つい最近竹内彩香選手が引退しましたが、
その理由が明らかにされていません。
ご存知のかたいませんか?

A 回答 (1件)

こんばんは。



下記のURLに退団についての報告があります。

参考URL:http://www.gaora.co.jp/gaea/news/0830tk.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアレクサンダー大塚選手が菊田選手を嫌う理由?

以前プライドでアレクサンダー選手が菊田選手をとても嫌っていた試合がありましたよね。
かなりバカにした態度をとったり過去にいろいろあったんだと思うのですが・・・なにがあったのでしょうか?
ちなみにアレクサンダー選手はテレビでもよくみかけるので人気のある選手だと思うのですが、かなり菊田
選手に対する態度が失礼だったのにもかかわらず
「アレク・アレク」と声援がかなりあったのですが
もともと菊田選手が大塚選手に対して失礼な態度を
とっていたのでしょうか?過去のいきさつを教えてください。

Aベストアンサー

お答します。
まず、アレクが菊田を嫌った理由には、菊田が以前プロレスについて否定的なコメントをしたからだと思われます。
それは菊田が真剣勝負に誇りを持っていたから当然なんだけどね。

プロレスラーのアレクはそれに不服があったみたいで、契約体重について「女々しい」とか
DEEPで、パンクラス所属の(菊田と同じ)鈴木みのるに対して
反則攻撃(金的)をしたメキシコ人プロレスラーをわざわざセコンドに連れてきたりと
菊田をいろいろ挑発しました。


<もともと菊田選手が大塚選手に対して失礼な態度を
とっていたのでしょうか?


う~ん。、結局、具体的な因縁なんてなかったとおもいます、アレクが勝手に嫌って挑発しただけです。


<ちなみにアレクサンダー選手はテレビでもよくみかけるので人気のある選手だと思うのですが、かなり菊田
選手に対する態度が失礼だったのにもかかわらず
「アレク・アレク」と声援がかなりあったのですが

そこです。アレクは一般知名度があります。菊田の知名度はナシ。
更にプライドにはマルコファス戦に好感を持って、アレクを応援してる人がいる。つまり、ホームグラウンドだったわけですよ、だから会場はアレクを応援した。

マトモに判断すれば、あんな金的攻撃をして
相手に敬意を払わない低質な人格者を応援するわけがないんですけど
菊田を知らない+事情を知らない+プロレスファンが多い=じゃあ、アレクを応援しよう。
となりました。

菊田にしてみれば「イイ迷惑だった」て感じでしょうね。

お答します。
まず、アレクが菊田を嫌った理由には、菊田が以前プロレスについて否定的なコメントをしたからだと思われます。
それは菊田が真剣勝負に誇りを持っていたから当然なんだけどね。

プロレスラーのアレクはそれに不服があったみたいで、契約体重について「女々しい」とか
DEEPで、パンクラス所属の(菊田と同じ)鈴木みのるに対して
反則攻撃(金的)をしたメキシコ人プロレスラーをわざわざセコンドに連れてきたりと
菊田をいろいろ挑発しました。


<もともと菊田選手が大塚選手に対して...続きを読む

Q引退選手について

長谷川咲恵さんは今、花屋をやっているんですか?
あと誰と結婚されたんでしょうか?

他に、ブル中野、ホーガン、ロック、オースチンの詳細宜しくお願いします。

Aベストアンサー

わかる事だけ回答させて頂きますと 長谷川咲恵さんは プロレス団体:ZERO1-MAXの沖田リングアナ(元全日本女子プロレスのリングアナ)と結婚されています。子供さんも 一人、おられます。

Qkー1の久保優太選手って引退したんですか?

kー1の久保優太選手って引退したんですか?

Aベストアンサー

引退したという記事などを特に見ませんね。

本人のブログやTwitterなどでもトレーニングしている様子が出ていることから、
まだ現役として活動しているのではないでしょうか。

ただ、ジムの代表を務め選手の指導に取り組んでいったり、
起業したりと格闘家以外でがんばっているみたいですので、
そちらが忙しくて格闘家としてはあまり露出していないのかもしれませんね。

Q脇澤美穂の引退理由

元女子プロレスラー脇澤美穂はどうして引退したのでしょうか?

Aベストアンサー

頚椎負傷が原因のようです。参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.sanspo.com/e_onna/idol/ka/k_kiss.html

Q角田選手、西選手、佐竹選手のリングスでの試合

正道会館の角田選手、元正道会館の佐竹選手、和術の西選手は、90年代あたまに、リングスに参戦していたようですが、どのようなルールで試合をしていたのでしょうか? この時代に活躍していた選手に興味があります。

対戦相手ごとにルールが変わるようなしあいをしていたのでしょうか? それとも、毎回同じルールで試合をしていたのでしょうか?

西選手の試合だけは、一度ビデオで見たことがありますが、スタンディングは顔面掌底、グランドは打撃なしのような感じでした。

それから、この3人の試合は、常に「競技」的なものだったのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その3選手はレギュラー参戦的だったのでRINGSルールで試合をしていました。

それ以外に「実験リーグ」なるものがあって、正道会館の選手が数名参戦していました。
覚えているのはアダム・ワット選手、玉城選手、後川選手、無名の関節が柔らかい選手(笑)

当時のRINGSルールですからスタンドでは顔面は掌底のみ、膝がついた相手への打撃は一切なしです。
3人とも打撃が得意だったので肘パット着用の上での肘ありルールで闘っていたと記憶しています。

対戦相手によってルールが変わるというかキックルールで行われた試合などもありましたね。
実験リーグでのワットVS岩下など。

一番変則的だったのが実験リーグでの後川VS平直行の試合です。
奇数ラウンドと偶数ラウンドでルールが異なり、キックルール(グローブあり)、RINGSルールを混ぜるというものでした。

最後の、「競技」的 という言葉がよくわかりません。
どういう意味でしょうか?「競技的でない」のはどのようなものでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報