つい最近竹内彩香選手が引退しましたが、
その理由が明らかにされていません。
ご存知のかたいませんか?

A 回答 (1件)

こんばんは。



下記のURLに退団についての報告があります。

参考URL:http://www.gaora.co.jp/gaea/news/0830tk.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女子プロレス

この間とある動画で、アメリカの人気レスラーと吉田万里子が戦っていて、
吉田が関節技でボッコボコにしている試合をみて思ったのですが、
日本の女子プロレスのレベルは高いのでしょうか?

あと女子プロレスだったらどこの国が一番強いのでしょうか?

今はアメリカとメキシコくらいしか試合を見たことがないので、
ほかに強いところがあれば教えてくださいw

Aベストアンサー

プロレスというくくりでいえば、女子というジャンルが存在するのは日本ぐらいです。日本に情報が入ってこないようなよほどのドインディーであれば別ですが、そもそも女子プロレス団体や、女子だけの興行自体が、ほとんど行われていません。メキシコの場合は男子の興行とミックスで(混合試合も含めて)行われますし、アメリカのWWEではセクシーコンテストと同列程度の試合しか存在しません。格闘技に近い形態で、純粋な競技のような見せ方をしてるのは、日本のみです。そういう意味では、日本ほど技術体系が進化した国はないと言えるでしょう。その土壌で戦えば、基本的に日本人に軍配が上がるのは仕方ないでしょう。ただし、格闘技全般でいえば、他の競技での海外の女性人口は多い(ボクシング、カラテ、ジュードーなど)わけで、そういう純粋なアスリートとの異種格闘技戦などとなれば、分が悪いこともしばしばです。(まあ、これはどちらの競技のルールに合わせるかという問題もありますが)

なお、「鬼嫁」北斗晶が何かのインタビューで「(メキシコ遠征時に)あっちのレスラーは怪我をさせる相手を怖がる。試合前に子どもの写真を見せてきて、暗に手加減してくれと言ってくる。まあ、試合ごとの歩合給だから、欠場すれば収入に響くから、仕方ないとも言えるけど。」という意味合いのことを言ってました。まあ、北斗の攻めは、特に厳しいですからね(笑)

プロレスというくくりでいえば、女子というジャンルが存在するのは日本ぐらいです。日本に情報が入ってこないようなよほどのドインディーであれば別ですが、そもそも女子プロレス団体や、女子だけの興行自体が、ほとんど行われていません。メキシコの場合は男子の興行とミックスで(混合試合も含めて)行われますし、アメリカのWWEではセクシーコンテストと同列程度の試合しか存在しません。格闘技に近い形態で、純粋な競技のような見せ方をしてるのは、日本のみです。そういう意味では、日本ほど技術体系が進化し...続きを読む

Qアレクサンダー大塚選手が菊田選手を嫌う理由?

以前プライドでアレクサンダー選手が菊田選手をとても嫌っていた試合がありましたよね。
かなりバカにした態度をとったり過去にいろいろあったんだと思うのですが・・・なにがあったのでしょうか?
ちなみにアレクサンダー選手はテレビでもよくみかけるので人気のある選手だと思うのですが、かなり菊田
選手に対する態度が失礼だったのにもかかわらず
「アレク・アレク」と声援がかなりあったのですが
もともと菊田選手が大塚選手に対して失礼な態度を
とっていたのでしょうか?過去のいきさつを教えてください。

Aベストアンサー

お答します。
まず、アレクが菊田を嫌った理由には、菊田が以前プロレスについて否定的なコメントをしたからだと思われます。
それは菊田が真剣勝負に誇りを持っていたから当然なんだけどね。

プロレスラーのアレクはそれに不服があったみたいで、契約体重について「女々しい」とか
DEEPで、パンクラス所属の(菊田と同じ)鈴木みのるに対して
反則攻撃(金的)をしたメキシコ人プロレスラーをわざわざセコンドに連れてきたりと
菊田をいろいろ挑発しました。


<もともと菊田選手が大塚選手に対して失礼な態度を
とっていたのでしょうか?


う~ん。、結局、具体的な因縁なんてなかったとおもいます、アレクが勝手に嫌って挑発しただけです。


<ちなみにアレクサンダー選手はテレビでもよくみかけるので人気のある選手だと思うのですが、かなり菊田
選手に対する態度が失礼だったのにもかかわらず
「アレク・アレク」と声援がかなりあったのですが

そこです。アレクは一般知名度があります。菊田の知名度はナシ。
更にプライドにはマルコファス戦に好感を持って、アレクを応援してる人がいる。つまり、ホームグラウンドだったわけですよ、だから会場はアレクを応援した。

マトモに判断すれば、あんな金的攻撃をして
相手に敬意を払わない低質な人格者を応援するわけがないんですけど
菊田を知らない+事情を知らない+プロレスファンが多い=じゃあ、アレクを応援しよう。
となりました。

菊田にしてみれば「イイ迷惑だった」て感じでしょうね。

お答します。
まず、アレクが菊田を嫌った理由には、菊田が以前プロレスについて否定的なコメントをしたからだと思われます。
それは菊田が真剣勝負に誇りを持っていたから当然なんだけどね。

プロレスラーのアレクはそれに不服があったみたいで、契約体重について「女々しい」とか
DEEPで、パンクラス所属の(菊田と同じ)鈴木みのるに対して
反則攻撃(金的)をしたメキシコ人プロレスラーをわざわざセコンドに連れてきたりと
菊田をいろいろ挑発しました。


<もともと菊田選手が大塚選手に対して...続きを読む

Q女子プロレスで流血戦が激増したのは何故?

女子プロレスではビューティーペアの時代にはまだ流血戦(主に額からのおびただしい出血)というのはなかった記憶があるんですが、クラッシュギャルズの頃から女子も男子同様に流血戦が頻繁に見られるようになったと思います。それから約二十年のあいだ、むしろ男子(デスマッチ系はのぞく)より女子の方が流血戦の頻度が高くなったような気がします。
「女子プロレスの流血戦」というのは男子にくらべると観客が引いてしまうんじゃないかと僕は素人的に思ってしまうんですけど、女子にも流血戦が定着するようになったのは、いったいどういった理由が考えられるんでしょうか?
そこらへんのところがよくわからないんで、この僕の疑問について「…だと思う」といった回答でいいんで教えて下さい。

Aベストアンサー

女子プロレスで流血戦が増えたのではなく、TV放送が多かった(多い)男子プロレスで流血戦に対してスポンサーがつきにくくなったため流血戦を自粛していったことがまず挙げられます。(山本小鉄の本にも出ています)

男子プロレスでも地方で流血マッチを行っているものも多々ありますが、実情として全体的に女子プロレスの方が増えたのではなく多めに感じるというのが正解ではないでしょうか。

Q引退選手について

長谷川咲恵さんは今、花屋をやっているんですか?
あと誰と結婚されたんでしょうか?

他に、ブル中野、ホーガン、ロック、オースチンの詳細宜しくお願いします。

Aベストアンサー

わかる事だけ回答させて頂きますと 長谷川咲恵さんは プロレス団体:ZERO1-MAXの沖田リングアナ(元全日本女子プロレスのリングアナ)と結婚されています。子供さんも 一人、おられます。

Q黒人系女子格闘家(プロレスなど)

黒人系女子格闘家色々な名前教えて下さい
マッチョ系求む
女子プロレスとかお願いします。

Aベストアンサー

黒人の女性格闘家といえばルシア・ライカですかね。もう40歳近いですが身体も引き締まっていて未だに世界最強と言う人も多いです。

モハメド・アリの娘のレイラ・アリも該当すると思います。

参考URL:http://www.luciarijker.net/bio.htm

Qkー1の久保優太選手って引退したんですか?

kー1の久保優太選手って引退したんですか?

Aベストアンサー

引退したという記事などを特に見ませんね。

本人のブログやTwitterなどでもトレーニングしている様子が出ていることから、
まだ現役として活動しているのではないでしょうか。

ただ、ジムの代表を務め選手の指導に取り組んでいったり、
起業したりと格闘家以外でがんばっているみたいですので、
そちらが忙しくて格闘家としてはあまり露出していないのかもしれませんね。

Q漫画・コミックの中に女子プロレスの試合シーンが掲載されている漫画を教えてください

漫画・コミックの中に女子プロレスの試合シーンが掲載されている漫画を教えてください<2PくらいでもOKです。雑誌・アダルトでもOKです。定番どこ以外で>

Aベストアンサー

質問者さまの主旨がわからないので役に立つかどうかはわかりませんが、古いものも含めて挙げてみます。
『夕焼け番長』 (1967年) 原作:梶原一騎、絵:荘司としお
主人公の町に、地方巡業の女子プロレス一行がダンプカーでのりつけ、主人公たちと交友するだか、ひと悶着あるだかのエピソードがありました。

この時代、女子プロレスは、スポーツとしての側面だけでなく、肌もあらわな女性同士がくんずほぐれつする姿を見る「見せ物」としての側面も持っていたと記憶しています。
(テレビでやっている、「芸能人水泳大会 ポロリもあるよ」のノリでしょう)

私は知らないマンガですが、
『失神デスマッチ』 作:門井文雄
というのもあるようですね。その手のファンの間では有名らしいです。
以下のページでは、『くんずほぐれつ』というのも紹介しています。
http://miruhon.net/news/2008/04/post_239.html

『マッドクィーン麗華』 作:夏目時行
↓このページの真ん中あたりで言及しています。
http://www.geocities.jp/nuufurari2004/osusume.html

これは定番の部類なのでしょうか?
『ブリザードYUKI』原案:吉岡平、作画・安西真(すたじお実験室)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89Yuki

もうひとつ。個人ブログですが、参考になれば。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/160

もし、絵の資料として「女性同士の、女子プロレス的な格闘シーンがみたい」のならば、CLAMPの
『ANGELIC LAYER』 (エンジェリックレイヤー)はいかがでしょうか。
CLAMP版『プラレス3四郎』で、身長20~30cmサイズのロボット (出てくるのはみな女性タイプ) にプロレスをさせるマンガです。

ところで。定番どころというのは、島本和彦の『燃える!! 女子プロレス』なんかのことですよね(笑)。

質問者さまの主旨がわからないので役に立つかどうかはわかりませんが、古いものも含めて挙げてみます。
『夕焼け番長』 (1967年) 原作:梶原一騎、絵:荘司としお
主人公の町に、地方巡業の女子プロレス一行がダンプカーでのりつけ、主人公たちと交友するだか、ひと悶着あるだかのエピソードがありました。

この時代、女子プロレスは、スポーツとしての側面だけでなく、肌もあらわな女性同士がくんずほぐれつする姿を見る「見せ物」としての側面も持っていたと記憶しています。
(テレビでやっている、「芸...続きを読む

Q脇澤美穂の引退理由

元女子プロレスラー脇澤美穂はどうして引退したのでしょうか?

Aベストアンサー

頚椎負傷が原因のようです。参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.sanspo.com/e_onna/idol/ka/k_kiss.html

Q最近のアニメで女子プロレスが扱われた作品を教えてください。

最近のアニメで女子プロレスが扱われた作品を教えてください。

Aベストアンサー

最近がどの範囲かよくわからないですが、
【エアマスター】で何話かありましたよ。

すごくさかのぼれば
【メタルファイター(ハード)MIKU】
女子プロアニメとしてあります。

Q角田選手、西選手、佐竹選手のリングスでの試合

正道会館の角田選手、元正道会館の佐竹選手、和術の西選手は、90年代あたまに、リングスに参戦していたようですが、どのようなルールで試合をしていたのでしょうか? この時代に活躍していた選手に興味があります。

対戦相手ごとにルールが変わるようなしあいをしていたのでしょうか? それとも、毎回同じルールで試合をしていたのでしょうか?

西選手の試合だけは、一度ビデオで見たことがありますが、スタンディングは顔面掌底、グランドは打撃なしのような感じでした。

それから、この3人の試合は、常に「競技」的なものだったのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その3選手はレギュラー参戦的だったのでRINGSルールで試合をしていました。

それ以外に「実験リーグ」なるものがあって、正道会館の選手が数名参戦していました。
覚えているのはアダム・ワット選手、玉城選手、後川選手、無名の関節が柔らかい選手(笑)

当時のRINGSルールですからスタンドでは顔面は掌底のみ、膝がついた相手への打撃は一切なしです。
3人とも打撃が得意だったので肘パット着用の上での肘ありルールで闘っていたと記憶しています。

対戦相手によってルールが変わるというかキックルールで行われた試合などもありましたね。
実験リーグでのワットVS岩下など。

一番変則的だったのが実験リーグでの後川VS平直行の試合です。
奇数ラウンドと偶数ラウンドでルールが異なり、キックルール(グローブあり)、RINGSルールを混ぜるというものでした。

最後の、「競技」的 という言葉がよくわかりません。
どういう意味でしょうか?「競技的でない」のはどのようなものでしょうか?


人気Q&Aランキング