腕にほくろがあるのですが、そこの毛が何倍も太くで長いです。
複数のほくろで同じ現象がおきています。
ほくろの何が毛を成長させるのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おそらく通称「黒あざ」だと思います。



胎児のときに本来、神経細胞かメラノサイトに分化する予定だった神経系の細胞が分化できなかった場合、「母斑細胞」というほくろを構成する細胞になるようです。

ほくろの毛が太かったり長かったりするのは、ほくろを構成している細胞が他の細胞に比べ活発だからだそうです。

ちなみにほくろの毛は抜くことにより、ほくろの細胞を刺激し、それが癌の原因になることもあるとのことなので、抜かない方が良いとのことです。

参考URL:http://www.nsknet.or.jp/katoh/nevus_phacomatosis …
    • good
    • 0

自信はありませんが、



ほくろ自体メラニン色素が以上に多い細胞の塊です。

つまりその部分はある意味異常な部分なのです。

だから毛根から以上に太く長い毛が生えるのだと思います。
    • good
    • 0

メカニズムまでは知りませんので、解答には満たないと思いますが、一応。


ほくろは、医学用語で、母斑といいます。母斑にも様々あり、質問者の言っているものは「獣皮様母斑」と思われます。この単語で検索してみてください。
    • good
    • 0

メカニズムまでは知りませんので、解答には満たないと思いますが、一応。


ほくろは、医学用語で、母斑といいます。母斑にも様々あり、質問者の言っているものは「獣皮様母斑」と思われます。この単語で検索してみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報