬化した後は溶剤にはほとんど溶けません。
もちろんボンネット等に除光液を垂らしたまま何日もほっておくともちろん塗装は侵されて不具合がでてしまいますが、ティッシュに染み込ませふき取ったくらいの接触時間ならまったく問題ないです。

もしタッチペンをしたパネルが安価な揮発乾燥型ラッカー塗料で塗装されてしまっていたとしても、その程度の接触時間なら少し痕が付いてしまう程度で済むと思います。その場合は細めのコンパウンドで磨けば綺麗に痕は落とせます。。(あまりごしごしふき取っていると揮発乾燥型ラッカー塗料はすぐに溶けてしまうので色がおちてしまいます。)

2.3回と同じことをしたことを心配されているようですが、接触回数ではなく接触時間が問題なので、接触時間がトータルで短ければ問題ないです。

Q除光液でアルミの脱脂はできますか?

カテゴリ違いでしたら申し訳ありません。

成分がアセトン、水、酢酸ブチル、プロピレングリコールの除光液は純アルミの脱脂に使えますか?

また、使用した場合、不都合はありますか?

ご存じの方、ご回答頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

1) アナタ のいう成分の除光液で、脱脂は可能です。
2) アルミ表面の油脂成分はC-18 (炭素分子を18個 含む分子) などの種々なもので、酢酸ブチルには易
溶、アセトンには準易溶、プロピレングリコールには準準易溶、水には難溶です
3) テストとして アナタ の除光液を数滴、(ヨウジに綿のついた)、アルミ表面をこすり、乾かす、
4) 無論、よく脱脂する為、2-3回、表面をこすりあらう、( 外デ、液は手に触れないように)
5) 脱脂 前後のアルミ表面(乾いた)に小さな水滴をのせると、その表面張力の違いがすぐ観察デキマス
6) 脱脂前のは水滴がそのまま残り、脱脂後のは水滴がアルミ表面にぬれとゆきます


7) 純アルミの脱脂 後、それをどのように使用するかによりますが、髪乾燥用のドライヤーで乾燥させると
アルミ表面に残った有機溶媒、水を取り除けます。

Q手鏡を持っています。 プラスチックの手鏡です。 マニキュアでデコレーションしてみましたが、失敗しまい

手鏡を持っています。
プラスチックの手鏡です。
マニキュアでデコレーションしてみましたが、失敗しまいました。
アセトンで消そうとしましたが何故か落ちにくいです。プラスチックについたマニキュアはどうすれば消せるんですか?

Aベストアンサー

アルコール(無水エタノールもしくは燃料用アルコール)で拭いてみる。
それでもだめなようなら、マニキアの染料がプラスチックに染み込んでいると思われます。
染料が染みている場合は、色を落とすことは無理です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング