「教えて!ピックアップ」リリース!

歪みの量が時間経過とともに増大していくという現象はありますか。もしあるのであれば、それは何という現象ですか、詳しい方ご教示ください。

質問者からの補足コメント

  • yhr2様
    早速のご回答ありがとうございます。
    レーザーの出力が、単体では一定値なのに対しその筐体ごと別の箱に納めて固定すると出力が時間とともに変化し、しかもその変化量が増加していくという現象が見られ、その原因を考えた次第です。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/09/21 11:16
  • yhr2様
    早速のご回答ありがとうございます。
    レーザーの出力が、単体では一定値なのに対しその筐体ごと別の箱に納めて固定すると出力が時間とともに変化し、しかもその変化量が増加していくという現象が見られ、その原因を考えた次第です。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/09/21 11:17
  • han-ka-2様
    早速のご回答ありがとうございます。
    レーザーの出力が、単体では一定値なのに対しその筐体ごと別の箱に納めて固定すると出力が時間とともに変化し、しかもその変化量が増加していくという現象が見られ、その原因を考えた次第です。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/09/21 11:17
  • eatern27様
    早速のご回答ありがとうございます。
    レーザーの出力が、単体では一定値なのに対しその筐体ごと別の箱に納めて固定すると出力が時間とともに変化し、しかもその変化量が増加していくという現象が見られ、その原因を考えた次第です。

      補足日時:2022/09/21 11:19

A 回答 (4件)

まず疑うのはひずみなんかより温度じゃないかな、というのが第一印象ですね。


断片的な情報では何も分からないので的外れかもしれませんけど。
    • good
    • 0

変形(ひずみ:ゆがみ)は基本的には3種類に分類される。

可逆的な変形は弾性変形と呼ばれる。非可逆的な変形が2種類あって,時間が関与しないものを塑性変形と呼び,時間と共に変化するものを粘性変形と呼ぶ。ご質問の現象は粘性変形のうち,ある応力一定の状態でひずみが時間的に変化(増大)する部分に相当し,クリープ変形と呼ぶこともある。逆にひずみを一定にした状態で応力が時間的に変化(減少)する場合を応力緩和(リラクゼーション)と呼ぶ。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

状況次第ですが、クリープの話ですかね

この回答への補足あり
    • good
    • 0

経年変化、エージング。



非弾性歪、塑性歪。累積歪、繰り返し塑性歪。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E5%BC%BE …

一度発生したひずみが、外力がなくなっても元に戻らないのは「ヒステリシス(履歴現象、履歴効果)」。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B9 …
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング