妊娠を望んでいる主婦です。
そろそろ年齢的にも本格的に子作りをと思い12月に産婦人科に行きました。
主人の検査結果は問題なかったのですが、私の方は卵胞が小さいとの事でした。筋腫が(問題ない程度の)あった為、別の産婦人科に年2回通ってましたが、その時は排卵も正常で妊娠も大丈夫と言われてたので何故??という気持ちでいっぱいでした。
その月は生理もかなり遅れ、病院に行ったのも排卵日より1週間以上も前だったので、そのせいだと思っていました。
でも翌月の検診でも卵胞は小さく8ミリしかありませんでした。「クロミッドを飲んで様子を見ましょう」という事になり、結果15ミリ。そして今回の検診で18ミリまでしか大きくならず、このままでは妊娠は難しいと言われてしまい、今日注射をする事にしました。
先生に副作用について聞くと今まで例にないとおしゃってましたが、排卵誘発剤は多胎率が5%~20%あると言われます。妊娠は望んでますが、年齢的・経済的にも1人以上は考えられません。自然に妊娠するのは無理なんでしょうか?ご意見よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

LaLamiさんの表題の質問とは離れてしまうのですが、最初の方へのお礼欄に転院の事が書かれていましたので、まず病院について…



今は女性の晩婚化などが進んで、ある程度の年齢になってから子作りを考え始め、いざとなると中々出来ない…というケースが多くなって来て、不妊治療を受けたいと思っている女性が増えているため、不妊専門の病院でなくてもほとんどの産婦人科で不妊の相談や不妊治療などを行っています。うまく妊娠した場合は転院する事無くそのまま同じ先生に続けて診て頂けるので、不妊専門の病院に行くより良い場合もあります。

一方不妊専門の病院の場合は、“他の患者さんもみんな私と同じ悩みを持っているんだわ”と思えたり、お腹の大きい妊娠中の患者さんに逢ったりする事が無いので、子供が出来ない事で精神的に苦痛を感じてしまっているような場合は不妊専門の病院の方がいいかもしれません。

ただ、やってくれる内容(検査や治療など)はどちらでもほとんど同じだと思いますので、私は専門病院かそうでないかはあまりこだわる必要は無いと思います。上に書いたように、不妊専門病院の場合は精神的に楽かも…というメリットがある位で、その点をあまり気にされない方でしたら普通の産婦人科でも全然構わないと思います。不妊専門病院は数も少ないですし、探すのも大変でしょう。(LaLamiさんは妊婦さんと同じ病院に通うのが多少気になり始めているようですが。)

不妊治療の場合は排卵日などに合わせてちょくちょく通わなくてはならないので、近所であるとか通いやすいと言うのも病院選びの1つの目安となると思います。いくら評判が良くてもあまりに遠かったりすると、それだけで通院期間が長くなった場合にはストレスを感じたり、「何でこんなに何度も通っているのに出来ないの」などと悲観的に思えてくる事もあるからです。

先生や病院との相性なども大切です。「この先生嫌だ」と思えたり、「この先生では信用してついて行けない」と思うようなら転院すべきです。嫌々通っていても良くないと思います。

しかし、本来は転院は出来ればしない方が良いので、自分が「この先生(この病院)では嫌だ」と思えたり、または近所に評判のいい不妊専門医がいてどうしても気になってしまったり…といったようなハッキリとした意思があるのでなければ、むやみに転院しないほうが良いと思います。ただ何となく…というのだったら転院はもう少し思い留まった方が良いでしょう。もう何年も同じ所に通っていて結果が出ないような場合は、気分を変えるためにも他の所に行くという手もありますが、まだ4~5か月くらいのようですし。

次に卵胞が小さいという件ですが、多分ご存知だと思いますが、卵胞は最初小さい→段々大きくなってくる→約20ミリくらいになると排卵→また別の卵が育ってくる、の繰り返しです。先生が「小さい」とおっしゃったのは「今日はまだ小さいね」という意味ではないのでしょうか?

LaLamiさんは生理周期は何日くらいですか?基礎体温はつけていますか?つけている場合、低温期は毎月どのくらいありますか?

低温期と高温期が2週間づつくらいで生理は28日周期というのが一番一般的だと言われますが、勿論人によって様々で、例えば私の場合は低温期がいつも20日から22日くらいありました。そう言う人は卵胞が大きくなるのに時間が掛かるんです。つまり普通の人が生理開始から14日くらいでもう排卵できるくらいの大きさにまで卵胞が大きくなっているとしても、私の場合はまだまだ20ミリには到達していないという事です。あと一週間くらいは掛かるという事ですよね。なのでもし私がLaLamiさんの先生に診て頂いていたらやはり「卵胞小さいね」と言われていたかもしれません。(でも定期的な排卵はちゃんとあるという事です。排卵が無ければ基礎体温が二層に分かれませんからそれでわかります。)

しかし私は3回妊娠しています。1度目2度目は完全に自然妊娠でしたし、3度目はHCG注射はしてもらっていましたが、人工授精とかではない自然妊娠でした。(薬や注射でのサポートをしていても、人工受精とか体外受精などでなく普通の性交での妊娠は自然妊娠と言っていいようですよ。)
しかも私も極々小さい子宮筋腫があるので、LaLamiさんと状況は似ていると思います。私の場合も超音波の専門医が見つけて、その写真を産婦人科の先生に見せたら「よくこんなの見つけたね」と(見つけた別の医師の事を)感心していましたから、余程小さい物だったんだろうと思います。

(長くなってすみません)私はLaLamiさんの質問文を読む限り、LaLamiさんの先生の対応におかしなところは全く感じません。「中々子供が出来ません」と言って通院し始めた患者さんの基礎体温や卵胞の育ち具合を診て、卵胞の成長にやや時間が掛かっているようだと判断すれば(何ヶ月も様子を見なくても)すぐHCG等の注射や排卵促進の薬を出すのはごく一般的な不妊指導(治療)の一つです。

後はタイミング(いつ行為を持つのがいいよという)指導があり、それを何か月も続けても結果が出ないようなら、薬や注射の種類を変えてみたり、次のステップに進みます。普通は半年くらいやって結果が出なければ「人工授精やってみますか」という話が出てくると思いますが、本人がやりたくなければ、そのまま薬+注射+タイミング指導を続けていてもいいです。強制では無いですからね。

排卵誘発剤を使うと多胎率が増えると言うのは一応数字的には本当だと思いますが、あくまでも確率が多少は上がるという程度で、ほとんどは双子や三つ子が出来る事はないと思います。もともと多胎は確率が少ないので、何もしなかったのに多胎になった時と比べれば、薬を使った時の方が率は上がるというくらいに考えていればいいと思います。

それに…万が一多胎だったらどうします?せっかく妊娠しても堕ろすんですか?妊娠前は(2人以上は無理だとか)色々考えていても、実際に妊娠して、エコーで赤ちゃんの大きくなっていく様子がわかるようになっていったら、もう可愛くて可愛くて、双子でも何でも元気で生まれてきて欲しい~って思うようになると思います。もう既に上のお子さんが何人もいて、「さらに多胎児が出来たら困る」って事ではないでしょうし、妊娠する前から「多胎児だったら育てるのは無理」とか考えずに、もしそうなったらそうなった時の事!一人っ子よりいいか、くらいに前向きに考えてあまり気にしない方がいいと思います。どちらにしても多胎ではない確率の方が圧倒的に多いんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanimaruさんお返事有り難うございます。
とても丁寧で分かりやすいご意見に納得させられました。
今日も病院に行ってきました。卵の大きさを見て注射する予定だったようですが、予定より早く排卵してしまったので一昨日の注射は無意味でした。という事は20ミリ満たないまま排卵したので、やはり小さいというのが分かりました。

基礎体温は以前からつけており、それまでは26~28周期・低温期は大体2週間あり高温期は少ない時で11日間でした。ここ4ヶ月は、31~33周期・低温期が19~22日間と長い状態です。

今日病院に行ったら、しばらくやめようと思ってましたが、今朝hanimaruさんの回答を読み頑張ってみよう!という気持ちになれました。通院するまでは産み分けとかのんきに考えてましたが、不妊という現実に直面して初めて、健康な赤ちゃんを授かれるならどっちでもいいと思いました。多胎児でもきっと同じことだと思います。
すごく励まされました感謝してます!!

お礼日時:2005/04/08 16:16

何度もごめんなさい(>_<)、#3、4の者です。



私ったら何を寝ぼけていたんでしょうか?やはりLaLamiさんにも筋腫があったんですよね。何か勘違いをして#4の書き込みをしてしまいましたが、今気付いたので再度訂正します。

筋腫の事とか、本当は何度も言われたくない事だと思いますので、何度も訂正文を入れない方がいいかな…とも思ったのですが、気になったのでまた書いてしまいました。本当にうっかりしててすみません。<m(_ _)m>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanimaru さんご丁寧に有り難うございます。
補足の回答もいただき嬉しかったです(^▽^)

お礼日時:2005/04/11 11:33

#3の者です。



ごめんなさい!「小さな筋腫がある」とおっしゃっていたのはLaLamiさんではなくて、ご回答者の方でしたね。質問文と他の方のご回答を一緒に見ながら書き込んでいたので、勘違いしてしまいました。謝ります。すみませんでした。

それから書き忘れたので補足ですが、クロミッドの副作用としては、内膜を薄くしてしまったり、おりものの量が減るなどといったものがあったと記憶しています。

内膜は排卵日に向けて段々厚くなっていき、厚みがあった方が上手く受精出来た場合に着床しやすくなる(着床して妊娠成立となります)ので、十分に厚くならないとかえって妊娠し辛くなるという事になってしまいます。おりものも排卵日近くになると自然と少し量が増えてくると思いますが、そうならなかったりします。

こういったクロミッドの副作用の事は医師も十分わかっているはずですから、長くても半年以上は使わないはずです。半年使って妊娠に至らなければクロミッドは止めて他の薬にするか、排卵誘発剤自体をしばらくお休みにする事になると思います。
    • good
    • 0

No.1 chamomoさんのおっしゃる通り、病院を変えてみてはどうでしょうか?


変えるかどうか決めなくても、今通っている病院にも行きつつ、並行して違う病院を探してみては?
例え不妊治療専門でも、病院によってやり方も使用する薬も先生のおっしゃることも全く違うので、とても勉強になるかと思います。
私もいくつかの病院に行きましたが、筋腫を見つけてくれるところと全く気付かないので、こちらから「筋腫があるといわれたことがあるんですが・・・」と言っても、見つけられない先生もいらっしゃいました。
不妊治療は精神的にも負担がかかるので、自分に合った信じられる病院と先生を見つけることが一番大切だと思いますよ。
どうか、あきらめないで頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sakuraroseさんお返事有り難うございます。
他の病院と並行して・・は全然考えていませんでした。自分に一番あった先生に出会えるのも比べてみないと実際分からない事ですもんね。しばらく病院に行くの止めようと思ってましたが、頑張ってみます!
有り難うございました。

お礼日時:2005/04/08 15:29

通ってらっしゃる病院は不妊専門外来でしょうか?


12月に通い始めて4月に注射というのはちょっと性急な気がします。
不妊治療は医師との信頼関係もとても大切だと思うので、納得行く説明がないようなら病院を変えたほうが良いかもしれません。

クロミッドなどの排卵誘発剤での多胎率は、自然妊娠の多胎率とそう変わりなかったと思います。
副作用は、目がかすむ、などがあるようです。
注射というのはhcgなどのことだと思いますが、副作用は卵巣過剰刺激症候群などがあります。
詳しくは正式な薬の名前を調べてから下記HPで調べられると良いと思います。

私は4年の不妊治療を経て第一子を授かりました。今は第二子を授かるべく再び治療をしています。
私の場合、薬を使わなければ排卵が全くないので、今はクロミッドとhcgを併用しています。それでもなかなか卵ができません。
なので、薬を飲めばちゃんと排卵がある状態がとてもうらやましいです。
お互い頑張りましょう。

参考URL:http://www.rad-ar.or.jp/siori/kensaku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chamomoさんお返事有り難うございます。
通っている病院は、専門ではないです。小児科と一緒になっているので妊婦さんや、お子さんがたくさんいらっしゃいます。最近では通う度にどうして自分だけ・・という気持ちになってしまうので、病院を変えてみようかと思ってます。chamomoさんは不妊専門外来なんですか?お互い早く授かりたいですね。注射は看護婦さんがヒュメゴンと言ってたような気がします。

お礼日時:2005/04/07 10:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報