プロが教えるわが家の防犯対策術!

新ロシア勢力が住民をロシアに取り込んでいますが、
ロシア軍が放置した軍用車両や武器はスプレーで書き換えるだけで
ウクライナ軍の装備になります。
今回投入する予備役も同様になるでしょう。
どう考えても、ウクライナ軍の方が有利ですね。

A 回答 (5件)

#4



>逮捕者は直接戦地に送られたとかのNHKからの報道が。
>ロシア兵の死者は反戦を表明した人って、

ソ連時代から何も変わっていません。
人民を前線に立たせて、逃げるようであれば後ろからソ連兵が撃つとか、攻め入った先の個人資産や女性は戦利品であるとか、ほんと、吃驚するぐらい昔からカスです。

反対表明して前線に送られた人は、馬鹿らしくてすぐに帰順するのではないかと思ってましたけど、やはり職業軍人や民間軍事会社が後ろから狙いを定めている図式は変わらないのかもしれません。

プーチンも核を使う条件を注意深く説明し始めました。「ロシアの領土が脅かされたら」だそうです。自分達は他国の領土を侵略しているくせに、戦場が自国に及びそうなときは核を使うそうです。

もちろん、核の使用には本音では反対している、ロシア軍高官や末端のボタンを押す兵士も、ロシアの領土が脅かされれば同意するモチベーションになることでしょう。こういう状態になっても同意できない状況というのは、「もうこの国は終わりだ、今更ジタバタしたってどうしようもない」と認知したときのことで、ロシア抜きの世界を早期に実現することが必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

反戦を表明したものを逮捕して、
戦場送りなんで、
留置所がいっぱいになることはないのでしょうね。
ウクライナ大統領 ゼレンスキーも、
投降を歓迎すると言っていますね。
うまく、脱走、亡命してほしいものです。

お礼日時:2022/09/26 06:15

#2



>ロシアはこれ以上死者を増やす前に、
>早くあきらめてほしいものです。

ウクライナには申し訳ないですが、ロシア兵の死者を積み上げて頂きたいです。ヒトラー並の侵略暴君をパージするため、それを放置した国がどうなるのか、思い知って戴く良いチャンスです。

プー助にしてもロシア国民にしても、ロシア軍参謀も惨めな思いをしていただかないと目が覚めません。日本国民並みの自虐史観を身につけてもらわないと、世界の癌細胞増殖の素です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

潮目は予備役ですね。
反対デモも報道されるようになりましたが、
逮捕者は直接戦地に送られたとかのNHKからの報道が。
ロシア兵の死者は反戦を表明した人って、
高齢者からの支持はあるようですが、
プーチンは許せないですね。

お礼日時:2022/09/23 00:19

多分西側では報道されてないと思いますが、ロシア系メディアでは、以下のような報道もあります。



以下、自動翻訳

ロシアがウクライナの攻勢を阻止 – 国防省
キエフ軍は国の南部での攻撃に失敗した、とセルゲイ・ショイグは主張した

「ウクライナ軍がニコラエフとクリヴォイ・ログに向かって攻撃を仕掛けようとする試みはすべて阻止された」と彼は指摘した。

大臣はまた、ウクライナの最近の軍事的犠牲者を明らかにし、キエフは過去 3 週間で合計 7,000 人以上の軍人を失い、208 両の戦車、245 両の APC、186 両のその他の装甲軍用車両を含む 970 の兵器ユニットを無力化したと主張した。
https://www.rt.com/russia/563251-russia-stops-uk …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先の大戦の日本のデジャブですね。

お礼日時:2022/09/22 06:41

圧倒的な物量や圧倒的な兵站が維持できないと、士気が落ちます。

士気が高ければ物量を崩せるという訳ではないですが、膠着するような状況では、侵略側が不利です。

予備役が呼ばれているのは、戦況が思わしくないからで、それは兵の交代や補強がいるからです。緒戦投入は両軍とも15万人程度の膠着戦なので、どちらも兵を交代させる程の余裕はありません。

ロシア軍は恐らく5万人程度は損耗しています。1/3が損耗したら戦争は成立しないのですが、ロシアは民間人攻撃という非対称戦をしています。当然ウクライナ軍も同等以下の損耗はあるので、やはり普通の戦争は成立しない状況です。

そこに30万人の投入、計40万人程度ですか。ウクライナが12万人程。一応3倍法則は満たしていますが、中短距離ミサイルや対戦車砲、ドローンによる争い。精度より数のロシア、精度だけは良いウクライナです。こうなると直接対峙すれば有利なのはウクライナ側です。ロシア兵も馬鹿じゃないので蜘蛛の子を散らすように逃げます。予備役はもっと早いでしょうね。ロシア兵の損耗が増えても、これ以上の予備役投入は国内世論もあるので難しい。いえ、それでもやるかもしれないですけど。

前線で戦車が役立たない珍しい戦争です。その癖、鹵獲されれば自分達の戦車で追い払われる。「ドローン+高精度ミサイル vs 数で押すミサイル」の戦いですが、今の時点ではウクライナに分があります。そもそも、ミサイルなんか当たったところで、人が密集する柔らかい建物でないと、効果は低いです。1発で数人殺せるかどうか。精度が高ければ、ピンポイントで火薬庫や武器庫が狙えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ロシアはこれ以上死者を増やす前に、
早くあきらめてほしいものです。

お礼日時:2022/09/22 06:40

はい、ウクライナの勝利は明白です。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング