人前でスピーチをしたりなんかの演技を見せると、顔が熱くなって顔が赤くなってしまいます。(本番直前は腹痛&心臓がドキドキいってます。しかし本番が終わるとなおります)これは「あがり症」ですよね?このおかげで小学校時代から授業中に積極的に手を上げて発表することはありませんでした。(ただいま中2)
もしあがり症であれば、治療方法(?)を教えてくれれば幸いです。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

本番をたくさん経験すると直ります。


会社の部長、社長は1000人の前で、堂々とスピーチができますが、子供のころは、そんなことが出来るはずがありません。

yossan1さんも、大人になれば1000人の前で堂々と話せるようになりますよ。
大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。やっぱり「慣れ」ですかね。

お礼日時:2005/04/09 16:25

そのとおり。


「あがる」とは,はりきりすぎていたり,またはおそれていたりして,そのために興奮している(=顔が熱くなって顔が赤くなってしまう)状態です。

「いま自分のやろうとしていることは,なんでもないことなのだ。ふだんのとおりやればよいのだ。おちつけ,おちつけ」と心の内にくりかえすと,うまく「あがった」のがおさまるときがある。
※抜粋「子どもの認識と感情」波多野完治 著

私も以前はあがり「症」でした。がんばらないでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/09 16:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報