今回、自費出版しました。親戚、知人、会社の人など身近な人には買ってもらいましたが、それだけでは限界があります。そこで自費出版の本を見知らぬ人に買っていただく方法やアイデアがあればご教示ください。価格は3000円です。テーマは歴史物ですが、内容は学術論文ですので、自分で言うのもなんですが、一般の人が読んでもあまり面白くないでしょう。歴史を先行している大学生や研究者の方には関心を持ってもらえるかと思います。なお売れなくても、経済的に困ることはありません。むしろ長年研究した内容を公開し、これに対する批評をいただきたいというのが、自費出版の趣旨です。
長くなりましたが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自費出版物は一般的テーマの本でも売れないそうです。

しかし、量はともかくとして1冊でも2冊でも売りたいということであれば懇意にしている書店に委託販売をお願いする、古本屋に当たる、大学の生協に売り込むなどの道があります。専門書を一般の人対象に売り込むのは難しいと思いますよ。

全国の主要大学や図書館に寄贈すればあなたの論文に目を通す人が増えることになります。少なくとも母校や自分の住む町の大学や図書館には寄贈すべきでしょう。

学術論文を自費出版し、親戚、知人、会社の人に買って貰えただけで満足できないのであれば、学会関係者に寄贈し存在をアピールするのも自費出版の目的を達成することになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。有難うございます。

お礼日時:2001/09/10 09:33

売り込み。

歴史関係の本が充実している、個人経営の書店、古書店を、まわって、委託8掛けで置いて下さいと、売り込みに歩くのだ。あなたの著作が、面白ければ、興味を持ってくれれば、置いてくださる書店もあるかも。です。
商品は、買ってくれそうな人が来る場所に置く。ということが、肝心ですから、どういう所に、置けるか、考えてみましょう。
それにしても、歴史に興味のなかった周りの方々は、気の毒だったかも。ね。
    • good
    • 0

多くの人の目にとまるように、ということであれば、図書館でしょう。

案内書を送って、注文を待つということになります。が、あまり成果は期待できないでしょう。
読んでほしい、ということであれば、図書館に贈呈してしまう、という方法があります。一方的に送りつけてしまうということですが、拒絶されることは、まず無いと思います。
売ることと、目に止まることと、どちらを狙うかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

売ることと、目に止まること、どちらを狙うかというお言葉には、含蓄がありますね。ただ私の質問の中で、「売れなくても経済的には困らない」と書きましたが、やはり少しは売れたほうが嬉しいです。そこが、清廉な研究者にとどまらない、私の凡人なところです。

お礼日時:2001/09/07 18:27

ご自分で歴史関連のサイトを開設し、インターネットで注文を受け付けてみては如何でしょう。


その本から抜粋した文章をネット上で読めるように工夫しておけば、興味をもった方が買ってくれるかもしれません。
読者の感想が聞けるように、掲示板を付けても良いでしょう。
でも一般向けの本ではないようなので、盛り上げていくには様々な工夫が必要だと思いますけど・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。確かにサイトの開設は有効ですね。でも....私にはサイトを開設するような知識と技術がないのです。
でも知人のサイトで紹介してもらうという方法もあるかもしれませんね。
今思いついたのですが、「アマゾン」のブック・リストに載せてもらえないのでしょうか?ん~、無理でしょうね。

お礼日時:2001/09/07 18:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q??自費出版の方法??

私の祖父(82歳)が自伝(一代記)を制作したいと言ってます。何分高齢で、自力での執筆は難しいです。私が手伝うと言うことで、聞き取りしながら書き記せばよいのですが、専門の業者さんの協力により祖父の人となりのよく表れた作品を制作したいと思います。
力を貸していただけそうなサービスを提供する業者を教えてください。
なお、私どもの現住所は、岡山の西端で、ここまで、訪ねてもらえる業者が有り難いです。

Aベストアンサー

こちらに相談してみたらどうでしょう
吉備人出版(岡山市)
http://www.kibito.co.jp/index.html

Q自費出版をしたいのですが…

出版社に原稿を送っても、あまりもうからないかと思いますので、
自費出版を考えております。ものは教育テキストになります。

製本、在庫管理、ISB取得などは自分でできるのですが、書店やアマゾンへの流通
だけがどうしたらできるのかわかりません。

自費出版を請け負う業者も手数料を高くとられてもうからないかと思いますので、
なんとかそうでない方法もあれば教えてほしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 私も出版社とは付き合いがあり、3社から6冊の書籍を出版したことがあります。いずれも出版社からの依頼にもとづいて原稿を書き出版しましたので、それは東販や日販など本の卸流通ルートに乗って本屋に並びます。

 ところが自費出版では印刷製本された書籍はすべて自分が引き取り、自分が売り歩くことになります。例外を除いては本の卸流通ルートに乗って本屋に並ぶことはありません。そこが自費出版のたいへん辛いところです。

 私の知人が定年後に小さな出版社を始めたのですが、マイナーなアウトサイダーの出版社なので、やはりそこで出した本は自分で販売することになっています。

 例外は、自費出版した書籍の価値が高く、とてもたくさん売れると出版社が判断したときに、増刷して本の流通ルートに乗ることがあります(まれなケースですが)。「あまりもうからない」と思えるような本を自費出版すると、本の卸流通ルートに乗って本屋に届けられる可能性は限りなくゼロでしょう。

Q「研究主任」「主任研究員」「主幹研究員」どの役職が一番上?

同組織で複数名のお客様と名刺交換をしたのですが「研究主任」「主任研究員」「主幹研究員」と書かれていました。
役職的にはどの順で上ですか?

Aベストアンサー

まず間違いないのは、「主幹」が一番上です。

参考にしてください。

Q出版が夢で、出版社に企画書を出したいと思っています。

出版が夢で、出版社に企画書を出したいと思っています。

企画書は完成したのですが、どのような方法で、提出すればいいのでしょうか?


やはり、郵送がいいのでしょうか?

それとも、今はメールかファックスの方がいいのでしょうか?


また、出版社の、どの部署に、どなた宛に、出せばいいのでしょうか?


どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どのような内容の出版物を作りたいのでしょうか?
以前出版社に勤めていましたが、突然出版をしたいので企画書を書きました! と言われてもお話を聞く事は100%ありませんでした。
例えば自費出版で小説を出したいというのであればそのような物が得意な出版社に連絡すればすぐに話をきいてくれますよ。

質問の内容だけではどのような種類のものをお作りになりたいのかが分かりませんが、
もしトライするのなら自分の作りたい内容と似ている本を多く手がける出版社に連絡してみる事です。
とりあえず大代表でもいいので話を聞いてもらえる部署を紹介してもらい、
そこの方が会って下さるというのであれば企画書を持って行って下さい。
郵送やメール、FAXではほぼ目を通してもらえません。
まずはどこかの出版社に電話してアポイントを取る事です。

Q機械系研究・技術者と電子、電気系研究・技術者の違い

大学決定で悩んでいます。機械が好きなので、最新製品なのを開発できればいいなと思います。機械系研究・技術者と電子、電気系研究・技術者はどう違うのでしょうか?どっちになりたいかで進む学科が違うので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、

 機械と電子工学の融合製品で、身近なものと言えば、パソコンのプリンタを挙げるのが一番です。

 写真のような解像度は、精密機械と電子工学の協調の成果以外の何物でもありません。

 もし、そういう分野を望むなら、「電子、電気系」をお勧めします。理由は、多くの大学は、「機械科」というと、精密機械以外の大型機械などの分野も含むことになり、「広く浅く」になってしまうからです。

 もちろん「精密機械科」などを名実共に置いている大学なら、話は別です。

 あと、どういう訳か、同じ大学でも、「電子科」の方が、「機械科」よりも上、という偏見が根強く残っているという事実もあります。
 
 ちなみに、就職後の違いとしては、機械系は、実際に動く物を目で見ながら、自分のスキルを上げることが可能ですが、電子系は電子の流れを実際に目で見ながらスキルを上げるのは不可能ですから、どうしても「測定器」という間接的な媒体を通してのスキルアップとなります。このあたりに、個人の好き嫌いが出てくるかも知れません。

 御参考になれば幸いです。受験、並びに、その後の就職活動を合わせて応援します。

こんにちは、

 機械と電子工学の融合製品で、身近なものと言えば、パソコンのプリンタを挙げるのが一番です。

 写真のような解像度は、精密機械と電子工学の協調の成果以外の何物でもありません。

 もし、そういう分野を望むなら、「電子、電気系」をお勧めします。理由は、多くの大学は、「機械科」というと、精密機械以外の大型機械などの分野も含むことになり、「広く浅く」になってしまうからです。

 もちろん「精密機械科」などを名実共に置いている大学なら、話は別です。

 あと、どう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報