20年以上前の国語の教科書に載っていた物語です。
「ある少年(少女かも?)が塾(?)で帰りが遅くなっても帰り道にある果物屋さんだけは開いていて明かりがついているので、少年(少女かも?)は夜道を不安にならずに家まで帰ることができた」というような内容の物語です。
これは教科書にだけ載っていた物語なのでしょうか?それとも元があるのでしょうか?タイトルは?
ご存知の方、ぜひ教えてください。
気になって、夜道を不安で帰れません(うそ)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

タイトルは「あの坂をのぼれば」で


作者は「杉みき子」です。

下記に収録されているようです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4037204 …

タイトル小さな町の風景
シリーズ偕成社の創作文学 44
ページ206p
大きさ21cm
しゅっぱんしゃ偕成社
しゅっぱんねん1982
ISBN4-03-720440-1

参考URL:http://diary.jp.aol.com/vgjqvt/38.html
    • good
    • 0

ごめんなさい。

タイトルは「夜の果物屋」でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり記憶とは曖昧なものですね。
それを解決していただけて、幸せです。

お礼日時:2005/04/07 17:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング