プロが教えるわが家の防犯対策術!

ウクライナ侵攻で、ロシアは結構追い詰められているらしいですね。一般市民を戦争に連れて行こうとしたり。
何より恐ろしいのは核使用の発言。
先程Yahooニュースでイギリスに撃つ!みたいなことを言っていました。
なんか日本にも撃つぞ!って言われそう…。

嫌な予感がしますが、皆さんは気にしていない感じですか?

A 回答 (12件中1~10件)

いや、気にしますよ。



日本にも撃つぞ、と発言して
欲しいです。

そうすれば、平和ぼけから目が覚める
でしょう。
    • good
    • 3

限定的な核は撃つかも?(・_・?)??そうなれば日米欧などが参戦するかも⁉️(゜.゜)

    • good
    • 1

コメント追記


プーチンは言葉が通じないから、世界中から話そうとしても時間の無駄。
世界中から何言っても人の話を聞いたり改心することは期待できないでしょう。

プーチンの暴走を止めようともせず、見て見ぬふりをして逃げ続けるロシア政府内の人間に世界中から圧力をかけた方がいいと思います。

ニュースをみている限りは政府内の人間はプーチンのやり方に全面賛成しているわけではなく、不満を持ちつつも、怖くてプーチンのイエスマンに成り上がって、問題を見て見ぬふりをして逃げているように見えます。
これ以上逃げられないように世界中でロシア政府内高官にあらゆる圧力かけた方がいいんじゃないかな、と思っています。重い腰を上げて、きちんと有効な対応をするまで。
    • good
    • 2

>一般市民を戦争に連れて行こう



今は一般市民ですが、軍の経験のある予備役です。

ウクライナは徴兵で一般市民も強制、逃げた者にも強制で兵士とし、日本でも、ウクライナ国民の人権を問題視する声が多く聞かれました。

文春 徴兵拒否のため病気を偽装、女装して避難する男も ウクライナ侵攻から1ヵ月、現地在住邦人が語る“国民総動員の現実”
https://bunshun.jp/articles/-/53026

>何より恐ろしいのは核使用の発言

メドベージェフのはいつもの脅しや暴言です。
ただ、ロシア国内にはこのような意見も多いと言う意味合いのものです。

プーチンの核ドクトリンに則った発言が公式的なものです。
    • good
    • 3

気になるので多方から情報を集めています。


とはいえ気休めですよ。何かできるという訳ではありません。
状況が分かってくると「こうすればいい、ああすればいい」と
アイデアが浮かぶものです。しかし自分では出来ない。すると、
同じ様に考えて手を打っている人達がいる事も分かります。

チェスや将棋の盤上のように双方が手を打っていると分かりま
すと落ち着くものですよ。

TVやニュースで報道されている内容は実情を大雑把に捉えて、
妄想を繰り返しているだけです。これをそのまま受け取れば不
安損に成ります。お気を鎮めたいのならば、Youtubeなどで現
状の戦況を淡々と述べている配信があるので見ると良いですよ。

戦争とか核とか概念だけですと現地の地形とかその広さについ
て想像が及びません。ウクライナの地形を拡大してみれば、
軍と言う存在が点でしかなく、砂粒の様に見えるはずです。
ロシア軍は苦戦しているとはいえ、地上戦力を未だに統制して
動かしております。しかし死傷者の数が尋常じゃなく、ウクラ
イナの兵站破壊の影響もあって戦闘の継続が難しくなっていま
す。一方で事情はウクライナも同じですので、あと数万人ほど
ロシア軍が増強された場合は一気にウクライナも危険に成りま
す。しかしロシアは1万人も増強できない状況なんです。とう
とう枯渇したんです。

ここに対して10万以上の兵力増強をロシアが成し遂げた場合は、
ウクライナもかなり苦戦するでしょうし、今の戦線が後退して
反抗戦もできなくなるでしょう。この時にロシアは占領地の独
立状態を確立できる算段になります。

しかし、ウクライナも制空権を広げつつあり、ロシアの兵站拠
点と輸送網を破壊しています。ロシアが効率よく兵力を注入で
きるのは東部箇所になるでしょう(独立させたい2州)。なの
で兵力増強で当初の目的を達成できる手ごたえをロシアは感じ
ているという事です。またウクライナの宣戦を突破して他州を
脅かすようにもなるでしょう。ここで停戦交渉に入りたいと思
っているはずです。

先ほども述べた様にまっとうな募集ではロシアは兵力増強がで
きません。本当に無理な状態です。ここで本格的な戦争宣言を
して無理やり徴兵をしたいところです。ところが問題なのは、
戦争国は自国の領土を侵害されても文句が言えない事です。

「ちきしょう。いくら戦争宣言をしたからって、うちの領土に
 攻めて来るとか卑怯だぞ。撤退しないと戦争するぞ?
 あれ??」

戦争宣言とは自国が滅亡しても文句が言えない状態なんです。
これまではウクライナ領土にあるロシアの兵站拠点が攻撃され
てきました。ロシアは兵員が欲しくて戦争宣言をすると、ロシ
ア領内の交通網や兵站拠点を攻撃される可能性が出てきます。
こうなれば10万人程度の増強をしても兵隊が守る範囲が増えて
しまいます。同時に他国が別の国境線を脅かし、どさくさに紛
れてロシア領を奪いとろうとするでしょう。西側諸国はジェン
トリーですがそうでない国も多いわけです。ロシアはチャンス
があれば理屈をこねて奪うべきという文化です。当然ながら、
自分もそうされると怯えているでしょう。

こうした中で徴兵を実施する事はロシアにとってとても怖いこ
となんです。そのため威嚇をしますし、いざとなったらその様
にする覚悟を決めるわけです。

徴兵規模を100万人まで拡大する必要があるのは、ロシア領土
の防衛も想定しているからでしょう。

核使用の準備はしていると思いますが、闇雲に使うのではなく、
限定的に使うはずです。もしうまく行ってロシア領の兵站拠点
の攻撃を防げれば、じりじりと押し戻して戦況を勝利で確定す
ることができます。この算段がたっている中で核戦争をする事
は意味がないでしょう。

ロシアはロシア領からの兵站拠点や輸送網を攻撃されたくない。
それが担保された上で10万人規模の増員を行いたい。現状の兵
の練度と士気低下から考えて30万人くらいは欲しい。万一にそ
なえて国境の防備を固めたいから100万人欲しい。現状が落ち
ついたら兵士の訓練を続けて予備兵力の再構築をしたい。停戦
交渉時には東部二州、出来れば南部二州を抑えておき、ウクラ
イナが西側に見捨てられる様な事態が起きたら、ウクライナ全
土を狙おうと考えているはずです。

しかし、ロシアが戦争宣言をせずに徴兵を実現し、狙い通りに
兵力増強に成功しても、ウクライナも100万人規模で兵員を動
員するでしょうから、更に泥沼化する可能性もあります。ウク
ライナの新兵をイギリスやNATO諸国が練兵しており、充分な
力をつけさせて増員しようとしております。

とはいえ、いまは両国ともに兵隊が殆どいません。
何方の国が早く次の兵員を増強するか競争になっています。
ロシアは兵隊の質をあげずに数で一気に押し込もうとしていま
す。ウクライナは兵隊の質を上げるためにNATO諸国の協力を
得ています。つまり時間が掛るわけです。

ここでもしロシアの物量電撃作戦が間に合い、ウクライナの兵
員増強が間に合わなければ勝利です。ただし、しびれを切らし
てNATOのいずれかの国が出兵するかもしれません(私はしな
いと思いますが、ロシアはそれを信じないでしょう)。

対ロで今一番過激な国が米国とイギリスです。
そう言う意味で戦地に近いイギリスを牽制するのは当然です。

さてこうした中で、ロシアが日本に核を打ち込むのか?
それはいったいどういう理由で?

となりますよね。

ウクライナがハルキウ奪還で華々しく戦果をうたっていますが、
実際の所、両軍ボロボロであり、ちょっと敵軍が増えただけで、
一気に崩壊する状態でしょう。これはどちらも同じ。

ロシアの徴兵実施から戦線投入までの期間。
この間でウクライナが兵員の増強を行えるか否かで展開が変わ
ると思っています。

徴兵を実施したにもかかわらず、戦線が硬直したままで数か月
間たったとき、ロシア内部での不満は爆発するでしょう。士気
の低いロシア市民が戦争で負傷や死亡を繰り返した時、これま
での苦戦とは大きな違いになるからです。

部分的な徴兵であっても、
プーチン氏はやはり電撃的に打開する必要があり、ウクライナ
が粘れば失敗と成ります。この時に戦術核を使うという発想は
もうないのではないかと私は見ています。ロシア市民が戦地に
向かい、現地で核使用を目撃する事になれば、国家の総体が維
持出来ないと思うからです。遠くで起きている事として捉えれ
ば顔を背けて肯定できますが、そこに正義がないと確信した後
で自分も怪我をすれば言う事は変わります。そうなったときに、
さらに増員で徴兵をすればどうなるのか?

同じ手は何度も使えないと思います。

こういう状況ですから、全く関係ない地域の他国へ核を打ち込
むという考えは思いもつかないと思いますよ。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 1

この問題、、、プーチンの暴走ばかりに目が行きがちですが、ロシア政府内の人たちもプーチンを恐れて、自分がかわいくて見て見ぬふり・・・


結果として、プーチンのやりたい放題の暴走に拍車をかけ、、、
製造物責任? ロシア政府内の多くの人もプーチンの暴走ぶりに困り果てているようですが、見て見ぬふりで何もしない結果、国内外あちこちに迷惑をかけている責任の一端は自分たちにもあり、その責務を果たそうとしないものかと、常々思います。
    • good
    • 3

核は、撃つぞ、撃つぞ詐欺が、一番の抑止力。

実際に撃ったらロシアはおろか、地球上に住めなくなる。今の核は、広島、長崎の3000倍の威力有るやつもあるから、核戦争になれば、終了。なのでギリギリまでは撃たないし、撃つつもりも無いと思う。でも、来たら爆心地付近にいたほうが良い。一瞬で蒸発するから苦しむ事も無い。
    • good
    • 1

今回プーチンが発表したのは予備役の動員です。

一般市民の動員じゃありません。核の使用は「あらゆる手段を使う」って言ってるだけで、これは最初っから口にしてること。別にあらためてどうこうということではないですよ。追い詰められているのは確かでしょうけど、仮にプーがとち狂って核のスイッチ持ち出したら周りの軍人や官僚が寄ってたかって止める(排除する)でしょ。ロシア人がみんな狂った自殺願望者ばかりとは思いません。
 何か変な情報源掴んじゃったかもしれませんが、そうやって動揺を誘うのもあっちの作戦じゃないでしょうかね。
    • good
    • 1

軍隊経験者の予備軍の確保をやってますが


長引いてるので交代制でのやり方に切り替えるつもりかも
核兵器を使用とか関係ない他国に撃つって脅しをかけとかないと
ロシア本土が攻撃される可能性があるのでその対応ですね
    • good
    • 1

そもそも、何故その様な情報になるのか??



あまりにも事実と違いすぎ。

それを『本当の事だ。』と思ってしまったら、大変な事ですよ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング